スポンサードリンク
父親 失格

父親失格?クズ父親の特徴10個と子供の本音を知ろう

世の中には父親のことが大っ嫌いであり、そんな父親のことを父親失格という子供もいれば、子供に対して情けない言動をしてしまい、自ら失格やクズだと思い込むケースも珍しくありません。

世の中には本当にクズである父親も存在し、そのような父親というのは家族に迷惑をかけるのは当然のこと、自己中心的で自分さえよければそれでよしというような特徴が見られます。

今回の記事では、そんなクズ父親の特徴を10の項目にまとめ、あまりにも酷すぎる環境で成長してきた子供の本音もお伝えしていきます。

スポンサードリンク

子供に愛情がない

子供、または子供が大好きな父親からすれば知りたくもない情報かもしれませんが、世の中には子供に愛情がない父親が存在し、こういった人々は様々な理由で子供を愛することができません。

例えば、発達障害など何らかの障害を持って生まれた子供や、ブサイクだから愛せない、言うことを聞かないから気に食わないなど、父親が子供を愛せない理由は様々です。

当然愛情がなければ、他人のような扱いをされたり、大事にされない可能性が高まるので、子供は悩みながら大人へと成長していくことが想定できます。

もしも子供に対して、少し酷いことを言ってしまって自分は父親失格だ…なんて思い込んでしまっている人がいるのでしたら、そのような思い込みは間違いであることに気づく必要があるでしょう。

 

父親の蒸発

家族を捨てて愛人のもとへと逃げてしまったり、家族に手紙を残してそのまま行方不明になってしまうなど、漫画の世界のような話だと思う方がいるかもしれませんが、実際にこのような経験をした子供は多くいます。

家族を捨てて消えてしまうような行為は、父親失格なのは当然のこと、子供が怒り狂ってクズだと思ってしまうことは仕方がないことなのかも知れません。

家族を裏切った代償は、あまりにも大きいのです。

 

依存症・DV・モラハラ

この3つは非常に結びつきが強く、例えばアルコール依存症の父親というのはDVやモラハラに走る傾向が見られ、これは子供が被害者となるケースも見られます。

このような環境下で育った子供は、アダルトチルドレンと呼ばれ、成人してもなお内心的なトラウマを持つことによって、社会でうまく生きていけない大人になってしまうことが多いです。

被害を与えた側は気づかないでしょうが、うつ病や思い込みの激しさ、問題児、マイナス思考などは、アダルトチルドレンの特徴であり、生きるのが辛いのは父親のせいだと、一生根に持たれてしまうことも珍しいことではありません。

 

差別主義者

差別主義者の中でも、最も子供が頭を悩ませていることの1つに、兄弟差別が挙げられます。

弟は勉強ができてスポーツもできるので、いつも褒められて優しく接しているのに対し、兄の自分は何もできないといつも叱られ、何か事件が起こると全て自分のせいにされるなど。

子供に対して偏見を抱いてしまう父親は、自分はダメ人間だと思い込んでいる子供の心をずたずたにし、一生消えることの無いトラウマを与えてしまっているのです。

当然差別された子供は父親に恨みを抱き、あいつは父親失格でクズだと心の奥底に悔しさをにじませていることでしょう。

 

働かない

家族のために働かない、養っていく気がなく、さらに母親ばかりを働かせる父親はクズであり、父親失格であるといえるでしょう。

最も、専業主夫であった場合は家族に不満の声などは少ないでしょうが、家族が働くことを望んでいるのに対して、その期待に応えようともしない父親に、心底怒りを覚えている子供は、2ch等にその怒りをぶつけている傾向が見られます。

さらに働きもしないのに、家で威張って偉そうな態度ばかりをとっているような場合、母親を苦労させる父親を許せないという意見が多く聞かれます。

 

借金を抱えている

会社の倒産やギャンブル等で、大借金を背負った結果、その借金が大人になって子供にふりかかり、自ら命を絶ってしまった事件も実際に起こっています。

会社の倒産等で借金を背負ってしまった場合、父親の気持ちになってみると攻めれない気持ちも分かりますが、ギャンブル等で勝手に借金を作って家族を苦しめるような父親は、失格でありクズであると子供に言われてしまう父の特徴であります。

自分勝手な行動で借金を作って、後始末は子供や母親に任せる父親を誰が許せるでしょうか?

 

年金の未払い

これは母親の責任でもありますが、世の中には年金の未払いによって子供に養ってもらっている両親もいて、このような計画性がない両親に心底腹を立て、本当は出ていってほしいのにいつまで養わなければならないんだ…と頭を悩ませている人もいます。

このような行動をするということは、明らかに子供に甘えていればどうにかなるという考えの両親でありますから、いつまでも子供だからという理由で甘え続けられることに、異常なほどのストレスを感じている人も多いです。

自分のことばかりを考えて年金を払わずに、将来子供に頼り切ってしまう父親に対して、本音では早く出ていってほしいという気持ちを抱いてしまうことは、人として当然のことなのかもしれません。

 

犯罪者

万引き、性犯罪、窃盗など、父親が犯罪者で家族にたくさんの迷惑をかけたり、離婚の原因となってしまうことも当然あり得るわけですが、特にこれが学校などで噂となり、いじめの対象となってしまうことが子供を苦しめ、さらに家に帰ると母親の悲しそうな顔を見るのが辛いと、学校でも家でも辛い思いをして生きている子供がいます。

当然転校することが多いですが、次の学校でもばれないかと常に不安であったり、父親の話題になると恐怖心が襲い掛かり、精神的に辛い思いをしてしまう子供もいます。

家族を守らなければならない立場であるにも関わらず、無責任な行動で自分にまで被害が及んだ時に、子供はどうしていいのかわからずに、父親のことをクズだと思い込んだり、父親失格のダメオヤジと失望してしまうことが多いです。

 

異常なほどのケチ

ケチなことが原因で離婚してしまう夫婦は珍しいことでありませんが、ケチな父親に常にストレスを抱えながら、家庭円満を目指そうと頑張る家庭も存在します。

異常なほどケチな父親というのは、何をするにもまず監視されているように家族が感じ、さらに自分が納得いかなければ必ずといってもいいほど口出しをしてきます。

さらに最悪なケースでは、自分のお金と時間だけは好きなように使って、母親や子供たちに我慢しろと命令する人がいるのですから、当然クズで父親失格だと言われてしまっても、仕方がありません。

 

子供のお金に手を出す

使ってはいけないお金を使ってしまう父親の特徴には、子供のお金に手を出すという共通点が存在し、例えばお年玉としてもらったお金を勝手に使われたり、貸した金を返さない、子供の将来のために貯めていていたお金を勝手に使いこんでしまうなど、金癖が悪いです。

ましては子供の将来のために貯めたお金に、勝手に手を出すなど言語道断です。

もちろん非常事態で一時的に使わなければ仕方がなかったのであれば話は別ですが、家族の反対を押し切って、子供のお金に手を出す父親というのは、いい父親だとは決して言えないでしょう。

 

子供の本音

19歳死ねと思うさん

僕が育ってきた環境は異常なほど酷く、帰ってくると働かない父親が酒を飲み、働き終えて疲れきった母親をこき使います。

そして何よりムカつくのが、金遣いが荒く、ギャンブルで二度も借金を背負い、その借金を母親にすべて背負わせたことです。

本当は簡単に死ねなんて言ってはいけないのでしょうが、自分は早く死んでほしいと心から思っています。

そんな父が嫌で中卒で独り立ちしましたが、当時母親が自分についてきてくれなかったのが本当に悲しかったです。(今は僕と二人で住んでいます)

17歳もう嫌ださん

糞オヤジに子供の頃から暴力をふるわれ、思春期になると性的暴力を受けていました。

おまけに酒癖が悪く、お酒を飲みだすと暴言が止まらず、私の胸を触ってきます。

母親にはなかなかその事実を言いだせずに困っていましたが、ある日真実を述べると、母親もさすがにキレてしまい二人で家を出ることに。

糞オヤジは心の底から嫌いですが、今でも私を守ってくれる母には本当に感謝しています。

 

酷い家庭は存在する

いかがだったでしょうか。

自分は父親失格だと思いこの1ページにたどり着いた人も、父親に心底腹がたってこの1ページに来た人も、知って欲しいことはだた1つ。

本当に酷い家庭は存在し、子供を愛せない父親や、父親を愛せない子供は存在するということです。

当然この1ページにたどり着いた人の中には、上記の特徴に当てはまり、日々苦しい思いをしている子供もいるでしょう。

苦しい思いをしているのであれば、自分一人で悩みこまないで、まずは誰かに話を聞いてもらい、辛い気持ちを外に出してみると、肩の力が抜けて気持ちが楽になるはずです。

また、「子煩悩な父親の特徴9つ」もセットで読んでみましょう。

ここでは酷い父親のケースをお伝えしてきましたが、一方で子煩悩で子供が大好きな父親がいるということも、忘れないでください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP