母子家庭の子供に見られる特徴

近年の日本では母子家庭も決して珍しくはありません。

どうして母子家庭となったのか、その理由は父親の死去や離婚、そもそも未婚の状態で子供を出産したなどさまざまですが、理由がなんであれ母子家庭で育った子供にはある一定の特徴が見られるようです。

今回の記事では、そんな母子家庭の子供に見られる特徴をご紹介していきます。

スポンサードリンク

愛情不足による過剰な甘え

母親がどんなに愛情を持って接していても父親がいないことは事実で、これは子供にとって大きなダメージとなります。

父親の愛情を受けて育つことができず、それを補うかのように母親に異常と言えるくらい甘えるようになる子供も少なくありません。

子供からすれば、母親しか甘えられる存在がいないわけですから仕方のないことだと言えるのですが、大きくなってからも改善されないようだとやはりさまざまな問題が発生する可能性があります。

特に物心ついてから父親と別れてしまった子供はこの傾向が見られます。

 

攻撃的になってしまう

母子家庭の大半は母親が仕事をして家計を支えています。

さまざまな援助があるものの仕事をしないわけにはいかないのですが、その間子供は1人で寂しい思いをすることになります。

これがストレスとなって精神的に不安定で周囲に攻撃的になってしまう子供もいるのです。

たとえば幼稚園や小学校で他の子をいじめたり、ささいなことで激怒してしまったりといった形です。

こうなると周りの子供たちにも迷惑をかけることになりますし、親自身も精神的な負担を感じることになります。

子供の寂しさに気付き、そしてどう対処するか、これが大きなポイントになるでしょう。

 

逆に我慢強い子も

攻撃的になる子供がいる一方で、感情をあまり表に出さず何があっても我慢できる子供も多く見られます。

一見良いことのように思えますがこれも母子家庭で育ったことの寂しさやストレスが原因です。

場合によっては自分が良い子じゃないから父親がいなくなってしまった、と思い込んでいるケースもありますのでやはり注意が必要です。

もちろん辛い経験をすることで成長したからこそ我慢強い場合もあり、一概に悪い影響だとは言えないので見極めが大切です。

 

思春期に性格が分かれる

母子家庭の子供は思春期に性格が分かれるといわれています。

1つはよく言われる「ぐれてしまう子供」です。

この母子家庭の子供が思春期にぐれてしまうというパターンは、ドラマや映画でもよく目にする光景です。

そしてもう一つの特徴はというと、これもおそらく”確かに”とうなずいてしまうのではないでしょうか。

2つめは「親思いな子供」です。

思春期という多感な時期に、親の気持ちが少しずつ分かるようになり、親思いの優しい子供に育つのです。

一見この親思いな子供に育つ方がいいのではと思われがちですが、一途にそうですとは言えません。

なぜなら、子供がいい子症候群に陥ってしまう可能性も考えられるからです。

いい子症候群になってしまった子供は、大人になってありのままの自分が出せなくなると言われており、個性のない大人になってしまうと言われています。

そんなデメリットも存在するということを頭に入れておきましょう。

 

変に大人びている

また、母子家庭の子供は変に大人びている場合が多いと言われています。

なぜなら、父親がいないということで子供は母親の力になろうと考えるからです。

そう考えているうちに、いろんなことに冷静に対処できる力が付いていき、変に大人びていると言われることもが多いのが特徴的です。

そんな大人びている子供に対し、可愛げが無いと言ってしまう親戚もいて、心が傷つく子供も実際には多く存在します。

母子家庭の子供だからといって心が強い訳では無いのです。

 

子供の気持ちは?

幼い頃に母子家庭となった場合は、父親の存在を知らない事もありますが、成長するにつれて他の家庭とは違い父親がいない事がコンプレックスになる場合もあります。

母親が父親の事を悪く言い続けるケースでは、男性に対する不信感を持ちやすくなるため、女の子は男性不信になってしまう事もあります。

 

子供との接し方について知っておくべき事

母親が一家の大黒柱となるため、子供は母親が苦労している姿を見て育ちます。

ここは母親の子供に対する接し方による違いや、子供の性格の違いもありますが、母親の負担を少しでも軽くしようと、自ら率先して家の手伝いをする、自分でできる事は自分でするというように、母親を思いやれる優しい子に育つ場合もあります。

女性が1人で子供を育てていくのは大変な事ですし苦労も多いのですが、子供の前では笑顔でいる事も大切です。

今は公的機関の援助などもありますので、頼れるところは大いに活用しましょう。

 

まとめ

いずれにせよ年齢の割に子供っぽい、大人っぽい、こうした変化が見られるのが母子家庭の子供の特徴となります。

母親はもちろんですが、周囲の人間が優しく見守ってあげることがなによりも重要なことです。

忙しく難しいことも多いものですが、愛情が不足しないようにコミュニケーションをしっかりととり、常に子供の気持ちを察するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント

    • 匿名
    • 2017年 7月 22日

    母子家庭の子供は、父親がいないから、逆に強くなるでしょう。
    母親が経済的に力があれば別ですが、なければ、頼るものがいない分
    自立心が旺盛でしょう。
     私は、むかし、キックボクシング・ボクシングをしていましたが、
    母子家庭で育った人は、ハングリー精神が強く、日本チャンピオンになりましたが
    、残念なことに世界は取れなかったようです。昔のボクサーは母子家庭は多いようです。
    むかしの名選手ハーンズやハグラーなどは、母子家庭です。しかも兄弟が多い。さらに黒人です。
     差別と闘い、男として強くなっていく場合もあります。
     マイクタイソンもそうでしょう。
     
     辰吉丈一郎は父子家庭。 亀田3兄弟も父子家庭。この場合は、父親が子供に厳しく教えたためでしょう。

    母子家庭で生まれて、立派になった人達は、たくさんいますが、逆に犯罪者になる人も多いでしょう。
    紙一重なんでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP