創価学会員の見分け方や特徴10選

創価学会とは日本でも非常に大きい宗教として知られ、およそ827万世帯もの学会員がいるとも言われています。

実際には学会員であっても、活動は全くしていないという人も存在しますが、これだけの数の学会員がいるということは、言動面での特徴を探っていけば、見分ける方法が見えてくるはずです。

今回の記事では、そんな創価学会員の見分け方や特徴に関して、実際に両親が創価学会員であった人の証言なども参考に、10項目にまとめています。

スポンサードリンク

聖教新聞をとっている

電車などを見渡してみると、まれに聖教新聞を読んでいる人を見かけますが、聖教新聞は創価学会の機関紙発行・出版部門であるため、創価学会員である可能性が高くなります。

もちろん、創価学会員の友人に頼まれて数カ月契約をしているというケースもありますので、一概に決めつけるのは良くないですが、見分ける方法の1つであるといえるでしょう。

この新聞には、創価学会員による日々の活動や、活躍の場が紹介されているページがあります。

 

公明党押しである

公明党は、1961年に公明政治連盟、1964年に公明党を結成し、1967年には初めて衆議院に進出した党であります。

創価学会員の人々は選挙前となれば公明党を支持し、友人などに選挙の投票をお願いするといった決まった流れがあります。

また公明党以外でも、この人を当選させようという明確な目標が決まった場合は、違う党であっても応援することもあります。(ただし多くの場合、公明党との繋がりがある場合に限る)

 

親が学会員であった

親が創価学会員であった場合は、子供も強制的に学会員として登録されることが多く、創価学会員の子供として生まれてきたが故に、たくさんの悩みを抱えていたという人も、珍しくありません。

ここで1つ注意しておきますが、必ずしも親が学会員=子供も学会員であるということはあり得ません。

自ら学会員を脱退する人もいますし、親が強制的に入れないというケースもありますので、親が学会員だからといって決めつけるのはよくありません。

 

会合への出席

熱心な学会員さんであった場合、友達を会合へと誘うことがあり、会合とは学会員の皆さんで最近の活動を報告しあったり、勤行を全員でするなど、様々な目的を果たすための場であります。

この会合へ誘われた場合は、創価学会員であると思っておいた方がいいでしょう。

学会員でなければ、そもそもこのような会合が開かれていることすら知らない人も多いので、興味がないという人の場合は、きちんと事前にお断りをしておくことが大事です。

 

勤行をしている

熱心な創価学会員であれば完璧にこなすことができる勤行は、毎日を課題として行っている人もいて、こういった人はかなり熱心なタイプと言えます。

ですから近所から勤行が聞こえてくることがあれば、それは学会員である証拠です。

見分け方としては、数珠と勤行要典を持っているといった特徴が見られます。

 

宗教(日蓮)関係の本がある

宗教(日蓮)関係の本は、有名どころであれば”人間革命”が有名であり、これは創価学会員であればほとんどの人が一度は目にしたことがあるでしょう。

見分け方としては簡単であり、家に人間革命の本が置いてあるのであれば、学会員の方であると思っておいた方がいいでしょう。

また、訳の分からない本だな~と思いつつ、池田大作さんの名前が刻まれていれば、学会員である証拠と言えます。

 

宗教に関して詳しい

創価学会員は創価学会を広めることを目的としており、素晴らしさや活動内容、歴史などを伝えるために、宗教に詳しいといった特徴が見られます。

しっかりと歴史などを勉強しておかなければ、やはり説得力や信頼にかけてしまうので、熱心な学会員の方はやはり宗教に詳しいです。

また、ほかの宗教の悪口を言うのではないか?という疑問を持っている方もいるかもしれませんが、実際に両親が創価学会員であった人の親は、基本的には創価学会の素晴らしさを伝えることがメインであったそうです。

 

仏壇を持っている

勤行は仏壇に向かってするものなので、当然創価学会員は仏壇を持っているといった特徴が見られ、仏壇のみでは見分けることは難しいといえるでしょう。

しかしながら、仏壇の周りに置いているものに注目してみれば、創価のマークが刻まれているグッズなどが置かれていたり、しきみが飾られています。

特にしきみは緑の葉っぱで特徴としてとらえやすいと思いますので、そういった細かな部分に目を通すことで、見分けることができます。

 

しきみを使う

先ほども出てきた”しきみ”ですが、創価学会員はしきみをお墓参りでも使い、お墓参りなどで飾っている花に注目してみると、しきみを飾ってあるお墓があるはずです。

また、お墓参りの際には必ず御祈念文をするといった特徴も見られますが、声に出さなければ見分けることは難しいので、お花で見分けてみる方が簡単といえるでしょう。

 

お寺や神社は行かない

古い創価学会員の方であれば、お寺や神社にお参りすることを嫌います。

お寺や神社を嫌うようになった理由は、いろいろな説が存在していますが、見分け方としては、結婚相手が違う宗教に入っていたりすると、昔の人は拒絶してしまうことがあります。

それが理由で、離婚してしまった夫婦もいるほど、昔の人は違う宗派のことを嫌う人もいます。

 

いい人もたくさん存在する

いかがだったでしょうか。

ネットで創価学会について検索してみると、いろいろな噂や、根拠のない情報などが書かれていることもありますが、全てを鵜呑みにして偏見を持つのはやめましょう。

もちろん熱心な創価学会員の方は、我々が少し理解しずらいような言動をすることもありますが、根はいい人なのかもしれません。

創価学会員の方と仲良くする場合は、事前に自らの意思をきちんと伝えておくことができれば、トラブルに発展することも無く、上手に付き合っていけるコツとなるはずです。

また、「頭おかしい人の特徴やそう感じる瞬間8選」もセットで読んでみましょう。

そういった人と遭遇したことがある人であれば、共感できる1ページではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP