フェミニストが嫌いなあなたへ「心理とダメな人の特徴」教えます

こちらも分かりやすいように以下に例を挙げてみましょう。

日本に生まれた日本人がオリンピックで日本を応援→日本に不平等な判定が下される→日本人の多くが不平等な判断を下した人を攻撃する

簡単に言えば、内向団バイアスとは「身内ひいき」みたいなものであって、エセフェミニストと呼ばれる人々は同じくエセフェミニストをひいきすることで、都合の悪いことでさえも男が悪いとの結論を出します。

他にもエセフェミニストは「男が気持ち悪い」という思考を持っていることからも、そうしたツイートなどに対して「正しい」と主張するようなコメントを残すことで、健全な男性さえも気分を悪くすることがあります。

類は友を呼ぶと言いますが、エセフェミニストにはエセフェミニストが集まり、自分たちの都合のいいように解釈してしまうことが、嫌われる原因であることは間違いありません。

 

男に嫌われるフェミニストの特徴

都合がいいだけの主張

エセフェミニストと呼ばれる人の多くは、「力仕事は男にさせるな」「男は汚い仕事をしておけ」などと、明らかに自分たちにとって都合のいい主張をする人がいます。

そもそもフェミニストは男女平等を訴える人なので、力仕事は女にさせるなという主張自体が差別ですし、女にだけ楽な仕事をさせろという主張は非常に都合がいい主張です。

こうした人に対して本当のフェミニストが頭を悩まし、そして同性である女性陣も「正直迷惑だ」と思う声は後を絶ちません。例えばガールズちゃんねるでは、こうしたエセフェミニストに対するネガティブな声がよく聞かれます。

自分にとって都合がいいだけの主張をする人は、ただのわがままであり自己中心的な性格の持ち主なので、人として嫌われやすい特徴を持つとも言えるでしょう。

 

男が全て悪いと決め込む

どんなことでも男が悪いと決めこみ、世の中の大体のことは男の責任だと主張するエセフェミニストも存在します。例えば、「男社会が経済を退化させている」「性犯罪は全て男が悪い」などと主張する人です。

これを言い換えると、「援助交際するのは全て男が悪い」と主張しているようなものであって、自ら望んでした援助交際でさえも、男が全て悪いとと主張しているようなものです。

性犯罪に関しても女性だって少なからず事件を起こす人がいますし、援助交際だって女性側に非がないなんてことはあり得ません。それを全て男が悪いと頭越しに決めつけることは、嫌われてしまって当然だと言えます。

老害と呼ばれる人ほど頭ごなしに決めつけることで、「最近の若者は」と一部のダメな若者を対象に全ての若者がダメだと主張しますが、これ対して若いフェミニストがイラっとしてしまうことと同じです。悪いのは全ての男ではなく、犯罪を犯すなどの批判されるべき人物なのですから、男が全て悪いとも捉えるような発言は、嫌悪感を覚えられると覚えておくべきです。

 

嘘をついてまで男を悪者扱い

こちらの嫌われる原因は社会問題になりつつあります。特にツイッターは嘘松と言われる「妄想ツイート」が度々注目を集め、嘘をついてまで男を悪者に仕上げることで、注目を浴びようとするエセフェミニストが後を絶ちません。

最近では「女性専用車両でも気にせず並ぶ男たち」というツイートを投稿し、これがエセフェミニストの中でバズったわけですが、鉄オタによって論破されることでアカウントを消し、逃亡する手段に出たことが話題を呼びました。

内容としては、次の電車は女性専用車両がない特別な電車であって、この人は嘘をついているとの指摘をされてしまったのです。このツイートに対して、男女関係なく「これだからはフェミニストは…」などの失望感に溢れるツイートが多く見られました。

こうした嘘松と呼ばれる妄想話を書き込むことで、男を批判しバカにするようなツイートが多く見られるようになったことは、フェミニストが嫌いと主張する人が増えた最も大きな要因と考えられます。

 

もはやクレーマー

フェミニストは時として厚かましいなどと評価され、女性陣を失望させることがあります。近年話題となった事件では、著名運動家のキャロライン・ペレス氏が以下のような発言をしたことにより、大きな波紋を呼びました。

「大きすぎるiPhoneは女性差別」との声をあげ、iPhoneを批判したことが世界で物議を醸したわけですが、これは捉え方によっては「厚かましい」との捉え方もできます。

なぜなら「大きすぎるiPhoneは女性差別」と声をあげた理由が、「男性と同じだけの金銭を払って製品を購入しているのにもかかわらず、製品が女性の手のサイズに合っていないのは我慢ならない出来事だ」と主張したからです。

はっきりと言いますが、それなら自分にあったスマホを購入すればいいだけですし、女性の中にも大きい画面が好きだという人もたくさんいるはずです。なのに、自分たちの都合のいい主張ばかり述べることは、クレーマーが嫌われる理由と同じことだと言えます。

 

男を軽視する発言が多い

エセフェミニストは男を軽視する発言が多いです。なぜならフェミニストとして活動しているわけではなく、ただ単に男が嫌いだからこそフェミニストの真似事をして、自分たちの権利を主張しようとからです。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP