かまってちゃんの心理的特徴10選

かまってちゃんという言葉を使う若者が多くなり、今ではかまってちゃんという言葉を、かまちょという略語で使う人もいます。

もちろんこれは若者に限りますが、かまってちゃんは寂しがり屋のことを言うので、昔からかまってちゃんという分類に入る人はたくさんいます。

特に兄弟が多い家庭で育った人や、両親が常に傍にいてくれた環境で育った人ほど、このかまってちゃんになりやすく、孤独が大っ嫌いです。

さらに末っ子は、特にかまってちゃんになってしまう可能性が高いとも言われています。

そんなかまってちゃんの心理的特徴について、10個にまとめてみました。

スポンサードリンク

いつも誰かに甘えたい

かまってちゃんの心理的特徴の1つは、いつも誰かに甘えたいと思ってることです。

一人で何かに熱中するのはあまり得意ではなく、誰かに甘えておんぶしてもらったり、だっこしてもらったりすることで、自分を安心させようとします。

特に用もないのに頻繁に電話をかけてくる人がいますが、こういう人はまさにかまってちゃんを象徴する存在といっていいでしょう。

とにかく一人では不安で仕方がなく、いつも誰かに甘えたいと思っているかまってちゃんです。

 

環境の変化に耐えきれない

例えば初めての一人暮らしをするとき、人は環境の変化に耐えきれずに、かまってちゃんになってしまう場合があります。

今までは全く更新しなかったSNSを急に更新しだしたり、友達に頼るようにもなったりします。

環境の変化に適応に対応できる人でも、やはり孤独感に慣れるまでは、若干のかまってちゃんになってしまう傾向が強いでしょう。

さらにやせ我慢している場合は、うつ病などの精神病に陥ってしまうケースもありますので、かまってちゃんになることでそのような病を防ぐことが可能です。

また、恋人と別れた環境に耐えきれない人も、同じような行動パターンに出てしまうという特徴がみられます。

 

ネガティブな考え方をする

これは分かりやすい心理的特徴ですが、かまってちゃんはいつもネガティブな考え方をします。

人生にとても悲観的で、何をやるにも、どこに行くにも、先に消極的な考えが立ってしまいます。

その性格が人への依存や甘えにつながり、それが噴き出す形でかまってちゃんになるのです。

不安が消えないからこそ誰と繋がっていたいと思うのは、人間の自己防衛心理が働いているとも考えられています。

 

過去のトラウマが克服できていない

例えば愛情不足で育った子供は、自分が原因で愛情をもらえなかったと思い込んでいる可能性が考えられます。

他にも仲間外れにされた原因を自分のせいだと思い込んでいたり、放置していれば再び仲間外れにされてしまう、という恐怖心からかまってちゃんになってしまうことも考えられます。

これらは全て過去のトラウマが原因とされており、トラウマを克服しない限りは、かまってちゃんから脱出することはできません。

 

依存したがり

これも見分けやすい心理的特徴の1つですが、かまってちゃんは誰かに依存したがる傾向があります。

いつも誰かと一緒にいないと落ち着かないとか、何かをやるときも誰かに付き添ってもらわなければできないとか、とにかくあらゆることにおいて他人に依存したがる傾向があります。

その由来は、他人によって自分を確信することだと思われますが、その究極の形がかまってちゃんの依存したがりです。

対象的に、一匹狼で何でも一人でやれる人には、かまってちゃんはほとんど見当たりません。

 

独占欲が強い

独占欲が強い人ほど、自分のお気に入りのメンバーにはかまってちゃんになってしまい、常に自分に気を向けようとします。

そうすることで、自分はこのメンバーに中心にいるんだと、心の中で安心感が生まれるのです。

そして自分のものだと言わんばかりに、お気に入りのメンバーを自分色に染めようとします。

さらにこのタイプは、自分の意見を尊重するように周りに言い聞かせますので、自己中心的なタイプが非常に多いです。

 

自慢したい

かまってちゃんの心理的特徴には、自慢したがりもあります。

これは文字通りですが、自分がやったことについてそれを人に評価してもらいたくて、かまってちゃんは自慢したがります。

これも他人への依存とリンクしていますが、かまってちゃんは周囲からかまってもらうことで自分を安心させていますので、自分の業績についても人に自慢して評価してもらわなければ安心することができません。

面白いことに、自慢したがらない人には、かまってちゃんは少ないのです。

 

無神経タイプ

相手の心を全く気にしない無神経タイプも、かまってちゃんになりやすい傾向が強いです。

無神経な人は相手の気持ちなど考えもせずに行動を起こしますから、自分が寂しいと思えば、相手の気持ちなどお構いなしに行動に出てしまいます。

そして相手をイラつかせたり、深く傷つけてしまったりするわけですが、無神経な人にはそれが分かりません。

ですから結果的にかまってちゃんになってしまい、次から次へとかまってもらおうと行動を起こします。

 

自分に自信が持てない

かまってちゃんは、自分に自信が持てないという心理的特徴を持っています。

一人でいても不安だし、何をやっても一人ではできない、そんな風に自分に自信を持っていないので、人にかまってもらうことで不安を解消しようとします。

自分に自信を持っている人は、一人でいても不安がないので、誰かにかまってもらう必要がありません。

逆に自分に自信が持てない人は、常に誰かに依存しなければならず、それが原因でかまってちゃんになってしまうのです。

 

心配されたい

心配されることによって、相手の頭に常に自分がいるようにと、行動に出てしまう人もいます。

このタイプは悲劇のヒロインを演じるタイプであり、SNSなどで悲劇のヒロインをよく演じます。

そして周りから心配されることによって、自分はチヤホヤされているという錯覚に快感を覚えるのです。

さらに心配されたことが自慢にもなりますから、このタイプのかまってちゃんは、非常にたちが悪いです。

 

かまってちゃんは少しの相手でOK

かまってちゃんの対処法としては、少しだけ相手をしてあげるくらいでOKです。

独占欲が強い人の場合は、少しの相手では怒ってくる人もいますが、そのような理不尽な人に気を使う必要などありません。

かまってちゃんは相手をしてくれることに幸せを感じますから、少しだけの相手でも、十分に上手に人間関係を保っていくことが可能です。

さらに上級者となれば、相手が寂しい時に連絡をしてあげることによって、あなたに対して非常に好感を持つ可能性が高まります。

また、「リア充アピールする人の心理的特徴10選」もセットで読んでみましょう。

かまってちゃんには、リア充アピールをする人が非常に多く、あるあるの1つだとも言えるでしょう。

そんなリア充アピールする人の心理状況も確認してみましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP