子供を捨てたいと思う人の心理的特徴10選

子供を産むことは素晴らしいことであり、感動する瞬間でもありますが、世の中には子供を捨てたいと心の中で思い続け、どうすればいいのか分からないと頭を悩ます人がたくさんいます。

生まれてきた子供に罪がないだけに、子供を捨てたいなんて思うこと自体に罪悪感を覚えることは、当然といえば当然です。

今回の記事では、そんな子供を捨てたいと思う人の心理的特徴について、10選にまとめています。

この1ページを読むことにより、あなたの現在の心理状況というものが見えてくるでしょう。

スポンサードリンク

子供が嫌い

元々子供嫌いであった人が子供を授かり、「子供を産めば気持ちも変わるであろう」という安易な気持ちが、後々子供を捨てたいという気持ちにさせることは、珍しくありません。

子供が嫌いな人にとっては、子供という存在自体に嫌悪感を抱いていたり、過去の何らかの原因で子供が生理的に受けるけないという人もいますから、そういったことが原因で子供を捨てたいと思ってしまい、そしてゆくゆくは育児放棄などにも繋がってくることはよくあることです。

子供が嫌いなのにどうしたらいいか分からないという場合は、カウンセリングなどの他人の力が必ず必要となってきますし、口に出して誰かに愚痴を言ってみるだけでも気持ちはグッと楽になったりもします。

 

障害を持っている

発達障害や知的障害など、何らかの障害を持って生まれてきた子供というのは、産み手が思い浮かべていた子供とは全く違った現実を思い知らされます。

障害を持って生まれた子供というのは、健全な子供に比べると手がかかることも多く、何度同じ注意をしても意味がないといった苦労もたくさん経験します。

さらに障害を持っていることによって、周りの目が恥ずかしいなどの心理的特徴が働いている人もいますので、どうしても結果的に子供を産まなければよかったや、子供を捨てたいという心理にかられてしまうというわけです。

 

子供を愛せない

子供が嫌いや障害を持っていた場合にも当てはまりますが、どうしても子供愛することができずに、捨てたいと思ってしまう親が後を絶ちません。

子供を愛せない親というのは、高い確率で子供虐待に走りがちであり、言うことを聞かなかったからといって子供に手を出したり、物で叩いてしまったりしがちです。

もしも子供を愛せないばかりでなく、憎しみまで込めてきたという人がいるのでしたら、今すぐに自分は今窮地に立っているということを認識するためにも、カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

 

子供がブザイク

子供がブサイクであったので、将来苦労するだろうという親の勝手なエゴで、子供を殺してしまう親も存在するなど、子供がブサイクな為に捨てたいという心理状況に陥ることはよくあることです。

特に見栄っ張りな人というのは、周りの目を気にしたり、目に見えるものだけで勝ち負けをつけるといった癖がついてしまっていますから、どうしても恥ずかしいや醜いといった感情を抱いてしまいがちです。

子供がブサイクであろうがなかろうが、あなたの遺伝子を受けついだ子供であることには間違いないのです。

 

片親が分からない

父親が誰なのか分からないという悩みを抱き、そして誰が父親なのか分からない子供なんていらないという考えから、子供を捨てたいという心理的特徴に当てはまる人は実際に多いです。

特に若いシングルマザーに当てはまりがちであり、援助交際やいろんな男性と遊んでしまった結果、望んでもいなかった子供ができてしまうことは、昔から深刻な問題として取り上げられてきました。

また、性や命に対しての軽い気持ち(男女互いに)が、こういった子供を捨てたいという悩みを抱く人を多くすることは、言うまでもありません。

 

自分の時間を持てない

子供を産むと、自分の時間を犠牲にしてでも子供に愛情をつくさなければなりませんが、この自分の時間が持てないがゆえに、子供なんてもう捨てたいという心理が働くこともあります。

自分の時間を持てない人というのは、旦那が育児に協力的でない人であったり、シングルマザーであったりすることも多いです。

この手の悩みで子供を捨てたいという心理が働いたのでしたら、周りの協力してくれそうな人に相談してみることや、思い切って少しの時間でいいので子供を見てほしいというお願いをしてみることで、あなたの心は今よりずっと軽くなるはずです。

また、男遊びがしたいという考えは、非常に自分勝手な考え方であり、自分の幸せのみを願い、自分は特別な人間だと思い込んでしまっている場合は、「自己愛性人格障害」を疑ってみる必要があります。

 

ストレスが溜まる

子育てにはストレスがつきものであり、自分の思い通りに動いてくれない子供に対して、憎いという気持ちを抱いてしまう人もいます。

子供は大人のように考える力もありませんし、人生経験も豊富ではありません。

子供は自分のペットではありませんし、一人の人間であるということを再度理解して、定期的にストレスの解消を行うといいでしょう。

間違っても、自分一人で頑張るなどと、子育てに対して一人で抱え込む必要はないのです。

 

育てる側の精神的問題

育てる親の精神的問題のせいで、子供を捨てたいという心理にさせることもあり、例えばうつ病患者の親というのは、マイルールを押しつけて責任転嫁をしがちです。

自分の中の世界が全て正解だと思い込んでいますので、子供が約束を守らないことは、「私を憎んでいるからだ」とか、「私が嫌いだからだ」という妄想被害を信じ込みがちです。

こういった妄想被害を注意してくれる人が周りにいなければ、妄想はさらに激しさを増し、最終的には子供虐待に繋がってしまうというわけです。

 

育てる側が自立できない

育てる親が自立できていない場合は、両親のもとで一緒に子供を育てていけることができればベストでしょうが、そういった対処法がとれない環境下であるときは、自分に自信を無くしてしまい、子供を捨てたいという心理にさせます。

育てる自信がないや、自分は社会不適合者であるという思いが、いっそのこと子供と死のうや、子供を捨ててしまおうといった事態に繋がってしまいます。

 

貧困である

子供を育てていくお金も無く、両親が残した借金が未だにたくさんあるなど、貧困が原因で子供を手放してしまうケースも珍しくありません。

最も、この場合は2つのケースに分かれ、1つは子供と一緒に死を選択するケースと、2つは子供を育児放棄してしまい、自分は男へ走るといったケースに分かれます。

貧困であっても子育てを立派に終える人も世の中にはたくさんいますので、自分には無理なんて決めつけをしないで欲しいというのが、私の本音です。

 

一人で悩まないこと

いかがだったでしょうか。

子供を捨てたいという心理に駆られてしまっているあなたは、まず一人で悩まずに、たくさんの人の力を借りることを選択しましょう。

カウンセリングはもちろんのこと、ストレス解消に愚痴を言ったり、外に出て買い物を一緒にするなどでもいいです。

とにかく一人で悩まずに、他人の力を借りるという勇気ある一歩を踏み出してみてください。

あなた一人ではどうにもできないことであっても、5人、10人と力を借りることができれば、捨てたいという心理に少しずつ変化をもたらすことが期待できます。

また、「子供嫌いな人の心理的特徴8つ」もセットで読んでみましょう。

自分自身が子供嫌いでないかどうかのチェックをしてみると、また一つ子供を捨てたい心理的原因が分かってくるかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP