夏が好きな理由やその特徴|どういう心理?性格傾向と夏派の意見14選

「やっぱり夏でしょ。」「冬なんてありえない」と思えるほど、夏が好きで堪らない人が世の中にはいますが、こうした人に見られる性格傾向を、あなたはご存知でしょうか?

夏が好きな理由は単純明確なものが多いですが、夏が終わることで「今年の夏も終わりか…」と寂しい気持ちになることは、誰もが経験するあるあると言えます。

「今年の夏もいいことなるかな?」なんて思える人は、夏にポジティブなイメージを持っている証拠であるため、こうした人は夏をエンジョイできる確率が高い人となることでしょう。

そんな夏が好きなあなたへ贈る、夏が好きな人のリアルな声もしっかりとお届けすることで、深く共感できる記事に仕上げています。

男は好き派が多く、女は嫌い派が多い夏!


夏が好きな人にまず知って欲しい事実としては、夏が好きな割合は男性に多いことであり、女性は比較的夏が苦手で嫌いだと思う人が多いことです。

news.niftyが独自に行った調査結果によると、夏が好き派は男性の方が高い割合を示した上に、夏が嫌い派は女性の方が多いだけでなく、男性の二倍もの数値を示したことからも、女性は夏を好きになりにくいとの紹介がされていて、そこにはメイクが落ちる、日焼けが心配、ベタベタが気持ち悪いなどの原因が隠れています。

さらにマイナビウーマンが行った調査結果によれば、夏が好きと答えた人は「37.9%」で、嫌いと答えた人が「62.1%」であったことから、こちらの調査でも女性は夏が嫌い派が多いとの紹介がされているほどです。

男性にとって汗や日焼けは男臭さを演出するものであることからも、男性は夏に見られる現象をそれほど嫌うこともなく、さらには男らしさ=夏が好きとの連想につながりやすいことからも、男性は夏が好きと答えやすい心理が働きやすいとも考えられます。

 

夏が好きな理由に多い意見


羽目を外せる季節

夏は暑いだけでなく、開放的で羽目を外せることが楽しいことに繋がる季節で、男女ともに出会いが多いシーズンとも言われるほど出会いも多く、両者ともにナンパや逆ナンを目的とした人が増えるなど、何かと恥に打ち勝つことができる季節です。

これは暑さがもたらす開放感が大胆な行動にさせ、服が薄いことで露出が増えることは性的魅力を感じれたり、筋肉ムキムキな体を男性陣が披露できることも、異性に自分の魅力をアピールできる場であるからだと考えられます。

また、「夏はエンジョイしよう!」という風潮があることからも、夏になると異性や恋人を求める人も多くなっていき、出会いが欲しいとの気持ちが仕草や行動に現れ、どんどんと大胆になっていきます。

羽目を外せるということは、普段から大人しい自分を演じていたり、自分の本性を解放できる季節であることからも、普段から大きな要求を心に隠し持っている人ほど、夏に羽目を外しすぎることで痛い目に遭ってしまうなんてことも、比較的珍しいことではありません。

 

アウトドアが楽しい

夏はアウトドアで楽しむ季節のイメージも強く、海やBBQ、ダイビングにジェットスキーなどのレジャーが盛りだくさんで、毎年のように仲間内でBBQを楽しんでいる人などは、夏が好きだと思える一番の要因となることでしょう。

他にも、沖縄でシュノーケリングをしたことに感動を受けた人や、川で子供達を連れて自然に触れさせることが好きな親など、アウトドアが楽しく夏が好きだと思える理由は様々ですが、基本的に夏に体験するレジャーは楽しいものばかりです。

さらに羽目を外すでもお伝えしたように、夏のレジャーは何かと出会いが多くなることからも、楽しい出会いを求める人にとっては天国のような環境で、異性と遊ぶことを満喫できる季節でもあります。

アウトドアが楽しく思える人の特徴としては、「大勢で楽しむことが好きな人」であるため、自分一人ではなく大勢の方と楽しみを分かち合いたい気持ちが強い人ほど、夏が好きになる傾向が見られると考えられます。

 

ファス、イベント、お祭りが好き

夏フェスでは多くのアーティストと会場を盛り上げ、ファンも出演者も一段となって盛り上がることが魅力で、あまりにも気分がハイになりすぎることで、ついつい異性と一晩を過ごすこととなった、ワンナイトラブを経験する人もいることでしょう。

他にもイベントごとが盛りだくさんな夏は、子供の夏休みに合わせて子供向けのイベントだってそこら中で開催していますし、肉フェスやラーメンファスといった、食べ物のフェスティバルが行われるのも魅力です。

また、夏の終わりに花火大会に恋人と行ったことが、今年最高の思い出だと思える人にとっても、夏が大好きになってしまった瞬間でしょうし、祇園祭などの大きな祭りが開催されるのも夏の時期です。

こうした一大イベントが連続で起こり、友達でも家族でも恋人でも気楽に参加できる夏のイベントは、「今年も楽しい一年だったな」と思える重要なポイントで、夏を満喫できない人ほど、それを理由に微妙な一年だったと思い込む人もいるほどです。

 

日が長く明るい時間が多い

夏は日照時間が長いことも特徴的ですが、朝から晩まで明るい時間が長いことは多くの人の心も明るくさせ、さらに涼しくなってきた頃の夕焼けはどこかロマンチックで、今日もいい一日だったなと思わせてくれる瞬間ともなります。

これが秋や冬といった寒い季節になっていくほど、夕焼けがどこか寂しく「今日も終わるのか…」と、なんだか切ない気持ちになるわけですが、夏はそのような悲しい気持ちにさせることも少ないです。

これは家事をする方にとっても凄く嬉しいことで、洗濯物が凄く乾きやすかったり、明るいことで子供の帰り道が安全に思えるなど、何かとメリットも出てくるのが夏の暑さです。

夏の長い日照時間が終わって、冬になると人肌恋しいな…なんて思える心理も関係していて、日照時間が長いことで活動時間が長くなる夏は、様々な思いで作りができます。一方で、冬は活動期間がどうしても短くなってしまうので、「夏のこの時間は…」などと過去の楽しい思い出に浸ることで、どこか人恋しくなってしまうのです。

 

食べ物や飲み物が美味しい

近年の夏は異常気象が続くことで、特に喉が渇きビールやアイス、かき氷などが美味しく感じることができ、「夏の仕事終わりのビールは最高の一杯だ!」と思えることも、夏が好きになる理由の1つです。

ビールだけに限らず、夏は炭酸やキンキンに冷えたお茶でさえも美味しく感じることから、飲み物やアイス類に関しては何かと美味しく感じれる季節となっています。

また、野菜が好きな人にとってはも夏野菜は欠かせない存在で、きゅうりやトマトにピーマンなど、家庭的で口にする割合の高い野菜が多いことからも、夏野菜が好きだから夏がいいと答える人も出てくるはずです。

食といえば秋と連想する方も多いですが、近年健康志向が高まるにつれて肉が苦手な人も増えているので、こうした人にとっては一番食材の味を楽しめ、食欲が増えてしまう時期となる人もいることでしょう。

 

夏休みが最高

学生や子供にとっては夏休みがあるため、必然的に夏が好きだとの理由になりやすく、夏休みの期間は親御さんが遊びに連れていく回数も増えることで、子供にとっても貴重で様々なことを学べるチャンスでもあります。

もちろん大量の宿題が待ち受けているわけですが、それを差し引いても夏休みが楽しいと思える子供は、世の中にたくさんいます。

これは子供に限った話でもなく、大人でも学生時代のワクワク感を忘れることができずに、夏が好きと答える人もいるでしょうし、子供の頃の夏休みは本当に楽しかったとの思い出を持つ人も、大人になっても夏が好きと答える理由に繋がるとも考えられます。

例えば子供の頃に川で楽しい思い出作りをした人にとっては、大人になっても「また川に行きたいな」と思うことで、行動に移し夏を楽しむことができる方もいることから、子供の頃の思い出も夏が好きなことに繋がり、自分の人生を楽しむことにも繋がるのです。

 

夏好きのリアルな声もご紹介


31歳自分の季節さんの声

自分はサーフィンが趣味で、ジェットスキーやダイビングなどの海に関連するレジャーが大好きなので、夏は一番楽しいことに遭遇できる季節です。

流石に30代になると、友人同士でBBQなんてこともなくなりましたが、それでも共通の趣味を通して楽しむことができていますし、サーフィン帰りに飲む一杯なんかは、格別に美味く感じることも夏ならではの楽しみです。

後は20代後半からフェスなんかにも積極的に参加していて、全国の色んな味を楽しむことができたり、その場でお酒を嗜むことができるなどの行事も、夏ならではの楽しみ方だと思うんです。

もういい歳なので、海に行くことで出会いを求めるようなこともなくなりましたが、そんなことがなくても楽しむことがたくさんあって、今すぐにでも「夏にならないかな。」と思うほどに、自分は夏が四季の中では一番好きです。

20歳終わった欲しくないさんの声

夏が終わると毎年「あー。楽しかった夏が…」と悲しい気持ちになります。

夏は友達と海へ行ったりドライブに出かけたりと、たくさんの思い出作りができる季節なので、短い夏を満喫しようと思っている私は、何事も楽しくストレスを発散してやるくらいの気持ちで、夏を満喫することを心がけています。

まだ若いこともあってか、海水浴場に行くと男性に声をかけられることもあるし、ジェットの後ろに乗せてもらえたこともあるなど、何かと楽しいことに参加させてもらえるのも、夏のいいところだと思います。

それ以外の季節はそんな出来事に遭遇できないし、BBQなどで色々な人との出会えることは、まだまだ社会を知らない私にとっては貴重な経験です。

中にはねずみ講?みたいなグループにビジネスを誘われたこともありましたが、これも良い勉強です。(きちんと断りました)

25歳やっぱり夏カナさんの声

20代も中盤に差し掛かれば、海水浴や夜の海を探索するなどの若い行動は無くなりましたが、やっぱり過去を振り返ると夏が一番思い出に溢れていて、楽しい時期であるなって思えるんです。

夏が好きというよりかは、自分の場合は夏に楽しい思い出がたくさんある派であって、「若い頃はバカをたくさんしたなぁ」って思い出に浸ることができるのも、夏があったからこその思い出です。

テレビなどでも、海水浴でバカをしてる若い子たちを見ると、「うわぁ。こいつ恥ずかしいことしてるなぁ。」なんて思ってしまいがちですが、こうした人たちにとってもこれが思い出で、夏を楽しんでいる瞬間なのでしょう。

過ごしやすさで言えば断然秋かなと自分は思うけれども、やっぱり楽しいイメージは夏が強くて、夏になれば毎年思い出を作りたいなと思う気持ちは、これから先も続いて行くのではないでしょうか。

 

夏が好きな人の特徴と性格傾向とは?


熱しやすく冷めやすい

ワンナイトラブが多く見られる夏は、熱しやすく冷めやすい人が最も楽しめる季節であって、魅力的だと思う異性に出会うと一気に熱が上がり、猛烈にアピールできる能力を持つ一方で、目移りしやすくすぐに情熱が冷めることから、こうした性格にワンナイトラブはもってこいの展開です。

趣味においても何かと三日坊主が多く、すぐに違う刺激を求めるこのタイプは、海水浴場などで声をかけて楽しいひと時を過ごせたり、飽きる前に自分の魅力を全力アピールするだけでも、心の底から楽しいと思える瞬間ともなり得ます。

また、熱しやすく冷めやすい人はとにかく形から入るので、サーフィンなどの興味を持つとまずは道具を揃え、そこから長続きしないことが鉄板の行動パターンともなります。

このタイプはあくまで一時的に心を満たしたり、一時的に違う刺激が欲しいだけであるため、イベントやレジャーなど様々な楽しみを満喫できる夏とは、非常に相性がいい人であるとも言えるでしょう。

 

悩みやプレッシャーを抱えている

「沖縄に行きたい」とか「ハワイに行きたい」と思う人は、海や夏が好きな人だけに限らず、「大きな悩みやプレッシャーと戦っている」人も多く、心が疲れてしまったり人生に悩んでしまった人は、南国のような温かい場所を求めます。

例えば責任重大の仕事を任せられている人は、沖縄のような南国に行くことで開放感を求め、心に抱える大きなプレッシャーから逃れようとするわけですが、その時抱いた開放感が病みつきになってしまった結果、夏が好きになってしまうわけです。

他にも、職を失いこれからどうしたらいいのだろう?との悩みを持つ人は、とにかく沖縄に行くことで自分探しの旅に出やすく、こちらも心に大きな悩みとプレッシャーを抱えているからこその、沖縄の選択となっています。

夏が好きとの言葉だけを見れば、「人生を楽しめる人だろうきっと」なんて思ってしまいがちですが、実は心に闇を抱えている人ほど暖かさを求めていて、現実逃避が最も行える季節こそ夏であることから、夏にはまってしまう人が多くなります。

 

パリピ系な人

パリピとは年代によって捉える意味も違ってきますが、とにかく大勢で楽しむことが大好きであったり、派手なイベントが好きなパリピは、夏になると本格的に行動を開始する人も多く、毎週のようにBBQを計画立てるほどに積極的になれます。

テレビで紹介されるパリピは海水浴場でサングラスをかけ、自虐ネタなどで盛り上がろうとする人が非常に多いですが、こうした人は開放的な空間がとにかく大好きで、開放的でないと自分の個性が死んでしまう人であります。

だからこそ、パリピ系な人たちは夏が好きと答える人が非常に多く、フェスやイベントを通して自分の存在を多くの人にアピールすることで、自己承認欲求を満たそうとするのです。

こうしたイメージが嫌で夏が嫌いになる人もたくさんいるでしょうが、パリピ系の人たちは常に「自分が楽しいかどうか?」を優先しているため、パリピに対してネガティブな感情を持つ人の評価を、そこまで気にする人でもありません。

 

アウトドアで開放的な性格

夏は海やレジャーを楽しめる季節でありますから、アウトドア派の人が多いことも特徴的で、さらに開放的な夏と同じく開放的な性格な人ほど好きになりやすいです。

開放的な性格の人は、嫌なことを気にしない強さを持っていたり、大らかな性格である魅力を持ちますが、声が大きいというメリットにもデメリット取れる一面を掛け持つので、海のような開放的な空間との相性はぴったりです。

さらに異性との開放的な交際をすることも得意で、一目惚れが多い性格であったり、お気に入りの女性が多く見つかる人物となるため、恋多き人であることも大きな特徴となることでしょう。

また開放的であることは、相手を受け入れるような雰囲気を持っていることからも、相手が声をかけやすく「この人はイケそうだ」と思われるタイプでもあります。

 

夏は充実を感じれる季節


夏の魅力や好きな人の意見を述べてきましたが、夏は四季の中でも最も充実を感じることができる季節で、明るく開放的になれることからも、本当の自分をさらけ出す多くのチャンスが巡ります。

どんな季節にも充実感を感じれる大きなイベントは存在しますが、そんな中でもずば抜けて充実感を感じれるのは、夏の暑さがもたらす心理現象です。

例えばクリスマスであれば、主に恋人同士が幸せになれるイメージが強く残りますが、夏のフェスや海水浴などは友人同士でも楽しい思い出が作れるので、夏の方が楽しい思い出を作りやすい環境にあるのでしょう。

特に男性は、クリスマスに男同士で集まる人も少ないことから、夏の方が同性同士で思い出をたくさん作れることは、男性の支持率を高くしている要因となっています。

【季節関連の超おすすめ記事】

・秋が好きな理由とその特徴|性格傾向は?そう思う人の意見14選

・冬が好きな理由とそう思う人の特徴|心理から読み取る性格傾向12個

・春が好きな人の理由やその特徴|性格傾向とそう思う人の意見14選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP