笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個

「何でも笑ってごまかすな!!」と怒りの声を挙げる人は多く、何でも笑ってその場をやり過ごすことは、相手をイラっとさせる行為です。

他にも、「笑ってごまかすことが心底嫌いだ!」と主張する人もいるほど、笑ってごまかすことが日常化している人が世の中にはいて、こうした人の心理には笑えないある秘密が隠されています。

最初にはっきりと申し上げておきますが、【笑ってごまかす人の胸糞悪い心理】を知ることで、相手をさらに嫌いになる可能性があることを、承知しておいてください。

具体的にどういう目的があるのか?までの、細かな部分も全て暴露していくことで、笑ってごまかすの人の狙いから本心までを全て伝えていく記事となっています。

なぜ人は笑ってごまかすのか?


なぜ人は笑ってごまかすのか?をまず考えてみると、人が笑ってごまかす場面とは、以下のような場面に限られた時であることが分かります。

  1. 自分に都合が悪い時
  2. 本心を伝えたい時
  3. その場をやり過ごす時

主に上記の3つの場面で、人は笑ってごまかそうとする心理が働きやすいわけですが、これは実際にあなたの人生を当てはめてみると、おそらく同じような場面で笑ってごまかした過去が、あなたにもあることでしょう。

また、普段から笑ってごまかす癖がついている可能性も考えられますが、こちらの心理は非常に簡単なものとなることから、理由を説明すると多くの人が「なるほど」と納得するはずです。

次の項目では実際にそうした人の心理を細かく紹介していくので、笑ってごまかす人の本心と狙いについて知っていきましょう。

 

笑ってごまかす人の特徴


自己愛が強い人

自己愛が強い人は自分が大好きな人であるわけですが、こうした人は「恥に耐えれない」特徴が見られ、子供の頃から恥の感情に対して親から多くを学ばなかった子供は、大人になると恥への対処が分からずに、笑ってごまかす選択を取ることになります。

自己愛が強い人ほどわがままで自己中心的なんて言いますが、大好きな自分が特別な存在であると思い込みたい自己愛が強い人は、失敗に対しての恥を紛らわすことで自分の名誉を保ち、有能であることをアピールするのです。

また、基本的に相手を見下すことで自分を保つ自己愛が強い人は、自分が有能であることをアピールすることで言い訳を並べ、失敗をしたのはあなたのせいだと言わんばかりの発言もしばし見られるため、笑ってごまかした後の言い訳にイラっとすることも多くなることでしょう。

自尊心を守り通したい気持ちが強いことから、相手の欠点を指摘して自分の評価を上げようとする行為は、職場では厄介者として扱われる確率も非常に高くなってしまいます。

 

気疲れが絶えない人

気疲れが絶えない人と笑ってごまかすことの関係性は、「とにかく愛想よく振る舞おう」とする気持ちであって、相手に嫌われないためにも、普段からニコニコと笑顔を見せるこのタイプは、精神的に疲れ切ってしまうことが多い性格です。

人は精神的に疲れ切ってしまえば、適切な行動が瞬時に取れなくなってしまったり、または内心パニックとなってしまうことで、笑ってごまかす選択を取ることになります。

こちらの場合は悪気があると言うよりは、普段の気苦労が溜まっていったことによって、適切な対処ができない精神状態となってしまうことが原因なので、じっくりと心を休める時間が必要です。

笑ってごまかすことは許せないと思う行為であるものの、人間関係の疲れが適切な判断を鈍らせてしまう事実を知った人の中には、少し優しい気持ちになれた人もいるのではないでしょうか。

 

責任感がない人

責任感がないからこそ笑ってごまかすとの考えは、最も単純で多くの人が真っ先に考えそうな思考でありますが、この考えも間違った指摘ではなくて、むしろクズ人間に見られる最悪の特徴です。

責任感がない人が笑っている本音を読み解くと、「自分にはどうでもいいことだし」との本音が読み取れ、相手にとっては重大なことであっても、自分にとっては知らない程度の責任感しか持てないことが、相手にとってナメているとも思える態度に繋がります。

普段からヘラヘラしていて、自分のミスで周りに迷惑をかけている事実を認めれない人は、恋愛や人間関係、仕事の3つ全てで無責任な行動が見られ、時には相手を裏切る行動を見せる人物です。

故に、このタイプに怒りの感情を覚えているあなたは、このようなクズ人間は真面目に関わることを避けて、できるだけ関わらないように毎日を過ごすことが、あなたにとっての幸せにも繋がってきます。

 

笑ってごかまされやすい人の特徴


声が小さく聞こえない

声が小さくて聞こえなかった時に、笑ってその場を過ごそうとした経験は誰にでもあるはずで、滑舌が悪い人や早口で何を言ってるのか分からない人に対して、最も適切な対処法となっています。

よくあるのが、分かったふりをして話が進んでいくうちに、「結局何を言ってるのか分からなかった」ことであって、次に会った際に「前にも言ったでしょ?」と確認されることで、少し困った人も多いかと思います。

特に年上の方に対しては、何度も聞きなおすことは失礼だと思うことからも、聞こえたふりをしてその場をやり過ごすことは、日本の社会において重要なスキルポイントともなります。

 

空気が読めない人

空気が読めない人は、周りを苦笑いさせてしまう爆弾発言を定期的にしてしまうので、こちらも笑ってごまかすことが最適な方法であって、相手を傷つけない優しさにも繋がります。

空気が読めない人に対して、「お前空気読めよ」との本音を伝えてしまうことは、相手が傷ついてしまうことであると理解できている人にとっては、笑ってごまかすことが一番相手にとっても自分たちにとってもベストな方法で、優しさが見られる対処法となるのです。

ちなみに空気が読めない人は無神経な人でもあるので、嫌がる発言に対して注意をしたところ、「冗談じゃんか」と笑ってごまかされることが多くなります。

 

見下されている人

普段から内心バカにされていたり、自分より劣っていると思われている人は、相手にとって「何偉そうに言ってんの?」と思える瞬間なので、鼻で笑ってごまかすような態度を取るのも当然のことです。

完全に見下している人からの注意は、「何だか気にくわないな」と思うことで逆ギレや、ふてくされた態度にも繋がりかねないので、こうした理不尽な態度を取られたあなたは、見下されている可能性を考えてみましょう。

また、こうした態度を見せた瞬間の本音としては、「それくらい分かっていたけどね」とか、「あっそう。どうでもいいわ」など、本人がブチギレてしまいそうな気持ちであることがほとんどなので、こうした人にもできるだけ距離感を置いて、近づかないことを徹底することが重要です。

 

笑ってごまかす人の心理とは?


その場をなんとか凌ぎたい

ミスや悪いことに対してごまかすための心理であり、人には誰しも自分を守るための防衛本能を生まれながらに持ちますが、笑うことで自分自身が傷つかないことを知っている人間は、自分自身を守るためにも笑ってごまかす行為に出ます。

これは主に自分が傷つく場面で見られやすい防衛本能ですから、自分がミスした時に笑ってごまかす人が多いことも、誰もが納得できる理由となるはずです。

例えば、「そのミスはちょっと無いんじゃない?」と指摘されたとして、素直な人はその場ですぐに謝ることができるものの、少しでも自分の責任を軽くしたいと思う人は、笑ってごまかすことで「大したことではない」とのアピールをするわけです。

結果的に、相手の評価は変わらないものの、自分の心の中では「責任が薄れた」と感じることで、大好きな自分を守り抜くことに成功した笑ってごまかす人は、この逃げ道を定期的に使うことも珍しくありません。

 

事の重大さが分かっていない

相手の指摘に対して事の重大さが分かっていない人も、笑ってごまかすことで「何とかなるだろう」と責任を放棄し、その場では反省しているふりだけを見せることがあります。

口では「すいません」と謝っているつもりでも、本心は仕草に出てしまうことが人間の欠点でありますから、多くの人は相手の仕草を見た時に「こいつ笑っているじゃねーか。」と、全く反省の余地がない相手に対して、怒りの感情を抱くわけです。

これは心が幼い人ほど見られやすい心理でもあって、子供は事の重大さが分からないからこそ、多くの失敗を経てやってはいけないことを憶えていきますが、体は大人でも笑ってごまかすことを意図的に見せる人は、心が幼稚のままであるとの捉え方もできます。

このタイプは相手が本気で怒っていても、「それ冗談じゃん…」と全て冗談で済ませてしまうことや、相手が嫌がる発言を平気で口にするなどの、無神経な一面が見られる性格である人も多いことが特徴的です。

 

対処法が分からず笑う

どうすればいいのか分からない時は、「とりあえず笑ってごまかせ!」と思うことはあなたにも必ず見られる行動パターンで、こちらの心理は相手のためを思った行動でもあることが特徴的です。

分かりやすい例は、「話をしっかり聞いていなかった時に笑ってごまかすこと」であって、多くの人は内容も理解しないまま、笑ってその場をごまかすことで話を進める選択をします。

理由は非常に簡単で、「え?」と相手に聞き返すことは失礼とも取れる行為ですし、その場の空気に流されることでとっさに笑ってごまかす仕草を見せることは、何も珍しい現象でもありません。

笑ってごまかすこと全てが悪いことかのように思えがちですが、我々人間は対処法が分からない時の必殺技として、笑ってごまかす選択をしていることを考えると、相手も思いやりがあってこその行為であった可能性もゼロではないことが証明できます。

 

恥ずかしい気持ちの表れ

恥ずかしい時に笑ってごまかすことも、多くの人が経験するであろう日常的な仕草で、好きな人に対して「それ可愛いね」と褒めてもらえたことに対して、笑ってごまかす心理は働きやすいです。

人には防衛本能があると伝えましたが、好きという本音がバレて、自分が傷つくかもしれないことを守り通すことも、防衛本能の1つの役目であるわけですから、自分の本音を隠し通すことは自分を守ることに繋がります。

他にも、心の準備ができていない時に急に褒められることは、嬉しさのあまりに顔が真っ赤になってしまう人もいますが、こうした人にとっても笑ってごまかすことは、「恥ずかしい」という気持ちを隠し通すことになります。

照れ隠しのために笑う場合は、失敗や責任とは無関係の場面がほとんどであるため、見分けることは非常に簡単となりますが、人は自分の本心を守り通す時にも笑ってごまかすことを覚えておけば、恋愛に大いに役立つ知識となるはずです。

 

許してもらえる環境で育った

笑ってごまかす癖がある人は非常に多いですが、こうした人は昔から笑ってごまかせる環境で育ったことで、小さな頃から様々な不安や失敗から逃れてきた人です。

甘やかされて育った人や末っ子などに見られやすい特徴を持ち、笑ってごまかすと最終的に親が許してくれた家庭は、どんな時でも最終兵器としてこの手段を使うことで、自分の欲求を通してきたのです。

ふざける子供やふてくされる子供も同じく、こうした態度を見せることで自分の欲求が通ることを覚えた子供は、何度も同じ手段を使うことで自分にとって都合のいい環境を整え、その癖が大人になっても抜けないことがほとんどです。

もちろん癖のある人全員が当てはまるわけではありませんが、そうした環境で育ってきた人や、または笑ってごまかすことで学校生活を乗り越えた人などに見られやすいことは、言うまでもない事実となります。

 

笑ってごかます人への対処法


自分の尺度で考えない

自分の尺度で相手を判断することは、相手に対してよりストレスを感じてしまう原因そのものなので、できるだけ自分の尺度で考えないようにすることが、笑ってごまかす人との楽な関係を築けるポイントです。

自分の尺度で物事を考えてしまうと、「私ならこの場面できちんとお礼を言うのに…」と、自分がした善意に対して文句がついてしまうことに加えて、変にお返しがあるのではないかと期待することで、よりイライラを溜めてしまいかねません。

価値観は人それぞれですし、相手に期待すればするほど裏切られることになってしまうこのタイプは、あなたの尺度で物事を考えれば考えるほどに、自分自身を苦しめてしまうだけです。

そうではなくて、「この人はこういう人間だ。だから期待しないでおこう」と端から思い、相手に期待しないことを徹底すれば、笑ってごまかす人に対して感じる負の感情は、どうでも良いものへと変わっていくことでしょう。

 

変えることを期待しない

相手を変えようと頑張る必要も一切なくて、相手を変えようとするにはどうしてもコントロールする力や、あなたを慕うだけの魅力と権力が必要となるので、こちらもしてはいけない期待です。

あなたがどれだけ頑張ったとしても、笑ってごまかす人にその熱意が伝わることは考えにくいですし、そもそも相手が変わろうとする気持ちがなければ、人はそう簡単に変われないものです。

また、変えることを期待しなければ相手に期待するものもなくなるので、自分の尺度で考えないことが自然とできたり、仕事や勉強に集中できる環境を作り出すことまで可能とします。

相手の変化を期待するくらいであれば、いっそのことあなたが大きく成長することで大きな差をつけ、社会に認められた事実を突きつけてやろうくらいの気持ちでいた方が、あなたにとってのメリットは圧倒的に大きくなるはずです。

 

心が子供だと思い込む

笑ってごまかす人を心が幼い人だと思い込むことは、「子供だから自分とはレベルが違う」と思える瞬間ですし、何よりそうして思えることによって、相手と自分を比べることもなくなります。

例えば、大人の中に一人小学生低学年の子供がいたとすれば、多くの大人が「子供だから大目に見よう」と優しい心を持てる一方で、これが大人に変わると多くの人が「なんだこいつ」と不満に思い、イライラの感情を溜めてしまいます。

つまり笑ってごまかす人に対して、「この人は幼稚な人だから仕方ないよな」と思える自分を作っていくことも重要で、自分の中で「この人は子供である」と無理にでも思い込むことは、やがて怒りを収めることに繋がります。

脳は意外と単純で、自分が相手を幼稚な心の持ち主だと思い込もうとすると、前頭前野が理性を使うことで怒りを鎮め、どんどんとこちらが大人の対応をできるようになっていくので、騙されたつもりで一度試してみて欲しい対処法となります。

 

考えない環境を作り出す

心理学の考えで言えば、笑ってごまかす人に対して不快な気持ちを抱いている場合は、身体的な距離をとっていくことが最も利口な方法で、最も賢い方法であることは間違いありません。

身体的距離とは物理的距離のことでありますが、笑ってごまかす人と出来るだけ距離を開けていくことは、やがて相手のことを考えない時間を増やし、無駄にイライラとストレスを溜める原因をなくします。

誰でも答えれそうな簡単な対処法となりますが、実はこれが一番シンプルで効果的な方法であって、嫌いな人には近づかないことが一番であったり、バカには近づかないことが一番であることがこれを証明しています。

自分と気が合う人を周りに置くことは、いつでも愚痴を共有しあえたり、笑うタイミングが同じであるなどの楽しい時間を過ごせるものの、自分と気が合わない人と無理に居続けることは、自分を苦しめることが多くなってしまうのです。

 

悪い方向に捉えすぎないこと


笑ってごまかす癖がついてる人もたくさんいるので、笑ってごまかす人に対して悪い方向に捉えすぎることは、トラブルや偏見持ちだと言われるきっかけを作り出します。

そうではなくて、出来るだけあなた自身が良い方向に捉えることさえできれば、やがて相手の良い部分も見えてくることで人間関係が円滑にまわったり、あなた自身の評価が上がることも期待できるでしょう。

どんな人でも柔軟に対応ができる人とは、職場でも学校でも人気者となれる人の特徴であって、尊敬されたり素晴らしい人だと思われる人であるため、できるだけ物事は良い方向に捉える癖をつけておきましょう。

笑ってごまかす人の場合だと、「無責任な人だ」と悪い方向に捉えるのではなく、「こうした性格であることに今気づけたのは良かった」と方向性を変えてみることで、あなたの心に大きな余裕が生まれてきます。

その余裕はやがて相手を許す優しさへと変わり、周りにとっては一目置ける存在へと変わっていくことができるのです。

色々な対処法が存在しますが、物事の捉え方を良い方向良い方向へと捉える意識を持つことは、人生単位においてあなたを幸せな方向へと導き、ポジティブ思考で楽しい毎日を送れる秘訣となることも忘れないでください。

【鬱陶しい関連の超おすすめ記事】

【いじってくる人の本音】男性に多い理由〜対処法17選|好き嫌いの判別も

【自称サバサバ女のここが嫌い!】腐った性格が無理/うざい理由27個

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP