正論を振りかざすと嫌われる理由とその心理10選

正論を振りかざす人というのは、自分が主張したことがいかに正しいのかをさらに示すような人のことであり、あまりにも正論を振りかざす発言が多くなれば、それは嫌われてしまう原因となりかねません。

確かに正論を振りかざす必要があるケースもあるでしょうが、毎回のように正論ばかりを振りかざしてしまえば、やがて相手は嫌気がさしてくるのです。

そんな理由について、心理的観念から考えられる理由を10個にまとめていきます。

スポンサードリンク

正論を振りかざす心理

競争心が強い

まず考えられる1つ目の心理としては、競争心が強いということであり、特に男性は競争心が強い傾向があり、持論などを展開することが好きな人が多いです。

そのため男性はアドバイスが好きであったり、さらにはゲームに夢中になる人も多いですよね。

口論になり論破しようとすることや、正論を振りかざす人の心理というのは、「自分が不利になるような証言ではなく、自分がいかに正しいのかという証言をすることで、自分が優位な位置に立ちたい」ということが考えられ、論破する=勝利するということに繋がるのです。

さらに競争心が強い人にとっては、自分を守るために正論を振りかざして常に優位な位置に立ち、優越感を得たいということも考えられるでしょう。

一方で、自分が論破された=敗北ということに繋がるため、競争心が強い男性の方が、比較的正論を振りかざしやすく、会社などでも男性上司に多く見られるのもこのためであります。

このタイプの扱い方としては、自分も感情的となり無駄な争いを起こそうとしないことが大事であり、表面上だけでも負けを認めてあげると、相手がそれ以上に必死に説明することもなくなるでしょう。

 

プライドが高い

プライドが高い人も、同じく正論を振りかざしやすいということが考えられ、こちらもプライドが高い傾向が見られる男性に多く当てはまります。

そもそもプライドというのは、「自尊心」や「誇り」といった、自分のことを大事に思う気持ちである一方で、プライドにはもう一つの意味が隠れています。

それは、「承認欲求」であり、誰かに認められたいとか、褒められたいと思う欲求のことです。

プライドが高くて承認欲求が強い人にとっては、論破されることは自分の誇りや自尊心を傷つけることや、自分の考えを否定されることに繋がるため、プライドが高い人ほど、正論を振りかざす回数も多くなると考えられるのです。

学歴が高い人ほど議論が好きであったり、プライドが高いのもこのためであり、男のプライドという女性が理解できない部分も、言葉で表すとこのような仕組みとなっているのです。

このタイプの扱い方としては、自分のことを認めて欲しい、または褒めて欲しいという欲求が強いので、否定せずに褒める部分は褒めてあげると、上手く扱うことができるはずです。

 

自己顕示欲が強い

自己顕示欲とは、「自分の存在を社会の中で確立したい」と思う欲求のことであり、自己顕示欲が強い人というのは、一度怒ると感情的になってしまい、怒りが収まらない傾向が見られます。

自己顕示欲が強い人は、自分の思い通りに動かないことが嫌いであり、思い通りに相手を動かしたりコントロールしたいという欲求が強く、自分の意見を他人に押し付けたり、周囲に迷惑をかけることで、自己顕示欲を満たそうとする人もいます。

この自己顕示欲と正論の関係性を分かりやすくまとめると、以下のような心理的結びつきが考えられるのです。

自分が思い通りに他人を動かしたい=正論で優位な位置に立とう

自分の意見を押し付ける=自分の中で正論化してしまい、思い通りに動かせよう

といった結びつきが考えられるために、自己顕示欲が強い人ほど、正論を振りかざす人も多くなると考えることができるのです。

このタイプの扱い方としては、できる自分を認めて欲しいという欲求が強いので、どんな形でもいいので認めてあげると、それなりに相手も満足するはずです。

 

嫌われてしまう理由7つ

信念さえも否定する

こちらは男性に特に当てはまることが多く、男は自分が決めたことを訂正したり、引き返すことをあまり好まない傾向があり、道に間違えても引き返さなかったり、我が道を行く人が多いのもこのためです。

正論を振りかざす人にとっては、相手がもっと楽になるように、または目標への近道になるようにアドバイスしているのかもしれませんが、引き返すことをあまり好まない男性にとっては、違う方向で矛盾を解消しようとします。

例えば、不健康であると指摘された男性が、健康オタクでも死ぬときは人間死ぬといった発言をすることは、自分の信念は間違ってはいないという証明であるのです。

ここで話が終わればそれで良いのですが、しつこい人の場合は、その証明をさらに正論で相手の信念を変えようとするため、最終的には嫌われてしまうことに繋がってしまいやすいのです。

自分の信念を全て否定されることは、誰だって嫌なものですよね。

 

共感が欲しいだけ

これは特に男女間で起こりやすく、以下によりイメージしやすいように例を挙げておきましょう。

女→男性に愚痴を聞いてもらいたいので、愚痴をこぼす

男→女心がわからずに、アドバイスや正論で解決策を導き出す

上記の例はどういうことかといえば、女性は共感して欲しいがために男性に愚痴を聞いてもらっているのに対して、男性は解決策を見つけようとして、女性を助けようとします。

確かに男性の言うことは正論で正しいかもしれませんが、ただ気持ちを共感して欲しいだけの女性にとっては、正論を振りかざすばかりの男性に嫌気がさし、嫌われる原因となってしまうこともあるのです。

 

認知の歪み

こちらも女性に多く見られる特徴であり、女性は別れると一度決めると決断を覆さなかったり、復縁を試みても離れていってしまうことが多いのです。

このように一度下した決断を曲げない考えというのは、認知の歪みであると考えられ、認知が歪むと物事を0か100かで決め込んでしまうこととなり、嫌いか好きかで判断してしまうことになってしまうのです。

上記でお伝えしたように、女性は共感が欲しいだけであるので、正論を振りかざしてばかりで気持ちも考えずに、厳しい言葉ばかりをかけてしまうことで、認知の歪みによって0という判断をされて、嫌われてしまうかもしれません。

特に男性は女性の仕事に対しては過剰に敏感し、厳しくなってしまう傾向が見られるので、職場で嫌われてしまう原因を作ってしまうのも、こうした厳しさゆえであることも珍しくありません。

ちなみにこの認知の歪みは、過度のストレスが原因であったり、本人の思考傾向にも左右されるともされています。

 

マイルールの押し付け

相手からすれば正論を振りかざしているつもりかもしれませんが、それが必ずしも正しいとは限りませんし、さらにいえばそれは押し付けであって、自分のルールを押し付けているという人もいるでしょう。

マイルールの押し付けをされるといい気分になるはずはなく、自分の信念さえも否定してきたり、相手が正しいと思い込んでいる間違いを押し付けられることは、耐え難いことなのです。

自分が正しいと思い込んでいる人ほど、こうしたマイルールの押し付けによって相手をコントロールしようともしますし、それに従わなければ感情をあらわにする人も中にはいるので、そういった人が苦手である人は、できるだけ接触を避けることを心がけるべきでしょう。

 

知識自慢がうざい

正論を振りかざす人の中には、自分の知識をひけらかすためにうんちく等を披露している人もいて、知らないことを教えることもやりすぎれば嫌われる原因となってしまいます。

知識自慢をする人というのは、自分の方が優れているということをアピールしたい気持ちが強く、周りから注目されたいという気持ちや、高い評価を得たいという心理が隠れています。

このような心理のことを、賞賛獲得欲求といい、この賞賛獲得欲求が強いすぎる人は自慢が多すぎて、結局は人を嫌な気持ちにさせてしまうことが多いです。

このタイプは自分に自信がないことを補うために、知識自慢をすることで賞賛を集め、自尊心を高めようとしています。

つまり、知識自慢ばかりする人=コンプレックスの裏返しであると考えることができるのです。

 

見下した態度

正論を振りかざす=自分が優位な位置に立ちたいということは、相手を見下したいということにも繋がります。

これは先ほども少し触れていますが、自分が優位な位置に立つ=優越感を得ることになるため、自分が相手よりも優れているということを証明し、そして相手を見下すような態度をとる人もいます。

この優越感とは何も悪い意味ばかりではなく、努力した結果として身についた能力が相手よりも優れていたので、自分の方が優れているという気持ちになることも優越感であるので、この際に悪い意味と良い意味があるということを知っておきましょう。

 

嫉妬深い

何にでも正論を振りかざす人というのは、人の上に立ちたがる人であり、こうした人はグループのリーダー的存在になりたがることも多いです。

それに加えて競争心が強く、さらには嫉妬深いという一面も持ち合わせています。

人の上に立ちたがるということは、目立つ存在でありたいという気持ちの裏返しであるので、自分よりも目立ったり、リーダー的存在となる人に対して、嫉妬してしまうことに加え、さらには劣等感を抱いてしまうことにも繋がるのです。

この嫉妬心や劣等感が言動を大きく左右し、他人を批判したり感情的になる原因ともなるため、嫌われることにも繋がるというわけです。

 

正論バカは避けられやすい

いかがだったでしょうか。

正論が正しかろうが正しくなかろうが、正論バカになってしまうことは、結局自分の評価を下げ、避けられる原因を作りかねません。

めんどくさい人と言われる人がこのような人であったりもしますが、めんどくさい人という言葉は、決して褒め言葉ではありませんよね。

正論を振りかざすと嫌われる理由と心理をお伝えしていきましたが、これはあなた自身にも見られる傾向があるかもしれませんので、この際に一度自分自身を見つめ直してみるなり、気をつけるように心がけておくと良いでしょう。

また、「愚痴が多い人の心理とある病気との関係性10選」もセットで読んでみましょう。

何にでも正論を振りかざす人と同じように、付き合いに困るタイプである愚痴が多い人ですが、なぜ愚痴をこぼしてしまうことが多いのか?その謎についても知ってみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP