笑いのツボが浅い人や違う時の原因|特徴と心理から導く対処法13選

笑いのツボとは、誰もが持つ笑いの沸点のようなものですが、笑いのツボが浅かったり違う人に対して、多くの人が「なぜこの人はここで笑う?」と疑問を浮かべがちです。

笑いのツボが浅いことにも違うことにも、決定的な原因が存在するわけですが、あなたはこの「意外すぎる原因」をご存知でしょうか。

こうした人の心理や特徴をこの1ページで知ることで、最終的にはグッと聞く効果的な対処法を導き出していく前に、まずは心理や特徴をしっかりと頭に入れていきましょう。

ちなみに笑いのツボが浅いのは、あえてそうしたキャラクターを作っている可能性も秘めています。

笑いのツボが違う人,浅い人ってこんな人ではありませんか?


笑いのツボが違う人はこんな特徴を持つ!

笑いのツボが浅い人や違う人には、「笑い上戸」である特徴が見られ、いつも明るく何かが起きると笑顔を見せたり、笑うべき場面でないときに笑顔を見せるなど、細かな共通点がたくさん見られます。

例えば笑い上戸な人は、いつもニコニコしているので顔つきが柔らかくて、その場を楽しめているような自然な笑顔を見せることが得意であったり、楽観的で何事も楽しもうとの気持ちを持てるなど、周りをも笑顔にしてしまう魅力的な特徴を持ちます。

また、自分に素直なので面白いと思ったことに対して素直に反応することが、笑いのツボが浅くなったり他人とは違う原因となっているのでしょう。

このタイプは、ニコニコと楽しい雰囲気を持つことからも、周りが魅力に惹きつけられ恋心を抱かれやすかったり、友達として仲良くしたいと思われることから、人気者であることに嫉妬し、「笑いのツボが浅い人が嫌い!」と陰口を言われることも。

 

よく個性的と言われる

個性的と言われる人も、独特な感性を持っていて他人とは違う視点に注目したり、他人とは違う捉え方をすることからも、笑いのツボが浅かったり違う人だと思われやすい人です。

個性的な人は、周りの視線をあまり気にしない強さを持っていることから、「笑いのツボなんて気にしない」との思いを抱きやすく、ツボの違いによって相手にどう思われるのか?を恐れていない人とも言えます。

「ファッションが個性的」とか、「発言や想像が独創的」と高評価をされやすいこのタイプは、笑いのツボまで独特すぎることで、「なんとも面白い人だ」と一目置かれる存在となることも。

また、中には個性的な自分に酔うことでナルシストぶりを発揮し、笑わないクールな自分を演じる人もいますが、このタイプには当てはまらないことを伝えておきます。

 

聞き上手で相談役的存在

聞き上手な人は、相手により快適で心地よい環境を提供することに長けているので、自分の話をしないことは当然のこと、相手の気分が上がるような演出をするのが得意な人です。

だからこそ、ツボが浅いフリをして笑顔を振りまくことで、相手の気分を乗せてホイホイと話させることができ、自分にとってはつまらないだろうと思える発言でさえも、笑ってくれることで相手を元気付けようともします。

このタイプは目の前の人を大事にできる人でありますから、相手がどういう人物なのか?と興味を持つことができたり、相手視線で物事を考えることも可能なことから、「居心地がいい」と高評価されることも。

笑いのツボが浅いや違うというよりは、相手の気分を乗せるためにそうした自分を演じ、相手により快適で心地よい空間を作ることに長けた能力の持ち主であります。

 

思い出し笑いが止まらないことで悩む

思い出し笑いや笑いが止まらないことで頭を悩ませるのは、笑いのツボが浅かったり違う人には避けれない宿命であって、いつまでも一人でずっと笑っていることで、周りから注目されることもしばし見られます。

思い出し笑いの他にも、怒りたいのになぜか笑って相手に注意してしまうことや、面白い話だと思って周りにドヤ顔で話した内容が、自分だけが爆笑している結果を招いてしまうなど、何かと浮いてしまうことも特徴的です。

学生であれば授業中にニヤニヤと笑いを堪えたり、仕事中に一人で笑いだすなどの、自分では抑えられない衝動にも苦労しがちなので、笑いが浅すぎることもメリットばかりでないことが、ここからもわかります。

 

笑いのツボが浅い,違う人の原因とは?


育った環境の違い

笑いのツボが浅かったり違う人は、育った環境があなたと違うからこそ笑いのツボも違ってきて、これは日本人と外国人を比べると分かりやすいです。

例えば日本出身とラテン系の国の出身では、笑いのツボの浅さや笑うタイミングが全く違うわけですが、これはポジティブ思考でその場を楽しもうとするラテン系の方々と、真面目で冗談を言いづらい日本出身者との環境の違いが原因です。

他にも、アメリカ人は独特な笑いのツボを持っていて、日本ではバカ受けしない芸人のネタであっても、アメリカでは大爆笑の場となることがありますが、これも育った環境の違いが大きく、アメリカ人はシンプルで分かりやすいネタを好みます。

このように、笑いのツボは自分が育った環境によって大きく違ってくるものであって、日本で育った人は日本人向けのお笑い番組が好きな傾向が強くなりますし、海外で育った人はその国で育ったお笑い番組が好きになる傾向は、何よりも分かりやすい証拠です。

 

笑いのセンスが独特である

笑いのセンスが独特すぎる人も、笑いのツボが浅かったり違う人に見られる原因で、こうした人の心理には「面白い発想をしよう」との本音が見られ、常にユニークで面白い考えをしている人です。

常に面白いことを考えている人は、自分の心の中で描いたイメージとぴったしに当てはまったり、その先の展開を考えてしまうことによって、笑いのツボが浅くなったり違うことが見られやすく、時として「変人だ」なんて評価をつけられることも。

このタイプは独特な味覚や嗅覚の持ち主でもあるため、他人が食いつかないような発言にもとっさに反応し、心の中でそれをポジティブなことと繋げることで、思わずニヤッと笑ってしまうタイプです。

また、心の中でポジティブなことと繋げる癖を持つ独特なセンスの持ち主は、心の中でストーリーを作ることが笑いとなった結果、他人とは違う場面で思い出し笑いなどをする確率も高い人であると言えます。

 

躾によるものも大きい

こちらも育った環境とも言えますが、各家庭の躾によって笑いのツボの浅さや違いも見られることが分かっていて、普段からお笑い番組を頻繁に見る家庭であった場合、笑いのツボは浅くなると考えられます。

逆に親の躾が厳しくてNHK以外は見せないなどの、普段からお堅い番組ばかりを見せてきた家庭の子供は、笑うことが癖づいていないために、どうしても笑うべき場面でも笑うことができません。

上記のような家庭は、子供に対して「笑顔の大切さ」を教えてこなかった家庭でもあるため、普段から笑顔を見せる回数が少なかったり、笑いのツボが一人だけ違うなどの悩みも抱きやすい人です。

つまり笑いのツボが浅い場合は、普段から笑うことに違和感を抱くこともなく、むしろそうした楽しい環境の中で育ってきたのか、または親の真似をすることですぐに笑う癖がついている人である可能性が高いです。

 

見せたい自分を見せている

印象操作という言葉がありますが、心理学では「見せたい自分を見せる」ことを印象操作と呼び、笑いのツボが浅い人の場合は、「明るい自分を見せたい」との本音を持っていて、すぐに笑うキャラを作っている人もいます。

すぐにニコニコと笑う人は、愛想が良いと思われる瞬間であったり、一緒にいて楽しいと思えるムードメーカー的存在にもなれるので、こうした人物像をイメージしてもらうには、笑いのツボが浅いキャラを知ってもらう必要があります。

笑いのツボが違う人の場合は、「あえて違う場面で笑うことで、特別な自分を見せたい」との本音を持っていて、特別な存在である自分のキャラをアピールしていることも、特に珍しい心理現象ではありません。

よく、他人とは違うことをして目立とうとする人がいますが、こうした人と全く同じ心理が働いていて、あえて笑いのタイミングをずらすことで、注目を浴びて特別な自分をアピールした結果、自分は特別である優越感に浸りたい本音がここには隠れています

 

コミュニケーションの1つ

笑顔を見せることはコミュニケーション能力にもなって、初対面の相手に対して笑顔を見せることは、自分の印象アップに繋がる効果が期待できますし、何より自分が嫌われるリスクを減らすことができます。

普段から「嫌われたくない」とか、「魅力的な自分をアピールしたい」との気持ちが強い人ほど、笑いのツボが浅いことをアピールすることで、心の中に抱えた本心を叶えようとしています。

また、作り笑いをすることで気疲れする人も世の中にはたくさんいますが、こうした人は防衛本能が働いているとの考えもできて、自分自身を守り抜くためにもツボを浅く見せることで、敵を作らないことを徹底している人もいます。

ツボが浅いにしても違うにしても、相手に笑顔を見せることのメリットが大きいことを知っている人は、無意識のうちに笑顔を見せ続けたことが、ツボが浅いや違うなどの評価と結びつくこともあるのです。

 

本音を隠し通すため

笑顔を見せることは時として、自分の本心を守り抜くための仕草としても使われがちで、相手に対しての嫌悪感が強まれば強まるほど、人は逆の態度をとる習性を持ちます。

例えば、心の底から大っ嫌いな近所の人と鉢合わせをすれば、人は「本心を隠し通さなければならない」との気持ちから、嫌いとは逆の意味を持つ笑顔をたくさん見せることで、「自分は嫌っていないですよ」とアピールするのです。

するとたくさん笑うことで、相手が笑いのツボが浅い人だと評価することも考えられ、こちらは基本的に嫌っている人に対して見られる心理となります。

笑いのツボが違うように見えるのも同じで、無理にでも笑うシーンを見せておかなければならないわけですから、その場面を無理に作ってしまうことは、笑いのタイミングが外れてしまうことも十分にあり得ることです。

 

常に楽しいことを求めている

これは笑い上戸な人の特徴でもありますが、常に楽しいことを求めている人は、何事も楽しもうとポジティブに捉える傾向があるので、ちょっとしたトラブルでも楽しむことで笑顔を見せ、決して弱音を見せるような人ではありません。

常に楽しいことを求めている人は、笑いのツボが浅いというよりは、笑うことでその空間を楽しいものに変えてしまおうとか、自分の為になる捉え方をしようとしているので、笑いのツボ自体が浅いわけではありません。

ただ笑うことでその思いを叶えようとしているだけであって、楽しむための手段がよく笑うことなのです。

欠点としては、いつもヘラヘラしている野郎だと悪く思われたり、時と場合によっては空気を読めと思われることもあるので、自分のための笑顔であるはずが、他人の迷惑となってしまうことも。

 

ここから導き出す2つの対処法


①笑いのツボを治す対処法

笑いのツボを治したいと思う人は、「メリハリ」をつけることが最も有効な対処法となります。

ツボが浅かったり違う人は、笑いのツボを治すというよりかは、笑ってはいけない時に冷静な自分を作る必要があります。

そもそも笑いのツボが浅いことは悪いことではなく、普段の私生活ではニコニコと笑っていた方がメリットも多いですし、愛想が良い人になれることができるため、無理に笑いのツボを変えようなんて思う必要はありません。

メリハリをつけるためには、「時間の区切りをしっかり作る」ことや「ノルマを作る」ことが重要で、授業中の60分間だけは集中するなどの細かな区切りを作ることで、笑うべきではない場面での笑いを回避できます。

もう1つの方法としては、「得意なものだけに集中する」ことから始めるのもよく、人は得意なことに打ち込む場合は集中力が上がったり、モチベーションが上がってしまうことからも、真面目に取り組むことができます。

遊びは遊び、仕事は仕事とはっきりメリハリをつけることは、仕事や勉強ができる人の特徴でもあることから、今からでもメリハリをつける能力を身につけることは、今後の人生においても大いに役立つスキルとなるので、身につけておいての損は一切ありません。

笑いのツボを治したいと思うあなたは、どちらでも良いので今から実行することを心がけ、笑ってはいけない場面のみでの笑顔封印を心がけてください。

 

②笑いのツボが浅い,違う人への対処法

笑いのツボが浅い人への扱いに困ったり、違うことでどこか違和感を覚えている人は、「フィーリングが合わない人だ」と認めることが重要で、笑いのツボが合わない人に対して、「自分の価値観」を押し付けてはいけません。

そうではなく、「相手の視線に合わせてあげる」ことがとても重要で、笑いのツボが浅い人の場合は自分もその場を楽しみ、互いに笑顔でその場を過ごすことを心がければ、二人の間に溝ができることもありません。

笑いのツボが違う人も同じく、違うタイミングで笑った時に自分も楽しくなろうと思うことで、様々な楽しい思い出を作ることができるでしょう。

笑いのツボに関してあなたが不満を抱いていた場合は、その不満を相手に求めて同じレベルに合わせようとさせるのではなく、自分から相手のレベルに合わせることが、二人の関係をより良好に導くことを覚えておいてください。

また、少しでも相手のツボに不快感を覚えた場合は、できるだけ距離感を保つことを重視することで、不満やイラだちを覚えることもなく、無理に付き合いを続けるといった選択肢もなくせます。

こちらに関しても、今すぐ頭にインプットさせることで、すぐにあなたが実行することを心がけておきましょう。

 

「結論」笑いのツボが浅い,違うことは悪いこと?


笑いのツボが浅いことや違うことは、全く悪いことでは無いと断言することができ、むしろ笑いのツボが違うことこそが魅力であって、そうした人が大好きだと答える人もたくさんいます。

笑顔が多い人が好かれることが良い例で、よく笑う人は好意的に思われる確率も高く、「この人は悪い人ではないだろう」と思われやすい人です。

もちろんツボが違うことを嫌う人もいるわけですが、世の中の全ての人に好かれる必要なんて全くありませんし、どれだけ好感度が高い人であっても、アンチは一定数ついてしまうのが世の中というものです。

どれだけ立派な人でも、全員から好かれることなど絶対に不可能なわけですから、笑いのツボが浅いことや違うことを自分の個性と捉え、自分が心地よいタイミングでこれからも笑うことを続ければ、その魅力を認めてくれる人が周りには残っていくはずです。

故に結論としては、笑いのツボが浅いことや違うことは悪いことではなく、むしろ自分が持つ魅力であると捉えるべきだと、この記事ではお伝えしておきます。

【笑う関連で読んでおきたい超おすすめ記事】

・笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個

・誤解されやすい人の性格とは?原因と対処法について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP