物知りになるには?方法と知識自慢がダメな理由8選を伝授!

物知りになることによって、モテたり注目を浴びる存在になることができると思う人もいますが、本当の物知りになるためには、やはりコツを知る必要があり、浅い知識では相手にばれてしまうのも時間の問題です。

知識を深めるための方法や、物知りアピールがダメな理由などを、主に心理的理由から導き出し、以下にあなたに伝授することにしましょう。

これは嫌われずに物知りとして認めてもらえる方法でもありますので、モテたいと思う人にも、ぜひ使ってほしい方法であります。

物知りになる方法7選

物知り

本を読もう

物知りになるための最も簡単な方法の1つが、この本を読むということであり、私自身も本を読むことによって、かなりの知識が頭に叩き込まれました。

しかしながら、読書というのは習慣化するまでが難しく、そもそも本を読むのが苦手だという人も当然いるはずです。

そんな人の場合は、自分がどんなことが好きなのかを思い出してみて、そのジャンルに沿った本を選んでみましょう。

例えば、私の場合は心理学と歴史が好きなのですが、心理学は読書、歴史はドラマやアニメを中心として知識を得ています。

本は一度ではすぐ忘れてしまいますので、1年間読み続けるなどの目標を立てることによって、より物知りな道へと近づけますし、ドラマやアニメなどから学ぶ場合は、ネットで真実をググることによって、きちんとした知識を頭に叩き込むことができます。

アニメなら読めるというのであれば、私のように歴史に興味がある方は、同じ方法で周りと差をつけるといいでしょう。

 

好奇心をかき立てる

好奇心をかき立てることによって、様々なことへの興味がわき、それを経験することによって知識を得ることがあります。

例えば、世界を旅行することによって得る知識というのは、誰しもが手に入れることができる知識ではありません。

このように、物知りになるためには自分の体で覚えるという方法も存在し、好奇心をかき立てるには、以下の方法がおすすめです。

その方法とは、「興味があることに積極的にチャレンジしてみる」だけであります。

興味があることにチャレンジしてみることによって、新たな刺激がもたらされ、快感や幸福感を生み出すわけですが、さらにこの快感や幸福感を生み出すドーパミン分泌を促すのが好奇心であるのです。

そしてこのサイクルを繰り返すことによって、結果的に好奇心をかき立てるということにもなりますので、一度興味があることにチャレンジしてみると、体で覚えることができ、より物知りへと近づくことができますし、モチベーションの維持にも繋がるので、長く続けることもできるというわけです。

一方で注意点としては、ドーパミンは分泌が多すぎると、飽き性になってしまい、全てが中途半端で終わってしまうかもしれませんので、このバランスが大事となります。

 

付き合いを変える

群れることが好きな人ほど、付き合いを変えることなく、一定の人と付き合うことが多くなる傾向が見られますが、付き合いを変えてみることも、あなたに様々な刺激をもたらします。

例えば、違う分野の人との交流をどんどんと広めていくことによって、今までは学ぶきっかけすらなかった知識を知ることができるかもしれませんし、会社経営者の方であれば、向上心が強いので、様々な知識もありますし経験もあるので、学べることも多くなる可能性も高くなるのです。

もしも友達付き合いを怠っているのであれば、自分の知識を高めるためだと思い込み、付き合いを活発に行っていくようにしてみましょう。

自分を変えたいのであれば、行動を変えることが重要でありますし、年齢問わずに、信頼できそうならとにかく会ってみることも大事なことであります。

また、「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」という言葉は、松井秀喜元選手の座右の銘でもありますが、まずは物知りになりたいという心を入れ替えることによって、行動が自然と変わってくる可能性も高くなるでしょう。

 

恋愛してみる

物知りになってモテたいと思うのであれば、とにかく異性との交流を怠らずに、仲良くなるために行動に出ましょう。

恋愛というのは経験が大事であり、事前に本を読んで準備をしていたからといって、その通りに進むことはまず考えずらいですし、何よりパニックとなり忘れてしまうことも多いです。

異性と交流を深めていくことによって、どのようなことをすれば異性は喜ぶのか?どのような褒め方をすれば、気を良くしてもらえるのか?といった部分を徐々に体で覚え、これは知識として財産となります。

物知りになるためには、このように異性との交流を深めたり、恋愛してみることも重要であり、失恋した時の感情を体で覚えて自分なりの対処法を導き出すのも、知識の1つであるのです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP