子離れできない母親の10大特徴

日本人は特に子離れできない母親が多いと言われており、自立できない子供になってしまうのも、この子離れできない母親の原因が大きいともされています。

もちろん母親のみの責任ではありませんが、子離れできないことによって子供に与える影響が大きいのは確かです。

また子離れできない母親には一定の共通点があると言われており、おそらくこの記事にたどり着いたあなた、またはあなたの母はこれから挙げていく特徴に、いくつか共感してしまうのではないでしょうか。

そんな子離れできない母親の特徴について、チェックしていきましょう。

子供の仕事を奪ってしまう

子離れできない母親の特徴の一つは、子供の仕事を平気で奪ってしまうことです。

これはもはや癖になってると言ってもいいのですが、子離れできない母親は、いつまでも子供の面倒は全て自分がみなければならないと思ってるので、子供がやれる仕事でも、子供がそれをやろうとすると横から入ってきて奪ってしまいます。

そして代りに自分が全てやってしまうので、子供は経験値を上げることができず、子供のほうとしても親離れできないといった結果になってしまいます。

一方、母親もそのことに満足してしまい、ますます子離れできなくなってしまうのです。

 

独占欲が強い

独占欲が強い母親は、高確率で子離れできない母親になってしまいがちです。

なぜなら独占欲が強い人というのは、なんでも自分の支配下に置きたがるので、子供も自分の支配下に置きたいという心理が強く働くのです。

ですから子供に恋人ができると嫉妬してしまいますし、子供を取られた気分を味わいます。

またどこか気に食わないと、子供の恋人がお気に示さないこともしばしば。

 

自分以外の子と比較してしまう

子離れできない母親は、自分の子供をオリジナルとして見てあげるのではなく、いつも周囲の子供と比べてどうかと比較して見るようになります。

そうやって比較して子供を見れば、あそこの子供に比べてうちの子は…と、自分の子供の劣った面ばかりが見えるようになってしまいます。

そしてそこを何とか改善させるために、ずっと自分の手元に置いてそこを直していこうとするのです。

こうした姿勢が子離れできないことに繋がってしまうことは言うまでもありません。

 

子供に希望を託しすぎている

子供に自分の無しえなかった夢を託す母親や、将来苦労しないためにと子供に多額の投資をする母親は、子離れできない母親になる傾向が強いです。

また子供も、母親離れできない子供になってしまう傾向が強いです。

基本的に自分のことは自分で決めてきた子供であれば、大人になると周りよりもたくましい自立心を持った子供になる傾向が強いですが、子供のころから両親が全て子供の道を決めていた場合、壁にぶち当たると両親に頼りきり、自力で壁を乗り越えれない子供になってしまいます。

もちろん子供に希望を託す親というのは、誰も当てはまるでしょう。

しかしながら、希望を託すからといって、なんでも親がしてあげるのは間違っています。

 

子供同士のトラブルにすぐ介入する

これも子離れできない母親の特徴ですが、子供同士がトラブルになっているとき、子離れできないタイプの母親はすぐにそこに介入しようとします。

トラブルは子供の問題として発生したのに、それが自分の問題でもあるかのように錯覚して、子供の喧嘩を自分の喧嘩にしてしまいます。

親が仲裁に入るのはいいことですが、この場合はそうではなく、子供の人生は自分の人生であると錯覚してしまう、まさに子離れできない母親が見せる特徴なのです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP