すぐ怒る人の心理的特徴7選

世の中にはすぐに怒る人が存在し、このタイプの人は扱い方が難しく、堅物な考え方であることも多いです。

ですから、できれば付き合いたくないと思っている人も多いでしょうが、それでも仕方なく付き合いを続けなければいけないときもあるでしょう。

今回の記事では、そんなすぐ怒る人の心理的特徴について、7選にまとめてみました。

相手の心理を読みとることにより、少しはすぐに怒る人の気持ちを理解できるようになるのかもしれません。

スポンサードリンク

すぐ怒る人の心理的原因

すぐに怒る人

ストレス

すぐに怒る人の心理には、ストレスを抱え込みやすいという特徴が存在し、ストレスが怒りに変わることはよくあることです。

なぜなら、ストレスはそもそも恐怖からできるものであり、その恐怖心を払拭するためにも、怒りで現実逃避をしているのです。

ですからストレスを溜めこみやすい人ほど、一定の人に対してすぐに怒るような態度をとり、そして定期的にストレスを解消しています。

弱い犬ほどよく吠えるといいますが、弱い人間ほどストレスを溜めこみやすく、恐怖心から逃れるために怒りをあらわにすることがあるのです。

 

自己顕示欲の強さ

自己顕示欲が強ければ強いほど、1つのことに対しての主張が強くなりますから、自分の主張が通らなければ当然怒りっぽくなってしまいます。

このタイプのすぐに怒る人というのは、常に自分が中心的な存在でいたいために、自分の意見が通らなければ怒りで現状を変え、そして非常に自己中心的な性格である人が多いです。

ですから独占欲や支配欲が強く、怒りによって自分の地位を確立させたりもしますので、厄介者として見られることも多いです。

 

甘えから

よく、恋人に対してのみすぐに怒ってしまう人がいますが、これは完全に心の甘えからきた怒りっぽさといえます。

自分が甘えたい気持ちや、主張したいことが素直に言えないときに、すぐに怒ってしまい、そして後々後悔してしまうということもしばしば。

その人にしか本当に自分を出せないからこそ、我慢せずにすぐに怒ってしまうのであり、この場合は心の底から怒っているわけではなく、甘えからきた怒りと考えるといいでしょう。

ただし、恋人を甘やかしすぎて自分が疲れる立場である場合は、二人の関係を見直すなどの必要があります。

 

女性ホルモン

女性ですぐに怒る人の場合は、女性ホルモンが関係しているのかもしれません。

女性ホルモンの増減によって、セロトニンという精神安定のための物質の分泌量も左右されるので、情緒不安定になりやすくなります。

その情緒不安定が結果的に、すぐに怒る性格を作り出してしまい、そしてそのイメージを強く抱かれている可能性も考えられます。

 

育ってきた環境

親から十分な愛情を受けてこなかった子供や、虐待などの環境で育った子供は、小さい頃に必要とされる安心感を得ることができずに、大人になって情緒不安定となる可能性があります。

このタイプの情緒不安定な人の心理的特徴というのは、見捨てれるかもしれないという不安から、心が自立できずに、常に不安と戦っていることからストレスが異常に溜まり、結果的にすぐに怒る性格になってしまうのです。

また、情緒不安定なのですぐに怒り、すぐに泣くといった感情の起伏が非常に激しいのが特徴的です。

 

自分が情けない気持ちの現れ

これはギャンブルに例えると分かりやすく、例えばギャンブル依存症の人は辞めたいにも関わらず、またすぐに足を運んでしまいます。

そして負けた時に心では、「あぁ…何やってんだろう」という自分が情けない気持ちが、イライラに変わっていき、やがて怒りっぽくなってしまうこともあります。

ですから、自分のことを常に惨めに思っているネガティブ思考や、悩み事をいつまでも解決できていない人ほど、怒りっぽい人が多くなり、そしてすぐに怒る傾向が高くなります。

 

病気

うつ病などの病気で、怒りっぽい性格になってしまうことは比較的多く、特に老人性うつ病はその代表例といえます。

人は年をとると丸くなるといいますが、この老人性うつ病の特徴は怒りっぽくなりやすく、クレーマー体質な性格になりやすいということです。

ですから周囲の言葉には決してうなづくことなく、マイルールが絶対だ!という考え方人は、この心理的特徴に当てはまっているのかもしれません。

その相手がもし、家族などの大切な人であった場合は、一度お医者さんに相談することがいいでしょう。

また、老人で言えば認知症なども、すぐ怒る症状の1つとして見られます。

 

追加情報~

すぐに怒る人1

子供の頃の知恵

例えば子供の頃にすぐに怒ることで、お菓子やおもちゃ、またはお小遣いをもらえたという人にとっては、すぐに怒ることは自分に大きなプラスとなるという誤った認識を持ったまま、大人になってしまってる可能性も考えられます。

故に、こいつなら大丈夫だと思う人であれば、わざと怒ることによって、自分にプラスとなるものを得ようとしている訳です。

結論を言えば、甘やかされて育てられてきた人ほど、こういった誤った認識のまま大人になってしまう可能性があり、わがままで自己中心的な性格だと周りから思われてしまう可能性があるのです。

 

脳の疲れ

脳が疲れることによって、イライラしたり、眠れないなどの症状が見られ、脳疲労はしっかりと自覚をもって対処しておかなければ、自分にとってデメリットが多くなるといえます。

眠れないことでさらにイライラしますし、目の疲れや肩こりを感じると、一日を過ごすことがよりだるく感じてしまいます。

脳疲労は、ストレスや情報を詰め込み過ぎなどが主な原因となりますので、とにかく最近疲れ気味で怒りっぽくなったと感じているのであれば、脳疲労を回復することを優先してみてください。

脳疲労というのは最終的には、うつ病や生活習慣病にも繋がってきますので、決して甘く見ていてはいけません。

 

防衛本能

怒るということは自分を守ることにも繋がります。

故に、常に不安にさらされている人ほど、心に余裕を持つことができずに、すぐにキレてしまうことも多くなるのです。

不安というものは、ストレスでありますので、この不安が心の中にどんどんと溜まっていけばいくほど、その不安を心の中だけで溜め込むことが不可能となり、怒りとして表に出てしまうのです。

もしもマイナス思考で自分に自信がない人なのであれば、定期的にストレス解消をおこなうことを心がけてみてください。

 

病気を疑うケース

病気

うつ/認知症

先ほども少しご紹介しましたが、うつ病や認知症の症状には、怒りやすくなるという症状が見られます。

以下にそれぞれの症状をまとめておくので、すぐ怒る人が当てはまっていないのか、一度チェックしてみましょう。

鬱病の症状

  • 気分の低下が激しい
  • やる気が起きない
  • 身だしなみに関心がなくなった
  • 不安でじっとしてられない
  • 注意力が低下している
  • 眠れない/目が覚める
  • 急な食欲低下/増加
  • 動機やめまいが多い
  • 怒りっぽくなる

認知症の症状

  • 暴力/暴言が見られる
  • 妄想が激しくなる
  • 弄便が見られる
  • 徘徊が多くなる
  • 怒りっぽくなる

上記のような症状が見られた場合は、念のためにお医者さんに相談してみるといいでしょう。

 

境界性人格障害

境界性人格障害とは、人格障害の一種であり、人口のおよそ2%の割合でみられると言われており、特に20代~30代に多い障害となっています。

症状としては、「気分の波が激しい」、「突発的行動をとる」、「よくイライラする」などの症状が見られ、診断方法は問診をすることによって、確認することができます。

これは障害といっても、症状は年を重ねていくごとに和らぎ、落ち着いていくと言われていますので、高齢者ほど見られない症状としても有名です。

 

ADHD

ADHDの特徴の1つに、情緒不安定という特徴が見られ、自分の気持ちをコントロールすることが難しいという症状が見られます。

特に、ジャイアン型(多動・衝動型優勢型)の場合は、自分の感情を爆発させることも多く、攻撃的で不機嫌になることも多いです。

さらに自分の気持ちをコントロールすることが難しいので、そこまで怒らなくても…と思うような怒り方をしてしまい、怒鳴ることもしばしば。

他にも、ADHDの症状を以下にまとめておきます。

  • とにかく不注意が多い
  • 同じことを繰り返すのが苦手
  • 時間や約束を守れない
  • 部屋を片付けられない
  • 集中力がない
  • 落ち着きがない
  • 衝動買いが多い

上記のような特徴が見られますので、一度自分かもしれないと思った方は、診断してもらうことをおすすめします。

 

すぐに怒る心理は弱さの表れ

いかがだったでしょうか。

すぐに怒る人の心理的特徴を見ていくと、元々の原因は、全て人の弱さが原因だということが理解できた人も多いのではないでしょうか。

あなたが思うすぐに怒る人の心理的特徴はどれに当てはまっているのか?

しっかりと見極めることにより、相手の気持ちも少しは分かってあげることができ、今後の人間関係に使えるはずです。

すぐに怒ってしまうという悩みを抱えている人も少なくありませんので、冷たい対応をするのではなく、しっかり相手の気持ちにも共感してあげることができれば、きっと相手の怒りも比較的早く収まるはずです。

また、「怒ると怖い人の特徴10選」もセットで読んでみましょう。

すぐに怒る人というのは、比較的怒る姿に見慣れているのでそこまで恐怖を感じることはありませんが、本当に怒らせてはいけない人の特徴を知り、この人だけは怒らせてないけない人リストを作っておくのも、世渡り上手になるためのコツであったりもします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP