傷つきやすい人は性格にも特徴的傾向が!メカニズムを解明しよう!

世の中には傷つきやすい人が必ず存在し、逆に傷つきにくい人というのは傷つきやすい人の気持ちが理解できずに、何気ない一言でさらに傷つけてしまっていたりもするものです。

そんな私自身も、傷つきにくい性格であるので、傷つきやすい人の気持ちの理解に苦しみましたが、心理メカニズムを知ることによって、傷つきやすい性格の人に対しても、優しく接することができるようになりました。

故に、この1ページを読むことによって、傷つきやすい人の心の弱さや本音という分部が見えてくるはずです。

スポンサードリンク

心理メカニズム

傷つきやすい人 心理

自己評価が高いパターン

自己評価とは、そのままの意味であり、自分で自分を評価することであります。

この自己評価が高い人の特徴には、ナルシシズムの傾向が強く見られ、自己愛が強い人ほど、自分の評価が異常に高いといった特徴が見られます。

SNSを覗いてみると非常に分かりやすいと思いますが、自己愛が強い人ほど、周りから賞賛されるための投稿をしたり、自分の顔をさらけ出すような投稿が多いはずです。

こういった人は、SNSを使って自分が否定されないような投稿をすることで、自尊感情を保とうとしているわけですが、逆を言えば以下のように捉えることもできるのです。

【自己評価が高く、自己愛が強い人というのは、少しでも否定されてしまうことによって、自分が思い描く自分とのギャップに苦しみ、そして傷ついてしまう】のです。

例えば、自分を神のような存在だと思っている人にとっては、「それダサいよね」という何気ない一言が、他人には共感できないほどの否定と感じてしまいますし、自分が否定されたと感じてしまうと、ダメージはかなり大きなものとなるのです。

自分を神のような存在だと思っている人にとっては、他人は自分より優れていないと見下しているので、自分よりも価値が低いと思い込んでいる相手の否定的な言動に、心底傷ついてしまうというわけなんですね。

もしも自分のことが大好きで、さらに勘違いな言動が多い人が傷つきやすい性格であった場合は、こちらの心理メカニズムが深く関係している可能性が高いといえるでしょう。

 

自己評価が低いパターン

一方で逆のパターンも存在し、ネガティブ思考で自分に自信がない人ほど、周りからの視線や評価に敏感であったりもしませんか?

これは自己評価が低い人ほど、自分の評価を気にしていることが原因であり、自分に自信がない=ネガティブ思考に陥る=周りから嫌われていないかなど、自分の評価が異常に気になってしまう、という心理メカニズムが関係しています。

さらに自己評価が低い人ほど見られる1つの傾向が、被害妄想を抱いてしまうということであり、自分の評価を気にしすぎるあまりに、自己評価が低い人は自分が否定されたかのように感じると、妄想を抱くようになります。

例えば、「外見が魅力的でない私なんてどうせ…」や、「仕事ができない僕は嫌われて当然だ…」といった具合に、真実とは異なる妄想を抱くことによって、自分で自分を傷つけてしまっているのです。

故に自己評価が低い人ほど、実は自分の思い込みが原因で傷ついていることも多く、どんどんと心の闇を深めていってしまっているだけであるケースも、珍しくはないのです。

被害妄想が激しい人ほど傷つきやすいと言われる原因は、こういった心理メカニズムが関係しています。

 

性格面での特徴

傷つきやすい 性格

他人を見下す傾向がある

自己評価が高い人というのは、自分が一番であると思い込んでいることも多いことから、他人を見下すことによって、自尊心を保とうとする心理が見られます。

これは戦うまでもないと、勝負することを避ける人の心理にも当てはまることであり、自己評価が高くて自己愛が強い人というのは、万が一負けてしまった時の保証として、こういった捨て台詞を吐くことも多いです。

さらにこういった人ほど、根拠のない自信を持っていることも多くなり、自分ならできると周りにアピールすることによって、自分の評価をより高めようとする傾向が見られます。

もちろんそんなことをしてしまえば、周りには痛い人であると思われてしまう確率も高まると考えることができるので、自信過剰で自分を特別視している人ほど、実は痛い人であるともいえるのです。

自分自身をポジティブに捉えることは悪いことではありませんが、いき過ぎれば自分自身を傷つけてしまうことに繋がるので、注意が必要です。

 

自分に都合の良い解釈をしがち

自己評価が高くて、ナルシシズムの傾向が高い人ほど、自分に都合のいい解釈をしがちであります。

例えば、自分が誰かと遊びたい気分の時に、誘いを断られると、「この俺を断るなんて、見る目がないんだな」といった、自分にとって都合の良い解釈をしがちであり、相手の都合よりも自分の感情を優先することが多いです。

さらに賞賛されたいという欲求が強い自己評価が高い人は、他人が賞賛されることを素直に喜ぶことができずに、「なぜ自分の方が価値が高い人間であるのに、賞賛されないのか?」という疑問を抱いてしまうことも多いです。

ナルシストと呼ばれる人にとって、一番に優先されるべきは自分であると思い込んでいる人や、それが当然であるかのような言動をする人というのは、案外珍しくありません。

 

自分に厳しい

自己評価が低い人ほど自分に厳しく、他人と同じような成績を残したとしても、自分に厳しく自分を褒めようとはしません。

自分に厳しいということは、他人からの褒め言葉を受け入れることができないということでもあるので、「可愛い」や「かっこいい」といった褒め言葉であっても、すぐに否定してしまいます。

どれだけ周りから評価されようが、「まだまだ自分はダメだ」と思い込んでしまうのが、このタイプであり、自分の成績を過小評価しがちです。

さらに「どうせ自分なんて…」と否定的な言葉も多くなるので、人によってはネガティブな感情に触れたくないと、できるだけ近づくのを避ける人もいますので、否定的な言葉や感情は、他人に見せすぎるのはよくありません。

 

失敗を引きずる

自己評価が低く、被害妄想が激しい人ほど失敗をいつまでも引きずったり、または小さな失敗であっても、他人には理解できないほどの大きな失敗であるかのような凹み方をする傾向が見られます。

さらに自分が失敗することによって、周りからの視線や言動に恐怖感を抱くこのタイプは、情緒不安定であると周りから評価されることも多いです。

酷い人となれば、周りが笑っている=自分を馬鹿にしているんだと思い込んでしまう人もいますので、ここまで来ると何らかの障害を疑った方がいいでしょう。

何にせよ、失敗を経験と捉えることができない人は、ネガティブ思考であり、妄想被害から相手を悪く見てしまい、嫌われ者となってしまう可能性も考えられるのです。

 

考えられる障害/病気

傷つきやすい人 対処法

自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害とは、自己愛性人格障害とも呼ばれ、「ありのままの自分を愛することができずに、自分はもっともっと素晴らしくて偉大な存在でないといけない」と思い込んでしまう、パーソナリティ障害であります。

この自己愛性パーソナリティ障害は、人口の1%未満であると言われており、比較的男性に多いといった特徴が見られます。

症状の特徴としては、「過剰な賞賛を求める」、「自分の存在が偉大であると思い込む」、「目標達成のために他人を利用する」などの症状が見られるわけですが、過剰な賞賛を求める人の心理というのは、批判されると傷つきやすいという側面があるということはすでにお伝え済みですよね。

さらに自信のない根拠を持っている自己愛性パーソナリティ障害にとっては、厳しい現実を突きつけられると心が打ち砕かれ、傷ついてしまうのです。

また、過剰な賞賛を求める反面、その期待に応えてくれないと、寂しい気持ちが爆発して自己嫌悪に陥ったり、攻撃的になってしまうという特徴が見られ、批判されることに弱い一面を持っているので、反論や警告をされると怒る傾向も強く見られます。

 

境界性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害との区別が難しく、似た症状があるために、明確な区別ができないこともあります。

例えば、「わがままで自己中心的な性格」、「人間関係がうまくいかない」といった特徴は共通する部分でもあるために、区別が難しいとされています。

2つの大きな違いとしては、自己愛性パーソナリティ障害の場合は、「自分は特別な人間であると思い込んでいる」、「共感性が低い」といった特徴が見られますが、境界性パーソナリティ障害の場合は、「依存体質で他人依存である」、「失うことに対しての恐怖心が強く、その反動は大きい」といった固有の特徴で判断することが一般的となっています。

もう1つの見分け方としては、境界性パーソナリティ障害は年を取るほど症状が落ち着き、自己愛性人格障害は年を取るほどに悪化していく傾向が見られます。

 

うつ病

こちらは新型うつ病とも呼ばれますが、従来のうつ病とは違いに「気分反応性」という分部が見られ、その症状の1つが傷つきやすいという症状になります。

特徴としては、「自己愛が強い」、「責任感がない」といった特徴が見られる一方で、他人からの評価を異常に気にするために、傷つきやすいです。

さらに自己愛性パーソナリティ障害も同じくうつ病になりやすく、何事も自分の思い通りにならないことが原因で、うつ病になる傾向が強く見られます。

情緒不安定で感情が爆発しやすいため、人間関係がうまくいかずに、さらに同情を求めるのに対して、期待通りの同情が見られない場合には、さらに深く傷ついてしまうことも珍しくありません。

 

何事にも原因が存在する

いかがだったでしょうか。

傷つきやすい性格の人には2つのパターンが存在し、そしてどちらも厄介な一面を持つ性格であるということが分かったかと思います。

もしもあなた自身が傷つきやすい性格である場合は、どちらに当てはまるのかを診断した上で、それを受け入れましょう。

自分の弱い部分を否定するのではなく、まずは受け入れてみることから始めてみてください。

全てにおいて優れている人間など存在しないので、どんな人でも悪い部分が見られるのは当然です。

だからこそ、自分の悪い部分に目を向けるのではなく、きちんと受け入れ、ありのままの自分を受け入れることは大事なことであるのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP