プラシーボ効果による思い込みは強力!例を参考に解説します

プラシーボ効果という言葉を耳にすると、どこか難しくて意味も理解できないような言葉ではないだろうか…そう感じてしまう人もいるでしょう。

しかしながら、プラシーボ効果という言葉を知らないだけであり、実はあなた自身も一度くらいはプラシーボ効果の魔法にかかってしまい、助けられたという経験があるかもしれません。

そんなプラシーボ効果による驚きの効果と、具体例をいくつか参考に挙げていき、誰でもわかるプラシーボ効果の凄さをまとめていきます。

スポンサードリンク

プラシーボ効果とは?

プラシーボ効果とは、日本では偽薬効果と呼ばれることもある比較的メジャーな心理効果であり、「思い込みが体にいい影響を与えること」が、プラシーボ効果であります。

本来の意味は、偽薬効果という文字を見て分かる通り、偽薬を使った暗示効果のことを意味しますが、それ以外での治療法にてプラシーボ効果として説明されることもあります。

このプラシーボ効果は、1955年にヘンリー・ビーチャーが研究結果を報告した後に、様々な心理学者が実験結果を報告し、たくさんの効果があるということが分かっています。

その一方で、プラシーボ効果を疑問視する人もいて、過去には様々な学者による研究結果の報告の末に、症状を和らげる効果はあるが、症状を改善する効果はないという報告もされるなど、今なお様々な研究による新たな報告がされているのが現状です。

そんなプラシーボ効果に関して、最新の情報も加えつつ、日常で多くの人が使っているプラシーボ効果の例を見ていくことにしましょう。

 

プラシーボ効果の例4つ

ノンアルコール

テレビのドッキリ企画などでも目にすることがありそうなことですが、ノンアルコールをいかにもアルコール濃度が高い飲み物と教え、飲ませることで、相手が酔った気分になるのは、これはプラシーボ効果の思い込みによる効果であります。

さらに研究結果によると、炭酸水をウォッカだと相手に伝え、それを飲ませた結果、なんと気分だけではなく、判断力まで鈍くなっていたという研究結果も報告されており、思い込みの効果がいかに凄い効果をもたらすかということが分かります。

当然これは全ての人に効果があるとは言いきれませんが、過去には3人に1人がプラシーボ効果による変化が出たという報告もあることから、個人差があることは確かでしょう。

 

病は気からという言葉がありますが、これは心理学的にも否定することができない言葉であり、薬を飲むと元気になると思い込んでいる人にとっては、偽薬であっても効果があることが分かっています。

いかにも本当の薬であるかのように薬を提供し、その薬を飲んだところ、薬を飲んだ時と同じような効果が得られるということが分かっており、特に下痢や不眠といった症状には、効果が出やすいとされています。

このように思い込みの力によって、状態を変化させる効果こそ、プラシーボ効果であるのです。

 

恋愛

例えば、恋愛に関する心理テクニックを勉強した後に、自分は今までとは違うモテる人間になれるような気がして、さっそく行動に出たとしましょう。

この場合、思い込みによる効果で、普段よりも積極的にアピールすることができるかもしれませんし、本来はネガティブな感情で恋愛に挑むのに対して、なぜかポジティブな気持ちで恋愛に挑むことができるかもしれません。

これは薬や医療には関係がないものの、プラシーボ効果と同じく効果があり、実際に私もこの効果を実行して、普段は恋愛に自信がなかったはずの自分を、思い込みによって明るくポジティブな自分で、デートに挑むことができたのです。

もっと分かりやすく伝えると、本当は心理テクニックを知っただけでは、自分のコンプレックスや容姿は変わらないのに対して、その現状を変化させたかのように思い込むことこそが、プラシーボ効果とであるといえるでしょう。

 

成績が上がる

サンフランシスコで行われた実験結果によれば、「まず3人の教師に、君たちはこの学校で最高の教師3人であり、専門知識も豊富なため、君たち3人の先生にはIQの高い生徒90人を担当してもらう」という噓の報告を、3人の先生に告げました。

そして生徒には、「君達はIQの高い90人の生徒であり、その集まりだ」と伝えられました。

するとその発言に自分たちは優れていると思い込んだ生徒と先生は、1年の間に学校に通うことが楽しくなり、1年後にはサンフランシスコ近辺の学校の平均成績と比べても、20~30%も高い成績を上げたのです。

実はこれは嘘であり、生徒もごく普通の平均的な点数である生徒90人と、先生はクジによって決められた3人であった。

この驚くべき成績の向上は、思い込みが大きな影響を及ぼし、自分たちに前向きな期待感があったからこそ、状況を変えることができたと結論付けています。

こちらも薬や治療とは関係ありませんが、思い込みの効果として、プラシーボ効果と同じ効果があったのです。

 

なぜこのような効果が?

暗示効果

プラシーボ効果は主に暗示効果であると言われており、この暗示効果は私たちに様々なメリットもたらすことが分かっています。

例えば、鏡の前で自分自身に語り掛けたり、具体的な願望を紙に書くことは、暗示効果による効果が見られやすく、これは社長やプロスポーツ選手などでも、自己暗示をかけている人をよく見かけます。

特に言われるのは、社長として大きな功績を残した人々が口にする、「自分は絶対に成功できると暗示をかけていた」や「具体的な目標を紙に書いて、常に見える場所に置いていた」という言葉です。

実際に私も学生時代にスポーツをしていましたが、「自分は絶対に打てると鏡の前で自己暗示したこともありましたし」、「具体的な目標を書いて、常に見える場所に置く」ということをしていました。

効果があったかどうかは分かりませんが、実際に研究結果では効果が出たという報告もあるので、おそらく出たのだろうという思い込みをしておくことによって、ネガティブ思考よりかはいい結果が得られそうですよね。

 

女性の方がよく見られる?

考えられる理由

プラシーボ効果は女性の方が見られやすいという考え方もでき、これは女性の方が比較的暗示にかかりやすいという傾向からきています。

基本的に女性の場合、女性ホルモンのバランスによって精神的に不安定になることがあり、これは生理前の女性を見れば一目瞭然です。

生理前の女性がイライラしがちであるのは、女性ホルモンのバランスの乱れが原因であります。

そんな精神状態が不安定な時にこそ、人は暗示にかかりやすくなってしまい、特に不安を解消できる暗示にはかかりやすいのです。

さらに女性は男性よりも、他人への共感性が高い傾向があるということが分かっていますので、「〇〇は凄く体に効果がある」とか、「〇〇は凄くいい医者だ」といった言葉を否定的にとらえずに聞き入れ、おまけに男性よりも自己評価が低い傾向にあるため、暗示にかかりやすいのです。

「〇〇を飲んだらすごく調子が良くなった!」などの口コミを、よく女性の口から聞くのも、プラシーボ効果によって、より効果があったという暗示にかかってしまっているというわけなのです。

これは逆に言えば、女性の方が、薬などの効果は表れやすいのかもしれないという考え方もできますね。

 

人間だけじゃないその効果とは?

犬にもプラシーボ効果が!

ハンガリーのエトヴェシュ大学の研究者による実験では、プラシーボ効果は人間以外にも効果があったという報告がされており、その結果が、「Applied Animal Behaviour」にて報告されています。

そこでの報告結果によれば、28匹の分離不安の犬を対象に、プラシーボ効果にて分離不安の行動がどう変化するのかを調べてみました。

※分離不安とは【乳児が愛着の対象者が自分から離れ去ったと感じたとき示す不安反応】

1日目は、半分の犬に鎮静剤とレバーソーセージを与え、もう半分にはただのビタミン剤とレバーソーセージを与えました。

2日目には、全ての犬にただのビタミン剤とレバーソーセージを与えたのです。

するとなんと、1日目に鎮静剤を与えた半分の犬の方が、分離不安であるにもかかわらず大人しくしており、分離不安で見せる特徴的な行動が見られなかったのです。

これを「Applied Animal Behaviour」では、ある一定の条件を付けることで、犬にもプラシーボ効果が見られ、犬の分離不安に対する治療方法として活用できる可能性を見いだした、と発表しています。

 

頭が理解しても脳が騙される?

サイエンスジャーナルによれば

プラシーボ効果は医療の場で使われることもありましたが、使う時の前提としては、「患者を騙す必要がある」というのが当たり前の考えであり、患者に対してそうした対処をしてきました。

しかしながら、2016年12月の「サイエンスジャーナル「Pain」」に掲載された内容によると、【プラシーボ効果は、事前にそういった効果があると理解した後に、偽薬を摂取した時であっても効果はあった】という発表をしています。

実験方法は、患者100人に対して事前にプラシーボ効果について15分ほど説明した後に、偽薬であると表記されている薬を飲み、どのような変化があったのかということを調べてみました。

すると三週間後には、腰痛が最大で30%も軽減されている人がいたのです。

さらにすごい部分は、この実験と同時に通常治療を受けた人の軽減率を見てみると、最大の軽減が16%であり、通常治療よりも偽薬を飲む方が、軽減しているということが分かったのです。

一方でこの説は、あくまで患者と医師との関係性が大事であるとされており、面白い研究結果として、さらなる研究をしていきたいと答えています。

 

逆のノーシーボ効果も存在する

ノーシーボ効果とは?

ノーシーボ効果とは、反偽薬効果のことであり、プラシーボ効果と逆の効果であります。

「思い込みによって望まない状態になってしまう」のがノーシーボ効果であり、こちらも日常生活で見られることは珍しいことではありません。

プラシーボ効果と同じように、以下に代表例を挙げて分かりやすく説明していきましょう。

 

ノーシーボ効果の代表例

指摘された途端、体調悪化

他人に顔色が悪いとか、うつ病じゃないの?などの指摘によって、本当に自分の体調を壊してしまうことは、ノーシーボ効果によるものであると考えることができます。

よく学校や職場などでも、顔色が悪いと言われた途端に、そんな気がして元気がなくなるという人がいますよね。

これは仮病の可能性も考えられますが、ノーシーボ効果によって、本当にそうであるかのように暗示がかかっているのです。

故に頑張ってもらいたいときには、できるだけノーシーボ効果となるような発言は避けた方がいいでしょう。

 

偽薬をやめると、体調悪化

偽の薬であるにもかかわらず、その薬を止めたとたんに体調が悪化するのも、ノーシーボ効果によるものです。

こちらはよくうつ病患者などに見られ、薬を飲まなければ体調が悪化したかのように感じ、なかなか寝付けないなどの症状も見られます。

こういった時には、偽薬でもいいので、効果がある薬だと家族などに進めることができればいいですね。

 

ショック死

こちらは世界まる見えで紹介され話題になった事件であり、1920年にある国で実験が行われました。

その実験とは、死刑囚にできるだけ苦痛を与えずに刑を執行するには、どうすればいいのかという実験でした。

まず結論から言えば、死刑囚は手首と足首にメスを当てられ、そしてポタポタと自分の体から流れ落ちる血のような音を聞いて、安らかに息を引き取りました。

ここでも思い込みによる大きな効果が見られ、実はこの死刑人の手首と足首にはただメスを当てただけであり、一切切り付けるような行為は行っていなかったのです。

さらにメスを当てた部分には、ゆっくりと水滴を垂らしていただけであり、血のような音はただの水であったのです。

しかしながら、思い込みによる「自分はもう死ぬ」や「血が流れている」といった思考によって、死刑囚には強いストレスが与えられ、結果的に苦痛を与えずに死刑囚に刑を執行することとなりました。

つまり、ノーシーボ効果は使い方次第では、殺傷能力もあるということですので、人間の思い込みの効果というのは、現象として結果に出るということがここからも分かりますよね。

 

実際に体の変化が見られます

いかがだったでしょうか。

プラシーボ効果やノーシーボ効果というのは、気持ちが変化するだけでなく、実際に人の体に何らかの変化を起こすということが分かったかと思います。

薬が嫌いだとか、薬にあまり頼りたくないという人にとっては、プラシーボ効果で得ることができる効果を、一度期待してみてはいかがでしょうか。

当然効果が表れる保証はありませんが、思い込みによって悪い状態になってしまう、ノーシーボ効果が見られるよりは、よっぽど安全でいいですよね。

友達などに遊び半分で試してみる時は、ノンアルコールビールをウォッカなどと適当に説明して飲ませ、相手の体の変化を試してみると、面白い結果が得られるかもしれませんが、悪ふざけで別の効果がある薬を進めることなどは、何があるか分からないので止めておきましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP