生返事とは?心理を知れば悪気はない理由が分かる!

生返事をされて、イラっとする経験があるという人は珍しいことではなく、これは特に恋人同士や夫婦などに見られやすいと考えることができます。

相手からするとイラっとしてしまう生返事ですが、実は生返事をしている人というのは悪気はないというケースも多く、その心理を知ることによって、愛情がないなどの不安要素をなくすことにも繋がるはずです。

この1ページでは、そんな生返事をする人の心理を徹底追及していきます。

スポンサードリンク

生返事の意味と例

意味と例

生返事の意味は、「気のない答え」「はっきりしない答え」「いいかげんな答え」であり、このような生返事は相手をイラっとさせてしまったり、喧嘩のきっかけとなることも珍しくありません。

例えば、彼氏の気のない答えにイラっとしてしまうことは、生返事に対して怒りを覚えているのであり、女性が男性にイラっとしてしまう瞬間というのは、このようなシーンが非常に多いと言えます。

よりイメージしやすいように、以下に例を挙げてみましょう。

漫画に夢中になっているA男に、B女が話しかけました。

すると以下のような生返事でA男は対処したのです。

B女.ねぇ、今度○○に旅行に行かない?

A男.うん。

B女.私は○○がいいと思うんだけど…

A男.また考えとく(心の中は漫画で夢中であり、明らかに考える気がない)

上記の例であれば、彼女は彼氏と一緒に考えて気持ちを共感したい、または自分は必死に調べているのに対して、彼氏が彼女の求めていることとは程遠い対応をしたので、彼女は怒りを覚えてしまったというわけです。

そんな生返事の心理についてですが、次のタイトルでは、なぜ人は生返事をしてしまうのか?または、男性ほど生返事をする確率が高いのかという理由について、説明していきます。

 

生返事をする人の心理

男性脳の特徴

生返事をする人というのは男性に多く見られると考えることができ、ドラマや映画などでも、妻や彼女の質問に生返事をしてしまい、女性をイラっとさせてしまうシーンをよく目にするものです。

これは男女の脳の違いによって見られる違いであり、女性脳の場合は一度に複数のことを処理することができますが、男性脳は一度に一つのことしか処理することができないため、男性の方が生返事が多くなるということに繋がります。

例えば、男性がゲームや映画に夢中になっている時というのは、話しかけても生返事が多くなりますし、すごく集中している時であれば、無視されてしまうこともあるでしょう。

このように、男性脳というのは一つのことしか処理ができないという特徴を持ち、女性脳は複数のことを同時に処理することができるという特徴があるため、男性の生返事が女性をイラっとさせてしまうというわけなんですね。

一方で男性脳というのは一つのことに集中する傾向があり、一つのことを極めるようとする力が長けているために、研究者などに男性が多いのも、こうした男性脳の特性によるものです。

 

面倒くさい

もう一つの考えられる心理としては、ただ単に返事をするのが面倒くさいのか、または気分屋である可能性も考えられます。

会話が面倒くさいなんてありえないでしょ?なんて思う人もいるかもしれませんが、相手が必要以上に質問攻めをしてきたり、聞かれたくないことをズバズバと聞いてくるようなケースでは、自分を守るためや、質問に答えることが面倒だと感じてしまい、生返事になってしまっているのかもしれません。

あなたも何度も同じ質問をされると、前も同じことを言ったとか、うんの二文字だけで済ましてしまった経験があるのではないでしょうか。

また、気分屋の場合は、自分の気分が乗らないときには会話をしたくないとか、自分が気分が乗るときには相手をしてほしいといった行動パターンが目立つため、一人でいたい気分の時などに話しかけられると、生返事になってしまう可能性も考えられます。

めんどくさがりで、さらに面倒なことを相手に押し付けるような性格であった場合は、相手の気持ちになって考えることができない、自己中心的な性格であるため、対人感受性が必要となります。

 

女性の生返事の理由は?

男性脳である

生返事というのは男性だけに限らず、女性も同じような返事をすることがありますが、考えられる1つ目の理由としては、男性脳の持ち主であるということです。

見分け方としては、右手の薬指と人差し指の長さによって、見分けることが可能とされています。

薬指の方が人差し指より長い場合は、男性脳であり、人差し指の方が薬指より長いか、または同じくらいの長さである場合は、女性脳であると判断することができ、これには男性ホルモンが関係しています。

お母さんの胎児にいる赤ちゃんが、男性ホルモンであるテストステロンを大量に浴びた場合、薬指が長くなるということが、イギリスの心理学者が行った実験によって判明しています。

芸能界であっても、香里奈さんは男性脳の持ち主であるとホンマでっかTVで指摘されており、実際に薬指の方が長いというシーンも紹介されていました。

つまり女性であっても男性脳の持ち主は存在し、男性脳が原因で生返事が多くなってしまっているのかもしれません。

 

生理的に受け付けない

よく女性は生理的に受け付けないと言いますが、こちらの可能性も考えられます。

生理的に受け付けない相手に対して生返事で対応するのはおかしなことではなく、女性は不快だと感じる相手に対してははっきりとした態度をとり、その意見を変えようとはしません。

つまり自分だけ冷たい態度をとられ続けたり、生返事ばかりで対応されているのであれば、あなたが生理的に受け付けない人である可能性が考えられるのです。

清潔感がないと言われる人や、挙動不審な動きをする人は、特に生理的に受け付けないと思われる確率が高くなります。

 

嫌い

嫌いな相手に生返事で対応することも考えられ、これは男性であっても同じよな対応をする人がいますよね。

特に女性はちょっとしたことがきっかけで嫌いになり、先ほどもお伝えしたように意見を変えない人が多いので、一度嫌いと思われてしまえば、それ以降は生返事で対応することによって、遠回しに嫌いであるということを伝えているのかもしれません。

嫌われているかもしれないと感じているのであれば、こちらの可能性を疑うのがいいでしょう。

 

対処法

タイミングを伺う

男性脳の持ち主である人に対しては、話しかけるタイミングが非常に大事であり、相手が何かに夢中になっている時は決して話しかけてはいけません。

夢中になっている時に真剣な話をしたとしても、生返事ばかりでストレスを感じてしまうのは、あなた自身なのです。

そうではなく、相手が夢中になることを終えた時に、話しかけることができると、ベストタイミングであると言えるでしょう。

 

名前を呼ぶ

また、男性脳の持ち主に対しては、いきなり要件から入るのではなくて、最初に名前を呼んでおけば効果的です。

今伝えたいことがる時には、○○君と最初に名前を呼んで、それから内容を話してみましょう。

名前を最初に呼ぶことは、聴覚的定位が起こるために、集中していることから会話をすることに脳が切り替わるのです。

その場で伝えたい時や、自分に注目を集めたい時には、ぜひこの方法を取り入れてみてください。

 

注意する

故意的に生返事をしていない場合は、しっかりと話を聞ける状態の時に注意をしましょう。

無意識のうちに生返事となってしまっている場合は、自分でもどのような返事をしているのかということがよく理解できていません。

だからこそ、どんな返事であったのかということをきちんと伝えて、このような態度が多いことが嫌だということを伝えてみましょう。

これは当然男性脳の特徴でもあるので仕方ない部分もありますが、相手がどのような対応をしているのかということをしっかりと伝えることで、相手に意識させる狙いがあります。

 

あなたも気をつけよう!

いかがだったでしょうか。

特に男性脳である人は、自分自身も生返事をしてしまっている確率が高くなることから、気をつけなければなりません。

このような心理や脳の違いを知っていれば、生返事に対する感情というのも違ってくるでしょうが、何も知らない人からすれば、イラっとしてしまうかもしれません。

私も男性脳なので気をつけるようにはしていますが、やはり無意識のうちに生返事となることがあるようなので、集中しているときは生返事になることがあるよ、と事前に相手に伝えておくことで、理解者となってもらう対処をとっていますので、よければ男性脳である人は真似してみてください。

また、「正論を振りかざすと嫌われる理由とその心理10選」もセットで読んでみましょう。

こちらも男性脳ほど見られる特徴であり、嫌われてしまう理由についても心理学的目線でご紹介しているので、よければセットで読んでみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP