悲惨な人生と言われる人の共通点9選

「何をしても楽しくない…」とか、「楽になる方法はないのかな…」など、悲惨な人生を送っている人は、自分を責めてしまった挙句に、楽になる方法を考えることが多いです。

成功者や人生の絶頂期にいる人には、到底理解もできそうにない悲惨な人生ですが、そう言われる人の共通点をまとめていくことで、そうした人の気持ちも少しは理解できるようになることでしょう。

スポンサードリンク

親の借金を肩代わり

親の借金が発覚し、肩代わりをした瞬間から人生のどん底を味わい、借金に追われてばかりの生活を送っている人は、まさに悲惨な人生です。

稀にテレビで借金10億からの復活劇なんて人を目にしますが、こうした人は本当にごく一部であり、多くの人が親の借金を肩代わりすることで、生きることに大きな不安を抱いています。

自分で作ったわけでもなく、自分の親の尻拭いをする羽目になるとは、子供であれば誰もが想像しない最悪のケースと言えるでしょう。

 

機能不全家庭で育った人

機能不全家庭とは、アダルトチルドレンのことであり、虐待やアル中などの環境の元に育ってきた、健全に機能していない家庭のことです。

これのどこが悲惨なの?なんて疑問に思う人もいるかもしれませんが、親の愛情を十分に受けずに育った子供は、社会に出て人間関係や仕事関係など、様々なことに頭を悩ませるようになります。

挙げ句の果てには、悩みや不安が常に頭をよぎるようになり、うつ病と診断されるケースが非常に多いです。

自分に自信を持てず、人間関係もうまくいかない、仕事もうまくいかない、親にも頼れないクズ親である環境で生きているとすれば?間違いなく悲惨な人生であると誰もが思うことでしょう。

 

騙され、希望を失う

詐欺師に大金を騙され、大借金を背負ってしまったり、数十年にわたって貯めた貯金を一瞬で失ってしまう人が、今日もどこかにいることでしょう。

このような事件を目にすると、一見お金ばかりに目がいってしまいがちですが、人を信頼できない恐怖症となってしまうことが多く、結婚詐欺などにあってしまえば、その人がその後結婚を決断することは非常に勇気のいることとなります。

こちらの場合、悲惨な人生を送ることとなる原因はお金だけにあらず、精神的な問題で仕事を辞めてしまったり、人間不信にも繋がるため、希望を失い、楽しいことがない人生を送ってしまう人が後を絶ちません。

 

ギャンブルで破滅

これは自業自得とも取れますが、ギャンブルで破滅し、自己破産申告をする人が後を絶ちません。

特にカジノとなれば、負けたその日に車を売り、その資金でまたギャンブルにつぎ込む…なんてパターンも珍しくなく、その日に自ら命を立ってしまう人も実際にいます。

悲惨な人生を回避するためには、ギャンブルに必死になってはいけません。

 

一発逆転からのどん底

宝くじ高額当選をしたからといって、必ず幸せになれるとは限らず、逆に悲惨な人生を送る原因となってしまうことがあります。

有名どころで言えば、イギリスのある女性は3億円以上の高額当選をしたものの、その後薬物に手を出してしまい、結局は自殺をしてしまいました。

他には、アメリカの女性は2億9千万が当たったものの、その後浪費癖や親の借金などを肩代わりして、現在は破産宣告後にパートを3つ掛け持ちするほどの生活となってしまいました。

人は急に大金を手に入れると、お金に使われてしまう他、人が寄ってきて人間不信などになるケースが多いのです。

こちらも自業自得と言えばそうなりますが、金は人を狂わせ、悲惨な人生にさせることさえもありうるのです。

 

ブサイクで自信喪失

今であれば整形することに対しての偏見は薄れてきていますが、昔の人は整形することに偏見がありましたし、何より気楽にできるほどの技術もありませんでした。

自分は何も悪いことはしていないのに、顔やスタイルが原因でいじめられたり、いつも一人でいるような青春時代を送ることとなれば、明るい未来を想像できないのは当然です。

時間は平等であることは間違いありませんが、人は生まれた瞬間から平等であることは、絶対にあり得ません。

 

障害によるハンデ

発達障害などの何らかの障害によって、同級生と大きな差がついてしまったり、それが原因でいじめられたり、孤立してしまうことに頭を抱える人は、日本だけでどれだけの数がいるでしょうか。

テレビでは障害を乗り越えた人が紹介されやすいですが、現実はそんなに強い人ばかりではなく、無趣味で友達も少なく、悲惨な人生に希望の光を見出せない人もたくさんいるのです。

誰が悪いわけでもなく、ただただ悩むしかできない人生が続くと、心が病んでしまうのも当然です。

 

冤罪による逮捕

自分は全くの無実であるにもかかわらず、ある日逮捕され、刑務所生活が始めると考えてみるだけでも、悲惨でやるせない気持ちが込み上げてくるほど、免罪による逮捕は悲惨です。

これは刑務所に入れられるだけでなく、家族にそのまま逃げられた人もいるでしょうし、ニュースで大々的に自分が犯人であると報じられる他、仕事だって失います。

冤罪によって全てを失った人を、悲惨な人生と言わず、何と言えばいいのでしょうか。

 

殺害された人

自分の意に反し、他人の意思で殺されることは、悲惨な死を遂げると同時に、悲惨な人生と表現されることが多いです。

過去を遡ると、監禁された後に殺害されたり、マフィアに悲惨な殺され方をするなど、様々な事件がありましたが、悲惨な人生として多くの人に知られる事件として、今でもネット上では語り継がれています。

 

自分ばかり責める必要はない

いかがだったでしょうか。

もしもあなた自身が、自分は悲惨な人生であるかもしれないと思うのであれば、自分ばかりを責めるのではなく、思い込みすぎない程度に悩む必要があります。

当然それができないからこそ、悩みや不安が絶えないわけですが、共感できる友達を作ろうと動いてみたり、頼れる人を探してみるなど、何か行動を起こさないことには現状は変わりません。

最終的に自ら命を絶ってしまう人の多くは、自分自身を責めすぎたばかりに生きるのが辛くなり、楽になる方法を選びます。

どうかあなたは、自分ばかりを責めるような思い込みをしないように、楽な生き方を見つける方向に向かってください。

次のページでは、「悲観的な人の心理を知れば、全て解決できる7の理由」を紹介していくので、悲観的な自分に疲れてしまった人は、是非一度目を通してみてください。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP