人に恵まれる人の共通点【名前や漢字、運など全ての特徴13個】

逆に減点方式とは「悪い部分ばかりに注目して点数が減っていく」ことでありますが、減点方式で相手を評価する人は完璧主義であるか、または他人の欠点ばかりが目立ってしまう心理状態の人です。

加点方式の優れた要素は、「相手を簡単に決めつけない」「欠点を許せる心を持てる」「相手に期待しすぎない」などであって、どうしても減点方式の人ほど相手に過度な期待をすることで、ガッカリしたと被害者面することが多くなります。

一方で加点方式の人は、冷静に相手の良い部分を見抜き判断することができるため、相手をけなすような評価をすることもなく、嫌われる要素がどんどんと減っていくのです。故に加点方式の人ほど憎まれにくく、人に恵まれやすい環境となります。

 

10.他人のせいにしない

ミスや責任を他人に擦りつける人は人に恵まれない人です。逆に自分のせいだと素直に謝ることができたり、他人のミスをカバーできるような発言ができる人は、人に恵まれること間違いありません。

学校や職場では他人のせいにする人ほど、鬱陶しく感じたり恨み妬みを持たれやすいですが、しっかりと自分のミスを認めることができる人は、信頼され多くの人に愛される魅力的な人物です。

例えば、責任転嫁をする上司か自分のミスを認める上司のどちらが魅力的か?との質問をされると、ほとんどの人が後者を選ぶことでしょう。これは人に恵まれている証拠です。

自分のミスを認めることができる上司には、大きなミスをしたとしても多くの部下が支えとなってくれたり、どんなピンチでもついて来てくれるなどの、厚い信頼を勝ち取ることができます

 

運的要素は関係する?

高い波長ほど恵まれる

高い波長と低い波長の違いとは、「何をやっても上手くいく時期と、何をやっても上手くいかない時期」の違いです。高い波長を持つ人ほど人間関係が上手くいったり、幸せなことが連続で続くと言われています。

あなたも一度くらいは、何をしてもダメな時期や不幸の連続が襲いかかる時期を経験したことがあるかと思います。こうした時は低い波長が続いていて、運気が下がっているというわけですね。

ちなみに高い波長を持つ人の特徴としては、「ポジティブ思考である」「今を楽しいと思える」「人生に目標を持っている」などがありますが、これらは全て前向きな気持ちにさせてくれることで、ポジティブの連鎖が起こります。

ポジティブの連鎖が起こると、人の良い部分をしっかりと見れるようになったり、細かなミスや小さな不幸を気にしない、素晴らしい人物が周りに集まるようになるなどの、生きていて良かったと思えるような素晴らしい人生へと変わっていくのです。

ちなみにスピリチュアリストで有名な江原啓之さんは、「低い波長の人と付き合わないことで、良い方向へと進んでいける」とも発言していることから、付き合う人を変えることが高い長波を呼び込む方法だと言えます。

 

恵まれる名前や漢字はこれ!

社会運が重要

「表面の社会運は交際関係」となっています。つまり、社会運が高い名前ほど人間関係が上手くいきやすく、人に恵まれる人が多いと考えられています。

そんな社会運が上がると言われている画数などの特徴は、かなり細かなものであるためここでは説明しきれません。そこでここでは、社会運が上がると言われている名前を全て紹介していくことにします。

男の子の場合

大和、雄大、颯太、翔平、悠真、智大、拓真、修一、友尚、瑛士

女の子の場合

七海、愛美、未結、恵麻、恵、杏未、由紀恵、円果、南由、佑里、麻奈

注意点としては、「12、22、42画」となる漢字は社会運が良くないとされているので、社会に出ることで人間関係に苦労しやすい画数だとされています。

ちなみに女性の場合は、「佳」と「理」が特に社会運が上がりやすい漢字だとされており、総格などの5つの要素のバランスが整っているほど社会運は高くなります。

 

人に恵まれる方法とは?

①捉え方を変える

まずは捉え方を変える必要があります。人に恵まれる人とはポジティブ思考であったり、今を楽しむことができる人です。これは捉え方を変えるだけで大きな変化が期待でき、あなたの内面を大きく変えていくことでしょう。

ここで伝える捉え方を変えるとは、どんなことに対してもポジティブな方向に捉えるということです。例えば、相手が寝坊をして予定より計画が遅れてしまったとしても、それを「ゆっくりできる時間ができた」と良い方向に捉えるのです。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP