民度が低い人の特徴10選

民度が低いという言葉を、一度でも耳にしたことがある人は多いはずです。

民度が低いと言われてしまえば、意味が分からなくてもどこか馬鹿にされているように感じ、そして意味も分からずに使ってしまっている人も、多いかと思います。

今回の記事では、そんな民度が低い人の特徴について、10選にまとめてみました。

この1ページを読むことで、民度が低い人の特徴が頭にインプットされ、どんな人が低いのか?の大まかなイメージを持つことができるでしょう。

マナーをしっかりと守れるかどうか

民度が低いの代表例としてよく使われるのが、このマナー違反に対してであることが多いです。

よくネットなどでも、外国人のマナー違反に対して「これだから民度が低い国は…」なんて見下したような発言をする人がいますが、意味としては間違ってはいません。

民度が低い人はマナー違反を平気で犯し、そしてマナー違反=かっこいいという考えすら持っている人もいますので、こういったマナーを守れない人々に対して、心の中で民度が低いと思い優越感に浸っている人が多いのも事実です。

 

挨拶ができない

挨拶をするということは、社会人としての基本中の基本であり、常識でもあります。

このような常識がない人のことを、民度が低い人と表現し、例えばホームレスのような街中で平気でゴミをあさるような人(非常識)のことを、民度が低いという表現で例えると分かりやすいでしょうか。

ですから、ホームレスの多くが住んでいる環境の近くに住んでいる人ほど、民度が低い地域として扱われやすくなってしまいます。(もちろん、どんな地域に住んでいても、自分がしっかりとしていれば問題はありません。)

 

歯が汚い

民度は歯に出るなんてこともよく言われますが、こちらも意味合いとしては間違っていません。

民度が低い人ほど、歯を磨かない=「教訓を得ているかの度合い」が低いと判断されかねません。

例えば、前歯が一本ない人に対して、あなたはどのような感情を抱くでしょうか?

逆に歯が綺麗な人を見ると、どこかお金持ちだと感じたり、教育がしっかりとされていると感じたり、またそういった歯が綺麗な人というのは、マナーや教訓を得ている度合いが高い人が多いというのは、言うまでもありません。

 

正義感より目先の利益をとる人

人には必ず正義感という感情が存在し、そんな感情よりも目先の利益を優先し、平気で人を裏切るような人も、民度が低い人の特徴の1つといえるでしょう。

ですから民度が低いといわれる国は、自分の利益ばかりを優先し、その利益のためにマナー違反やルール違反を平気でしがちです。

周りの目など気にせずに、とにかく自分さえよければそれでいいような、損得勘定で動く人と表現すればより分かりやすいでしょうか。

 

恩を仇で返すような人

恩を仇で返す人というのは、感謝の気持ちが感じられず、さらには恩義に厚い人でないことは間違いありません。

こういった、道徳観が欠場している人も民度が低い人の特徴の1つです。

ですからこのような恩を仇で返す人というのは、先ほども例に挙げた目先の利益を優先する人であったり、都合の悪いことは無視をするといった行動パターンがみられますから、当然周りからは嫌われてしまうのです。

 

生活感と中身が伴っていない

例えば、見栄っ張りな人というのは高級外車に乗っていたり、ブランド物を好む傾向が高いですが、このような人の中でも、税金を払っていないとか、平気で自分を大きく見せるために嘘をつく人ほど、民度が低い人の特徴に当てはまります。

他にも、自分の外見等にはお金を使うにもかかわらず、借りたお金を返さないといった人も、まさに民度が低いといわれる人の特徴であります。

ページ:

1

2

コメント

    • 2016年 9月 26日

    結局はお金の問題だと思います。
    格差があるのが駄目ですね。

    • K
    • 2018年 9月 28日

    ドクハラ、モラハラと医者も案外民度低いんだが何もしてないのに保身状態にあるのが人をダメにするんだろうな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP