ドMな人の特徴と見分け方

よく人のタイプをSとかMとか、N(ノーマル)と言い張る人もいます。

しかし、私たち人間は本当にSな人とMな人の特徴を分かっている人は少なく、なんとなくで自分を含め人を評価しがちです。

今回はそんな中でもドMな人に関して、特徴と見分け方を詳しくご説明したいと思います。

 

ドMな人の見分け方

ドMな人の見分け方というものがあります。

男性としてはMな彼女の場合、守ってあげたいという気持ちが芽生えますし、なんとなく自分が主導権を握っているようで女性をコントロールしているようで気持ちいいものです。

それをMの彼女は求めているので相性が良いですね。

 

見分け方はどうなる?

誰かに引っ張っていってもらいたい、叱られてすぐ謝る、恋人をサポートしたい、本能として尽くしたい願望を持っている、いい人より強い人に興味がある、というのがMな人の一般的な特徴としてあります。

もし自分の恋人がこの項目にいくつか当てはまっていれば、それはMの素質を秘めていますから、是非Mな人として扱ってあげると良いでしょう。

 

ドMは変態

とにかく自分より相手に喜んでもらえればそれで幸せであり、自分は多少つらい思いをしてもめげないのが特徴的です。

ドMな人は夜の営みの際、相手の欲求に全て答えようと全力を出すので、結果的に相手には変態と思われがちです。

また、自分でも変態と認めている人も多く、夜のテクニックが上手なのはドMな人の方が多いのではないでしょうか。

基本的に相手に喜ばれればそれでよしのドMですから、自然とテクニックも上手になっていくというわけです。

 

ドMな人は打たれ上手

ドMな人は打たれ上手だと言います。

多少酷いことを言われても、泣き出すかもしれませんが、その後の立ち直りは普段の人より早いと思われます。

それは日頃から酷い言葉を言われていたり、ぞんざいに扱われているとそのような言葉には慣れているからで、打たれ強さもそこからきているようです。

多少のことでは動揺しないため、ドSとはドMが恋人になると相性は間違いなくいいでしょう。

そうでない場合はドMな人は物足りないと感じてしまうかもしれません。

一度恋人に聞いてみると良いですね。

自分はSなのか、Mなのか、それともどちらでもないのか、ヒアリングすることで恋人の扱い方も変わってきますよ。

 

ドMな人は尽くし上手

またドMな人は尽くし上手です。

相手のためを思っていつでもなんでも率先してやってのけてしまいます。

つまり掃除だって隅から隅まで恋人の部屋をしっかり片付けてくれますし、まるで両親のようにご飯を作ったりと、尽くし上手だと言えます。

さらに遠距離で恋愛している場合、ドMな恋人の場合はわざわざ新幹線で土日相手のところに通ったりします。

それを毎週続けるのですから、よっぽど尽くすことが好きなのです。

それを当然のように受けて入れている人もSの資質がありますね。

いずれにしてもMとSのバランスが保たれているうちはうまくいくでしょう。

 

恋人ではよくても結婚となると…

しかし結婚するにあたってSとMであることが邪魔になることもあります。

DVに走る可能性のあるSの彼氏と結婚なんてできるのかという話です。

しかしMな彼女は彼氏を心から信じきっていますから、結婚の話になっても動揺しません。

ただ、結婚後は個人の自由になりますから、SとMのバランスを均等に保てるように、子育ての場合も均等に行えるように気をつけましょう。

 

ではこれに当てはまっていない人はドSということ?

これまでご紹介してきた内容に当てはまっていない人というのは、ドSな人の可能性があります。

自分はドMと思っていても、他人からすると真逆の評価だったということはよくあることです。

そんなドSな人の特徴については、次のページで詳しくご紹介することにしましょう。

→ドSな人の特徴と見分け方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP