秋が好きな理由とその特徴|性格傾向は?そう思う人の意見14選

「季節の中で一番秋が好き!」と思う人はたくさんいて、短い季節の中にも様々な楽しみや魅力が詰まった秋は、多くの人がレジャーなどを楽しむ時期でもあります。

一方で、秋になるとどこか寂しい気持ちになる人もいるわけですが、こうした人には季節の変化がもたらす心の影響が関係していると考えられます。

ここでは主に、「秋の素晴らしい魅力」ばかりに触れていくことで、秋が好きな人が深く共感できる理由を掘り下げていきます。

そのためにも、仕事発注サイトランサーズを通して募集した、「秋が好きな人のリアルな声」も厳選紹介していくので、そちらもしっかりとチェックしておきましょう。

秋は若者に人気の季節!


四季の中でも春と秋は日本人に最も支持される季節であって、news.niftyが独自で調べた調査結果によると、最も支持が多かったのは春の42%、次に多かったのは秋の32%との調査結果が出されているほど、秋は人気の季節です。

さらに年代別での人気調査によると、30代以下の世代で秋が1位に支持されていることからも、秋は若者に人気な季節であって、逆に花見などを楽しめる春は40代から上の世代の支持が多くなっていました。

若者ほど魅力を感じやすいことが分かった秋ですが、涼しさを感じることができる一方で、夏が終わってしまう寂しさもちょっぴり感じてしまう秋には、具体的にどのような魅力が存在するのでしょうか?

次の項目では、秋が好きという人に多く聞かれるメジャーな意見のみをご紹介していきます。

 

なぜ秋が好き?多い理由がこちら!


食べ物が美味しい

食欲の秋と言われるほど秋は美味し食べ物がたくさんあって、秋刀魚や栗を筆頭に食欲が増えてしまう魅力が秋には存在します。

他にもさつまいもや鮭、りんごやぶどうといったフルーツも旬の季節であって、色鮮やかでついついたくさん買い物をしてしまった結果が、体重増加に繋がってしまった人もしばし見られることでしょう。

豆知識ですが、秋は食べ物が美味しいだけではなくて、実際に食欲が増す季節であることがわかっていて、気温が低下すると体温保持のため体の熱産生が高まり、基礎代謝が上がってしまうことに繋がります。

基礎代謝が上がるということは、それだけ多くのエネルギーを消費してしまうことになるため、結果的に秋は食欲が増してしまう時期であって、どうしても食べ物が美味しいと感じる季節となっているのです。

 

夏のイライラが吹っ飛ぶ快適さ

暑さとイライラの関係性は科学的にも証明されていて、猛暑の夏は集中力低下や眠気を誘う原因そのもので、そうした環境の中で無理に仕事や勉強に取り掛かることは、イライラすることになってしまいかねません。

残暑厳しい秋が近年続いてはいるものの、本格的な秋シーズンを迎えれば窓を開けていればOKなほどに、快適で過ごしやすい気温となることは、イライラすることも少なくなりますし、何より電気代が助かることも間違いありません。

こちらも秋の魅力であって、本格的に涼しくなるにつれて人の体は穏やかになっていき、心に余裕ができることも秋がもたらす魅力であって、気温が高くなると短期で喧嘩っ早い人が多くなるのもこのためです。

また、心理学で証明された研究結果によれば、人はより快適で涼しい環境で会う方が相手を好意的に思いやすく、逆に不快な環境であるほど相手に嫌悪感を抱きやすいとの研究結果も出ていることから、秋は人間関係を良好にしてくれるシーズンにもなっています。

 

秋桜や紅葉が素晴らしい

秋は紅葉の季節と言いますが、秋桜を楽しむ人もたくさんいて、ピンクや赤などの人が釘付けとなる色の秋桜もあれば、黄色やオレンジなどのインスタ映えする色も存在する秋桜は、花好きな人にとっても楽しい季節であります。

紅葉に関しては言うまでもなく素晴らしい景色が並んでいて、京都などの有名スポットに足を運ぶ観光客が非常に多いことが、秋がいかに魅力的であるかを証明しています。

紅葉の場合、お寺参りとセットで楽しむことができることからも、古い日本を堪能することも可能ですし、日本が大好きな人にとって「これぞ日本」と言わんばかりの、古き良き日本を味わえるのも秋の良さです。

他にも、秋の絶景登山を楽しむことができるなど、若者にとっても登山などを経験できる秋シーズンは、少し大人になったような気持ちにさせてくれたり、カップル同士でのデートにも最適なシーズンともなりえます。

 

花粉症の被害も少ない秋

春と秋の体感気温はさほど変わらないものの、春は花粉症が酷くなるという日本人にとって最悪の環境が待ち受けていて、逆に秋は花粉症に悩まされることもなく、より快適に過ごせることも魅力の1つです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP