笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個

「何でも笑ってごまかすな!!」と怒りの声を挙げる人は多く、何でも笑ってその場をやり過ごすことは、相手をイラっとさせる行為です。

他にも、「笑ってごまかすことが心底嫌いだ!」と主張する人もいるほど、笑ってごまかすことが日常化している人が世の中にはいて、こうした人の心理には笑えないある秘密が隠されています。

最初にはっきりと申し上げておきますが、【笑ってごまかす人の胸糞悪い心理】を知ることで、相手をさらに嫌いになる可能性があることを、承知しておいてください。

具体的にどういう目的があるのか?までの、細かな部分も全て暴露していくことで、笑ってごまかすの人の狙いから本心までを全て伝えていく記事となっています。

なぜ人は笑ってごまかすのか?


なぜ人は笑ってごまかすのか?をまず考えてみると、人が笑ってごまかす場面とは、以下のような場面に限られた時であることが分かります。

  1. 自分に都合が悪い時
  2. 本心を伝えたい時
  3. その場をやり過ごす時

主に上記の3つの場面で、人は笑ってごまかそうとする心理が働きやすいわけですが、これは実際にあなたの人生を当てはめてみると、おそらく同じような場面で笑ってごまかした過去が、あなたにもあることでしょう。

また、普段から笑ってごまかす癖がついている可能性も考えられますが、こちらの心理は非常に簡単なものとなることから、理由を説明すると多くの人が「なるほど」と納得するはずです。

次の項目では実際にそうした人の心理を細かく紹介していくので、笑ってごまかす人の本心と狙いについて知っていきましょう。

 

笑ってごまかす人の特徴


自己愛が強い人

自己愛が強い人は自分が大好きな人であるわけですが、こうした人は「恥に耐えれない」特徴が見られ、子供の頃から恥の感情に対して親から多くを学ばなかった子供は、大人になると恥への対処が分からずに、笑ってごまかす選択を取ることになります。

自己愛が強い人ほどわがままで自己中心的なんて言いますが、大好きな自分が特別な存在であると思い込みたい自己愛が強い人は、失敗に対しての恥を紛らわすことで自分の名誉を保ち、有能であることをアピールするのです。

また、基本的に相手を見下すことで自分を保つ自己愛が強い人は、自分が有能であることをアピールすることで言い訳を並べ、失敗をしたのはあなたのせいだと言わんばかりの発言もしばし見られるため、笑ってごまかした後の言い訳にイラっとすることも多くなることでしょう。

自尊心を守り通したい気持ちが強いことから、相手の欠点を指摘して自分の評価を上げようとする行為は、職場では厄介者として扱われる確率も非常に高くなってしまいます。

 

気疲れが絶えない人

気疲れが絶えない人と笑ってごまかすことの関係性は、「とにかく愛想よく振る舞おう」とする気持ちであって、相手に嫌われないためにも、普段からニコニコと笑顔を見せるこのタイプは、精神的に疲れ切ってしまうことが多い性格です。

人は精神的に疲れ切ってしまえば、適切な行動が瞬時に取れなくなってしまったり、または内心パニックとなってしまうことで、笑ってごまかす選択を取ることになります。

こちらの場合は悪気があると言うよりは、普段の気苦労が溜まっていったことによって、適切な対処ができない精神状態となってしまうことが原因なので、じっくりと心を休める時間が必要です。

笑ってごまかすことは許せないと思う行為であるものの、人間関係の疲れが適切な判断を鈍らせてしまう事実を知った人の中には、少し優しい気持ちになれた人もいるのではないでしょうか。

 

責任感がない人

責任感がないからこそ笑ってごまかすとの考えは、最も単純で多くの人が真っ先に考えそうな思考でありますが、この考えも間違った指摘ではなくて、むしろクズ人間に見られる最悪の特徴です。

責任感がない人が笑っている本音を読み解くと、「自分にはどうでもいいことだし」との本音が読み取れ、相手にとっては重大なことであっても、自分にとっては知らない程度の責任感しか持てないことが、相手にとってナメているとも思える態度に繋がります。

普段からヘラヘラしていて、自分のミスで周りに迷惑をかけている事実を認めれない人は、恋愛や人間関係、仕事の3つ全てで無責任な行動が見られ、時には相手を裏切る行動を見せる人物です。

故に、このタイプに怒りの感情を覚えているあなたは、このようなクズ人間は真面目に関わることを避けて、できるだけ関わらないように毎日を過ごすことが、あなたにとっての幸せにも繋がってきます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP