笑いのツボが浅い人や違う時の原因|特徴と心理から導く対処法13選

笑いのツボとは、誰もが持つ笑いの沸点のようなものですが、笑いのツボが浅かったり違う人に対して、多くの人が「なぜこの人はここで笑う?」と疑問を浮かべがちです。

笑いのツボが浅いことにも違うことにも、決定的な原因が存在するわけですが、あなたはこの「意外すぎる原因」をご存知でしょうか。

こうした人の心理や特徴をこの1ページで知ることで、最終的にはグッと聞く効果的な対処法を導き出していく前に、まずは心理や特徴をしっかりと頭に入れていきましょう。

ちなみに笑いのツボが浅いのは、あえてそうしたキャラクターを作っている可能性も秘めています。

笑いのツボが違う人,浅い人ってこんな人ではありませんか?


笑いのツボが違う人はこんな特徴を持つ!

笑いのツボが浅い人や違う人には、「笑い上戸」である特徴が見られ、いつも明るく何かが起きると笑顔を見せたり、笑うべき場面でないときに笑顔を見せるなど、細かな共通点がたくさん見られます。

例えば笑い上戸な人は、いつもニコニコしているので顔つきが柔らかくて、その場を楽しめているような自然な笑顔を見せることが得意であったり、楽観的で何事も楽しもうとの気持ちを持てるなど、周りをも笑顔にしてしまう魅力的な特徴を持ちます。

また、自分に素直なので面白いと思ったことに対して素直に反応することが、笑いのツボが浅くなったり他人とは違う原因となっているのでしょう。

このタイプは、ニコニコと楽しい雰囲気を持つことからも、周りが魅力に惹きつけられ恋心を抱かれやすかったり、友達として仲良くしたいと思われることから、人気者であることに嫉妬し、「笑いのツボが浅い人が嫌い!」と陰口を言われることも。

 

よく個性的と言われる

個性的と言われる人も、独特な感性を持っていて他人とは違う視点に注目したり、他人とは違う捉え方をすることからも、笑いのツボが浅かったり違う人だと思われやすい人です。

個性的な人は、周りの視線をあまり気にしない強さを持っていることから、「笑いのツボなんて気にしない」との思いを抱きやすく、ツボの違いによって相手にどう思われるのか?を恐れていない人とも言えます。

「ファッションが個性的」とか、「発言や想像が独創的」と高評価をされやすいこのタイプは、笑いのツボまで独特すぎることで、「なんとも面白い人だ」と一目置かれる存在となることも。

また、中には個性的な自分に酔うことでナルシストぶりを発揮し、笑わないクールな自分を演じる人もいますが、このタイプには当てはまらないことを伝えておきます。

 

聞き上手で相談役的存在

聞き上手な人は、相手により快適で心地よい環境を提供することに長けているので、自分の話をしないことは当然のこと、相手の気分が上がるような演出をするのが得意な人です。

だからこそ、ツボが浅いフリをして笑顔を振りまくことで、相手の気分を乗せてホイホイと話させることができ、自分にとってはつまらないだろうと思える発言でさえも、笑ってくれることで相手を元気付けようともします。

このタイプは目の前の人を大事にできる人でありますから、相手がどういう人物なのか?と興味を持つことができたり、相手視線で物事を考えることも可能なことから、「居心地がいい」と高評価されることも。

笑いのツボが浅いや違うというよりは、相手の気分を乗せるためにそうした自分を演じ、相手により快適で心地よい空間を作ることに長けた能力の持ち主であります。

 

思い出し笑いが止まらないことで悩む

思い出し笑いや笑いが止まらないことで頭を悩ませるのは、笑いのツボが浅かったり違う人には避けれない宿命であって、いつまでも一人でずっと笑っていることで、周りから注目されることもしばし見られます。

思い出し笑いの他にも、怒りたいのになぜか笑って相手に注意してしまうことや、面白い話だと思って周りにドヤ顔で話した内容が、自分だけが爆笑している結果を招いてしまうなど、何かと浮いてしまうことも特徴的です。

学生であれば授業中にニヤニヤと笑いを堪えたり、仕事中に一人で笑いだすなどの、自分では抑えられない衝動にも苦労しがちなので、笑いが浅すぎることもメリットばかりでないことが、ここからもわかります。

 

笑いのツボが浅い,違う人の原因とは?


育った環境の違い

笑いのツボが浅かったり違う人は、育った環境があなたと違うからこそ笑いのツボも違ってきて、これは日本人と外国人を比べると分かりやすいです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP