ポイ捨ての心理とその理由|どういう考えなの?特徴と周りの本音14選

「おい!道にゴミ捨てるなよ!」と思うことは誰にでもあって、平気でポイ捨てする人に対して、「何考えてんだこいつ…」などと腹をたてることは、あなたがまともな人間である証拠です。

中にはいい大人であっても平気でポイ捨てする人もいるなど、こうした人の心理には様々なものが考えられますが、ここでは全ての心理をさらけ出していきます。

また、ポイ捨てする人に対してムカつく理由も述べていくことで、不愉快に思いイラっとした人がスッキリとできる記事に仕上げています。

そうした人の特徴や性格傾向もしっかりと見ていくことで、クズ人間を見分けることができる知識ともなりうることでしょう。

ポイ捨てする人の心理


罪悪感や恐怖心が薄れている

人は集団行動になるほど恐怖心や罪悪感が薄れた結果、個人一人では絶対にしないような行為をしてしまうことがあり、これを心理学では「リスキーシフト」と呼びます。

リスキーシフトとは集団行為が起こす極端な心理傾向のことで、大きな祭りではポイ捨てする人が後を絶たず、普段はポイ捨てをしないような人が平気ですることがありますが、まさにこれがリスキーシフトの典型的例です。

人は集団の中にいることで、「集団の中での考えこそが正しい答えだ」との認知を示し、それを主張するまでは良いのですが、問題はリスクが高い方向へと行動を移してしまう傾向が見られることで、大規模な反対運動で暴力的な行為に出る人が多いのはこのためです。

つまりポイ捨てする人の心理には、「周りがやってるから自分たちだってOKなんだ」との本音が隠れていて、赤信号であっても一人が渡り出すと周りもつられて渡ってしまうのは、信号無視や交通事故などのリスクが上がっていることに対して、恐怖心が薄れてしまっているのです。

こちらの場合は、あくまで集団行動が引き起こす心理現象であるため、祭りや大勢で群れる人などに見られやすい心理となっています。

 

悪い自分を認めて欲しい

ポイ捨てすることは悪いことであるとの認識で、わざとポイ捨てする人も世の中にはたくさんいて、特に思春期や20前後の若い人に見られやすい心理が、こちらの一番の特徴です。

こちらの場合、ポイ捨てという悪いことをすることで自分の存在価値をアピールし、「自分は周りとは違う特別な存在なんだ」という本音を周りにアピールすることで、承認欲求という認めて欲しい欲求を満たしています。

ヤンキーになる人がとても分かりやすい例であって、ヤンキーは目立つことや周りと違うことをするからこそ、一目置かれる存在で特別な自分を見せ続けているわけですが、こうした人の心理には「他者と違うことをする自分を認めて欲しい」との本音が隠れています。

故に周りに見せびらかすようにポイ捨てしたり、普段から悪いことばかりしてる人がポイ捨てをした場合は、「自分は特別な存在に思っていて、悪いことをして注目される自分を認めて欲しい」との思いが隠れているはずです。

このタイプの厄介な一面は、悪いことをして目立てば目立つほどに認められ、自分の存在価値は高いとの思い込みに浸ってしまうことで、どんどんと行動がエスカレートしていくことであって、さらに迷惑行為に出てしまう人が後を絶たないことにあります。

 

他人が風景化している

ポイ捨て=恥ずかしいことであるとの認知が薄れる瞬間とは、「大勢の人が風景化している」時に起こる心理現象であって、これは電車の中や大都会などで特に見られやすい心理です。

こちらのポイ捨てする心理は、「周りの人間がビルのような建物に見えている」心理状態となっていて、ビルの前でキスすることが恥ずかしいことではないように、ポイ捨てする人もビルの前でゴミを捨てることは恥ずかしいことではありません。

こちらの特徴としては、周りに自分の知り合いがいないかどうか?が見分ける際の最重要ポイントで、自分の知り合いが周りにいると人は、ポイ捨てすることが恥ずかしいと思える一方で、知らない人ばかりの場合のみに周りが風景化してしまうのです。

大勢の前で恋人と手を繋いだりハグをするカップルを見かけますが、こうした人と全く同じ心理状態であって、親の前で恋人と手を繋いだりハグをすることは、誰だって恥ずかしい気持ちが芽生えるはずなのです。

故にこちらの心理に当てはまる人は、知り合いの前ではマナーよく振る舞う性格であって、一人になると性格が豹変してしまうタイプが多く見られる傾向にあります。

 

自分の利益を優先

バレなければそれで良しとの考えは、まさに自分勝手で自分の利益ばかりを追求する人に見られる心理で、道にポイ捨てをすることは、自分にとって荷物を減らせるメリットがあったり、ゴミを捨てる時間を省けるメリットが生まれます。

ポイ捨てする人の中には、自分の利益となるからこそ平気で捨てる人がいて、こうした人は好きな人の前ではゴミはゴミ箱へきちんと捨てたり、権力者の前ではマナーよく振る舞うことができる性格の持ち主です。

自分の利益ばかりを優先する人は、他人の迷惑や視線よりも自分の利益が最優先であるため、大型のゴミを引き取ってもらう手間や資金を考えると、近くの池や雑草畑に捨ててしまう選択を取ることも。

ポイ捨てのみならずに、どんな時でも自分の利益のためにはマナー違反を気にしないこのタイプは、順番を抜かすなどの他人がイラっとする行為も見られやすく、悪気もなく平然な顔をしてられる人の確率も高くなります。

つまり自分の利益ばかりを優先する人は、普段はしっかりしているように見えて、自分の利益となれば自己中心的で相手の気持ちを考えない行動に出る人であるため、厄介者で心の底から信用できない人であるとの評価をされやすいです。

 

ポイ捨ては正義との考え

人は育った環境により大きく考えや性格が変わってしまい、両親が子供の前でポイ捨てをしていた場合は、子供にとってはそれが正解となってしまうので、親の真似をしてポイ捨てをすることも。

当たり前ですが、子供にとっては両親こそが正しい意見の持ち主であって、それを真似することは叱られることにも繋がらないため、子供が真似をして両親が注意をしなかった時には、子供の心には「やって良いことだ」との考えが生まれます。

こちらは親の躾が悪いことが原因ですが、こうした子供はポイ捨て=良くないことだと気づくまでにどうしても時間がかかるので、癖づいてしまうことも珍しくありません。

お菓子を買って道に捨てる癖が習慣付いている子供は、育った環境によるものが大きいのか、または周りに悪影響されていることがほとんどです。

 

ポイ捨てする人の特徴


育ちが悪い人

育ちが悪い人はマナー違反が多かったり、劣悪な環境で育つことが多い人でありますが、こうした環境で育つことはポイ捨てが当たり前の環境となり、身なりや発言等にもそれが現れると言われます。

例えば育ちが悪い人は、言葉遣いが下品でとても派手な服装を好んだり、食べ物を粗末にするようなことを平気でするなど、とにかく周りに引かれてしまったり、一歩距離を取られてしまうことが多い人です。

他にも、道に平気で唾を吐いたり定員に対して横柄な態度をとり続けるなど、何かと厄介者で周りから浮く存在となる育ちが悪い人ですが、類は友を呼ぶため、育ちが悪い人の周りには同じようなタイプが集まり、ポイ捨てすることが当たり前の集団が結成されることも、特徴の1つだと断言できる理由です。

育ちが悪い人にとっては、ポイ捨てすることが恥ずかしいことであるとの認知ができない環境にあって、「ポイ捨てすることは当たり前だ」と思う人が集まることによって、結果的にいい大人になってもポイ捨てすることが習慣づき、癖付いてしまうことが多くなってしまいます。

 

悪に憧れている人

悪に対して大きな憧れを抱く人は、自分を強く見せようと派手に自分を飾ることで周りを威嚇し、自分が有能であることをアピールしようとしますが、そのための手段の1つがゴミを捨てることです。

本来ゴミを捨てることは「非常識」な行為であるはずが、悪に強い憧れを持つ人はゴミを捨てることで、周りが「非常識な人だ」と関わることを避けることが、自分にとっては褒美となってしまうのです。

例えば、タトゥーが身体中に入った金髪のサングラス男がいるとすれば、多くの人が「怖そうだ」とのイメージを持つわけですが、さらにゴミをポイ捨てすることによって、「関わらない方がいい」との判断をすることになります。

一方で避けられた側からすれば、「自分がいかついからこそ避けられた」と都合の良い捉え方をすることで、ゴミを捨てることは威嚇との捉え方に繋がり、道を歩いていてもまるで自分の陣地だとも言わんばかりの顔で、道にをゴミを捨てていくわけです。

 

ガムやタバコが好きな人

ガムやタバコを吸う人全てに当てはまるわけではありませんが、ガムやタバコは比較的見つかりにくい小さなゴミですし、物が小さいだけに罪悪感なども軽くなってしまうことが、ポイ捨てに繋がります。

ガムやタバコの場合、大概がゴミ袋などを持っていない状況であることも、多くの人がゴミを捨ててしまう理由に当てはまり、ポケットに入れて自分の服が汚れることを嫌ったり、カバンに入れることで臭いを嫌う人が、どうしてもポイ捨てという選択をしてしまいます。

もちろん普段からポケット灰皿や、非常用のゴミ入れなどを持っている人は除外されますが、小さなゴミほどバレにくいことから、道に捨てやすいことは間違いありません。

また、多くの人が歩く道で平気でタバコを吸ったり、ガムをくちゃくちゃと鳴らすなどの行為は、育ちが悪い人にも共通する行動パターンであるため、育ちが悪くてガムやタバコが好きな人ほど、小さなゴミをポイ捨てしやすいとも考えられます。

 

他人の迷惑を考えない人

他人の迷惑を考えない人は自己中心的な性格とも言えますが、このタイプはくしゃみをする時に手で押さえない、電車で足を広げて堂々と座っているなどの迷惑行為が多く、他人を困らせることが得意な人です。

ポイ捨ても全く同じで、街を綺麗にしようとボランティアで掃除をする人もいれば、自分の街を綺麗に保って欲しいと思う人もいるわけですが、こうした人の気持ちを踏みにじる行為が平気でできるのが、他人の迷惑を考えない自己中心的な人です。

なぜこのような行為ができるのか?と言えば、他人の迷惑を考えない人は常に自分目線で、「自分にとってどうなのか?」を基準で考えているため、相手が迷惑しているという事実に気づくことさえできません。

常に自分目線で考える人は、心理でも紹介したように自分の利益ばかりを追求する人で、それによって他人の迷惑や被害を全く考えない性格であるため、このタイプには近づかないことが重要で、自分が不利を被る何一つメリットのない付き合いとなるのが、他人の迷惑を考えない人との付き合いなのです。

 

民度が低いと言われる人

民度が低いと言われる人はマナーがとにかく悪くて、レベルの低い同士での醜い争い事が耐えなかったり、責任感が無いのですぐに責任から逃げ出してしまうクズ人間が多くなります。

民度が低いからこそポイ捨てができるとも言えますが、目先の利益ばかりを考えているこのタイプは、その場しのぎで行き当たりばったりの対処法を取るため、ゴミが多くなると捨てればいいという、シンプルで簡単な答えを導き出します。

さらに責任感が無いので、ポイ捨てがバレないだろうとの認識をすれば、大型ごみでさえも池などに捨ててしまう民度が低い人は、それがバレてしまっても自分は悪く無いと開き直り、自分を正当化する厄介な一面を持ちます。

つまりこのタイプにポイ捨てを注意したとしても、逆ギレされたり注意した側が悪いと攻撃的な態度を取られかねないので、民度が低い人にも近づかないことを徹底し、「バカだからポイ捨てをするんだ」くらいの気持ちで、やり過ごすことが一番の対処法となることでしょう。

 

ポイ捨て人間に対する本音


天罰が下れと思う

目の前でポイ捨てされた瞬間に、「こんな奴天罰が当たってしまえ!」と思うことは口に出せない本音であって、街を汚すような人間に対してネガティブで、強い嫌悪感を覚えるのは普通のことです。

運転中にポイ捨てする人であれば、「単独事故でも起こしてしまえよ!」と思うほどイラつく人もいれば、「警察に捕まってしまえ!」と思ってしまうなど、こうしたマナーが悪い人は運転マナーも悪いことがほとんどなので、見ているだけでもストレスが溜まる確率は非常に高いです。

歩行者に対しても強い嫌悪感を抱く瞬間であって、人前でポイ捨てをする人はそれなりの身なりであったり、DQNと呼ばれるような雰囲気を持つ人が多いため、「本当に怖い人に怒られろ!」などと内心思うことも、決して珍しいことではありません。

 

低脳でバカだから自覚がない

ポイ捨てした瞬間に、「あーこいつは低脳でバカなんだな」とか、「チンパンジーみたいな人間なんだろう」と思ってしまうのも仕方がないことで、いい歳をした大人が道にポイ捨てすることは、日本においてとても痛い行動です。

「ゴミ人間が道にゴミを捨てる」とまで言い切る人もいるほどで、確かに大人になってもゴミを平気で道に捨てる人は、それなりの民度や社会的貢献が薄い人が多いようにも思えます。

特に人前でポイ捨てする人の場合は、マナー違反を何とも思っていない危険な思考を持つ人なので、こうした人は自分の利益のためには手段を選ばず、他人がどう思おうが勝手だと都合よく解釈する思考の持ち主です。

 

とにかく可哀想な人

ポイ捨てすることは恥ずかしいことなのに、その事実に気づけないことは可哀想なことであって、「育った環境が悪かったのだろう」と同情し、心の底から相手を見下す瞬間ともなり得ます。

これは完全に相手を見下している時の心理であって、心に余裕を持ちポイ捨てする人を周りに引き付けないような人は、相手を見下すことで民度の低い人との関わりを避け、近づけない環境を自ら作り出しています。

その考えは何も間違ったことでもなくて、育った環境が違えばもっとマナーに敏感で、上品な大人へと成長できたかもしれないのに、そうした環境で育たなかったことは、ある意味可哀想で残念な人であると言えるでしょう。

 

厳しいバツを与えるべき

ポイ捨てに厳しい罰を与えるべきとの考えは、ポイ捨てしない人なら大賛成しそうな意見ですが、厳しい罰を与えると人の心理には「やってはいけない」との気持ちが強くなり、ポイ捨てを控えようとの効果が期待できます。

罰せられる法律が存在するには存在しますが、より厳しい罰を与える方がメリットが薄れていくことで、多くの人がポイ捨てに対して危機感を感じ、きちんとゴミ箱に入れる意識が強まるとの考えから、こうした意見が多くなったと考えられます。

ポイ捨て一回10万円くらいの罰則を与えれば、飲酒運転と同じく多くの人が恐怖心を抱き、それでも行うマナー違反に痛い目を合わすことも可能です。

 

ポイ捨てが絶対ダメな理由まとめ


ここまで読み進めたあなたは、最後に「ポイ捨てがどれだけ怖いことなのか?」の事実を知り、軽い気持ちで行ったポイ捨てによって、「どれだけの被害が出ているのか?」の事実も知っておきましょう。

まずポイ捨ては海洋汚染に繋がり、海に流れて行くことで野生の動物に大きな被害が被るわけですが、これが今世界中で問題視される社会問題へと発展しています。

プラスチック等のゴミをポイ捨てすることは、鳥などが餌と間違えて口にすることで消化しきれずに、時には有害な物質が含まれていることで死んでしまう原因そのものです。

「ならタバコなら問題ないな!」と思ってる人に知って欲しいことは、国が行った個数調査によれば、海岸漂着ゴミで最も多かったのがタバコの吸殻であり、その割合はなんと12.8%の数値を叩き出す結果が報告されたことです。

野生動物にとって小さなゴミは、誤食してしまうことで命を落とす重大な問題となっているので、ポイ捨てが嫌いなあなたも再度「ポイ捨てはしない」と心で思い込むことは、野生動物を救う意識にも繋がるはずです。

後もう1つ、ポイ捨てする人に知ってほしいことは、見ている側がとても不幸な気持ちになったり、鬱陶しい存在としてイライラしてしまう原因そのものなので、一刻も早く目の前から消えてほしいという本音を持ち、相手に大きな不快感を味あわせている事実です。

故に、もしも注意できそうな友人であったり、そういった関係を築いてこれた人物であった場合は、注意してあげることを心がけることも、野生動物の命を救うことに繋がる素晴らしい行為となります。

【ポイ捨てと非常に関連性が強い超おすすめ記事】

・クズ人間の特徴と意味15選〜性格傾向とは?

・物音がうるさい人の心理とは?共通点/原因/対処法も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP