愚痴が多い人の心理とある病気との関係性10選

世の中には会うといつも愚痴をこぼす人や、愚痴っぽいことばかり発言して、自分の話ばかりを聞いてもらおうとする人など、様々な人がいますが、愚痴が多い人とそうでない人の決定的な心理面での違いを知れば、愚痴が多い人の弱さという部分が見えてくるはずです。

愚痴が多い人の話を聞かされるのは嫌なものですが、この1ページを読むことにより、対処法や相手の気持ちが少しは理解できるようになるでしょう。

スポンサードリンク

愚痴が多い人の心理

自己愛の強さ

愚痴が多い人の会話を聞いていると、よくこんな言葉を耳にすることがあります。

「この前ミスったのはあいつが悪い」「あの時あいつがああしていれば…」といった発言が多く見られ、この発言からわかることは、いかにも自分が優秀であるにもかかわらず、相手がミスをしたので相手が悪いという本音が見られます。

愚痴が多い人に共通して見られる発言というのは、「自分のせいではなく誰かが悪い」という発言であり、うまくいかないことに対しての怒りの矛先が、相手に向かっているという心理メカニズムが考えられます。

なぜこのように、誰かのせいで自分はうまくいかなかったと思い込んでしまうのかといえば、原因は強すぎる自己愛にあります。

自己愛が強い人というのは、他人を見下すことによって自尊心を保ったり、恥をかくことに対してうまく対応ができない、といった傾向が見られるだけでなく、優越感を得るために相手を軽蔑することも多くなるので、愚痴をこぼすことによって優越感を得ていると考えることができます。

人を見下すことによって優越感を得ることは、人間誰でも経験することではありますが、愚痴が多い人は自己愛が強すぎるがゆえに、相手を見下して自分がいかに優れているのか、または特別扱いされたいという欲求を満たそうとする動きが見られます。

 

ストレス解消

自己愛が強い人ほど愚痴が多い人が多いと考えられるもう1つの原因として、ストレス解消が考えられます。

自己愛が強い人ほどプライドが高かったり、自分の能力が高いと思い込んでいるので、職場や学校などで自分が思い描いた通りにならなかったことに腹を立てたり、さらには自分の意見を共感してくれない人に大きなストレスを感じてしまうのです。

だからこそ、普段から溜まりに溜まった鬱憤を愚痴という方法で解消し、心をスッキリさせる代わりに、愚痴が多い人であるというイメージがついてしまうというわけです。

これは何も自己愛に関係なく、誰でも愚痴をこぼして心のモヤモヤを解消しようとするものですが、自己愛が強いほど自分の思い通りにならなければ腹を立ててしまうので、鬱憤が溜まりやすいという考えに繋がるのです。

 

✅ 心許せる友人の可能性

愚痴が多いといっても、二人の関係性次第では、その人にしか心を許せないという可能性も当然考えられます。

お互いに信頼し合える関係であれば、愚痴を聞いてもらいやすく、気が合うのでストレスなく会話を進めていくこともできますよね。

特に女性は共感性が高く、会話をすることで定期的にストレスを解消する傾向が見られるため、女子会などで愚痴を言い合うのも、実は女性脳が深く関係しているのです。

 

愚痴が多い人の性格傾向

相手の気持ちを考えない

自己愛が強い人というのは、自己中心的でわがままな性格であり、さらに共感性が低いがゆえに、相手の気持ちを考えずに長々と愚痴をこぼしてしまうことが多いです。

聞かされている相手の身にもなれと言いたいところですが、自己愛が強い人というのは、自分のことを認めて欲しいという欲求が強いために、愚痴をこぼした結果、自分が正しいという回答を求めていたりもします。

愚痴が多い人ほど周りから人が離れていきやすいのも、相手の気持ちを考えずに自己中心的な言動が見られるがゆえに、相手に愛想をつかされてしまいやすいというわけなんですね。

 

根拠のない自信がある

根拠のない自信とは、「あいつがミスったけど、俺なら絶対に成功していた」といった愚痴のことであり、なぜ自分なら成功できたのかという根拠はないけれど、自分であれば必ず成功できたという根拠を持っている人のことです。

こちらも自己愛が強すぎる人の特徴であるとよく紹介され、自分は特別に優れている人間であるとか、自分は能力が高いといった間違った思い込みが原因で、こうした言動に繋がると考えられます。

一方で、根拠のない自信というのは時として大成功の秘訣ともなり、自分に大きな自信を持っていたり、根拠のない自信をきっかけに新たなビジネスを始め、それが大成功への道へと繋がることも珍しくはありません。

 

否定に怒りを表す

愚痴が多い人というのは、とにかく自分の考え方や意見を否定されることが嫌いであり、怒りをあらわにしてまでも周囲を納得させようとする人もいます。

特徴的であるのは、自己愛が強い人ほど「自分が勝てる分野での勝負しかしない」という部分であり、このタイプは負けることを極端に恐れています。

だからこそ、否定されると異常に腹が立ち、自分という人間を拒否されたという思い込みや恥をかいたという思い込みから、怒りをあらわにしてしまいます。

この怒りを違う方向へ向ける方法ことそが、愚痴をこぼすという行為であるわけです。

 

気をつけるべき病気

新型うつ病

新型うつ病とは、従来のうつ病とは症状が異なり、21世紀になり登場したとされるうつ病であり、若者を中心に増えていると言われているのが、新型のうつ病であります。

従来のうつ病と新型のうつ病との症状の違いとしては、従来のうつ病は「気分が落ち込む」「やる気が出ない」といった症状が見られましたが、新型うつ病の場合は、ある条件での「抑うつ症」が激しく見られるのです。

その違いとは、従来の場合は早朝から午前中に見られるのに対して、新型は自分の嫌なことをするとなれば、症状が激しく見られる、といった違いがあります。

この新型うつ病こそ、自己愛が強い人がなりやすい病気であり、自己中心的であったり、世間知らずなのに自信過剰な言動が見られる、などの特徴があります。

先ほど触れましたが「自分がうまくいかないのは誰かのせいだ」という思考を持ち、そして嫌なことに対して憂うつな気持ちになっていく症状こそが、新型うつ病の症状でもあるのです。

自分自身も愚痴が多くて自己愛が強いかもしれないと感じたのであれば、新型うつ病には要注意となります。

 

自己愛性人格障害

自己愛性人格障害とは、自分に対して肥大化した自己愛を持つ人であり、自己愛が強い人とは少し違いがあります。

自己愛人格障害の場合は、様々な原因が考えられており、生まれながらに持っている気質的な素因であったり、脳内神経伝達物質の不足など、様々な説が唱えられています。

必ずしも、自己愛人格障害=愚痴が多いということではありませんが、社交的であったり、お喋りな人であった場合は、愚痴が多くなるということが考えられます。

どちらにせよ、自己愛人格障害の人は不満を抱きやすいという特徴があるので、その人の性格によっては愚痴が多くなることもあるでしょう。

そんな自己愛人格障害と診断された人が持つ性質について、以下に軽くまとめておきます。

  1. 自慢話ばかりする
  2. 異常なほどの見栄っ張り
  3. 根拠のない自信がある
  4. 自分のことを特別だと思っている
  5. たとえ冗談であっても耐えられない
  6. ギブアンドテイクの精神がない
  7. クレーマやモンスターペアレント

上記のような性質を持っており、自己愛が強い人と被る特徴がありますので、あなたの知っている愚痴の多い人というのは、もしかすると人格障害である可能性も考えられるのです。

 

対処法

テイクを求める

ギブアンドテイクのことであり、愚痴を聞かされたのであれば、違う機会に自分も愚痴を聞いてもらいましょう。

人間関係というのは、ギブアンドテイクの均等によって成り立っており、コストと報酬によって成り立っているという説があります。

つまり愚痴を聞かされている側の人からすれば、常に時間とエネルギーというコストがかかっている割には、報酬が低いわけです。

だからこそ、愚痴が多い人に対して不満の気持ちが高まり、自分にとってはコストがかかってばかりで報酬が少ないので、あまり好きではなくなってしまうことに繋がります。

今後の人間関係も考えている人であれば、同じような報酬を求め、平等な関係を築くことを心がけて見ましょう。

 

一定の距離を保つ

愚痴が多い人というのは、自己中心的な性格である人が多いことから、一定の距離を保つことを心がけるといいでしょう。

なぜなら、自己中心的な人というのは、相手の気持ちを考えていないがゆえに、相手が迷惑しているとか、話を聞くのを嫌がっているという気持ちを察することや、考えることをしません。

だからこそ、一定の距離を保つ必要があり、常に優しい手を差し伸べているだけでは、自己中心的な人はその環境が当たり前だと感じ、不満が溜まるとあなたを頼るかもしれません。

当然頼られたいという人にとっては悪いことではないでしょうが、愚痴を聞かされてばかりは嫌だと感じるのであれば、一定の距離を保つようにしましょう。

 

遠回しに伝える

直接注意することもありですが、相手が傷ついたり感情的になることを避けたいのであれば、遠回しに伝えることも効果的です。

例えば、「○○さんって、会ったら愚痴ばっかり聞かされるから嫌だわ」といった愚痴は、相手に遠回しに伝えていることにもなります。

当然自己中心的な人の中には、共感性が低い人もいて、相手が何を伝えたいのかという部分を理解することが難しいという人もいるので、このタイプの人であった場合は、「愚痴が多いから注意した方がいいよ」と、優しく注意してみることもありです。

 

あなたも気をつけよう!

いかがだったでしょうか。

相手の悪い部分ばかりが見えてしまうのは、人間が持つ性質でありますが、これはあなた自身も気をつけなければなりません。

類は友を呼ぶとも言いますし、あなた自身も普段から愚痴っぽくて、愚痴が多い人間ではありませんか?

人間というのは、一度悪い部分が見え始めると、良い部分が見えなくなってしまう生き物だけに、客観的に見て、自分の悪い部分を認めることは非常に大事です。

また、「批判的な人の心理的特徴と対処法10選」もセットで読んでみましょう。

愚痴が多い人ほど批判的であったりもするわけですが、批判的な人の気持ちを知ることによって、さらに相手の弱さなどが見えてくるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP