スポンサードリンク
陰毛を抜く癖

陰毛を抜く癖がある人の心理的特徴6選

世の中には様々な癖を持つ人が存在し、あまり人に言えない癖の中でも、陰毛を抜く癖がある人というのは案外多いものです。

この1ページにたどり着いたあなたも、一度くらいは陰毛を抜いてしまった経験があるのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな不思議な癖がついてしまう人の心理的特徴に関して6選にまとめています。

スポンサードリンク

快感である

陰毛を抜くことに快感を覚えることは決して珍しいことでは無く、特に夏場の蒸れる時期などはかゆみを抑えるために、陰毛を抜いてしまう人が多いです。

この行為を繰り返していくうちに、だんだんと痛みが快感となっていき、陰毛を抜く癖がついてしまうわけです。

中には陰毛が無くなってしまうほど一度に抜いてしまう方も居ますが、抜けば抜くほど痛みを感じてしまい、その痛みがまた快感となってしまいますので、無くなるまで抜いてしまうということにも繋がってきます。

またIラインは非常に痛みを感じやすい部分ですので、癖となってしまいやすい部分でもあります。

 

毛じらみ等の性病

毛じらみは有名な性病であり、陰部がかゆくなるといった症状が特徴的でありますが、これも先ほどと同じく、かゆい時に毛を抜くと快感に感じてしまい、癖となってしまうわけです。

毛じらみは毛を剃ってしまう、または専用のシャンプーで洗うなどの対処をとれば、治りますが、これが陰毛を抜くことが快感であるがゆえに、直そうとせずに放置する人も中にはいます。

またカンジタなどの性病の可能性も考えられますので、一刻も早くお医者さんに相談してみる方が、自分にとってもいい結果に結びつくことは言うまでもありません。

 

違和感や見た目から

例えば毛が絡まっていることが、非常に気持ち悪く見えてしまったり、陰毛が多いので非常に見た目が汚いなど、自分の陰毛が汚く見えてしまった場合は、陰毛を抜こうとする人が出てくるわけですが、これが習慣化してしまえば、当然陰毛を抜く癖がついてしまいます。

特にこの場合、自ら気持ち悪いや汚いと感じてしまったのですから、気になってしまい、陰毛を処理するスピードが速くなってしまう可能性が考えられます。

陰毛が多い人などは、実際に毛の多さにドン引きされてしまうこともあり得ますので、本番に挑む前に綺麗にしておくことは、決して悪いことではないと言えるでしょう。

 

清潔感の為に

海外では陰毛の処理をすることはマナーの1つとして考えられている国が多く、その習慣化が若者にも浸透しつつあります。

陰毛を処理しないことはマナー違反であるという考えがある人にとっては、陰毛を抜くことは当然のことなのです。

陰毛を抜くことを癖づけてしまえば、常に清潔感がある自分で居続けることができるので、むしろ陰毛の処理を忘れがちである人にとっては、癖づけてしまう方がいいのではないでしょうか。

 

匂い防止

陰毛を放置したままにしておけば、蒸れて雑菌が増えてしまい、臭い匂いを出してしまう原因となりかねません。

あなたも一度くらいは、自分の陰毛が群れている時の匂いを嗅ぎ、オェッという経験をしたことがあるのではないでしょうか。

この匂いを防止するために、陰毛を抜くことを始め、癖づいてしまうことは十分に考えられることです。

あそこが臭いと思われてしまうことは、イメージが大幅にダウンしてしまうことにも繋がりかねませんので、夏場はしっかりと処理しておいた方がいいのかもしれません。

 

抜毛症

抜毛症とは、毛を抜いてしまう病気のことです。

抜毛症の人は、毛を抜くことが止められないといった心理が働き、症状が酷くなれば自分で自分を苦しめてしまうことがあります。

こちらに当てはまる場合、陰毛だけでなく、眉毛や髭など、毛がある様々な部分を抜いてしまうといった特徴が見られます。

酷い人に至っては、髪の毛まで抜いてしまうこともケースも見られますので、もしも同じような症状が見られるようであれば、一度お医者さんに相談してみるべきです。

また、抜毛症は自然と完治することが多く、例えば髪の毛を抜くとハゲることが予想できますから、ほとんどの場合は、毛を抜く癖は治ると言われています。

髪の毛やまつ毛などといった、普通では考えられないような分部の毛を抜いてしまう場合は、早めの治療が必要となると思っておいてください。

 

デメリットと注意点

陰毛を抜く癖がある人が知っておきたい、デメリットと注意点は以下の3つです。

・炎症

毛根が傷つけられると菌がそこから入り込み、毛嚢炎などの炎症を起こすリスクが高くなります。

・抜毛症

癖が何年もある人は抜毛症であると言えますが、抜毛症は酷くなると、自分の髪の毛を抜いてハゲを作ってしまいかねません。

超えてはいけないラインは、絶対に超えないように心がけておきたいものです。

・毛が太くなる

あくまで可能性ですが、これは皮膚科医の、坪井良治教授の研究結果によって明らかになっています。

過激な刺激を与えすぎてしまえば、陰毛が太くなり、剛毛に見えてしまう可能性が考えられます。

 

あまり気にしないでOK

いかがだったでしょうか。

陰毛を抜く癖があることを、異常だとか変態だなんて思い込んでしまう人がいますが、多くの人は他人には言えないような癖や悩みを持っているものであり、陰毛を抜く癖がある人というのはそれほど珍しいものでもありません。

もちろん人に言えば引かれてしまうこともあるので、自分だけの秘密にしておき、こっそりと一人の時間に抜いていれば、それほど大きな問題に繋がるとも考えにくい癖であります。

また、「爪を噛む癖の心理的特徴8つ」もセットで読んでみましょう。

同じような癖であっても、心理状態というのは大きく異なるものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • 山内すばめ
    • 2016年 9月 15日

    とても興味深く拝見させていただきました。

    あ~そうか なるほどと
    なにか得心したように思います。

    ときどき拝見しに来ます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP