爪を噛む癖の心理的特徴8つ

爪を噛む癖がある人は、育った環境や過去のトラウマが関係しており、現在も爪を噛んでしまう癖が抜けません。

また爪を噛むことによって、人間の心理状況がガラリと変わるということが分かっています。

さらに爪を噛むことによって免疫力増加にも期待ができますし、ストレス解消になるということも分かっており、爪を噛むということは何も悪いことばかりではありません。

今回の記事では、そんな爪を噛む癖の心理的特徴について、8つにまとめてみました。

誰かに見守られたい

爪を噛む癖のある人の心理状況は、いわば自傷行為と同じことをしていると言えます。

なぜなら、自分に自信をなくし、誰かに見守られたいという欲求が働いているのです。

つまり大げさに言えばリストカットしているのと同じことだと言えるでしょう。

人に甘えたい、でも自分で素直に甘えることが出来ない…という場合、気を引きたいので爪を噛む癖がついてしまうのです。

 

自制心が欠如している場合が多い

子供が爪を噛む原因は色々とありますが、大人になってから爪を噛む場合は、自制心が欠如している可能性があります。

自分をコントロール出来ない、自分の思い通りにことを運ぶことが出来ない、といったストレスによって爪を噛むという行為に及ぶことになります。

ですから喜怒哀楽が激しい性格の人が多いです。

 

落ち着く

赤ちゃんが指を吸うのと同じで、爪を噛むことによって落ち着きを取り戻す心理状態が働きます。

爪を噛む癖がある人は小さなころからこの癖がついてしまっていますから、大人になってもなかなか止めることが出来ません。

タバコを吸う人が落ち着くとよく言いますが、それと全く同じような心理が働いていると思ってください。

これは子供のころに寂しい気持ちや愛情を埋めるために爪を噛み、そのころに脳が感じた自己防衛能力が染みついてしまった結果と言えます。

 

恐怖心を無くすため

高いところが苦手な人は高いところで爪を噛み、ジェットコースターが怖い人は、ジェットコースターに並ぶ時に爪を噛みます。

これは恐怖心を無くすために無意識にやっていることであり、本人は気づいていないことが多いです。

ですから長時間待ちのジェットコースターの場合、乗るまでに爪がかなり短くなってしまっていることが多いです。

さらに自分が経験したことの無い恐怖心すらも追い払うため、自分が平常心を保つための方法の1つともいえます。

 

繊細で傷つきやすい

また、爪を噛む人の心理面で言えば、傷つきやすく、繊細であるという性格を持っている人がそうなりやすいと言われています。

自分自身を傷つける自傷行為とは知らずに行うのですが、自分で処理出来ないストレスを他の何かで発散させようとして、自然と爪を噛んでしまうということになります。

精神的な成長が遅れていたり、デリケートな性格の人でしょう。

仕事、人間関係などのストレスに弱く、ちょっとしたことで落ち込みやすい性格を持っているので、爪噛みをしてしまうことが多いのです。

 

愛情を待っている

デリケートで傷つきやすい爪を噛む性格の人は、愛情をくれる人を待っている可能性が高いです。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP