避けられる人の特徴と原因10選

はっきりとした理由も分からずに、職場や学校で避けられてしまう人がいますが、どう対処すれば良いのかも分からず、今を楽しむことができないと頭を抱える人も珍しくありません。

また、避けられている原因があまりにも納得できないものであり、対処が非常に難しい場合もあるでしょう。

そんな避けられる人に共通する特徴や原因を知ることで、光を見つけ出すヒントを得ることができればと思います。

スポンサードリンク

被害妄想や思い込みが激しい

被害妄想や思い込みが激しい人ほど、相手に対して嫌悪的な態度を取りやすくなってしまうことが、避けられることに繋がります。

これは嫌悪の返報性で説明可能であり、自分の悪口を言われている事実を知った時に、もうあの人には近づかないでおこうと思うことがありますが、これこそ嫌悪の返報性であり、嫌悪感を抱くことにより、互いに嫌悪感を抱くようになる法則が心理学では存在します。

被害妄想や思い込みが激しい人の場合、勝手に自分は嫌われていると思い込み、他人に相談したり愚痴をこぼすなどの行動に出ることで、その噂が相手にも伝わってしまうのです。

すると噂を耳にした相手はあなたに嫌悪感を抱き、避けられてしまう原因を作ってしまうことになります。

 

影でバカにされやすい

避けられる人ほど影でバカにされてしまう理由としては、仕事が周りに比べて遅かったり、普段の何気ない行いが目立ったりするなど、何らかの原因があるからこそ影でバカにされてしまいがちです。

また、影でバカにされているかもしれないと感じることで、他人の視線に敏感となった結果、集団で笑い声が聞こえると「またバカにされているのではないだろうか…」という不安を覚え、自ら近寄ることを拒むようになります。

すると先ほど説明した通り、嫌悪の返報性により互いに避ける存在となり、最悪のケースでは孤立してしまうことに繋がります。

 

無神経な人

無神経な人とは、相手のコンプレックスを平気で言葉に表したり、小馬鹿にするような言葉を平気で口にする人のことであり、相手の気持ちを考えずに言動に出る人は避けられたり、相手をイラつかせることが多いです。

無神経な人の場合、相手の気持ちを考える前に言動に出てしまうことが多いため、気をつけているつもりでも後の祭り状態であったり、ミスに気づかないこともしばしば。

笑いを取るためにいつも周りをいじっていたり、相手を怒らせたりイラつかせることが多い場合は、「自分は無神経であるかもしれない」と疑いを持つ必要があります。

 

見下してる、上から目線

常に上から目線であったり、常に他人を見下しているような人と一緒にいても、幸せな気分になれるわけがありません。

同じようなタイプであった場合、気が合う友人として関係を築けるかもしれませんが、たいていの場合は、無理に共感しなければならない、作り笑顔を作らなければならない、自分も同じように見られるのが嫌だ、などの理由から避ける選択をとりがちです。

いつも自分と他人を比べ、バカにしたり見下す言動が目立つ人が避けられるのは当然のことです。

 

異性の前では別人になる人

普段はドケチでやることなすことがセコイのに対し、異性が現れると急に変わる人がいますが、こうした人は同性から避けられやすく、あまり良いイメージを持たれません。

女性であれば、異性の前で急にぶりっ子となったり、弱々しいそぶりを見せるなどが良い例であり、こうした見え見えの演技に騙されてしまう異性に腹を立ててしまうのも、避けられてしまう原因であると言えるでしょう。

異性の前で別人になることは、嫉妬を生み出すことにも繋がるため、仲間外れや陰口の対象となってしまうこともしばしば。

 

自慢話と愚痴の繰り返し

自慢話が多い人ほど愚痴が多くなる傾向にあり、自分を大きく見せるために自慢をする人は、人より上に立ちたがる傾向が強く見られます。

人より上に立ちたがる人ほど、自分よりも目立つ人に劣等感を抱きやすくなることから嫉妬心を抱きやすく、嫉妬することで陰口や愚痴がどんどんと溜まっていくのです。

このタイプは常に自分が一番でないと気が済まなかったり、目立つ人に対して過剰に意識する特徴が見られるため、一緒にいて非常に面倒なタイプであるとも言えるでしょう。

 

損得勘定で動く

損得勘定で動くことが必ず悪ではありませんが、利己的な損得勘定のみで動く人は当然嫌われてしまいますし、何より一緒にいて居心地良く感じることもありません。

利己的な損得勘定とは、自分の利益ばかりを追求する人のことであり、互いに得をする交渉を行うことができる人は、win-winの関係を結べる人であるため、避けられるよりも一緒にいたい人となります。

利己的な人は自分に甘く他人に厳しい、理不尽な要求をするなどが特徴的であり、自分が利益を得れるのであれば他人の利益など気にしない人が、利己的な人であります。

また、利己的な人は自分が正しいと本気で思っているため、損得勘定で動く癖を注意されたり、利己的であることを注意されても、聞く耳を持たないので扱いが非常に厄介です。

 

勘違いな言動が多い

勘違い男や勘違い女のことであり、痛い人と表現される人にも当てはまる項目ですが、自己評価が異常に高い人であると表現すると分かりやすいかと思います。

このタイプは、周りが思う評価よりも自分の評価が高いと思い込んでいる他、自分は優れた人間であると思い込んでいるため、勘違いな言動が多く見られた結果、相手が心底引いてしまうことも珍しくありません。

例えば、チャラい男がかっこいいと思い込み、言葉遣いや行動をチャラく見せるのが良い例であり、ブサイクがこうした言動に出たところで、引かれてしまう悲しい現実が待っているだけなのです。

 

無愛想に見られがち

笑顔が少なく無愛想な人ほど避けられやすく、人は第一印象で評価がほぼ決まってしまう他、その人の人生が大きく変わることにも繋がりかねません。

ブスッとした表情の人に対して、そもそも近寄りたいと思うことも稀ですし、何より近寄りがたいオーラを出していては、避けられてしまう原因を自ら作っているようなものです。

また、避けられる人ほど自分に自信をなくしていき、マイナス思考で笑顔が少なくなってしまうため、無愛想な人であると評価されてしまえば、より近寄りがたい自分を作っていくこととなります。

 

自己愛が強すぎる

ここ最近急増していると言われている自己愛の強い人ですが、自分は特別な存在であるとか、自分が大事にされたいという気持ちが強すぎれば、病的な自己愛と評価されることがあります。

病的な自己愛の人には、「理想の自己イメージが現実離れしすぎている」「特別な人間であるとの思い込みから、自己中心的な言動が多く見られる」「共感性が欠如しており、相手への思いやりに欠けている」などの特徴が見られます。

簡単に説明すると、自己中心的な性格で、特別扱いされないと気分を損ねる、自分本位で相手の気持ちは次である人が、自己愛が強すぎる性格の典型的特徴であると言っても過言ではありません。

こうした性格の人を”好かれるのか好かれないのか?”のどちらかで判断するとすれば、圧倒的に好かれないと答える人が多いのは誰でも想定できることですよね。

 

容姿で避けられることも…

いかがだったでしょうか。

世の中は残酷なもので、容姿が醜いなどの理由で仲間外れにしたり、一緒にいると自分の評価が下がりかねないという理由から、避けられてしまうことも現実に起こりうることです。

避けられるには必ず理由が存在し、原因をしっかりと追求後に受け入れることができれば、自分が次に何をすべきなのかの選択が明確となり、心がスカッとすることでしょう。

相手の勝手な都合で避けられることもあるでしょうが、その原因を受け入れることができなければ、だらだらと悩み続ける苦しい時期が続いてしまう確率がグッと上がり、解決策が見つからない日々が続いてしまうことに繋がりかねません。

次のページでは、相手をイラっとさせて避けられてしまうこともある、「ドジな人の特徴や共通点10選」について述べていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP