スポンサードリンク
人の幸せを喜ぶ

人の幸せを願う人と喜べない人の心理的違い6選

世の中には人の幸せを願う人もいれば、人の幸せを素直に喜べない人もいるわけですが、あなたはどちらの経験が多いと感じるでしょうか。

人の幸せを喜べないことは当然のことであり、「人の幸せを願う人なんて、いい人ぶりたいだけだ!」と思う人もいるかもしれませんが、おそらくそんなあなたも、この1ページを読み進めていくうちに、そういえば自分も人の幸せを願ったことがあったな…と思うことができるでしょう。

そんな心理的違いを、分かりやすく専門用語も含めてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

幸せを願う人の心理

応援する人

好意の返報性

好意の返報性とは、「他人から何かしてもらった時に、自分も返さなければいけない」と思う心理状態のことを指します。

例えば、以前に自分が幸せになるために自己犠牲をしてでも、応援してもらったという借りがあった場合、これは好意の返報性の原則が働き、相手の幸せを全力で応援し、喜ぼうという気持ちになるわけです。

全力で応援してくれる両親や兄弟などが、逆に相手側が幸せになると心の底から喜ぶことができるのも、こういった原則が関係している部分もあります。

また、「自分が好意を示すことで、相手も好意を抱きやすくなる」というのも好意の返報性でありますから、好意を抱いている相手に対して、幸せを願うことは、自分に好意を抱かせるための心理テクニックでもあるのです。

人生経験が豊富な人の場合、好意の返報性を経験から理解している人もいるでしょうから、自分の幸せを願ってくれる相手がいるのであれば、それは好意的であるサインである可能性も考えられるのです。

情けは人の為にならずという言葉がありますが、これを好意の返報性に当てはめてみると、まさにその通りになりますよね。

 

自己満足のため

俺はお前の幸せのためを願って…というセリフをテレビなどでも耳にすることがありますが、これは実は自己満足のために、自分が精いっぱい尽くしていることが多く、理由を以下に挙げていきましょう。

お前のために=自分は精一杯尽くしている=尽くせば愛してもらえるだろう】という誤った思い込みから、幸せを願うために精一杯尽くす人がいるわけですが、こういった人の場合、尽くしている自分に酔っているだけであることが多いです。

別れた元恋人に、「俺はあれだけ尽くしたじゃないか…!!」といった捨て台詞を吐く人も、こういった思い込みをしている確率が高い人であると考えることができますよね。

さらに、こういった二人の関係が崩れてしまうシーンを、ドラマなどでも目にすることがありますが、これは先ほどお伝えした好意の返報性が深く関係しており、「尽くされた相手は、尽くされた好意を返さないといけないと思ってしまう」ことから、一人で心の中で悩み、結局は愛する相手を苦しめてしまう結果に結びついてしまうわけです。

恋愛というのは二人のバランスが非常に大事でありますから、一方的な愛が長続きしにくい理由が、ここには隠されているのです。

 

同一視の関係

こちらは特に女性間で見られやすい特徴が見られ、女性というのは集まると互いに褒め合い、幸せを願っているなどと口にすることも多いですが、これには同一視という心理が関係しています。

同一視とは、「本来、性質などの違うものを、同じものとみなすこと」という意味であり、以下に簡単に例を1つ挙げましょう。

友達の女性を褒めると、褒め返された→自分たちは仲間で同じものである→お互いに褒めることで、自分たちの価値が高まったかのように感じる。

これが同一視であり、他人の幸せを願える私たち=私達は妬むことがないグループ=価値が高まったと思い込む可能性が考えられます。

つまり口先だけの嘘で、「〇〇ちゃんの幸せを願ってるよ!」と互いに言い合うだけでも、自己満足が得られるということにも繋がりますよね。

なぜ男性ではなく女性に多く見られるのかと言えば、女性はコミュニケーション能力に長けていますし、共感性が高いといった傾向が様々な研究結果で出ているので、仲間を褒め合うことは得意であり、一種の人間関係構築のための作戦であるとも考えることができます。

さらに女性は、親和欲求が強く、協調性を大事にする傾向が強く見られますので、群れるのが好きなのです。

 

幸せを願えない人の心理

人の幸せを妬む

社会的比較

社会的比較の多くの場合は、「自分と似た人間」を比較することが多く、例えば、年齢が近い/社会的地位が近い/性格が似ているなど、とにかく自分と似ている人を比較の対象として選びやすいです。

これを象徴するように、自分がそれほど美人ではないと思う人の場合、美人と比較することは少なくなります。

この社会的比較がなぜ、人の幸せを喜べないことに繋がるのかと言えば、比較する対象というのは、何も全員が自分と同じレベルの人間ではないという分部に隠されています。

自分よりも下の存在と思う人と比較することも当然あり、このように自分より下の人と比較することを、下方比較と言います。

この下方比較をすることによって、自分よりも劣っている部分を比較したり、見下すような心理が働くことによって、自分の価値を高めることにも繋がりますし、安心感を得ることができ、人は自信を回復しようとする傾向が見られるのです。

ですが、この下方比較というのはいいことばかりではなく、自分より下だと思い込んでいる人が大きな成功を収めた場合、自分の自信を回復したり安心感を得るどころか、自分の自尊心が傷つけられてしまい、最終的に嫉妬や嫉みといった感情が生まれ、人の幸せを喜ぶことができなくなってしまうというわけです。

多くの人が見下している人が、何か幸せをつかんだ時に、素直に祝福できないのも、こういった心理が関係しているのです。

 

劣等感の裏返し

劣等感の裏返しとは、例えば自慢話が多い人というのは、自分を大きく見せようとする心理が隠されているということは有名ですが、これは実は自分に自信がないために、自分を大きく見せようと自慢話をたくさんしてしまうというわけです。

このようなコンプレックスの裏返しを劣等感の裏返しといい、人の幸せを喜べずに悪口を言ってしまう人の場合、悪口を言うことで自尊心の回復をしようとしているのです。

他人の弱みを握り、その部分を徹底攻撃することによって、自尊心を保とうとしています。

故に、よくぶりっ子な人というのは攻撃され、妬まれる傾向にありますが、これも劣等感の裏返しであり、自分と同じレベル、または下のレベルであると思い込んでいる人が、自分よりも異性にちやほやされていたり、外見が魅力的な異性と交際することによって、傷つけられた自尊心を回復するためであると考えられるのです。

こう考えると、人の防衛本能というのは怖い一面もありますよね。

 

自己愛が強い

自己愛が強い人には様々な特徴が見られ、うぬぼれ屋、自分の感情が優先、プライドが高いなどの傾向が強く見られるわけですが、そんな中でも、自己愛が強い人には「自分が一番じゃないと気が済まない」という傾向も強く見らます。

自分が一番じゃないと気が済まないということは、当然人の幸せを喜ぶことができませんし、自分が一番から陥落する恐れがあるので、素直に喜ぶことができにくいということに繋がります。

自己愛が強い人ほど、自慢話が多かったり、わがままであることも多いのは、こういった心理が関係しており、自慢話をすることによって、自尊心を保とうと必死ですし、わがままで居続けることによって、自分がいかに特別なのかを確認することもできるのです。

また一方で、自己愛が強い人は良い人を演じることによって、自分の評価を上げようとする傾向も強く見られますので、嘘でも他人の幸せを喜べる人を演じて、周りから今以上に良い評価を求める可能性も考えられます。

 

気をつけるべき症候群

気をつける

いい人症候群

いい人症候群とは、「他人からの評価が気になり、いい人を演じてしまう」人のことを指し、アメリカの心理療法医のロバート・A・グラバーが命名しました。

もしも人の幸せを無理してでも受け入れ、そして幸せを喜ぶ姿を見ているのであれば、いい人症候群である可能性も考えられます。

いい人症候群の特徴としては、イエスマンである、自己愛が強いといった特徴が見られ、いい人症候群に陥ると、生きるのが辛くなってしまう人もたくさんいるのです。

なぜならいい人を演じたところで、世の中すべての人があなたを受け入れてくれるわけではないですし、何よりイエスマンになることは、大きなストレスが溜まるからであります。

そしてこのストレスなどが原因で、攻撃的な性格へとどんどんと変わっていってしまい、ネットなどで攻撃的なことを書き込み、誹謗中傷を書き込んでしまうような性格へと変わっていってしまうのです。

この攻撃性は、ネットだけに限らずに、DVやモラハラなどにも繋がることがあるので、時々「あの人があんな事件起こす人には見えないけどな…」といった事件を目にしますが、こういった人などは、いい人症候群であった可能性も考えれます。

 

素直に生きればいい

いかがだったでしょうか。

人の幸せを願うことができようが、喜ぶことができない人であろうが、自分に素直に生きることは大事なことです。

この1ページを紹介してきた私だって、実際に人の幸せを喜べずに妬んだこともありますし、人の幸せを願うことができた人だっています。

結局のところ、人間というのは完璧にできた生き物ではないので、幸せを妬んだり恨んだりすることは誰にだってあり得るのです。

ですから、この人であれば幸せを願うし、この人であれば幸せを喜べないかなという人がいるのは当然であるので、自分に素直に生きてみることで、人生がより楽に楽しく感じるかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP