スポンサードリンク
自分語り

自分語りの心理的特徴~病気を疑うパターンと性格傾向9選

自分語りが好きな人=自分大好きな人というイメージを持つ人も多いかと思いますが、人間であれば誰にでも自分語りをしてしまうことはあり得ることなのです。

しかしながら、自分のことばかりを話す人となれば、聞いている方も精神的に疲れてきてしまいますし、対応にも苦労することも多くなりますよね。

自分語りの心理を知ったうえで、この1ページでは、病気を疑う場合の見分け方や、上手に付き合っていく方法なども、まとめてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

自分語りをする心理

自分語り 心理

自分語りの心理的特徴

承認欲求によるもの

承認欲求とは、「誰かから認められたい」欲求のことを言い、これは人間であれば誰しもが持っている欲求であります。

この承認欲求が強い人は、名誉欲などにもこだわる傾向が見られ、一番に並んだことや、一番に乗車したという名誉を自慢することによって、優越感を得ようとする心理がよく見られます。

自分語りをされることによって、自慢話を聞かされることが嫌だと思っている本人であっても、同じような行動をとってしまうことは必ずあるのです。

この承認欲求が強すぎると、自分語りばかりをしてしまう傾向が強くなり、承認欲求を満たすことができないがゆえの苦しみを味わうこととなるわけですが、もしもあなたの周りに自分語りが好きな人がいる場合は、この承認欲求が強いという特徴が見られるかもしれません。

誰にでもアピールしなければ気が済まない人がいますが、まさにこれこそ、承認欲求が強いといえるでしょう。

 

自己開示の差

自己開示とは、自分の情報を意図もなく相手に伝えてしまうことを言い、この自己開示に差があるという可能性も考えられるのです。

この自己開示が苦手な人というのは、「他人に対して警戒心が強い人」であり、自己開示が得意な人というのは、「比較的警戒心が弱い」という見方もできます。

自分語りを聞かされる側が、なぜ不満に思うのかという原因がここには隠れており、話を聞く側というのは自己開示の量が自然と少なくなってしまうわけですから、どうしても自己開示をしたいという欲求が満たされないので、最終的にはうざいや面倒だという感情に結びつきやすいのです。

さらにこの自己開示は、人間関係を構築する上で非常に大事な心理となり、おそらくあなたも好意的な人に対しては、同じような心理テクニックを無意識のうちに使ってしまっているはずです。

その心理テクニックとは、自己開示の返報性と言い、自分の情報を相手に与えることで、相手にも同じく情報を求めることによって、より親密な人間関係を築きやすいというものです。

興味がある相手に自分の情報をアピールして、相手の情報を無意識に聞き出そうとしているのも、この自己開示の返報性と言えます。

 

性格傾向を知ろう

自分語り 性格

自己愛が強い

自己愛が強い人というのは、簡単に言い換えるとナルシスト気質な人であり、自分語りが大好きな人であります。

そんな自己愛が強い人というのは、自分語りの中でもある一定の特徴が見られ、以下のような自分語りが多く見られます。

  • 根拠のない自信を自慢する
  • うぬぼれである
  • 相手に感謝することが少ない
  • 自分が一番だと思い込んでいる
  • 悲劇のヒロインを演じる
  • 軽視することが多い

上記のような会話中の特徴が見られ、とにかく話を聞いている側を不愉快な気持ちにさせたり、または悲劇のヒロインを演じることによって、相手を欺くことが上手であったりもします。

さらに自己愛が強い人は、他人を見下すことで自尊心を保とうとしますので、常に自分が正しいかのような発言も多く見られ、このように人を見下すようなタイプは、人に嫌われやすい性格であることに間違いありません。

自分は他人よりも優れているという考えを強く抱いているので、他人を見下すことによって、自分の地位を守ったり、優越感に浸ろうとする心理がここには隠れています。

 

悩み事や心配事が多い

悩み事や心配事が多い人ほど、自分語りが多くなるという事実に、少し疑問を抱く人もいるかもしれません。

なぜこのような性格の人ほど、自分語りが多くなるのかと言えば、「悩みや心配事が多い人というのは、自分自身に注意がいき過ぎていて、自分の悪い部分ばかりが見えてしまっている」可能性が考えられるのです。

このように自分に注意を向けることを、自己注目と言いますが、人というのはどうしても欠けている部分に目がいってしまう習性がありますので、自分に注目する意識が強くなればなるほど、悪い部分ばかりが見えてしまうようになってしまうのです。

そしてその不安や恐怖心を取り除くためにも、自分語りをして周りの反応を確認し、自分が嫌われていないのかどうかを確認することによって、安心感を得ようとしている心理が考えられます。

さらにネガティブ思考な人ほど、リスクを恐れる傾向があるので、他人に自分という人間を語り、いかに弱い人間であるかということを理解してもらうことで、リスクを避けようとする心理傾向もみられます。

これを簡単に言い換えると、自分自身に注目が向きすぎているので、自分語りができるという結論に至ります。

 

共感性が低い

共感性が低い人というのは、他人の気持ちが理解できない人、失言が多い人などの無神経であると言われる人に多く、相手の立場に立って気持ちを考えることができない人のことを言います。

少し昔に流行った言葉で言い換えると、KY(空気が読めない)な人であるのです。

このように、他人の立場に立って気持ちを考えることができない人は、対人感受性が低い人であり、他にも低い人の特徴を以下に挙げておきましょう。

  • 相手への気遣いが難しい
  • 感情の変化に気づけない
  • 苦笑いが分からない
  • 心理の裏側を読み取れない
  • 良好な会話が難しい
  • 相手に関心をもてない
  • 相手に合わせた会話が難しい

上記のような特徴が見られ、とにかく良好なコミュニケーションが取れないという分部が、最も分かりやすい見分け方であると思います。

このような、対人感受性が低い自分語りをする人というのは、まだ心が幼いままであると言い換えることができるでしょう。

子供が自分の好きなことや夢を夢中に語るのと同じ心理であるのです。

対人感受性を高めることは徐々に高めることが基本となりますので、自分に当てはまっていると思った場合は、焦らずにじっくりと高めていくことを心がけていきましょう。

 

病気を疑うパターン

自分語り 病気

自己愛性人格障害

自己愛性人格障害とは、自己愛性パーソナリティ障害とも言い、「自分が周りから賞賛されたいという欲求が異常に強いのに対し、他人への共感性が欠けている障害」のことを言います。

ありのままの自分を愛せず、劣等感を抱いているという特徴が見られ、自分に対して過剰な特別扱いや賞賛を求めるのも、この障害の特徴です。

自分の存在を特別な存在だと思っていたり、賞賛を求めているからこそ、自分語りが多くなってしまうわけですが、うつ病や人間関係の不和に隠れている場合もあるので、社会的に成功している人であっても、この障害だと診断されてしまう人もいます。

以下に性質的な特徴をまとめておきましょう。

  • 自分が一番以外は気が済まない
  • 自慢話がとにかく多い
  • 見栄っ張りで着飾る
  • 根拠のない自信がある
  • 見下されることは耐えられない
  • 自分の思い通りにしたい気持ちが強い

上記のような特徴が見られ、自分が一番でありたいという気持ちが強いので、とにかく自己中心的で、自分の期待外れなことに対しては怒りを表すことも珍しいことではありません。

見栄っ張りで着飾ることも多いので、一見外見上は魅力的であると思われがちですが、会話を進めていくにつれて、評価が落ちてしまうタイプであるといえるでしょう。

 

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群と自己愛性人格障害は共通点もあり、併発することもあり得ることです。

アスペルガー症候群も同じく、相手の気持ちが分からないという特徴があるがゆえに、自分語りをするだけしてしまい、相手の話を聞かずに話を打ち切ってしまうこともあります。

この2つの違いに関しては、アスペルガー症候群の場合は、「内から見る自分への興味」で自分語りすることに対して、自己愛性人格障害の場合は、「外から見る自分への興味」で語るといった特徴が見られます。

つまりアスペルガー症候群は、「内向き」であり、自己愛性人格障害は、「外向き」であるといえるでしょう。

どちらも共感性に欠け、人間関係を構築することが難しく、会話を続けることが苦手であると言われています。

またアスペルガー症候群の場合は、不注意やこだわりによる職場でのミス、部屋の片づけや時間管理ができないなどの症状も見られますので、他の症状と比較してみることによって、見分けることはかなり簡単になるといえるでしょう。

 

付き合い方や撃退方法

自分語り 付き合い方

共感/賞賛をしよう

付き合うのが面倒だと感じないときは、とにかく共感や賞賛の意思を示しましょう。

何も考えずに、「凄いですね~」「さすがです!」「え~知らなかったです」「そうなんですか!」などの言葉を使っておけば、相手を嫌な気持ちにさせたり、怒らせるようなことはありません。

もちろんこれは、面倒でない場合でありますので、少し自分語りを聞いてあげようと思う時や、以前に自分語りを聞いてもらった恩がある場合などは、とにかく相手を気持ちよくさせる言葉を使うことを心がけましょう。

注意点とすれば、自分語りや自慢話に張り合わないということであり、張り合ってしまえばお互いに欲求が解消されないまま、関係がギクシャクする確率を高めてしまうだけなので、プライドが高いあなたであっても、張り合わずに適当に流すという対処法を身に付けてましょう。

また、あまりにも一定で適当な返事ばかりが返ってくれば、相手だって気づいてしまうことがあるので、メリハリをつけて、少し頑張る部分では違う表現や質問をしてみるなどの工夫ができれば、よりいい対処となります。

もしも自分語りの聞き役に疲れを感じてきたのであれば、以下の対処法を実行しましょう。

 

面倒な場合の撃退方法

こちらは自分語りを聞きたくない、または聞くのに疲れてきた人が使うべき対処法となります。

方法はとてもシンプルであり、自分語りを違う人に聞いてもらうという方向へ持っていくだけです。

用事を理由にその場を去ったり、ちょっと体が疲れているから帰るねと理由を付けたり、急いでいるふりをするなど、とにかく自分が聞き役になることを避けましょう。

ポイントとしては、とにかくバレない嘘をつくことであり、この理由であれば相手も仕方がないと思えるような理由を言うことです。

相手としてはあなたに聞いてもらいたいのかもしれませんが、誰にでも自分語りをするような人の場合は、あなたがその聞き役でなければならない理由は、どこにもないのです。

 

あなた自身も気をつけよう

いかがだったでしょうか。

何度も言いますが、これは誰にでも起こりうることでありますから、あなた自身も自分語りをしてしまうことは必ずあるはずです。

これが仲の良い友達であれば、あなたのことをよく知っているので、たまには自分語りをすることもあるだろうと思われることも多いでしょうが、初対面の人に自分語りをしてしまえば、ナルシストや面倒な人間だといったイメージを持たれてしまうかもしれません。

しっかりと相手の仕草を確認して、相手が疲れているような仕草が確認できたときには、気遣いをするということを徹底することができれば、より人間関係の構築を円満にすることができるでしょう。

他人ばかりでなく、自分はどうなのかということを確認してみることによって、案外自分も多くを語っていたという事実が発覚することも、珍しいことではないのです。

また、「ミステリアスな人の特徴や魅力10選」もセットで読んでみましょう。

自分語りをすることが少ないと言われるミステリアスな人ですが、そんな特徴を知ってみませんか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP