定時退社しにくい心理的特徴7選

定時退社をすることは、海外では当たり前の光景ですが、真面目で働き者と言われる日本人は、定時退社に対して罪悪感といった感情を抱いてしまうことがあります。

では、海外では当たり前の光景が、日本では当たり前ではなく、むしろ定時退社しずらいという心理になってしまうのは、なぜなのでしょうか?

今回の記事ではそんな、定時退社しにくい心理的特徴7選に関して、日本独特の風習などが深く関係しているという事実を、お伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク

会社に貢献したい

雇ってもらった恩を感じ、そして会社に少しでも貢献したいという思いを抱ている人は多く、会社に貢献したい一心から、定時退社をすることは会社に迷惑をかけることだ、という勘違いを起こし、定時退社しにくい心理が働いてしまうことがあります。

また、少しでも会社に貢献したいという思いから、定時退社する人を批判してしまう人もいますが、こういった人は、自分の考えを押し付けてしまうタイプによく見られます。

こういった自分の考えを押し付けてしまう人が、社内に多ければ多いほど、定時退社をしにくい環境を作り上げてしまい、それが当たり前の風景になっている可能性が考えられます。

こういった環境は、海外で異常な風景としてよく取り上げられており、過労死をしてしまう日本を異常な目で見る人も、実際には存在しています。

 

周りの目が気になる

定時退社をすることによって、「悪口を言われないだろうか…」、「周りに異常な目で見られないだろうか…」などといった、周りを気にしすぎるがために、定時退社しにくいという心理が働き、そしてしたくもない残業に取り掛かった結果、うつ病などの病を患わってしまうことは、よくあることです。

周りの目を異常に気にする日本人は、とにかく周りから批判されないようにと、生きるスタイルをとってきました。

今では海外の影響もあり、若者を中心に、自分らしく生きるスタイルが広がっていますが、日本人は、「他人に迷惑をかけてはいけない」という風習の元育ってきていますから、他人の目を気にするのは当たり前であり、他人の目を気にすることで、他人に迷惑をかけていないのかどうかを判断するということをしてきました。

このような子供の頃からの習慣が、定時退社しにくい心理に強く結びついていると考えることができます。

 

仲間外れが怖い

特に日本人は仲間外れにされることに恐怖心を抱いており、これも日本の文化が深く関係しています。

集団行動を得意とする日本では、常に集団でいることが正しいという考え方をしがちですので、個人行動=悪という固定概念を抱きがちです。

また、個人行動=友達がいないや、可哀想といった考え方をする風習などもありますから、定時退社=個人行動というとらえ方をする人や、仲間外れにされるかもしれないという恐怖心から、定時退社をしにくい心理が働くわけです。

その証拠に、日本では一人旅というキャッチフレーズをよく目にしますが、このような言葉は、海外で目にすることは珍しいことであり、これは一人で旅行に行く人が多い海外と、日本人との違いを表している言葉でもあります。

 

肩書が大事

日本という国は、個人よりも肩書を重視する傾向が非常に高く、これはいろいろな場面でその証拠となる行動が見られます。

例えば、日本は名刺を渡す際にはまず、肩書から紹介し、名前を紹介するという風習がありますが、多くの海外では違う風習が見られます。

海外では、個人名を名乗ることが先なのが当たり前であり、その後に肩書を紹介するということが普通なのです。

このように、日本では個人よりも肩書を重視し、そして肩書で人を決めつけてしまう国民性があるために、肩書を異常に求める人が多いという結果になります。

ですから、定時退社をすればするほど、肩書を求めることができずに、一生自分は負け組で終わってしまうかもしれないという思い込みから、定時退社をしにくい心理が働くと考えることもできます。

 

他人に迷惑はかけられない

先ほどもお伝えしたように、日本は昔から子供に対して、「他人に迷惑をかけてはいけない」というしつけをおこない、このような言い聞かせで育ってきた人は、非常に多いです。

ですから、定時退社=他人の仕事量を増やすことになるかもしれない、という思い込みから、定時退社は悪であるという心理が働いてしまうこともあり得ます。

勘違いしてはいけないのは、仕事が残っているにもかかわらず、定時退社ばかりしている人というのは、確かに他人に迷惑をかけているかもしれません。

ですが、仕事がないにも関わらず、定時退社をすることができないというのは、他人に迷惑をかけているわけではありませんので、本来それほどの罪悪感を抱く必要もないのです。

 

自分の意見が言えない

自分の意見をはっきりと言えない悩みを持っている人が、あなたの周りにいるのではないでしょうか。

自分の意見が言えない人というのは、八方美人であったり、自分よりも他人に頭を使う人であり、他人主義であることが多いです。

その為に、定時退社したくても本音が言えずに、予定があるにも関わらず、残業を優先してしまうこともしばしば。

自分の意見が言えない為に定時退社できない場合は、とにかく本音を話せそうな人に、一度相談してみるといいでしょう。

一度相談をして口に出す練習をすることで、アドバイスをもらえる他にも、聞き手から伝えてくれることや、定時退社したいときに口に出すことができる確率を上げることができます。

 

給料が少ない

ただただ、給料が少ないという理由で、定時退社しにくい環境の人も当然存在します。

こういった人は、たまに自分の時間を作ってみるために、定時退社を選択してみることによって、お金では買えない幸せな時間を味わうことができる、ということを忘れてはいけません。

 

定時退社は悪ではない

いかがだったでしょうか。

残業=正しいという考えをする人が多い日本では、定時退社で批判されることもあるかもしれませんが、そんな考えはもう古い考えです。

最も、仕事が残っているにも関わらず、毎回定時退社を選択するということは、少し協力をする必要もあるかと思いますが、自分がすべきことをしっかりと終えているのであれば、堂々と定時退社をすればいいのです。

定時退社を選択する勇気を一度持つことができれば、あなたの価値観は変わり、今まで見えなかった幸せや、気づかなかったことに、たくさん気づくことができるでしょう。

もしも定時退社を、毎回拒否するような会社がある場合は、ブラック企業の可能性を視野に入れ、残業代なども毎月きちんと確認しておく必要があるでしょう。

また、「パワハラ上司の特徴10選」もセットで読んでみましょう。

あなたの上司はパワハラ上司に当てはまっていないのか?一度チェックしてみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP