スポンサードリンク
にわかファン

にわかファンの意味って?心理や特徴を知り、にわかを理解しよう!

にわかファンという言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージを抱くでしょうか。

にわかファンと言われた人にとっては、傷ついたり、仲間外れにされた気持ちになったりするかもしれませんが、にわかファンであると決めつける人の心理には、ある面白い心理が深く関係ているのです。

そんなにわかファンの心理や、にわかファンになりやすい人の特徴を見ていきましょう。

スポンサードリンク

にわかファンの意味とは?

にわかファン 意味

にわかファンの意味とは、【普段は応援しないチームをいきなり応援したり、話題に乗っかるかのように、その時期だけ応援する】ような人のことを指します。

簡単に言えば、【急にファンになり、一時的なファンで終わってしまう】ような人のことを、にわかファンと言います。

また、にわかファン=こいつは大した知識のない、一時的なファンだと思われることも多いため、差別用語的な意味として使われることも多いです。

そんなにわかファンのイメージを、より明確にするためにも、以下に心理や特徴を挙げていきましょう。

 

にわかファンの心理って?

にわかファン 心理

内集団・外集団

内集団・外集団とは、アメリカの社会学者W・G・サムナーが用いた言葉であり、意味を以下に挙げておきましょう。

  • 内集団の意味【自分が所属している集団】
  • 外集団の意味【それ以外の集団】

という意味であり、にわかファンにはこの、内集団・外集団の心理が大きく影響していると考えられているのです。

例えば、オリンピックを例に挙げると非常に分かりやすいです。

日本人という集団に所属している=日本人を応援する

日本以外の集団に所属している=自分の国籍を応援する

これが、内集団・外集団の心理であり、にわかファンが大量発生するとも言われる原因でもあるのです。

また、日本人選手が誤審を受けた場合は、テレビなどのメディアを通してその話題を持ち上げますが、日本人選手が得する判断が下された場合には、ラッキーと思うような、ひいきしてしまう心理を、内集団バイアスと言います。

この内集団バイアスも、にわかファンに大きく繋がる部分があるので、以下に詳しく説明していきましょう。

 

内集団バイアスって?

こちらも実は、内集団バイアスと外集団バイアスとの二種類があるのですが、こちらも以下に例を挙げていきましょう。

内集団バイアスの場合、「日本人選手が活躍すれば、応援している自分の評価も上がると思い、ひいき目に見てしまう」

これが、にわかファンをさらに増やしてしまう心理的原因であると考えられ、よく見られる心理としては、「日本人選手が金メダルをとった=自分たちの誇りのように思い、自分の自己評価が高まったように感じる」といった心理現象を、あなた自身も感じたことがあるのではないでしょうか。

そして最終的に、「普段から応援していないが故にルールをあまりしない=周りの意見に便乗して、批判をしたり、喜んだりしてしまう」ようなことに繋がり、コアなファンに嫌われたり、批判される対象となってしまうわけです。

例えば、普段からサッカーを本気で応援している人達からすれば、Wカップで日本が勝つと渋谷で若者を中心に暴れる人が多く見られましたが、マナーを守ってサッカーを応援してきている人からすれば、同じようなファンであると見られることに苛立ち、結果的ににわかファンが嫌いということにも繋がってきてしまう、という流れが分かりやすいでしょうか。

確かにこの心理現象は、痛いほど分かるという人も多いでしょうし、実際に私自身も同じような感情を抱いてしまっていることも多いです。

 

多数派同調バイアス

内集団バイアスと似たような言葉でありますが、意味は少し違い、【とりあえず大勢の人に合わせようとする】心理のことを言います。

メディアに踊らされ、批判してしまうような人や、ミーハーと呼ばれる人や、にわかファンにもこの心理は当てはまります。

例えば、サッカーブームがくればサッカーを応援し、ラグビーブームがくればラグビーを応援する、ような人はにわかファンの定義でありますが、この多数派同調バイアスを利用して、ビジネスで大きな利益を生むことさえも、できるのです。

一方で、多数派同調バイアスは危険な一面も見られ、大きな地震が来た際には周りが逃げていなければ、自分も逃げないという選択肢をとってしまうので、結果的に逃げ遅れてしまうというわけです。

こちらは特に、震災などの際に覚えておくと便利な心理学でありますので、命にかかわるようなときには、自分自身の判断も非常に重要になってくるということを覚えておきましょう。

 

にわかファンの特徴

にわかファン 特徴

リア充アピールをする人

リア充アピールをする人の特徴には、承認欲求が強いといった心理的特徴が見られ、SNSにて自分の存在をアピールすることによって、この承認欲求を満たしているわけです。

そんなリア充アピールをする人にとって、SNSは楽しみの一環であり、ファッションの一つのような感覚でしている人もいますので、そういった人々にとっては、流行り物を追いかけることは、自分の価値を高めることにも繋がるのです。

そうして周りに後れをとっていないことを証明することによって、自分の存在価値を高めることに繋がり、リア充アピールすることにも繋がるので、にわかファンになりやすい人の特徴であるといえるでしょう。

 

流されやすい人

次から次へと流行を追ったり、メディアなどに流されやすい人は、にわかファンの典型的特徴ですよね。

こういった流されやすい人の特徴には、「自分に自信がない」「こだわりや個性がない」「自分の意見を言えない」といった特徴が見られ、流行りにどうしても敏感になってしまう分部が見られます。

故に流されやすい人は、それほど熱狂的なファンになる前に飽きてしまいますので、1人でイベントや競技を見に行く人が少ないと予測できます。

流されることは悪いことではありませんが、常に流されている人というのは、他人依存し過ぎている部分も多々見られますので、他人依存をし過ぎれば、結果的に自立できない自分となり、一人暮らしや仕事が続かないといった症状が見られますので、他人依存のし過ぎには注意が必要です。

 

顔が好き

そのスポーツ自体に興味はそれほどなく、スポーツ選手の顔が好きだという人の場合は、やはりにわかファンであると認定されてしまっても、仕方がない部分があります。

また、好きな俳優がメイン司会者を務めていることが理由で、少し知識を身に付けたことを、周りに自慢してしまうような可能性も十分に考えられますので、そういった人の多くも、コアなファンからすれば、にわかファンであると認定され、優越感を得ることが多くなると考えられます。

特に女性は、強い遺伝子を求めるといった母性本能がありますので、力強い体のスポーツマンを一目見て、本能的に援助してしまう気持ちが働いてしまうことが多いです。

ある特定の選手のみを追いかけする人の場合は、こういった少し違った心理や本能が関係している場合があります。

 

女性の方がなりやすい?

当然男性であっても、にわかファンである人はたくさんいるわけですが、比較的女性の方がにわかファンになりやすいのかもしれません。

その理由の1つに、集団同一視という心理が関係しており、これは【〇〇チームのファンのマナがー素晴らしいと褒められると、その集団に愛情を持ちやすくなる】という心理のことを指し、中には依存感情を持つ人も珍しくありません。

特に女性の場合、男性よりも協調性を大事にする傾向が強く、さらには親和欲求が強い傾向が見られますので、一つのことに集団でのめり込むことが好きである体質であるのです。

故に、男性よりも女性の方が、にわかファンになりやすいということが言えるのかもしれません。

 

バカにする人の心理も知ろう!

にわかファン 決めつける

優越感を得たい

先ほども少し説明しましたが、コアなファンとにわかファンを分けたがる心理的理由の1つに、優越感を得るために、わざわざファンを二つの分類に分けたがるということが考えられます。

優越感を得ることによって、自分がいかに優れているかという証明にもなり、自分はにわかファンではないんだという証明にもなりますので、多くの人が、コアなファンとにわかファンを分けたがる心理に繋がるわけです。

優越感に浸ることは、人間であれば誰でも求める欲求でありますので、こういった部分で自分の存在価値を高めることができれば、多くのメリットも当然考えられます。

一方で、優越感に浸ることが多くなれば、人を見下してしまうことも必然的に多くなってきますので、定期的に自分を客観的に見てみる必要があるといえるでしょう。

 

根拠のない自信がある

例えば、「自分は初期から応援しているコアなファンだから凄い人なんだ」とか、「自分は応援して一年以上経過したから、もうにわかなんて言わせない!」といった、根拠のない自信から、にわかファンを馬鹿にしてしまう人も中にはいます。

確かに初期から応援している人には、他人には分からないプライドや誇りがあるかもしれませんが、だからといって自分が凄い人間であるわけではないのです。

根拠のない自信を持っているとよく言われる人は、自信家であり、自己愛が強いといった特徴も見られますので、あまりにも自己愛が強い人が周りにいた場合は、自己愛性人格障害を疑う必要があるでしょう。

 

人生楽しめばそれでよし!

いかがだったでしょうか。

コアなファンであれ、にわかファンであれ、とにかくそれによって自分の人生が豊かになったり、楽しくなるのであれば、それは大いに賛成です。

にわかファンと言われるかもしれない…という恐怖心を抱いて、楽しむきっかけを失うよりも、その場を楽しむことで、その瞬間を楽しめるのであれば、そちらを選択する価値は十分にあると私は思います。

人生は楽しんだもの勝ちでありますから、他人に迷惑をかけない程度に、今の流行を全力で追って楽しむという生き方は、ある意味賢い生き方なのかもしれません。

つまり、他人の楽しみにケチをつけるよりも、自分がどうすれば楽しい人生を歩めるのかということを考える方が、自分にとってメリットが多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP