出世する人の特徴やしない人との決定的違い10選

出世願望がある人にとっては、ライバル達を蹴落としてまでも自分は出世するんだ!という強い気持ちで、日々仕事に取り組んでいる人もいる一方で、こうした人が必ずとも出世するとは限らないのがこの世の中です。

この記事では、心理学の研究結果や知識を用いて、理想のリーダーになりやすい人や、仕事ができる人というのは、どういった人が多いのか?という部分を見ていくことで、出世しやすい人の特徴をまとめていきます。

特徴としない人の違い

嫉妬深い人

心理学の世界では、嫉妬深い人ほど人の上に立ちたがるということが分かっており、嫉妬深い人というのは自分よりもできる人に対して、気に入らないという感情を抱きやすく、嫉妬しやすいということが分かっています。

これは特に男性に当てはまる特徴であり、男性は競争心が強いために、小さな争い事でも必死になって勝とうとする生き物であり、ゲームやトランプなどでも、勝てなければ怒ってしまう人がいるのもこのためです。

これがなぜ出世する人の特徴に繋がるのかと言えば、競争心が強く嫉妬深いということは、逆に仕事ができる人対して、劣等感を抱きやすいということになるからです。

この劣等感こそ、成長するにための原動力となる武器であり、劣等感を成長に繋げることができる人というのは、他人と大きな実力の差をつけることができる人でもあります。

一方で、劣等感が原因で自慢ばかりする、他人に攻撃的である、不幸アピールをするなどの言動は、自分を成長させることに繋がるどころか、他人に嫌われてしまう可能性を上げてしまうだけなので、職場で孤立してしまう人の特徴にも当てはまると言うこともできます。

劣等感が強すぎると、上記のような言動が見られ、最終的には劣等感が強いコンプレックスとなっていくような悪循環となるために、理想が高すぎて完璧を追い求めている人ほど、口だけ達者で出世できな人に当てはまりやすくなると考えることができます。

 

原因帰属できる人

原因帰属とは、「なぜ上手くいかなかったのか?」という原因を考えることであり、成長する人というのは、上手くいかなかったことを失敗したで終わらせるのではなく、失敗した原因を考え、上手くいかない原因を追求できる人であります。

これをスポーツ選手に例えると、スタートが圧倒的に周りよりも遅いことが敗北の原因であるのに、それを無視して、筋トレばかりする人というのは、敗北の原因が分かっていないために、やはりそれ以上の成長はあまり見込めません。

出世する人というのは、「自分の努力が足りなかった」とか、「スキル不足であった」ということを認めることができ、そして失敗の原因帰属が「自分の努力や能力不足である」と素直に認めることができる人というのは、成功したいという思考が強い人であるのです。

逆に出世しない人というのは、「仕事が上手くいかなかったのは自分のせいではなく、その時の体調やタイミングが悪かったからだ」と、自分ではなく外的要因にしてしまう人であり、こうした人はパチンコなどで負けてしまっても、自分ではなく出さない店側が悪いと、外的要因を求めていることが多いです。

さらにこうした外的要因を求めている人は、「とにかく失敗しなければそれでいい」という考え方をしがちなので、努力してそれ以上のスキルを身につけようという欲求が弱く、努力すれば必ずしも成功するわけではないという考えをしてしまいがちです。

出世したいのであれば、失敗の原因を的確に分析し、そして失敗の原因が自分であるときには、しっかりと認めることが重要となります。

 

”どうやって?”まで考えれる人

”なぜ失敗したんだろう?”ということを考えることが重要であると述べましたが、なぜだけで止まってしまっては、これは結局のところ問題解決に至らずに、劣等感が強いコンプレックスになってしまうかもしれません。

出世する人というのは、どうやってまでを考えることができる人であり、これはアドラーという超有名な心理学者が教えている、劣等感を苦にせずに成長するための方法の1つです。

自分のスキルを上げるためには、原因をどうやって解決すればいいのだろう?という考え方をし、解決できるのかどうかに注目することができる人こそ、出世できる人の特徴であると言えるでしょう。

これは誰かが大きな失敗を犯したときに、多くの人が犯人探しをしてしまいがちですが、そんなことより、現状をどうしたら解決できるのか?誰が責任を取るのかということを考えることによって、よりスムーズに問題解決に進むため、こうした考え方ができない人は、出世しない人である可能性も高まると言えるのです。

 

最初に言い訳するかどうか

最初に言い訳する人の心理というのは、あえて予防線を張っておくことによって、万が一自分が失敗した時などに、その予防線を活用することにあります。

このタイプは決して自分の失敗を認めたくない性格傾向が見られ、自分に自信がない人や、責任転嫁する人ほど見られやすい性格となっています。

言い訳をするということは、原因帰属で言えば、「自分以外のもののせいにする」ことに当てはまり、例えば、昨日飲みすぎた影響が…とか、最近疲れ気味で…などといった予防線を最初に張っておくことによって、決して失敗しても自分のせいではないよ、ということを伝えているのです。

これはまさに出世しない人の特徴に当てはまり、逆にどんな状況でも言い訳をせずに、「お酒を飲みすぎた自分が悪い」とか、「睡眠をしっかりとらない自分が悪い」という原因帰属ができる人は、出世できる人であります。

また、最初に言い訳する人というのは、プライドが高すぎる、自己意識過剰であるという傾向が見られるために、失敗を認めることを何よりも嫌がるのもこのタイプに多いということになります。

 

助言を聞きすぎない

真面目な人ほど上司の話をきちんと聞いたり、先輩の助言を一から十まで全て聞き入れ、そして実行しようとするものですが、実はこうした話を聞きすぎる人というのは、仕事の効率が悪くなるということが分かっています。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP