ぶりっ子の15大特徴や仕草

ぶりっ子といえば、男性は大好きであり女性は大っ嫌いという真逆の反応を示し、特におじさんはぶりっ子上手な女性が大好きであったりもします。

今回の記事では、そんなぶりっ子の特徴やしぐさについて15選にまとめ、共感できるぶりっ子あるあるをお伝えしていきます。

見ている人が女性である場合は共感をして楽しみ、男性の場合はぶりっ子に騙されないように、しっかりと特徴や仕草を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

同性には好かれない

最初にもお伝えしましたが、ぶりっ子は異性に好かれても同性には好かれません。

ですから同性の前では孤立しがちであり、厄介者として仲間外れにされてしまうことも多いです。

異性の友達ばかりと仲良くしている女性ほど、ぶりっ子である確率が高くなる傾向があります。

 

自称天然

男性が気づかないぶりっ子の特徴的な仕草といえば、自称天然行為です。

これは計算で天然女子を演じているだけであり、ドジっ子などを演じることにより、多くの男性の視線を自分一人に集めることができます。

さらにさり気なくボディタッチをするなど、距離感を縮めることもでき、周りの女性にもアピールすることができるので、自称天然女子は確実に男ウケを狙っているぶりっ子であるといえます。

 

自分よりも可愛い子には冷たい

よくぶりっ子をする女性は、女性陣の中では素の顔は性格が悪いと評判になることが多く、その理由の1つに自分よりも可愛い子には冷たいという理由が挙げられます。

ぶりっ子は常に自分が一番であり続けたいために、負け試合ともなれば無表情になり、かなり冷たい態度をとることも多いです。

これを聞いて男性は驚くかもしれませんが、これが女子の世界なのです。

 

ブスと仲良くしたがる

さらにぶりっ子は、自分をより可愛く見せるためにブスと積極的に仲良くするという特徴がみられます。

この光景は街中でもよく見かけることが多く、ぶりっ子ほど自分より可愛い女性と街を歩きたがりません。

また、明らかに自分よりも可愛くないと評判の女性でさえも、可愛い可愛いと周りには言ったりもしますので、女性からすれば性格が悪いと思えずにはいられません。

 

アヒル口で過ごす

ぶりっ子上手な女性は、いつも自分を可愛く見せることを意識していますので、アイドルやタレントがそうするように、自分もアヒル口で過ごすようにします。

特に意中の男性がいる場合はそうしますが、それ以外のときでも癖が抜けきれないのか、いつもアヒル口であり、まるで最初からアヒル口で生まれてきたかのように、その状態を保ちます。

これはもちろん、アヒル口にしたほうが可愛く見えると思っているからです。

 

男好き

当たり前といえば当たり前ですが、ぶりっ子は男好きです。

ですから男が集まる場所に足を運ぶのも好きですし、声をかけられると連絡先を交換する確率も高いです。

そして周りには、自分は断れない性格だから…相手が怖かったから…などと自分は男好きではないアピールをしますが、もちろん女性陣は気づいています。

問題は、男性の多くがこのアピールを事実と信じてしまう事なのです。

 

上目遣い

上目遣いが可愛かったり、エロかったりする女性は間違いなく男心をつかみますが、ぶりっ子上手な女性は自然とこの上目遣いの仕草を使えます。

ですからもちろん、男性陣にはチヤホヤされることも多いですし、告白されることも多くなります。

 

無関心な人にもぶりっ子

ぶりっ子の特徴には、無関心な人にもぶりっ子してしまうというという特徴が挙げられ、これは芸能人のぶりっ子エピソードなどでもよく耳にします。

親しい友人でもなければ、気持ちを寄せている男性でもなく、ただその日にたまたま出会った無関心な人にもぶりっ子をし、とにかく可愛いアピールをします。

この心理状況ははっきりとしませんが、おそらくはぶりっ子する女性の中に誰からも愛されたいという願望があるのか、それともぶりっ子することが癖になっているだけかもしれません。

 

語尾を伸ばす

〇〇です~とか、〇〇さ~ん、という言葉をよく使う芸能人がいますが、彼女たちはぶりっ子キャラとして有名ですね。

実際にここまで分かりやすい語尾の伸ばし方をする女性はいませんが、こわ~いや、〇〇なんですよ~、といったぶりっ子仕草は、比較的日常生活でもよく耳にしているのです。

これが無意識のうちの言葉であれば、ぶりっ子ではないといえますが、意識的に発言している場合は間違いなくぶりっ子といえるでしょう。

 

ボディタッチをよく行う

これもぶりっ子女性の特徴ですが、男性に対してやたらとボディタッチを仕掛けてきます。

会話の途中で何か面白いことを相手が言ったら、もしくは自分に突っ込んでくるようなことがあったら、その瞬間にぶりっ子女性はボディタッチで応戦していきます。

これは本能的な行為にも見えますが、密かに計算されており、ボディタッチをしたほうが可愛く見えると思っているのです。

 

瞬きが異常に多い

ぶりっ子は異性の前では瞬きの回数が異常に多くなり、いかにもワザとっぽく困ったふりをするなどの特徴もよく見られます。

このような仕草に男性の多くは騙され、そして可愛いと感じてしまうのです。

 

裏表が激しい

ぶりっこが裏表が激しいということは、ここまで特徴を見てきた人なら、もうお分かりでしょう。

実際にぶりっ子は、学生時代にはいじめ集団のリーダー格として存在しているのに対し、男性が絡むと急に女らしくなったり、優しくなったりすることも多いです。

同じような経験をされた女性も、多くいるのではないでしょうか。

 

自分をいつも名前で呼ぶ

多くの女性は、自分のことを「私」とか「自分」とか表現しますが、ぶりっ子は堂々と自分の本名を口にします。

これもぶりっ子であることを示す分かりやすい特徴であり、こういうタイプの女性は自分が固有の存在であることをアピールしたがっており、群衆に紛れこむ一般の女性とは違うよ!と言いたいのです。

だから代名詞で呼ぶのではなく、固有名詞で自分の名前を呼びます。

それだけに周囲からは浮いてしまいますし、よくも悪くも男性からも女性からも目立つことになります。

 

ブスメンなら素が出る

ぶりっ子というのは誰に対してもぶりっ子をするということは珍しく、イケメンや普通程度の男性の前でぶりっ子仕草などをすることが多いです。

ですからブスメンが相手の時には、素の自分をきっちりと出し、それほど可愛い女性という印象を相手には与えません。

むしろきつい一面を出すことも多く、ここからも裏表の激しさがうかがえます。

 

男性と女性の前で態度が違う

女性と男性の前でがらりと態度を変える女性ほど、世渡り上手なぶりっ子なんて言われますが、これはフリーアナウンサーの小林麻耶さんが良く使う手法として、ネット上ではたくさんの噂があります。(もちろん、信憑性は低いものばかりですが…)

ぶりっ子の最大の狙いは、男性の気持ちを自分に集めることなので、これは当然といえば当然ですが、言葉の使い方、態度、しぐさなど、まるで別人でもあるかのように女性と男性では違った態度をとります。

声のトーンまで変わってしまうので、周囲からはその変貌を不思議がられることも多々あります。

 

ぶりっ子はほどほどに

いかがだったでしょうか。

ぶりっ子をすることが、決して悪いというわけではありません。

気になる異性の前ではぶりっ子で積極的にアピールし、友達に譲るときはしっかりと譲ることを心がけましょう。

特にデートなどの二人っきりの空間は、ぶりっ子を演じることが効果的であることも多いので、使い時が大事となります。

何も大勢がいる前でぶりっ子をする必要は無く、自分が興味を抱いている男性の前でのみ、ぶりっ子を演じればいいのです。

また、「性格悪い女の10大特徴と見分け方」もセットで読んでみましょう。

性格悪い女とぶりっ子は共通点が多いのか?この辺りに注目して読み進めると、楽しく読み進めることができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP