下品な男の特徴やそう感じる瞬間10選

下品な人が嫌われるのは当然のことですが、”具体的にどのような言動が下品に感じるのか”を理解できず、イケてる自分を演じているはずが、下品であると評価されている人も珍しくありません。

上品である必要はありませんが、下品と思われることは自分の評価を大きく下げることに繋がり、嫌われる原因を作ってしまいかねません。

この1ページでは、下品と思われる言動とその瞬間をまとめていきます。

スポンサードリンク

食べ方が汚い

食べ方が汚い男とは、ズルズルと音を立てて食べる他にも、迎え舌で食事をする人や、食べ残しが汚い、口の周りに食べ物が付着しているなど、様々な要素が食べ方が汚いと評価されることとなります。

一般的に、食べ方が汚い男は育ちが悪いとか、教育が悪かったなどと思われ、両親を見下されることにもなりかねないため、食べ方が汚い方はすぐに修正した方が良いでしょう。

食事中に下品な一面を見せられることは、食欲を失う他、楽しい時間を失われる瞬間でもあるのです。

 

下ネタや、お金の話を平気で聞く

下品な話をする男の特徴として、平気で下ネタや下の質問をしてくる、お金の話を平気で聞くなどが当てはまり、こうした話を平気で聞く人は無神経な人であるとも言えるでしょう。

女性に対しての過剰な下ネタや、下の質問はセクハラになる可能性がありますし、お金の話は聞かれる側の方がデメリットが大きく、嫉妬される原因を作ってしまいかねません。

自分では良いと思った質問や、面白いと思った質問であっても、相手次第では下品となることもありますし、常識の範囲内で下品だと評価されることもあります。

 

どんな時でも声が大きい

TPOをわきまえずに、どんな時でも声が大きい男は下品であり、このタイプは笑い声や一つ一つの動作も大きかったりします。

声が大きい原因というのは、老化や病などが関係してくることも多いですが、中には自分の存在を大きく見せるために声を大きくしたり、動作を大きくする人がいるからです。

自分の中では「かっこいい」とか「強い男だ」と感じているのかもしれませんが、周りからすれば下品で小さな男だなと感じてしまう瞬間でもあります。

 

必死な金持ちアピール

必死な金持ちアピールの例を挙げるとすれば、SNSで札束や高級ブランドの写真をたくさんアップする、物や車の自慢話が非常に多い、年収を平気で暴露するなどが当てはまり、成金感が強い人ほど下品であると言えば分かりやすいでしょうか。

本当のお金持ちはアピールする必要もなく、周りが認めていることや、持ち物で自然と周りが察するものです。

物や現金を見せびらかせてアピールすることが、上品であるのか下品であるのかと言われると、下品であると答える人が圧倒的に多いと予想できます。

 

不潔感があり、太っている

下品な体型や下品顔と呼ばれる人がいますが、不潔感漂うぽっちゃり体型は、見た目からして下品そうとレッテルを貼られることになりがちです。

これは悲しい現実であり、人は容姿によってイメージが大きく変わり、太っている人ほど清潔感がなくなっていきます。

原因としては、汗や息切れや体臭、だらしない体型などが考えられ、太っている人ほど清潔感をより強く意識し、”自分がどう思われているのか”に対して敏感になる必要があります。

 

足を広げて座る

電車や椅子など、足を広げて座る光景は決して珍しいものではありませんが、こうした仕草は下品に見えてしまいますし、何より周りの迷惑となることもあります。

足を広げられたり、足を組むなどの仕草を見せることで、自分は強くて大きい人間であると見せたい心理が働いていますが、周りからすれば”ただ目立つ下品な男”と評価されてしまいかねません。

また、普通に座ることでもう1人座れたり、隣の気分を害することもなくなるため、こうした癖がある人は今すぐやめるべきです。

 

言葉遣いが汚い

アホとかボケなど、言葉遣いが汚かったり、言葉がきつい男ほど下品に見られやすく、中にはこうした言葉遣いがイケてると勘違いし、悪い自分を演じる男もいます。

これは印象操作の威嚇に当てはまり、成功すれば「怖い人である、危険な人物である」との評価に繋がりますが、失敗すると「威張っているだけ、うるさい男」との評価に繋がってしまいます。

どちらにせよ、下品であると思われることになりますが、失敗すると周りからバカにされてしまうため、最悪の結果となってしまいます。

 

上から下まで舐めるように見る仕草

女性に対して、上から下まで舐めるように見る男がいますが、こうした仕草は全て女性にバレていますし、何より下心が隠せない男として警戒されてしまいます。

純粋な恋を求めるよりも、下心を感じさせる男は下品極まりないと思われても仕方がないことですし、女性からすれば見下されているように感じることもあるため、余計に腹が立ってしまうのです。

女性の立場となってみると、体全体を平気で舐め回すように見られているわけですから、なめられていると感じることは当然と言えば当然ですよね。

 

下着が見えていたり、だらしない格好

ひと昔前には下げパンが流行り、あえてパンツを見えることがかっこいいという風習がありましたが、これはもう時代遅れですし、何よりだらしない格好であることに間違いありません。

DQNと言われる人は、ダボダボのジャージを来て街を歩いていたり、派手でだらしない格好をする人がいますが、このタイプは言動も下品であることが多いです。

その理由としては、先ほどもお伝えした印象操作による威嚇が原因であり、自分が怖い人間であると周りにアピールすることで、危険な人物であるとの評価に結びつけようとする心理が働いています。

 

奪うことで快感を覚える

友達の恋人を奪ったり、欲しい物を奪う考えは下品そのものであり、非常識であるともよく言われます。

中には、浮気や不倫がやめられない人もいますが、こうした人は「自分が幸せになるためには、何かを満たすことができれば可能である」という思い込みから、満たされない現状を変えるために浮気や不倫に走り、生活の穴を満たそうとする心理が働いています。

こうした考えは間違いでありますし、依存体質である可能性が非常に高いです。

 

下品であることを認めることが大事

いかがだったでしょうか。

完璧な人間など存在しないので、あなたも下品であると思われる言動が見られることもあるかと思いますが、それを否定するのではなく、それも自分であると認めることができれば、少しずつ下品な一面を改善することに繋がります。

人は自分の評価を少し高めに評価する性質を持つだけに、自分の非や悪い一面を認めることができなければ、自己評価の高い人であると思われてしまうきっかけとなってしまうのです。

自分は決して上品な人間ではない現実に気づけない人は、勘違い男と思われても仕方がないことですよね。

次のページでは、「避けられる人の特徴と原因10選」について、好かれない人の特徴をあげていくことにします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP