自殺する人の気持ちと特徴9つ

自殺する人の気持ちはなんとなく分かるな…などと思っている人がいますが、実は全く気持ちなんて分かっていないことが多いです。

そもそも自殺する人の気持ちが分かる人とは、自分も同じような経験をしてきた人のみです。

ですから自殺する人の気持ちを理解してあげることは必要ですが、本当の心の声を聞くことは至難の業です。

今回の記事では、そんな自殺する人の気持ちと特徴を9つにまとめてみました。

スポンサードリンク

自分はダメ人間だと思い込んでいる

自殺したい、または自殺する人の気持ちとして最も大きいのが、自分の価値を卑下しているというところです。

生きていても仕方ない、自分はダメ人間だ、何をやっても続かない、うまくいかない、会社ではどやされる、と異常に自分を卑下する傾向があります。

自分が生きる価値すらないと思った瞬間、全ての嫌なから逃れたいという心理が働き、人は自殺したいと思うのです。

さらに、罪悪感も非常に強いと言われています。

 

本当に自殺してしまう人の考え方

口だけではなく、本当に自殺してしまう人の特徴は、慢性的に死にたいと思っている人です。

人前では死にたいという言葉は口にはしませんが、常に心の中で思っています。

自殺願望というものを持っており、そのような人がもし自殺したいと口にしたらすぐに精神科に診てもらう必要があります。

特徴としては一人でいつもいたり、気分が暗かったり、うつ病の症状を発していたりします。

特にうつ病の場合はすぐに分かりますから、SOSがある前から注意が必要です。

 

責任転嫁をしてしまう

責任転嫁が自殺に繋がる理由の1つに挙げられるのが、自殺を試みる人の心理状況に、「見せしめたい」という特徴的な心理が働くことがあるからです。

自分が死ねば周りは後悔するだろうとか、自分がいなくなれば周りが幸せになる、といった間違った気持ちを抱いてしまう場合が多いです。

簡単に言えば、自分が死んだのはお前たちのせいだという、死に対する責任転嫁をしてしまうのです。

 

重度のうつ病

うつ病という病気は、軽度から大まであり、大うつ病と呼ばれるうつ病の場合、自殺率は高くなります。

そのため、精神科医は自殺を食い止めるために抗うつ剤を処方するのです。

しかし精神科に通っているならまだ救いがあります。

精神科に通わず、一人で部屋にこもってずっと一人でいるという場合は注意が必要です。

 

情緒不安定

情緒不安定になる原因はたくさん考えられますが、情緒不安定な人が自殺を考えてしまう時というのは、突発的に考えてしまうことが多いです。

ですからご飯の約束をしていたその日に自殺していた…なんてことも珍しくありません。

また情緒不安定な人が口をそろえて言うことは、自殺願望は薬を飲むと無くなるわけではないということです。

ですからもしもあなたの友人が情緒不安定なのであれば、薬を飲んでいるから…という考えでは無く、心の声を聞いてあげることが大事となってきます。

 

薬物中毒

幻覚が見えて自殺してしまったという話を、一度でも耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

今でこそ少なくなりましたが、昔はよく幻覚が見える薬物を使用している人が多くいました。

さらに薬物というのは物によって作用が違ってきますから、急激に気持ちが沈んでしまう物もあれば、幻覚や意識を失ってしまう物もあります。

また過剰摂取によって命を落としてしまう人は後を絶ちません。

 

生きがいがない人

例えば子供がいたり、大好きな恋人がいる場合は、それが自分の唯一の生きがいとなり、自殺願望を止めることが可能です。

しかしながら、生きがいがない人というのは生きている意味や価値を考えたところで、全く答えは出てきません。

挙句の果てに、自分は生きている意味や価値がないと間違った判断をしてしまい、自殺に至るのです。

 

リストカット痕がある人

リストカットをして精神を落ち着かせるという人が後を絶えず、リストカットという行動に移してしまう人の多くは、精神疾患と判断されている人です。

学生時代にいじめられてリストカットをしてしまった、という人ならまだそれほど危険視する必要もありませんが、現在進行形でリストカットをしてしまっている人は非常に危険です。

なぜなら現在進行形=リストカットをしてしまう原因が現在も解消されていないからです。

ドラマで見るような、大量の睡眠薬を飲んで自殺を図る人も珍しくありません。

 

調子が良くなり自殺するケースも多い

うつ病などの病気が原因だったり、自己評価が低い人が、なんとなく元気になってきたり、笑い顔が見えたりすると、周囲の人は安心して元気になってきたなと思うでしょう。

それはそう思っても当然なのですが、実は元気になってきた時に衝動的に自殺してしまうということは意外なことにかなり多いのです。

ですから元気になってきた時こそ注意が必要となります。

家族に対しても病気は治ったかのように見せて、元気を振りまいていたら、翌日には亡くなっていたというケースは大いにあります。

また自殺したいと言った相手が無造作ではなく、この人なら心から心配してくれるだろうと思っている人に打ち明けたのなら余計に心配です。

死んでやる!と連呼する人が死なないのと同じように、自殺を考えている人は他人に自殺の話などしないのです。

ですから、本当に親身になってくれる人だけに自殺したいともらした場合はSOSのサインと判断しましょう。

また、「心に闇がある人の特徴7つ」もセットで読んで読んでみましょう。

心の闇が深ければ深いほど、それは深刻な悩みとなり、自殺願望を抱くといったことに繋がってしまうのです。

スポンサードリンク

コメント

    • k.m
    • 2017年 3月 19日

    毎日ラジオでいじめられます。麻原が笑ってるとか言います。精神病院にに、2週に一度かよっています。入院もしました。地下や家の周辺に、無線機かラジオを仕掛けられ、発狂してしまい、義理の兄が帝京のメンタルヘルス科に通わせ、薬を飲まないので統合失調症と判断され愛誠の、閉鎖病棟へ入れられました。これは、身内の裏切りで、はめられたのです。目に見えない霊を操り、入院中、創価関係者に、力を盗まれました。退院し、今はラジオで、鬱です。医者には、何を飲まされるか分からないので、鬱と言ってません。精神安定剤と眠り薬をのんでます。この病院は拉致するので、行きたくないが、姉が向かいに来てしょうがなく、行っているのです。本当は拉致される危険性がある為、怖くて行きたくありません。用も無いのに、病棟の患者が、外来の椅子に座っています。私は今まで、彼女もいません。このまま続くと、薬で死ぬか、自殺です。こういう病気とされてるので、メールは、あまりしたくないです。

    • 名無し
    • 2017年 6月 06日

    理詰めで考えたら、それ以外の選択肢がないから死のうって言ってるわけで別に隠す事もないよね。
    誰に相談したところで解決することじゃないし、それが親友だろうと親だろうと、そいつの中で生きる価値が死ぬ価値を超えるなんて事はないよ。
    そういう奴には金と娯楽を与えるか、心の通じる仲間と恋人を与えるとかでしか解決しないだろうね。
    もっとも、ここまで先鋭化した資本主義でゼロベースから、んなもんが手に入るのかって問題もあるわけだが。
    一端レールから外れたら詰みの国です。

    • C.K
    • 2017年 7月 09日

    おせっかいですが、本文中の言葉で気になることがあったので指摘させてください。

    責任「転換」ではなく「転嫁」です

    本題。
    私は三十年近く毒親に育てられました。発達障害を持って生まれたため、健常者の弟と比較して育てられ、私だけが毎日罵倒や非難をされて育ちました。
    おかげで19歳になる年にリストカットやアムカを繰り返すようになり、21歳になる年に自殺未遂をしました。

    ソラナックスを60錠、ポカリスエットでODしました。
    飲んでいる最中は「これで開放される。楽になれる」という、ある意味で「安心感」を覚えていた記憶があります。

    結局家族に見つかり、救急車を呼ばれてなんの後遺症もなく助かってしまいました。

    あれから数年経ちますが、未だに自殺したいという気持ちは消えていません。条件が揃えば、また自殺を図ると思います。

      • tokutyou
      • 2017年 7月 11日

      誤字の指摘ありがとうございました。
      このコメント欄に本心を書くことで気持ちが少しでも楽になれば光栄です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP