【いじってくる人の本音】男性に多い理由〜対処法17選|好き嫌いの判別も

「いじってくる奴マジでウゼェ!!」と怒りの声をあげる人もいれば、「いじってくる人って脈ありなのかな…」と相手に恋愛感情を抱く人もいますが、いじってくる人の本音を知ったあなたは、「嘘だろ…」と驚きの声をあげることでしょう。

いじってくる人の本音に隠されたある感情を知ることで、失望する人もいれば喜びに満ちた感情になる人もいて、中には「一生関わりたくない性格だ」と、絶交を決断する人もいるはずです。

また、好き嫌いの判別方法を知ることで、「あなたに対しての嫌がらせなのか?」「あなたを好意的に思っているのか?」の決定的違いを知ることも可能です。

特に男性に多く見られるいじる行動の意味を、まずはしっかりと頭に入れていきましょう。

いじってくる人の特徴


いじってくる人の特徴として、「相手を好意的に思っている」ことと、「相手を見下している」どちらかが考えられ、相手のことを好きだからいじるのか、またはバカにしてるからいじっているのかの、どちらかである可能性が高いです。

故にいじられているあなたは、相手が心の底からお気に入りの存在だからこそいじられているのか、劣っていると判断されてのいじりなのかをしっかり判別し、見極めることが重要となります。

当たり前ですが、社長や権力者に対していじることは難しいことですし、同級生でも学校の番長的存在のヤンキーに対していじる人が少ないことは、こうした理由が隠れているからなのです。

好き嫌いの判別をするためにも、相手の本音(心理)を知る必要が出てくるわけですが、あまりにも馬鹿げた心理が中には混じっていることを事前に理解し、次の項目で相手の本性をじっくりと探っていくことにしましょう。

 

いじってくる人の心理【本音】


相手の気持ちに鈍感

いじってくる人は相手の気持ちに鈍感であるからこそ、あなたが嫌な気持ちを抱いていたとしても、その本音に気づくことなくいじりを続けるのであって、これは必要以上にいじってくる人に見られる心理です。

このタイプの見分け方はとても簡単で、無神経な性格であるかどうかをチェックしてみることで、いじってくる心理に当てはまるかどうかの診断も可能です。

無神経な性格の人は、相手を傷つける言葉を平気で口にする、冗談混じりで相手が嫌がる言葉を投げつける、その場の空気が読めない、自分の話や自慢話を一方的にするなどの特徴が見られるので、一度チェックしてみるといいでしょう。

無神経な人の心理としては、「自分では悪気がない」つもりでいじる発言をしているため、あなたが怒ったとしても相手はその感情理解できず、「冗談なのに怒るなよ」といった態度で接してくることが多いので、こちらも判別方法として覚えておきましょう。

 

相手をバカにしている

相手をバカにしているとは、相手を見下しているとも言い換えることができて、自分の方が優れているとの本音を持っているこのタイプは、相手をいじることで「自分の価値」をアピールしています。

例えば、自分よりもブサイクだとの本音を持っている相手に対しては、「今日もいい顔してるな!」などといじることで、「自分の方が優れている」とアピールを間接的にしているのです。

特徴でも触れましたが、自分よりも明らかに権力者で多くの魅力を持っている人の前では、こうした人がいじる行為に出ることはまず考えられないことであって、自分の方が劣っていると判断した相手には、いじる行為を見せないことが特徴です。

もしもあなたのことを普段から見下しているとすれば、ストレスや怒りをあなたにぶつけることで、八つ当たりとも取れる行為の対象となるのがあなたとなっているので、こちらも見分ける方法となります。

 

本音を隠すためのいじり

本音を隠すためのいじりとは、「自分が相手に好意を抱いている」ことを隠し通すための行為であって、自分がいじっている=好きではないとのアピールをすることで、自分の本音を隠し通そうとしています。

こちらは心が幼い人ほど見られやすい心理であるため、小学生〜中学生くらいの年齢で最も見られやすい心理であって、体は大人でも心が子供の人にも見られやすい傾向があります。

まだ自分の本音を隠す方法を知らないこのタイプは、相手にちょっかいやいじるなどの行為に移すことで、「相手とは繋がっていたいけれども、本音を隠し通す」ことを目的としていて、定期的にこうした手段に出ることで、自分の存在を少しでもアピールしようとします。

また、異性だけに限らず同性であってもお気に入りの存在をいじることで、自分は好意的であることをアピールしようとする人もいて、こうした人は友達付き合いが比較的下手な人であって、誤解されることも多い性格であることが特徴的です。

 

その場を盛り上げたい

その場を盛り上げたい時に、相手をいじることで周りを笑わせようとする人もいて、その場を盛り上げることで楽しい空間を作ったり、面白い自分と思われたい人が使いやすい手法です。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP