オタクっぽい顔や服装の特徴13個!話し方や髪型の共通点まとめ

  • オタクっぽく見られるのが辛い…
  • 正直なめられているよね?
  • 魅力的に見られる人間になりたい!
  • オタクじゃないのに酷いよ…

オタクっぽく見られるあなたは、「なめられている可能性が高い」ことは間違いなく、オタクっぽいと評価される時点で「こいつは格下の存在だ」と思われているようなものです。

それだけオタクの評価というのは低く、基本的になめられる存在となるわけですが、ここではオタクっぽい人が一瞬で変わることができる改善方法も提案しているので、ぜひ実行してみるといいです。

オタクっぽく見られるあなたは、今すぐ「どの特徴が自分に当てはまっているのか?」をチェックし、自分の悪い部分を知ることから初めてください。

1.見た目と服装が似てる!


オタクっぽい人に絶対共通する1つのことは、見た目とファッションが似ていることであって、基本的にオタクは同じようなファッションを好み、さらにはモテない服装を好む傾向があります。

つまりあなたはそうしたオタクと思考が似ており、ファッションに興味がないのか、または自分が好むファッションセンスがオタクと似ている可能性が高いです。

または見た目がオタクっぽいのかもしれませんが、そうした人も一度自分を客観的に見てみることで、「どこが悪く見られているのだろう?」と真剣に考える必要があります。

もう1度言いますが、オタクっぽいと評価されることは悪く評価されている証拠なので、その原因さえ把握して改善することができれば、その評価を一瞬で変えてしまうことができるのです。

以下では具体的な特徴を述べていくので、一項目ずつ特徴に当てはまっていないのか?をチェックしていき、自分の悪い部分を認めることから始めてみましょう。

 

2.顔や服装の特徴13個

チェック柄のシャツを好む

オタクっぽい人はチェック柄の服を好みます。実はチェック柄の服というのはハイセンスの人以外は着こなすことが難しく、どうしても地味でダサく見えてしまうものなので、チャック柄の服は卒業すべきです。

上記の画像を見ても一目瞭然だと思いますが、チェック柄の服はどうしても地味に見えてしまう傾向があって、赤などの派手な色なら尚更オタクっぽく見えてしまうこともあるので、着こなしが難しいアイテムなのです。

特にダメなのはボタンを閉めてシャツをインにする人であって、これはまさに典型的オタクが好む服装であり、ハイセンスで本当のお洒落な人以外は評価されない服装です。

またシャツを閉めない人もたくさんいるかと思いますが、中のTシャツや着こなしによっては十分にオタクっぽく見えてしまうので、シュッとしたイメージを与えれないコーディネートは避けるべきです。

 

ロゴT一枚が好き

ゴロTと言えばオタクっぽいイメージがない人も多いでしょうが、こちらも種類によってはオタクっぽく見えてしまう特徴を持つため、無難な選択だと思っているあなたは、今すぐ意識を改善すべきです。

典型的オタクの特徴ともなれば、アニメTシャツを着用することになりますが、ロゴT一枚にジーンズではどうしても地味に見えてしまうことに加えて、貧乏そうなイメージを与えてしまいます。

上手に着こなせる人のみがお洒落に見えるのであって、服装に興味のない人や無難な選択をしたい人の場合は、オタクっぽいイメージが一気に上がってしまう危険なアイテムなのです。

もしも服装に興味がなく無難な服装でいいと思っているのであれば、ユニクロやGUなどの無地のアイテムを着こなしておけば、周りからオタクっぽく見られることもなくなります。

 

自信のないオーラ

こちらはオタクっぽい顔の特徴となりますが、自信のないオーラで溢れている人は顔つきも暗く見えてしまい、どこか不幸であるかのような雰囲気を漂わせています。

このタイプは周りから見れると「モテなさそう」「地味で真面目っぽい」「インキャなのだろう」と思われやすく、負のオーラを出す人は第一印象で見下された結果、どうしてもオタクっぽく見られてしまいます。

記事の冒頭でも述べた通り、オタクっぽいと評価されることはなめられている証拠ですから、自分に自信をつけるのか表情を明るくするのか、どちらかの選択肢を取ることでオーラの改善が可能です。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP