日本人顔の特徴

日本人顔の特徴は?と質問されると、あなたはどのような回答をするのでしょうか。

日本人顔を具体的に説明しろと言われると、どこか難しいものがあります。

今回はそんな日本人顔の特徴に関して、他のアジア圏と比較などもしつつ、分かりやすくご紹介しようと思います。

日本人顔の特徴

日本人顔の特徴を以下に挙げます。

  • 顔が平坦
    日本人の顔は全体的に平らで凹凸が少なく幼く見えます。目・鼻・口などのパーツも小さいため、平安美人に代表されるようにノッペリとした印象を受けます。
  • 目が一重
    これは北東アジア圏の人の特徴でもあります。日本人や韓国人女性は一重瞼がコンプレックスとなっている人も多いですが、東南アジアでは肌の色の白さと並んで人気のポイントだそうです。切れ長の目は欧米人からも人気があります。
  • 鼻が低い
    男性の場合はデメリットですが、女性の場合は「小さい」「可愛い」という評価を受けることも多いようです。
  • 唇が薄い
    唇が薄いというのも日本人顔の特徴です。海外ではふっくらした唇の方が魅力的と考えます。最近では唇にヒアルロン酸を注入する人が増えてきました。

他のアジア圏と日本人顔の特徴の違いとは?

日本人顔の特徴の代表的なものを見てみました。全体的に平面で、鼻もそれほど高くなく、掘りも深くなく、目は大きめ、唇は中程度、頬骨はそれほど出ておらず、いたって「ふつう」の顔だと外国人には思われがちなようです。

しかしそんな日本人の顔は、他のアジア圏の顔とはどう違うのでしょうか。

日本のニュースでもよく取り上げられる国、中国と韓国で比較してみることにしましょう。

 

中国の場合

まずは中国人のケースを見てみましょう。

中国人は男性は角刈りのイメージがあります。

それは正しいようで、中国人には角刈りの男性がたくさんいるようです。

女性は日本人女性をぽっちゃりさせたような感じですが、体系はスリムです。

 

韓国人の場合

アジア人の中で最も目が小さく、顔が平たいのが韓国人の顔の特徴です。

平べったい顔は日本人と共通しているものがあり、実は韓国人と日本人は区別をつけるのが大変難しいと言われています。

韓国人は多く日本に渡来していますが、韓国人が近くに住んでいても殆ど気付かれることはありません。

その会話が聞こえてくる段階で、この人外国人だなと思う程度です。

それほどまでに韓国人は日本人に似ていますし、アイドルも存在するので、日本では韓国人は一般人とほぼ変わらないのです。

豆知識ですが、見分ける方法は表情の細かな部分を見れば、日本人との見分けがつきやすいようです。

詳しくは、「韓国人顔の特徴9つ」を読んでみましょう。

在日韓国人は日本人との顔の区別がつきにくくなっていますが、それでも韓国人顔の特徴というのは存在します。

日本人顔でも個性的な顔の人もいる

日本人顔は一見して特に強調するようなところもなく、平面の顔をしていますが、唇が厚かったり、目が大きかったり、色々な特徴を持っています。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP