ため口の心理~後輩が先輩に使う場合はガツンと注意が必要!

敬語が使えない若者が増えてきている!なんて番組を目にすることも多々ありますが、実際に敬語が使えない人というのは、年齢問わずにどの世代にも存在します。

敬語を使われなかった側からすれば、もやもやした気持ちが残り、後輩との関係がギクシャクしてしまうこともあり得るかもしれません。

ため口で語られた人にとっては、この1ページを読むにおいて、心の準備が必要となるかもしれませんので、しっかりと相手の心理を知り、注意が必要な場合は注意することを心がけましょう。

ため口の心理

ため口 心理

仲良くなりたい

初対面であっても、年齢が近いと感じたのであれば、年齢を確認せずにため口を使ってしまう人がいますが、これは仲良くなりたいという心理の表れかもしれません。

敬語は距離を感じるので、ため口を使うという人は実際に存在し、これは男女関係においては、よく見られる心理の1つです。

特に女性が年上の場合は、敬語を使うことで年齢を感じさせないという効果もあるので、それを踏まえて、男性があえてため口で年上女性に語り掛けている可能性も考えられます。(当然、プライベートな関係の場合)

実際にため口で話せる関係である方が、お互いに距離感が縮まったように錯覚しますし、何よりため口=今後仲良くしていきたいサインであるということも考えられるのです。

もしも学校の先輩後輩関係であったにも関わらず、最近ため口を言うようになったという現状が見られたのであれば、もしかすれば、先輩後輩の壁を乗り越えて、仲良くなりたいという意思がそこには隠れているかもしれないのです。

先輩後輩の壁を飛び越えて、友達だとお互いに認識し合った人々というのは、実際にため口で話せる関係であるという人も、珍しくはないですよね。

 

共感性の欠如

一方で、初対面で年齢が近いと感じた為に、相手がどのような人間であるかを考えずに、なんとなくため口を使ってしまう人もいます。

まさに無神経な人であり、他人の気持ちを共感する能力に乏しい人であると言うことができます。

無神経な人ほど、自分が逆の立場であっても嫌な気はしないといった理由で、行動に出てしまうことも多くなるので、無神経な一面がよく見られる人である場合は、こちらの可能性を疑ってみるといいでしょう。

これはほとんどの場合、初対面であるケースに限定されますが、無神経な人は初対面からズバズバと、他人を詮索してしまう傾向が見られるのです。

 

見下している

先輩であるということが分かっていて、尚且つそれほど仲良しな関係でもないにも関わらず、後輩がため口をきいてきた場合は、高確率で見下されていると考えていいでしょう。

人は見下すことで優越感を得て、自分が優位な位置に立ったかのように感じるものですが、先輩よりも自分の方が優れているので、敬語を使う必要はないと判断されているということです。

このように見下されている場合は、しっかりと注意をしなければ、今後の関係に支障をもたらす可能性も考えられ、心の中で小ばかにされたまま、関係が成り立っていくので、もしも今の現状が嫌で変えたいと思うのであれば、ガツンと注意する必要があります。

また見下している側は、完全にあなたが怒っても怖くないという思い込みをしている可能性が高いので、普段見せないようなトーンや表情で注意することによって、見下される原因を無くすことができるかもしれませんが、仕事ができない等の理由で見下されている場合は、そちらの原因を改善しなければ、やはりいつまでたっても見下される存在として、ため口を使われてしまうことが多くなるでしょう。

このような先輩を見下す人というのは、ある一定の特徴が見られますが、そちらについては後々性格面での特徴でお伝えしていくことにしましょう。

 

嫌いである/喧嘩腰

嫌いである相手に対して、喧嘩を吹っ掛けるのであれば、先輩であろうがため口を使うことは当たり前のことなのです。

喧嘩腰になればため口で相手を威嚇することになりますし、ため口=嫌いのサインであるとも受け取ることができるのです。

仲良くなりたいと嫌いの見分け方は比較的簡単であり、普段のあなたに対する言動を思い返してみれば、すぐに見分けはつくでしょう。

例えば、嫌いである相手にジュースを奢ったりはしないでしょうし、きちんとして挨拶もしないでしょうし、近寄ることすら少ないでしょう。

そういったあなたに対する普段の言動を思い出してみることで、どちらであるかの見分けは簡単につくのです。

 

ため口をよく使う人の特徴

ため口 特徴

自尊感情が低い

自尊感情とは、「自分を価値のある存在である」と思う感情のことを指し、自尊感情が低いとはつまり、自分を価値のない存在であると思い込んでいる人のことであります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP