秋が好きな理由とその特徴|性格傾向は?そう思う人の意見14選

「季節の中で一番秋が好き!」と思う人はたくさんいて、短い季節の中にも様々な楽しみや魅力が詰まった秋は、多くの人がレジャーなどを楽しむ時期でもあります。

一方で、秋になるとどこか寂しい気持ちになる人もいるわけですが、こうした人には季節の変化がもたらす心の影響が関係していると考えられます。

ここでは主に、「秋の素晴らしい魅力」ばかりに触れていくことで、秋が好きな人が深く共感できる理由を掘り下げていきます。

そのためにも、仕事発注サイトランサーズを通して募集した、「秋が好きな人のリアルな声」も厳選紹介していくので、そちらもしっかりとチェックしておきましょう。

秋は若者に人気の季節!


四季の中でも春と秋は日本人に最も支持される季節であって、news.niftyが独自で調べた調査結果によると、最も支持が多かったのは春の42%、次に多かったのは秋の32%との調査結果が出されているほど、秋は人気の季節です。

さらに年代別での人気調査によると、30代以下の世代で秋が1位に支持されていることからも、秋は若者に人気な季節であって、逆に花見などを楽しめる春は40代から上の世代の支持が多くなっていました。

若者ほど魅力を感じやすいことが分かった秋ですが、涼しさを感じることができる一方で、夏が終わってしまう寂しさもちょっぴり感じてしまう秋には、具体的にどのような魅力が存在するのでしょうか?

次の項目では、秋が好きという人に多く聞かれるメジャーな意見のみをご紹介していきます。

 

なぜ秋が好き?多い理由がこちら!


食べ物が美味しい

食欲の秋と言われるほど秋は美味し食べ物がたくさんあって、秋刀魚や栗を筆頭に食欲が増えてしまう魅力が秋には存在します。

他にもさつまいもや鮭、りんごやぶどうといったフルーツも旬の季節であって、色鮮やかでついついたくさん買い物をしてしまった結果が、体重増加に繋がってしまった人もしばし見られることでしょう。

豆知識ですが、秋は食べ物が美味しいだけではなくて、実際に食欲が増す季節であることがわかっていて、気温が低下すると体温保持のため体の熱産生が高まり、基礎代謝が上がってしまうことに繋がります。

基礎代謝が上がるということは、それだけ多くのエネルギーを消費してしまうことになるため、結果的に秋は食欲が増してしまう時期であって、どうしても食べ物が美味しいと感じる季節となっているのです。

 

夏のイライラが吹っ飛ぶ快適さ

暑さとイライラの関係性は科学的にも証明されていて、猛暑の夏は集中力低下や眠気を誘う原因そのもので、そうした環境の中で無理に仕事や勉強に取り掛かることは、イライラすることになってしまいかねません。

残暑厳しい秋が近年続いてはいるものの、本格的な秋シーズンを迎えれば窓を開けていればOKなほどに、快適で過ごしやすい気温となることは、イライラすることも少なくなりますし、何より電気代が助かることも間違いありません。

こちらも秋の魅力であって、本格的に涼しくなるにつれて人の体は穏やかになっていき、心に余裕ができることも秋がもたらす魅力であって、気温が高くなると短期で喧嘩っ早い人が多くなるのもこのためです。

また、心理学で証明された研究結果によれば、人はより快適で涼しい環境で会う方が相手を好意的に思いやすく、逆に不快な環境であるほど相手に嫌悪感を抱きやすいとの研究結果も出ていることから、秋は人間関係を良好にしてくれるシーズンにもなっています。

 

秋桜や紅葉が素晴らしい

秋は紅葉の季節と言いますが、秋桜を楽しむ人もたくさんいて、ピンクや赤などの人が釘付けとなる色の秋桜もあれば、黄色やオレンジなどのインスタ映えする色も存在する秋桜は、花好きな人にとっても楽しい季節であります。

紅葉に関しては言うまでもなく素晴らしい景色が並んでいて、京都などの有名スポットに足を運ぶ観光客が非常に多いことが、秋がいかに魅力的であるかを証明しています。

紅葉の場合、お寺参りとセットで楽しむことができることからも、古い日本を堪能することも可能ですし、日本が大好きな人にとって「これぞ日本」と言わんばかりの、古き良き日本を味わえるのも秋の良さです。

他にも、秋の絶景登山を楽しむことができるなど、若者にとっても登山などを経験できる秋シーズンは、少し大人になったような気持ちにさせてくれたり、カップル同士でのデートにも最適なシーズンともなりえます。

 

花粉症の被害も少ない秋

春と秋の体感気温はさほど変わらないものの、春は花粉症が酷くなるという日本人にとって最悪の環境が待ち受けていて、逆に秋は花粉症に悩まされることもなく、より快適に過ごせることも魅力の1つです。

東京都がおこなった調査結果によると、若者のスギ花粉症は年々増加傾向をたどっているようで、「15~29歳が61・6%」の最も多い数値を示していることが、若者ほど秋が好きとの回答に繋がった理由とも考えられます。

秋は秋で、キク科やアサ科の被害が出てしまいますが、春に比べると圧倒的に被害は少ないですし、何より花粉の量が微量となっているため、多くの人が症状を引き起こさない程度の花粉となっています。

「花粉症くらいで…」と思う方もいるかもしれませんが、鼻水やくしゃみ、目が痒くなるなどの症状は思ったよりも深刻で、多くの人が心の底から頭を悩ませる苦痛であるため、秋の方が快適に過ごせて好きだと思うことは、花粉症の人にとっては普通の意見となることでしょう。

 

祭りが多く楽しみが増える

秋といえば日本中で祭りが行われる時期であって、岸和田だんじり祭を筆頭に全国各地で豊作を祈った祭りが行われるなど、とにかく地元でも楽しめることが魅力です。

子供の頃から地元の祭りに参加していた人は、秋が来ることで祭りに参加する楽しみが出来ますし、鳴り物や青年団として活躍することで地元の活性化に一役貢献し、多くの人を楽しませることも可能です。

夏でも花火祭りや祇園祭などの大きな祭りは存在しますが、こうした祭りは地元開催がないことが多く、秋の豊作を祈った祭りは地元開催されることが多くなるため、人混みが少ない中で楽しむことができることも、秋の祭りが好きだと思う人に多く聞かれる意見です。

特に未成年の子供にとっては、門限の時間よりも遅く帰ってきても怒られないなどのメリットがあるため、子供の頃に地元の祭りに夢中になった人も多いはずで、そこで様々なドラマが生まれたことは言うまでもありません。

 

夏が終わってしまう寂しさも良い

夏が終わると「あー。ついに夏も終わりか…」と寂しい気持ちになりがちですが、秋の訪れとともに鈴虫が鳴き始めるなど、秋の虫の音を耳にすることで落ち着くことができる人も、世の中にはたくさんいます。

虫の声を聞いて睡眠をとることは、リラックス効果が期待できることに加えて、質の高い睡眠を取れることにも繋がって来るため、秋になると快適な朝を迎えることができたりするのも、秋が快適と感じれる隠れた理由となります。

また、虫の声や道に落ちた枯れ葉を目にすることでどこか寂しい気持ちに浸り、「これから冬を迎える準備か…」との気持ちにもなれますが、このちょっぴり寂しい感じがまた良くて、寂しさを感じれる季節に自分自身と向き合い、読書などを始める人も多くいることでしょう。

少しずつ人肌恋しくなる秋というシーズンは、猛暑の夏が終わることで「何かが終わってしまう」との心理が働き、どこか寂しい気持ちにさせてしまうものなので、適度な運動などの工夫をしてみることで、この寂しさを和らげることが可能です。

 

秋が好きな人のリアルな声も知ろう!


29歳気持ちが良いさんの声

秋は紅葉などの綺麗な景色が並ぶので、実家に帰る際に綺麗な景色を見れることや、子供を連れて電車に乗ると山々が映えるなどの景色は、こちらの心まで穏やかにしてくれる気がします。

秋は気温的にも過ごしやすく、子供にとっては特に外で遊べる時期でもあるため、熱中症を気にする必要もない秋が一番子育てがしやすい時であるとも思うんです。

後は、秋になると実家からりんごやぶどうなどが送られて来ることも、秋になるとつい楽しくなってしまう瞬間であって、幸せと楽しいイベントが盛りだくさんな秋は、どうしても嫌いになることができません。

私は京都出身なので、紅葉を観に来る観光客が増えるなどの嫌なこともありますが、そうした部分を見なければ秋が一番好きで、一番過ごしやすい季節かと思います。

30代きみさんの意見

秋はたくさん魅力があるけれど、私的には動きやすくお洒落をしやすい季節なことが最も高評価な部分で、派手な色を使いやすかったり、小物をたくさん身につけやすい秋は、ファッションを楽しむ人には最適のシーズンだと思います。

外に出やすい気温でもあるので、自分が納得する格好でお出かけすることは、なんだか自分が凄く大きな人間になれたような気がして、その街を歩いている自分に酔うことも悪くはないですよ。

大人になると様々な楽しみができて、紅葉が見えるカフェのテラス席に座ることで自分に酔うなど、自分に最も酔えるのも秋と言えるんじゃないかな?

秋刀魚なんかも凄く美味しいし、味覚の秋に栗狩りに出かけるなどの楽しい選択肢が増える秋は、春よりも断然好きなシーズンです。

年齢非公開ちょっとおばさんの意見

秋が好きな理由は金木犀の香りがたまらなく好きで、秋になるとその匂いを嗅ぐためだけに外に出かけるほど、私なりのベストな秋の楽しみ方です。

「自分の体臭が金木犀ならいいのに…」なんて思うくらいに、金木犀の匂いを嗅ぐと淡く儚しい気持ちにさせてくれて、「やっと秋が来たな」と、心を落ち着かせてくれる効果があります。

もう1つ理由を挙げるなら、一番地味な季節でひんやりする風を楽しめることも、秋が好きな私には「なんか良いな」と思える時であって、ワクワクする季節でありながらもどこか心寂しさが残る気持ちに、ホッとする瞬間があります。

ホットの紅茶なども美味しくなる時期ですから、おそらく私のような少し年齢層が高い人にとっては、秋を楽しむ幅がより広まっていて、いろんなことにチャレンジしてみようと思える時期ではないでしょうか。

※ランサーズにて、「秋が好きな理由を教えてください」との募集をかけることで、11名の声の中から3名の声に厳選して紹介しています。

 

秋が好きな人に見られる特徴と性格傾向


感性が豊か

秋が好きな人はファッションや景色を楽しむことができるために、感性が豊かで個性的な雰囲気や魅力の持ち主が多くなり、目には見えないものを感じ取ることができたり、五感をフルに活用できることも特徴的です。

味覚の秋とも言いますから、感性が豊かな人ほど秋の香りや虫の音を繊細に感じ取ることができ、その時に感じた自分の気持ちに正直になれる人です。

自分の気持ちに正直になれることは、秋という魅力について自分が感じたことを素直に信じることができ、他人の感性や意見には流されない強さを持っていることから、自分流のこだわりを持った秋の楽しみ方ができる人とも言えます。

感性が豊かな人ほど秋が好きになるのは当然のことで、涼しい季節はじっくりと考えることができますし、匂いや音で独特の創造力を最も発揮できる秋は、感性が豊かな人が最も輝くシーズンです。

 

クールで無口な印象

秋が好きな人ほど他人から「クールで無口な印象」を持たれやすく、感性が研ぎ澄まされた人のイメージとは、多くの人が「クールで無口そうだ」と思えるのが良い例です。

香りや音を楽しむことができる秋が好きな人は、そもそも他人に多くを語る必要がありませんし、自分の中で秋の楽しみ方を熟知している性格であるため、群れることでワイワイと楽しむ必要も無くなります。

ファッションセンスによっては、「あの人は暗くて変な人だ」とも思われがちな秋が好きな人は、第一印象とは違う魅力を見せるけることで、大きなギャップ効果を生み出すことができる性格でもあって、ギャップ効果が良い方向に見られやすい人です。

紅葉を見に山に登る人とは、決して派手な服装を選択する人ではないことも分かりやすい例で、基本的には落ち着いている人であると思われやすいのが、秋が好きな人に見られる特徴です。

 

自然に触れることが好き

山や虫、または歴史に触れることができやすい秋シーズンは、自然に触れることが好きな人ほど魅力的に思いやすい時期で、自然に触れることで心を落ち着かせたいとの気持ちが強い人ほど、秋の魅力にとらわれがちです。

例えば大都会で働く人は、人混みと高いビルに圧迫されたような生活に心が疲れてしまっているため、紅葉を見るついでに山々を眺めることで心をリセットし、自然の魅力を自分の力に転換しています。

夏でも海という自然に触れることはできますが、海水浴では若者がワイワイとはしゃいでいたり、強面な人たちが暴れていることもあるため、落ち着いた環境で自然を楽しみたい人にとっては、秋が最も最適に感じれることでしょう。

子供がいる家庭であっても、熱中症などのリスクも低くて子供とのピクニック等で、自然と触れることができやすい秋は、思い出作りにぴったりなシーズンでもあるはずです。

 

繊細すぎる一面も

繊細すぎる一面がデメリットともなる秋が好きな人は、日常生活では外食の際に「どれを選ぶべきか?」と、ハズレの選択をしたくない一心で悩みに悩むことがストレスとなったり、少しの音に対してストレスを感じてしまいやすい人です。

他にも、とても辛い気持ちなのに冷静な自分を保つのに必死であったり、「人前で涙を見せることは恥ずかしいことだ」と思い込む繊細な人は、感動する場面でも涙を必死にこらえる傾向にあります。

つまり秋が好きな人は、香りや音を楽しむことができる反面、周りに物音を立てる人がいるとイラっとすることが多かったり、マナー違反に対して心底うざい気持ちが湧いてきやすい人なので、楽しんでいるようで心に不満をためてやすい性格とも言えるのです。

傷つきやすい性格でもあるため、誰にも邪魔されることなく一人で楽しめる秋シーズンは、繊細な人ほど好みやすい季節となる繋がりが見られます。

 

デメリットが少ない秋


四季が楽しめる日本ですが、秋はデメリットが最も少ない時期であるため、北海道の人でも雪かきをする必要がまだありませんし、沖縄の人でも涼しさを感じれる時期です。

パッと思い浮かぶデメリットをまとめても、「行事が多い」「風邪をひきやすい」「寂しい気持ちになる」などの、日常生活に大きな支障をもたらすようなことでもないため、無難な選択として秋が好きだとの選択をする人もたくさんいるはずです。

また、忘れてはいけない「台風が多い」というデメリットは支障が大きい部分ですが、暑さや寒さ、花粉などと比べるとマシであると思える人も多いことでしょう。

冬はクリスマスや年末年始といった楽しみを控えるシーズンであることから、秋にかけて徐々にワクワク感が増していくことも、秋が好きだと思える理由だと考えられます。

【季節関連の超おすすめ記事】

・冬が好きな理由とそう思う人の特徴|心理から読み取る性格傾向12個

・春が好きな人の理由やその特徴|性格傾向とそう思う人の意見14選

・夏が好きな理由やその特徴|どういう心理?性格傾向と夏派の意見14選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP