飽き性の10大特徴【恋愛編】

ついつい飽きてしまって、恋愛をストップさせる、終わりにさせてしまうという人は大勢います。

いわゆる飽き性というものです。

そんな飽き性と言われる人は、最初は本当に楽しみますが、何度か同じデートを続けると飽きてしまいます。

ですからチャラいと思われてしまったり、元恋人に大事にされなかったと嘆かれてしまうことが多いのが特徴的です。

そんなデメリットも多いように思える飽き性ですが、飽き性ならではの人々が共感してしまう、10大特徴【恋愛編】についてまとめてみました。

あれもこれも欲しい

あれもこれもという欲深い人は、世の中にたくさんいます。

これは特にショッピングに行くと分かりやすく、似たようなものをやっぱりこれがいい、これもいいと購入してしまう傾向が強いです。

あれもこれもと欲張っているうちに、徐々に求めるものが無くなってきて、あれもこれもがなくなったら、ポイッと捨ててしまうのが飽き性の恋愛傾向の典型的な特徴の1つです。

非常に目移りしやすい性格の人が多いといえるでしょう。

 

一目惚れが多い

ガソリンタイプというのは、すぐに燃え上がりますが、すぐに消えてしまうような恋愛をする人のことを言います。

逆に石炭タイプというのは、火がつくのは遅いですが、付き始めるとなかなか消えない恋愛をする人です。

飽き性の人はこのガソリンタイプの典型的な特徴ともいえ、ちまちましたことが大の苦手です。

ですからすぐに燃え上がり、今すぐ恋ができるような人を恋人に選びやすいという特徴が見られます。

つまり一目惚れが多いといえるでしょう。

しかしその日の気分次第で火は消えてしまうので、火が消えるとすぐに次の火を求めることになってしまうのです。

 

落とすまでがピーク

飽き性の人は、何か始めようと準備した段階で限界が来るというあるあるが存在し、そのあるあるは恋愛傾向にもよく現れます。

それは異性を落とすまでがピークであり、落としてしまえば気持ちはどんどんと下向きにいくばかり…という恋愛を経験することが多いという傾向です。

準備段階でピークに来てしまうわけですから、何をしても続かないという結果に終わってしまうのは当たり前と言えば当たり前です。

 

決めつけてしまう

自分には合わないんだ、うまくいかないんだ、と簡単に決めつけてしまい、投げ出してしまうという性格の持ち主のことです。

飽き性の人は可能性を探そうとはせずに、すぐに自分なりの結論を出してしまいます。

ですから意見の食い違いなどのトラブルが起こると、原因を解決しようとは心得ません。

むしろめんどくさい気持ちが優先してしまい、この人とは性格が合わないとすぐに別れを決意する恋愛傾向が特徴的です。

 

傷つくのを恐れている

恋愛のみにおいて飽き性だという人は、傷つくことにナーバスになっており、過去のトラウマなどが原因で自分を守ろうとする意識が強いです。

ですから恋愛では特に自分が傷つくことを恐れ、別れを切り出す側にできるだけなりたいという欲求が大きいです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP