ドMな人の特徴と見分け方

よく人のタイプをSとかMとか、N(ノーマル)と言い張る人もいます。

しかし、私たち人間は本当にSな人とMな人の特徴を分かっている人は少なく、なんとなくで自分を含め人を評価しがちです。

今回はそんな中でもドMな人に関して、特徴と見分け方を詳しくご説明したいと思います。

 

ドMな人の見分け方

ドMな人の見分け方というものがあります。

男性としてはMな彼女の場合、守ってあげたいという気持ちが芽生えますし、なんとなく自分が主導権を握っているように感じ、さらに女性をコントロールしているようで気持ちいいものです。

それをMの彼女は求めているので相性が良いですね。

また最も簡単な見分け方としては、フェティシズムが大きく関係しており、匂いフェチであるとか脚フェチなど、人には様々なフェティシズムが見られるのです。

そんな中でも、顔を踏まれないと最上級に興奮することができないとか、ムチで叩かれるとより興奮することができるなどの、基本的に受け身となってダメージを受けることで興奮するという人は、ドMである確率がグッと上がります。

痛いと悲鳴をあげる直前までいじめてくれなければ、欲求を満たすことができないとか、欲求に歯止めがかからなくなる人は、究極のドMであると言えるでしょう。

 

他の見分け方はどうなる?

誰かに引っ張っていってもらいたい、叱られてすぐ謝る、恋人をサポートしたい、本能として尽くしたい願望を持っている、いい人より強い人に興味がある、というのがMな人の一般的な特徴としてあります。

もし自分の恋人がこの項目にいくつか当てはまっていれば、それはMの素質を秘めていますから、是非Mな人として扱ってあげると良いでしょう。

また、上記でもお伝えしたように「何フェチであるのか?」についての答えを見つけることができれば、ドM体質であるかどうかの見極めが簡単になります。

例えば、足の匂いを嗅ぐだけではなく、そこから息ができないほどに苦しい思いをしたいとか、お店でそうしたサービスを受けなければ欲求が満たされないのであれば、それはもうただのMではなく、ドMであると周りから認められる本物となることでしょう。

 

ドMは変態

ドMな人は夜の営みの際、興奮することをされる側であるために、いじめられて苦しいことに喜ぶ姿がド変態であるとの評価に繋がります。

また、自分でも変態と認めている人も多く、恥ずかしい姿を見られることが興奮するなど、とても世間には言えないような本音を隠していることが普通です。

基本的に相手に喜ばれればそれで良しのドMですが、夜の営みともなれば立場は逆転し、受け身になることは恥ずかしい思いをする立場となるはずです。

あなたの過去の経験からも、普段はドSに見えて実はドMであった…という人がいたのではないでしょうか。

言葉は汚くなりますが、男性に首を絞められたり、女性にお尻を叩かれて喜ぶ男性が良い例となり、基本的にMな人は要求に対して受け身であるということが重要なポイントです。

ですからもしも、「受け身になる方が興奮することが多い」とか、「周りが引くような行為を受けたい」というのであれば、あなたはドMであると言えます。

 

ドMは要求する側

実はドMな人は自分に素直であるという一面も見られ、「ここを◯◯してほしい」と要求するのはSな人ではなく、Mな人であるはずです。

この考えからいくと、ドMほど実は要求が強く、わがままであるという考えもできます。

例えば、首を絞められないと興奮できない人は、首を絞めてほしいことを伝えなければ、なかなかそうした行為に及ぶこともありません。

つまり、相手がドSではなく同じく受け身なタイプであった場合、自分ではっきりと◯◯してほしいということを伝えなければ、その要求が伝わることもないのです。

故にドMな人は、相性が悪い人にはわがままになる必要があるという一面が隠れているのです。

 

ドMな人は打たれ上手

ドMな人は打たれ上手だと言います。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP