怒ると怖い人の特徴10選

世の中には怒ると怖い人がいますが、これらの人にはある一定の共通点が見られます。

なぜ相手が怒ると怖いと感じてしまうのかと言えば、それはあなたが勝手につけた、普段のイメージがついてしまっているからです。

そのイメージが崩れた時に、人は普段以上の恐怖を感じるわけですが、おそらくあなたも同じよな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

怒ると怖い人は時には暴力事件に発展してしまい、事件ごとになってしまうこともしばしば。

そんな怒ると怖い人の特徴について、10個に厳選してみました。

スポンサードリンク

普段優しすぎる人

何をやってもニコニコしているような人で、特に異性に常に優しい人は怒ると怖い人に豹変します。

普段温厚な分、それだけの鬱憤が溜まっているのか?と思うような怒り方をしますから、怒ると非常に怖いと感じてしまいます。

また普段が優しいというギャップが、より一層恐怖心を相手に与えています。

 

怒ると怒鳴るタイプ

怒ると怒鳴るタイプの人は、まず一度本気で怒れば相手の話を聞こうともしません。

自分の意見を次から次へと主張するので、話し合いにもなりませんし、何より男性が怒鳴ると女性は今までに感じたことの無い恐怖心を感じてしまいます。

逆に女性が怒鳴った場合はその場から消え去るという行動パターンが多く、そのまま別れてしまったというケースはよくあることです。

さらに毎回謝ってばかりいると、相手は限度が分からなくなり、暴力に発展することもよく見られるパターンの1つです。

 

無口な人

普段は無口であまり話さない人が怒ると、とんでもなく怖い人だったということもよくあることです。

あなたも学生時代に、無口な人を怒らせて椅子を投げられたとか、物を投げられたなどの怖い経験をしたことが一度くらいあるのではないでしょうか。

無口な人はなめられやすい分、怒ると相手の想像を越した怒りを発揮することがあります。

通り魔事件を起こしたりするのも、このタイプの人が多いです。

 

愛情深い人

愛情深い人は相手のことを思う力に長けており、相手に対してしっかりと愛情を注ぐことが出来る人です。

しかしこの愛情深い人を裏切った時は、非常に恐ろしいものがあります。

ストーカーに変貌しやすいのもこのタイプですし、逆恨みをしてしまうのもこのタイプです。

ですから破局後に殺人事件を起こしてしまったり、嫌がらせ等の行動を起こしてしまうことも。

信頼度が高い相手であればあるほど、その反動は大きくなっていきます。

 

他人の意見を聞かない頑固者

この場合は普段から怒りっぽい性格をしていると判断しても良いでしょう。

他人の意見を無視して自分の意見を押し通そうとする頑固な人は、怒るとますます怖くなります。

手も出るかもしれませんから、あまり相手の意見に反対せずに、上手く相手を説得する術を覚えなければなりません。

 

誰からもよく見られたいと思っている人

誰からも好かれている人は、周囲に1人や2人くらいはいますが、それは常にお人よしを演じている偽善者である可能性が高いです。

誰からも好かれるような温厚な性格をしていても、誰にだって怒る要素は持っています。

それを普段押し隠して生活しているのですから、一度キレると爆発してしまうのです。

今まで隠し通していた怒りが一気に噴火し、普段優しい分怖いと余計感じてしまうので、怒ると怖い人のタイプに十分属するでしょう。

 

自分に自信がない人

自分をあまり目立たない存在にして、自分に自信をなくてしている人は、実際怒った姿を目の当たりにすると怒ると怖い可能性があります。

協調性に優れており、イエスマンであることが多いという特徴が見られる自信がない人ですので、怒るとそのイメージが崩れてしまい、相手は恐怖心を覚えます。

自分に自信がないからこれは出来ない、あれも出来ない…という自分を責めてしまうことが、やがてストレスとなり、爆発する恐れもあります。

 

理論的な人

これは、理論派の政治家や評論家を例に挙げると非常に分かりやすいです。

頭のいい人というのは、なんでも論理的に物事を考える風潮がかなり多いです。

なんでも確率論や法則にしたがって答えを導きますが、そんな理論派が壊れた時に、怒ってしまうと怖くなる可能性があります。

しっかりと自分なりに計算した理論が通じないので、自分の考え全てが否定されたかのように感じ、怖くなって怒ってしまうのです。

しかし理論派の人に限っては、怒るとはこのようなものだというある程度の理解がありますから、それ以上怖くなることは少ない傾向にあります。

 

忍耐強い人は怒ると怖い

忍耐強い人は怒ると怖いと考えて良いでしょう。

腹が立ってもめったに怒ることを表現しないのが、忍耐強い人です。

こらえてしまうので、鬱憤も相当溜まってしまいます。

その分一度怒ると手がつけられないくらいに怖くなり、収集がつかなくなることがあります。

己を忘れて事件に発展してしまうのは、まさにこのタイプです。

 

プライドが高い人

これも価値観や理論的であることと似ていますが、プライドが高い分だけ、そのプライドに傷がつくと怒りやすくなります。

そしてその怒り方も、プライドをどれだけ深く傷つけられたかによって違います。

ですから一度怒って、そこまで怖くなかったと思った矢先に、とんでもなく怖い怒り方をするケースも多々見られます。

 

怒ると怖い人には、まず謝ることが大事

怒ると怖い人を怒らせてしまった場合は、必ず先に謝っておきましょう。

時に我を忘れて怒ってしまう人もいますが、そういった人の場合はその場から逃げることもしっかりと視野に入れておくように。

さらに怒ると怖い人は瞬間的に怒って、一気に冷めるということもよくあることなので、冷めた後に正式な話し合いを心がけてみるのも1つの手です。

関連記事

DV夫の特徴と対処法

無神経な人の特徴8つ

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP