金づるな女の特徴と性格傾向10選

金づるとして使われる女というのは、ある一定の特徴や性格傾向が見られ、依存してしまっている人である場合、どれだけダメ男であっても金づるな女として、彼を助けようとしてしまうことが多いです。

金づるな女として利用されるということは、当然あなたではなくお金に興味があるということですから、あなた自身に愛情が無いという関係である可能性も十分に考えられるのです。

特徴と性格傾向を見ていき、もしもあなたに当てはまっているのであれば、今すぐ関係を終わらせ、本当にあなたを愛してくれる人を探すべきでしょう。

理想主義者との交際

金づるな女として利用される女性の特徴の1つに、理想主義者との交際というのが挙げられ、例えば「俺はいつか歌手として売れる」と理想を述べるのですが、実際にはパチンコばかりの日々を送っていたり、いつかチャンスが来ると甘い考えをしていて、自ら行動しなかったり。

このような男性は、ヒモ男の特徴でもありますので、つまり金づるな女と交際しやすい男であるともいえるのです。

好きな人が夢を追いかける姿というのは素敵ですが、口だけ男の口先だけの言葉に騙されてしまい、財布代わりとして使われているのであれば、それはただ利用されているだけであり、男性側は感謝の気持ちすら感じていないことでしょう。

 

3つの仕事

1つ目は、医者や看護師などの休みが少ない仕事をしている人というのは、忙しく不規則な生活をしており、ストレスが溜まる仕事であり、さらに人の命を預かるという責任のある仕事をしているので、仕事に対するストレスというのは非常に大きなものがあります。

また仕事が忙しいということで、男性と出会えるチャンスも少ないという分部から、お金さえ払えば常に笑顔で横にいてくれる彼との交際が、居心地よく感じたりもしやすいのです。

2つ目は、キャバクラで働いている人も同じく、稼げる仕事ではありますが、自尊心が傷つくことが多い仕事であるだけに、お金さえ出せば自分を否定しない優しい男に、騙されやすいという傾向が見られます。

仕事上、キャバクラで働く女性はキャラを演じなければならないのですが、そんなキャラを演じる必要もなく、ありのままの自分を受け入れてくれる男を、お金を払ってでも自分のもとに置こうとする心理が働きやすいのです。

3つ目は、介護や福祉系で働く女性であり、彼女たちは人の役に立つことに幸せを感じ、尽くすことが好きな女性でありますから、金づるとして利用されていることに対して、私は役に立っているという間違った思い込みから、満足感を得ることが多いです。

甘えん坊タイプの男性との相性が良いと言われておりますが、甘えも限度がくれば、女性が疲れ果ててしまう関係に陥ることが多いです。

 

優先順位が低い

優先順位が低いとは、例えばあなたの彼氏がパチンコが好きな彼氏であった場合、ギャンブルにお金を使ったのでお金が無いという理由を、嘘をついて食費を払わせたり、お金を借りたりする状況のことを言います。

上記のような例では完全に、彼女<ギャンブルでありますから、彼氏はあなたよりもギャンブルの方が大事という結果になります。

ましてや、ギャンブルで負けたからお金が無い状況を、あなたが工面しているのですから、当然金づるな女として大事にされていない可能性が高いという結論に至るのです。

 

一人っ子or女姉妹

一人っ子や女姉妹で育った女性ほど金づるな女として扱われやすい理由の1つに、男という生き物と小さい頃から接していない為、男の考え方や生態を学べないために、騙されやすいということが挙げられます。

さらに男を見て育ってきていない女性は、男性に過度な期待をしてしまうために、裏切られてしまうことが多いのです。

これを立証する証拠に、AV業界に入る女性の多くは、一人っ子か女姉妹であることが非常に多いという統計データが出ており、男を見て育っていない女性は、簡単に男の言うことを信じてしまい、業界に入ってしまうことが多くなるそうです。

 

依存性人格障害

依存性人格障害とは、簡単に言い換えると彼氏依存、または男性依存している人のことを言います。

そんな中でも、利他的従属とは金づるな女に自らがなることで、他の目的を果たそうとする心理のことを言います。

この目的とは、孤独感や不安、恐怖心や独占などいろいろありますが、要は相手に貸しを作ることで自分に依存させようとしているのです。

これはお金持ちが、お気に入りの異性を自分のもとに置きたいときの心理と同じであり、自己犠牲を払うことによって、相手を支配しようとしているのです。

 

友達がいない

友達がいなければ相談できる相手もいませんし、男性に依存する確率も高くなるので、当然金づるな女として利用されることも多くなります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP