スポンサードリンク
逆ギレする人

逆ギレの心理~本来の意味や矛盾だらけの本音とは?

逆ギレされたことに対して、理不尽な思いを抱いたり、口論へと発展するなど、逆ギレするような人とまともに立ち合えば、本当に嫌な気分を話し合いでスッキリ解消させることは難しいでしょう。

また最近では逆ギレの意味を、違った意味でとらえている人も多く、逆ギレだと主張され、話にならないような人も増えてきている傾向が見られます。

そんな矛盾だらけの逆ギレの心理とは、一体どこからきているのでしょうか?

スポンサードリンク

逆ギレの本来の意味

逆ギレの本来の意味は、以下のような意味となっています。

明らかに非があって本来怒られる側の人間が、開き直って非がない相手へ怒りをぶつけること

という意味となっており、意味を間違って使っている人の中には、「自分に非があり怒られているのに、その怒りに対して逆ギレだ」と指摘する人がいます。

逆ギレの本来の意味を分かっている人からすれば、そんなの当たり前のことじゃないかと思うかもしれませんが、中には逆ギレの意味を間違えて使っており、自分を守るための言葉として使用している人もいるのです。

 

逆ギレする人の心理って?

逆ギレ 心理

逆ギレをする人の心理には、認知的不協和という心理が関係しており、その意味とは、【人が矛盾する感情を抱えた際に、その時に覚える不快な気持ち】のことを言います。

少し分かりにくいので、以下に例を挙げておきましょう。

母親のお金を盗んでしまった→お金を盗むことは、子供であれば誰でもすることだと認識を変える→俺は悪くないと開き直る

上記のような心理状態を、認知的不協和といいます。

お金を盗んだ側が悪いということは誰にでも分かることでありますが、その罪悪感や怒られる不安感、緊張感を解消するための自己防衛として、認知的不協和という矛盾な思考へと繋がり、そして開き直ったかのように攻撃的になってしまうのです。

故に逆ギレをする人というのは、妙に自分が正しいと思い込んでいたり、自信ありげで主張する人も多くなるわけです。

またこれは日常でよく見られる矛盾現象であり、「ダイエットをしたい→痩せすぎても病気になりやすいし、長生きできない」といった理屈を考える現象も、認知的不協和であるのです。

 

怒る側の4つのパターン

怒られる パターン

素直に認める

こちらは逆ギレしないパターンでありますが、素直に認めることによって、自分の間違った言動を変えようと認める心理パターンであります。

自分の非や自分の悪い部分を認めることができる人というのは、このように柔軟な考えができる人であり、柔軟な考えができる人というのは、たくさんの可能性を考えることできる人でありますから、頑固になりにくい考え方の人であるといえるでしょう。

逆に自分は正しいと決め込んでしまう人は、最も単純で簡単な答えへ結びつける癖がついてしまっていますので、頑固になりやすい考え方となるのです。

 

プラス面を主張する

プラス面を主張すると一言で言っても、おそらくイメージできる人も少ないでしょうから、以下に例を挙げておきましょう。

使ってはいけないお金を使ってしまう→お金を使ってストレス解消しているからこそ、俺は体も健康だし、人生を楽しめているんだ!

自分にとってどんなメリットがあるかを述べ、だから自分は悪くないと主張する逆ギレパターンであり、本来の約束を破ってしまったということよりも、自分にとっては大きなメリットがあったと主張するのが、こちらの心理パターンとなります。

自分にメリットがあるという条件を追加することによって、自分に対する緊張や罪悪感から解放されようとしているのです。

 

元の考えを変えてしまう

こちらも以下に例を挙げていきましょう。

使ってはいけないお金を使ってしまう→男はギャンブル好きが多いって言うし、これは男性本能が関係してるんだから仕方ないだろ!

上記の例のように、元の考えを変えてしまうことによって、自分は悪くないと正当化するパターンのことを言います。

こちらも上記でお伝えした、「プラス面を主張する」と同じくよく使われる逆ギレパターンであり、逆ギレする人の心理というのは、主にこの2つがほとんどであると考えることができます。

おそらくあなたが逆ギレされた時のことを思い出してみても、どちらかに当てはまっているのではないでしょうか。

 

味方を作ってしまう

こちらも以下に例を挙げます。

使ってはいけないお金を使ってしまう→お前の友達の〇〇ちゃんも、男は浪費癖が多いから、女がしっかりと管理しなくちゃって言ってたぞ!

上記のように見方を作ってしまうことによって、自分が悪いことをしたという考えを、少しでも和らげようとしているパターンのことを言います。

例えば、怒る側が信頼しきっている人物の一言を告げることで、「私の考えが少し間違っていたかもしれない…」という感情へと変え、使ってはいけないお金を使う側が悪いという認識を、意図的に変える、または避けようとしているのです。

ここで批判してしまえば、それは友達の〇〇ちゃんをも批判することになるという脅しをかければ、より考えが混乱してしまう可能性も高まります。

 

よく逆ギレする人の特徴

逆ギレ 特徴

嘘つき/見栄っ張り

嘘つきや見栄っ張りほど逆ギレしやすいというのは、なんとなくイメージができている人も多いでしょう。

嘘つきや見栄っ張りほど、自分が嘘をついているという矛盾を守らなければならない為に、逆ギレという対処法で、話題を怒りに変えようとします。

自分がついた嘘や見栄をバレないようにしなければならないという、不安や緊張を解消するためには、逆ギレをしてしまうことが最も楽であり、その場しのぎになると考えてしまう人は、実際に多いです。

いつまでもだらだらと言い訳を続けるよりかは、逆ギレという対処法を選択することによって、話を無茶苦茶にしてやろうという心理が働いています。

 

プライドが高い

プライドが高いことは、嘘つきや見栄っ張りに繋がってくることでありますから、当然特徴に当てはまるといえます。

プライドが高い人の場合、相手が指摘することが正論で正しいことであっても、「そんなこと言われなくても分かっている!」と逆ギレしてしまうケースがよく見られます。

さらに自己評価を揺るがすような人物の前では、自分の自己評価を守るためにも、批判や粗探しをしてしまう傾向が見られるのです。

プライドが邪魔をして自分の非を認めることができなかった…という話を耳にしたことがある人も多いでしょうが、まさにこれに当てはまるといえるでしょう。

 

強いコンプレックスを抱いている

自分に自信を持つことができずに、強いコンプレックスを抱いている人の場合、その部分を指摘されることによって、感情的になってしまうことがあります。

誰だって、自分の弱い部分を見せない、または知られたくない、言われたくないと思うものですし、何より昔は自分の弱い部分を知られる=死に繋がるという時代を生き抜いてきたのですから、自分の弱い部分を責められると攻撃的になってしまうのは、人間の本能でもあるのです。

 

ストレスを溜め込む人

逆ギレの中でも、よく一時的に感情的になってしまう人の場合は、ストレスを溜め込む人である可能性が高いです。

ストレスや心配、劣等感といったものは、心の中に溜め込みすぎるとやがて許容量を越してしまい、爆発してしまうのです。

ですから普段からストレスを溜め込み、定期的に解消しようと心がけていない人の場合、心に溜め込んだものが許容量を超えてしまい、逆ギレという怒りとして面に出てしまうことも考えられます。

これはあなた自身も気をつけるべきであり、ストレス社会の現代をより健康的に生き抜くためには、定期的なストレス解消は欠かせません。

 

育ってきた環境

子供の頃から逆ギレをすることによって許されてきた人にとっては、それが自分を守るための手段として認識したまま、大人へと成長していくのです。

これは社会でもまれていくにつれて、逆ギレをすれば解決するものではないということも徐々に学んでいくでしょうが、周りに注意してくれる人がいないという環境であれば、思考を変えることは難しいかもしれません。

考え方や性格が癖づいてしまっている人にとっては、これから身近に絡んでいく人がどのような性格であるかによって、大きく左右されるとも考えることができます。

 

最も効果的な対処法

逆ギレ 対処

主張することを止める

簡単に言い換えると、自分の主張を止めて攻撃的にならないように、冷静になる時間を作れということです。

お互いに主張を続けていても、いつまでたっても解決策は見えてこないのです。

ここは自分が相手よりも大人になってつもりで、一歩引いてみましょう。

特に自己主張が強い人の場合は、自分の感情を抑えることが難しく、さらに空気を読めないことも多いので、一歩引いた状況を作らなければ、非常にめんどくさい展開へと発展してしまう可能性を上げてしまうだけなのです。

逆ギレされた理不尽な怒りを抑えることは難しいかもしれませんが、一度攻撃的にならないということを、徹底してみてください。

 

時間を置く

時間を置くことによって、逆ギレした相手にも冷静になる時間を与えることに繋がります。

逆ギレされたのであれば、今は話し合いを続けても無駄だということを告げ、その場から立ち去りましょう。

もしも明らかに相手に非があるのに対して、時間をおいてみても相手から行動が見られないのであれば、関係を考え直してみるのもありなのかもしれません。

当然、昔からの大切な友達であり、失いたくない友達なのであれば、自ら再び話し合いの場を設けてみるなり、謝ってみるなどの行動を起こすことも必要となります。

 

その場にあった対処を

いかがだったでしょうか。

逆ギレしてくるような理不尽な人を、本気で相手にしてしまってはいけません。

そうなれば相手の思うつぼでありますし、本当に話し合いを解決させることにも繋がらない為です。

もしも逆ギレされて、モヤモヤが残ったまま一旦話し合いが終わってしまったのであれば、そのストレスを溜めこむのではなく、愚痴として口から吐き出してみるなり、スポーツをして体を動かしてみるなりの行動をとり、ストレスを体の中から吐き出しましょう。

逆ギレしてくるような相手というのは、その場では常識というものが通用しないことが多いので、その場にあった対処をしっかりと取り、これは喧嘩をするための話し合いではないということを、常に頭の片隅に入れておくといいでしょう。

また、「すぐ怒る人の心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

怒りっぽい人や短気な人の、心の弱さという分部がここから見えてきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP