騙されやすい人の性格面での特徴10選

騙されやすい人というのは、元々騙されやすい性格をしているので、一度や二度騙されたところで、騙されにくい人に変わるということは考えにくいです。

基本的に騙されやすい人の見分け方は難しくはなく、プロの詐欺師ともなれば、会って10分もすれば騙せるかどうかの判断基準ができるとも言います。

今回の記事では、そんな騙されやすい人の性格面での特徴10選をお伝えしていき、詐欺師などのターゲットにされやすい人の性格を、この1ページにまとめていきます。

スポンサードリンク

限定物や値下げに弱い人

これは女性に特に多く見られる傾向が高く、限定物が欲しい!と常に感じている人ほど騙されやすいと言えます。

特に、ブランドから毎年出てくる限定品を揃えているという女性は要注意が必要です。

人は基本的に期間限定や値下げといった言葉に弱く、さらに期間限定という言葉は、人の心を焦らせてしまう心理効果があります。

つまり、期間限定で今しかできないという話の持ちかけに、焦ってサインをしてしまうと、結果的に騙されてしまい、得するはずが数十倍の損失となってしまう結果に陥ってしまうのです。

 

損得勘定で物事を考える

これは先ほどの話とも大きく関係しており、損得勘定で物事を考える人ほど、とにかく目先の得を考えてしまい、長期的な計画を立てることが苦手だったりもします。

ですから、期間限定や値下げに限らず、半額の商品を使い切らないのに購入し、腐らしてしまったり、会員になると数万円得するという情報に踊らされ、長期的に見ると数万円の損失だったという経験をすることが多いです。

このような経験に共感できてしまう人は、騙されやすい人でありますから要注意が必要です。

 

お人よしな性格

お人よしな人というのは、人のために何かをすることがとにかく大好きであり、満足とまではいかなくとも、他人に気持ちよくなってもらいたいと思っている人が非常に多いという特徴が見られます。

そんなお人よしは騙されやすい傾向があり、お人よしの性格を知った相手は、困ったことがあるとお人よしに助けを求め、そのうち金銭まで求めてくることも多々あります。

自己犠牲精神が必ずしも良いというわけではないのです。

 

情報弱者

情報弱者はまさに詐欺師などの格好のターゲットであり、実際に自分の目で物事を確認しないで、周りの意見ばかりを尊重して信じ込んでしまう人のことを言います。

ですから詐欺師に囲まれてしまえば、情報弱者は周りの意見が正しいと思いむので、簡単に騙されてしまうというわけです。

そうではなく、常に自分の目で物事を確認するという癖をつける必要があります。

 

我慢強い人

意外かもしれませんが、我慢強い人も実は注意が必要です。

我慢強いので、その分耐えてしまうことが多く、周囲の意見を聞き入れないことが多いのです。

我慢強い人は、自分の中で1人で解決しなければ、と思っていることが多く、騙す側から見ると我慢して黙っているので、騙していることが漏れなくて安心出来るというウマイ人になってしまいます。

騙されていることに気づかずに、我慢強く周りの意見を聞かない人ほど、洗脳されやすいという調査結果も出ています。

 

押しに弱い性格

また、押しに弱い性格の人は、騙される可能性があります。

例えば、新聞の勧誘でなかなか断れない人は騙されやすく、悪徳業者などは家にいったん上がるとなかなか帰りませんから、結果的に押しに押されて騙されてしまうのです。

これは自分の意見をはっきりと言えない人ほど当てはまりやすく、気が弱い人に多い傾向が見られます。

 

単純と言われる人

単純な人とは、多くの人が喜ぶであろうという言葉に喜んだり、テレビの発言などを全く疑わずに信じてしまう人が、この単純な人の特徴となります。

単純ということは素直であり、非常に人にウケはいいですが、悪い知識を持った人からすれば、非常に利用しやすく騙しやすい人でありますので、業者やおいしい話に対しては、基本的にはいはいと話を聞かないという意識付けをすることが大事です。

そうでなければ、単純な人な何度でも同じような手口で騙されてしまう傾向が強いです。

 

決断力に欠けている

何でも自分で決めることが出来ない人は、騙されやすいと言えます。

何事も家族や周囲に意見を求め、それにしたがって行動する人はその場での購入を迫られると、頼る人がいないので、承諾してしまうということになります。

例えばエステサロンが良い例でしょう。

エステサロンは個人で行ってもらいますから、勧誘も1人1人に行います。

他に意見を求める人がいませんから、サロンでの実感がなくても契約してしまう女性は多いのです。

 

漠然とした好きなタイプ

漠然としか好きなタイプが分かっていないという人は、騙されるかもしれません。

自分を好きになってくれる人がいれば、外見や性格は関係なく付き合うかどうかを決めるので、騙す側からすると、非常に利用しやすいのです。

逆に好きなタイプがハッキリしている人は、騙す側がそのタイプにドンピシャに当てはまっていた時に、騙される確率がグッと上がってしまうというデメリットも存在します。

 

寂しがり

寂しがりの人も、当然騙される率は高くなります。

寂しいから頼ってしまう、頼るからそれなりに向こうは自分を利用する。

でも利用されていることに気付かないし、寂しい気持ちを埋めてくれる人だとしか思えないというのが、難しいところでもあります。

また、寂しい気持ちを埋めてくれるから多少は大目に見よう…という脇の甘さが、結婚詐欺などの被害を生んでしまうのです。

 

世の中はいい人だけではありません

いかがだったでしょうか。

基本的に人間不信の人ほど騙されにくく、どんなことにも裏があると疑いを抱いてしまうので、相手の思惑を事前に突き止めることが多くなります。

しかしながら、人間不信に陥ると非常に苦しい思いもたくさんするので、騙されない性格になるためには、やはり情報弱者にならないということが一番大事なこととなりそうです。

情報に踊らされるのではなく、しっかりと自分の目で物事を確認し、人の発言が必ずしも正しいわけではないという気持ちを持つことが、騙されない性格へと繋がっていく一番の方法なのかもしれません。

また、「詐欺師の特徴は顔だけで見分けれる?」もセットで読んでみましょう。

詐欺師の特徴を知っておくことで、事前に騙されない知識をつけておくのも、効果的な方法の1つだといえます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP