カラオケで歌わない人の心理|特徴や両方の主張〜歌わせる方法15選

「何しにカラオケ来たの…」と呆れてしまったり、「盛り上がらねーよ。つまんね。」と、テンションが下がってしまう瞬間といえば、カラオケで歌わない人が出てくる時です。

こうした人の心理には、「はぁ?」とこちらが納得できない本音が隠れていて、「納得できない」と怒りに満ちた気持ちとなる人も出てくることでしょう。

一方で、カラオケで歌わない人にもそれなりの理由があり、強く伝えたい主張があるわけですが、ここではそうした人の声もきちんと届けていきます。

どちらも主張、そして心理もしっかりと頭に入れておくことは、歌わない人に対しても優しくできる要因となるため、きちんと両者の声を知る気持ちを持つことが重要です。

カラオケで歌わない人の心理


恥をかきたくない

歌が下手であったり得意でない人に最も見られる心理であって、「自分が下手なことは恥ずかしいことだ」と思い込むことで、自分の欠点を周りに見せたくない心理が働いています。

同じく歌が下手でも歌う人にとっては、「そんなの誰も気にしないのに…」と思うことでしょうが、本人にとっては恥をかくことに耐えれなかったり、または高すぎるプライドを守り抜くことは、人生を生きるにおいてとっても重要なことなのです。

このタイプに多い特徴としては、「自己愛が強すぎる」「勝ち負けにこだわる性格」の2つであり、自己愛が強い人ほど恥に対しての対応が苦手で、恥を指摘されると逆ギレすることも多々あるため、カラオケで歌うことは大好きな自分が傷ついてしまう、とても危険な場所となり得るのです。

勝ち負けにこだわる人にとっても、歌が下手なことは自分が劣った存在であることをアピールし、周りから見下されるかもしれない瞬間そのものなので、こうした人も自分の勝ち目がない勝負が嫌いで、得意分野のみでイキイキとする傾向が見られます。

 

人前で歌いたくない

人前では極力歌いたくない心理を持つ人は、過去にカラオケ関連でコンプレックスを抱いてしまったり、目立つことが苦手な恥ずかしがりな性格であるなど、様々な原因が存在しますが、この気持ちを共感しにくいことは、こうした人を生きずらくさせる要因です。

人前で歌いたくない主な理由としては、「注目される恥ずかしさ」と「笑われる怖さ」があり、コンプレックスを抱く人は歌うこと自体に恐怖心を持っていて、自分が歌うことは楽しいと思えることではありません。

多くの人が「音痴だからなのかな?」と問題を安易に考えがちですが、本人たちにとってはかなり深刻な問題であって、人前で歌いたくない気持ちが募りに募ることで、カラオケ自体に嫌悪感を覚えることもあるほどです。

世の中には注目されることで顔が真っ赤になったり、または注目されることであがってしまう人もたくさんいるので、このタイプはカラオケで歌うことも全く同じで、消極的になってしまう瞬間なのです。

 

歌える曲が少ないor変わってる

歌える曲が少なかったり変わっている人の心理には、「どうせ盛り上がらないだろう」との恐怖心や、「変な人だと思われるかもしれない」などのネガティブ感情も見られ、人前では歌う気になれません。

歌える曲が少ない人の場合、数少ないレパートリーから先に歌われてしまうことや、盛り上がる曲を歌えないことが多くなるため、積極的に歌おうとは思えないのです。

歌える曲が変わっている人の場合、楽しいはずの雰囲気が自分の選曲で白けさせてしまったり、周りから笑われてしまうなどのリスクを抱えるので、こちらも積極的に歌おうとは思えません。

故にこうした人の心理は、「周りに気を使っての歌わない選択」との捉え方もできるため、事情も知らずにノリが悪いなどと決めつけてしまうことは、やってはいけないことであることの証明ともなります。

 

特定の嫌な人がいる

特定の嫌な人とは、「下手なことを理由にいじってくる人」や、「見下すような笑いをしてくる人」のことであって、こうした人がカラオケにいた時には、歌いたくない気持ちになることは多くの人が共感できるかと思います。

例えば自分が心底嫌いな人がいた時には、狭いカラオケという空間に一緒にいることも嫌だし、一刻も早くその場を立ち去りたい気持ちになりますが、こうした人も全く同じ気持ちを抱えていているのです。

また「特定の嫌な奴がいなければ歌いたかった」とか、「歌わない時間とお金を本当に返して欲しい」と思うほど、カラオケに来たことを後悔する人だっているはずです。

どちらにしても、このタイプの場合はカラオケで歌えるはずなのに歌わない人ですから、その場にいることで大きなストレスを感じていたり、不安を抱えている確率が非常に高いです。

 

カラオケで歌わない人の特徴


周りの評価に敏感な人

周りの評価に敏感な人は、カラオケが得意でないことを理由に自分が嫌われてしまったり、バカにされることを恐れる性格で、自分が歌っている時の相手の仕草や行動などでも、様々な考え事をしてしまう人です。

例えば、歌っている時に周りがひそひそ話をしていたとすれば、「自分の歌唱力をバカにされているのかも」と思い込むことで、歌うことに対して苦手意識が芽生えてしまうのです。

カラオケでは耳元で話すことは普通のことですし、それほど珍しい行動でもないはずですが、周りの評価に敏感な人はネガティブに物事を捉えることで、どうしても自分に対しての評価だと決めつけてしまいます。

このタイプの悪い一面は、一度思い込むと周りに相談するなどの行為に出てしまうことであって、この相談が周りに広がれば距離を置かれる原因となったり、または自分で自分を責めてしまうことに繋がるので、人間関係のトラブルに発展してしまうことです。

 

ノリや雰囲気に合わせれない人

カラオケでのノリは基本的には楽しく、みんなでワイワイと楽しく過ごすことが鉄板ですが、その場のノリや雰囲気に合わせることができない、またはそうしたノリが苦手な人も、カラオケで積極的に歌おうとは思えない人です。

心理でも紹介したように、自分が歌うことでその雰囲気を台無しにしてしまうことがあったり、周りから痛い視線を送られることもあり、このタイプはそもそもワイワイとする場所が嫌いで、仕方なしにカラオケに行った人が多く当てはまると考えられます。

仕事づき合いでのカラオケだったり、飲み会帰りでのカラオケだったりと、人間関係などを考えた上での決断だったのでしょうが、それが逆効果となってしまうとすれば、「もう一生行かない」と心に決心する瞬間ともなるはずです。

またこのタイプは祭りが嫌いだったり、群れることでワイワイと楽しむ人が苦手である共通点も見られることから、何かと一人行動が好きな性格も特徴的となります。

 

自己愛が強い人

恥をかきたくない心理でも触れましたが、自己愛が強い人は自分の得意分野以外では勝負しようとは思えず、歌が下手であったりカラオケに苦手意識を持つ人ほど、歌うことに否定的な意見を持ちます。

自己愛が強い人の場合、わがままであったり自分が一番でないと気が済まない特徴が見られるため、自分が特別扱いされない場面では歌うこともなく、周りの期待に応える必要もないというわがままさが出てしまいます。

さらに自分の考えはどんな時も正しいとの本音を持っていて、「自分が歌わないのは何もおかしなことではない」と心に強く思っているこのタイプは、自ら好んでその場に足を運んだとしても、歌う選択をしようとは思えません。

このタイプの注意点としては、無理矢理にでも歌わすことで周りが少しでもバカにすると、感情的になり怒ってしまうことになりかねないので、嘘でも褒めておけばカラオケを好きになり、今後も積極的にマイクを持つようになるはずです。

 

カラオケで歌わない人に知ってほしい主張


つまらない仕草を見せるなら帰った方がいい

無表情でずっと座ったままであったり、携帯をずっといじっているだけなど、無理矢理連れてこられたわけでもないのに、自らの希望で足を運んだ人がこのような態度を取ることは、「それなら帰ってもいいよ?」と周りに思われても仕方ありません。

カラオケに行く人の多くは、自分も楽しく周りも楽しめる演出がしたいとの思いが強く、自分が好きな曲よりも盛り上げる曲を優先して入れるなどの心遣いもしているので、こうした人はあまり好印象には見られません。

そもそも歌わないのであれば、自分の料金のみを払って帰る方が時間を有効にも使えますし、嫌々こられたこちら側としても気を使ってしまう人がいるため、カラオケを心の底から楽しむことができないのです。

途中で帰ったとしても、周りは「なんだよあいつ」なんて思うよりかは、「嫌なら帰った方がいいよね」とポジティブな捉え方をしてくれるので、自らの希望で足を運んだのであれば、やはりその場を楽しむくらいの工夫は見せてほしいと思うのが、歌って楽しむ側の主張です。

 

歌唱力は全く気にしていない

もしも歌が苦手だとか下手だから嫌だと思う人がいるとしても、歌う側の人からすれば「そんなの気にしない」と思う意見がほとんどですし、そのような小さなことを気にする人とは、親密な関係を保たない方がいいです。

大人な人間や心優しい人は歌が下手だったとしても、全力で盛り上げようと頑張ってくれたり、嫌でも歌ってくれた勇気に答えようと、何かと必死に頑張ってくれるはずです。

歌が下手で笑ってくるような人間は、とても器が小さくて人間力がない人でありますから、そんな人とはカラオケに一緒に行く選択をしないで、盛り上げてくれるような人たちと一緒にカラオケに行くべきなのです。

どれだけ音痴であったとしても、盛り上げる曲なら多くの人が一緒に歌ってくれるはずですし、体やタンバリン等でリズムをとってくれるはずですから、そうした人たちとのカラオケは最高に楽しく感じれることでしょう。

 

盛り上げてくれて嬉しい

歌わなくても声援やタンバリン等で盛り上げてくれる人もたくさんいて、歌う人からすればこれはとてもありがたいことで、やはり多くの人は自分の出番で白けることを恐れますし、楽しい空気を持続したいと思っています。

そんな思いの助けとなるのが歌わない人の楽しそうな姿であって、声援やタンバリンがあるだけでも「上手くできた」と思う歌う側は、その場をより楽しむことができます。

もちろん無理にしろなんて主張してませんし、嬉しいとの気持ちを代弁した主張であるため、いつも歌わないのにその場を盛り上げてくれる人は、多くの人からありがたい存在だと心で思われていることでしょう。

先ほどもお伝えしたように、つまらなさそうにされるのがこちらとしても一番気を使いますし、気分が落ちてしまうことにもなりかねないので、歌に対して体で乗るなどの反応を見えるだけでも、多くの人の心配をとくことにも繋がります。

 

カラオケで歌う人に知ってほしい主張


優しさが辛くなる

「一曲でも一緒に歌おうよ」とか、「本当に歌わなくても大丈夫?」などの気遣いが、歌わない人にとってはとても辛くなる瞬間で、断ることに疲れてしまう人もいるほど、これは歌わない人にしか分からない辛さです。

中には「一緒に歌うのは大丈夫?」などの、細かな提案をしてくれる人もいるわけですが、これらも全て歌わない人にとっては苦しくさせる言葉ですし、あまりにもしつこく聞いてくる場合は、ありがた迷惑となってしまうことも。

カラオケで歌わない人の本音は、「本当に歌いたくない」気持ちがとても強く、決して周りに気を使って歌わない選択をしているわけではないので、こうした本音を知ってほしいと思うことは当然のことなのです。

もちろん優しさとして一度くらいは気にする必要はあるでしょうが、その一度の優しさで十分だと思うのがこちら側の主張です。

 

断った後に歌うのはもっと恥ずかしい

一度断った後の方が歌うことが恥ずかしくなる気持ちは、周りの注目度が上がってしまうことが大きく関係していて、歌おうよと勧められること自体に注目が集まるカラオケは、恥ずかしがりにとっては最悪の展開です。

周りも盛り上げようとしてくれたり、返事次第では楽しい演出を作ろうとしてくれいることもあってか、どうしてもイエスかノーの返事の間には周りの注目が集まってしまいます。

この気持ちも恥ずかしがりであったり、歌が苦手な人にしか分からない気持ちで、少しでも多くの人目を避けて歌いたい気持ちが強い人は、一度断るとどんどん歌う確率が減ってしまうことを理解して上げる必要があります。

世の中には断ることで、「ノリが悪い」なんて思う人も出てくるでしょうが、このタイプに対しては、「自分のノリを押し付けないで欲しい」と思ってしまうのも、カラオケで歌わない人あるあると言えます。

 

無理に連れてこられたので、絶対に歌わない

カラオケに無理に連れてこられたり、断りにくい雰囲気を作られて連れてこられた人にとっては、「無理に連れてきたんだから絶対歌わない」と思うことも普通のことで、何も不思議なことではありません。

これは無理に連れてくる人が悪いのであって、行きたくもない場所に連れてこられることは時間の無駄で、自分のプライベートな時間を無駄にしているだけです。

こちらに関しては連れてきた人が反省して欲しいくらいで、自分がカラオケが楽しいと思うからといって、相手も必ずしも楽しいと思えるとは限りません。

このパターンであった時のみ、つまらなさそうな態度を見せ続けることも、致し方ないことであるとの捉え方ができそうです。

 

上手に歌わす方法とは?


小さな要求から始める

これは相手をイエスと言わせる心理テクニックで、「フット・イン・ザ・ドア」と呼ばれるセールスマンや、詐欺師なども頻繁に使っているテクニックです。

まずは小さな要求からお願いすることで、相手にイエスと言わせれば次も同じようにイエスと言われる確率は高く、最終的には本当の要求にイエスと言わせることが主な狙いです。

カラオケの場合は、まずはワンフレーズでもいいので一緒に歌ってみることを提案したり、または全員で発言するワンフレーズを決めてしまうなど、とにかく一度でもマイクを持たせることが重要で、断ることない要求から始めてみましょう。

コツとしては、少しずつ要求レベルを上げていくことが非常に大事となるため、次はサビの部分だけを一緒に歌うなどの欲求をするのか、またはツーフレーズだけでも歌ってもらうことを要求し、とにかくイエスと言わせ続けることを重視しましょう。

 

違う方法を提案してみる

ただ歌って欲しいと要求するのではなくて、皆んなが楽しめて笑顔になれるような提案をするのもよく、自分が歌っていても注目を浴びない方法が最も好ましい方法となります。

例えば、ワンフレーズずつ歌って回していくゲームを提案し、最後のワンフレーズを歌った人が罰ゲームを受けるミニゲームは、多くの人がニコニコと笑顔になれる提案ですし、一人に多くの注目が集まるわけでもありません。

少しでも歌ってみると、「別に歌うことも悪くないな」と思えたり、「歌うことは楽しい」と思ってもらえるきっかけともなりかねないので、とにかく楽しい提案を考えてみることです。

もしもそうした提案が苦手な人は、ここで提案したミニゲームを早速取り入れてみるといいでしょう。

 

無理に歌わすことはNG


カラオケで歌わない人に対して、絶対にしてはいけないたった1つのことは、「無理に歌わせようとすること」であって、そんなことは相手側がこれっぽっちも望んでいないことなので、逆に迷惑だと思われてしまうだけです。

無神経な人ほどこうした間違った選択をしがちですが、歌わない人は基本的に「歌いたくない」と思っていて、「歌うことを遠慮している」わけではないので、そんな対処法は両者にとってデメリットしか生み出しません。

後もう1つは、ノリを無理に共有することも相手が嫌がる行為であって、大人しく歌を聴いている人がいるとしても、それがその人なりの楽しみ方であって、ノリを良くすることだけが楽しみ方でもありません。

歌わない人が満足してるならそれで良しであって、もしもその人がアルコールも飲まない、歌も全く歌わない人であるとすれば、せめてお会計くらいは自分の分だけという、最低限の優しさくらいは見せておきたいものです。

【カラオケ関連の超おすすめ記事】

・カラオケ好きな人の特徴や魅力14選

・歌が上手い人の特徴10選~上手くなる方法教えます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP