田舎者の特徴やファッション10選

田舎者という言葉を聞いて、気を悪くする人もいるかもしれませんが、田舎出身だからこそ得られる素晴らしい面も多々見られ、たくさんのメリットも考えられます。

田舎者だから恥ずかしい…なんて感情を抱いている人もいるかもしれませんが、そんなことを恥ずかしがる必要もありませんし、むしろ都会に出ても田舎出身である人も多いです。

今回の記事では、そんな田舎者の特徴やファッションを10選にまとめいますので、田舎者であることを隠そうとしたい人にとっては、特に必須の1ページであるといえるでしょう。(追記により15の特徴となっています。)

一度は都会に憧れる

田舎者の特徴の中でも王道である、一度は都会に憧れるという感情は、何も田舎者のみが当てはまる特徴ではありません。

それほど栄えていない町で育った人であっても、都会には一度は憧れを持つものですし、夜の世界などにも興味を示すものです。

一方で都会出身の人というのは、案外大人になれば一度は田舎に憧れたりもするのもであり、やはり人はいろんなことを経験したいという欲望に満ち溢れ、ない物ねだりであるということが、ここからも分かります。

 

人酔いする

田舎者が都会に集団で出かけようものなら、必ずといってもいいほど、人酔いをして精神的に参ってしまう人が一人は現れるものです。

やはり育った環境によって人酔いする確率も違ってきますので、特に人口が少ないド田舎で育った人にとっては、ビルと人を見るだけでも観光している気分に浸れますし、さらにそれだけでお腹いっぱいになってしまう人も多いです。

人酔いは慣れによって解消できますが、田舎者はやはり人が少ない場所の方が快適に感じてしまうといった共通点も見られます。

 

ルールを知らない

例えば、都会ではエスカレーターでは端によることが当たり前であり、どちらか一方向は歩く人の為に開けておきますが、田舎者というのは、慣れるまでなかなかそれがスムーズにできません。

エレベーターでも同じであり、開くボタンを押し続けたり、人が来たからといって急な対応ができないなど、ド田舎になればなるほど、こういった都会出身の人では当たり前のことが、当たり前のようにはできません。

上京し、慣れればすぐに対応することはできますが、無意識ではできないのが田舎者の特徴であるといってもいいでしょう。

 

人の顔を見てしまう

こちらは特に若い人に当てはまる特徴であり、田舎者は都会に行くと人の顔をちらちらと見てしまい、そして相手の反応に驚きます。

田舎では人の顔を見れば、人が少ないので相手がそれに気づいて見返してきたりもしますが、都会ではそんなことはいちいち気にしませんし、気づかないことも多いです。

ですから通り過ぎる人の顔をいちいち見つめて、少し攻撃的な心理になってしまうのも、田舎者の特徴であるといえるでしょう。

 

ヤンキーがダサい

田舎にも都会にもヤンキーは存在しますが、田舎のヤンキーは都会出身の人からすれば、少し時代を感じさせる時があります。

少し昭和臭がするといいますか、やはり都会のヤンキーは現代風であり、怖さよりも現代風のマイルドヤンキーであることが多いです。

一方で田舎のヤンキーというのは、見た目の怖さや気合いなどを重視しがちでありますから、どうしても見た目に違いが出てしまいがちです。

 

のんびりしている

田舎者と都会の違いといえば、スピードであると答える人は多いでしょう。

それもそのはずであり、都会に住んでいる人は常に忙しそうで、余裕のある一日を過ごしているようには到底見えません。

一方で田舎というのは、都会の人が行くと時間が遅く感じると言う人も多いように、のんびりしている人が多いです。

ですから高速などでも、それほどスピードを出しませんし、何より時間に縛られる人生を経験することが少ないといったメリットも考えられます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP