不愉快な人の特徴や共通点20選

どれだけ楽しいひと時を過ごしていても、不愉快な人が現れると夢の時間は崩れたように終わりを告げ、嫌な気持ちで1日を終えたという人も珍しくありません。

そんな不愉快な人が現れた時には、共感できる共通点などを知ることで、スカッとした気持ちになりたいものですよね。

この1ページでは、他人を不愉快にさせる最低人間の特徴について、20の項目にまとめていきます。

スポンサードリンク

舌打ちや睨む人

すれ違いざまに舌打ちをする人や睨む人、または全く知らないのに一方的に睨んできたり、目を合わそうとしてくる人がいますが、こうした人はまさに他人を不愉快にさせる人です。

文句があるなら口で言えばいいものの、一方的に不愉快にさせたままどこかに消えていくことも多いので、被害者側は不完全燃焼でイライラが募るばかりです。

本心では「殴ってやりたい」という気持ちをグッと抑え、その場を立ち去ったという人も多いのではないでしょうか。

 

攻撃的で面倒な人

人の顔をジロジロと見てきたり、車で煽ってくる人などが当てはまる項目であり、こうした攻撃的な人は感情的に怒ることが多いため、相手にすると非常に厄介です。

“不愉快極まりない”とはまさにこうした人であり、どんなことがあってもかかわってきてほしくはない、ウザい存在であると言えます。

 

他人の気持ちを考えない人

他人の気持ちを考えずにズバズバと発言する人がいますが、このタイプは無神経であると評価されるタイプであり、冗談のつもりが相手を深く傷つけ、嫌われる原因となることが非常に多いです。

こうした無神経な人は、自分は傷つかないので相手も傷つかないと本気で思い込んでいたりもするため、相手を不愉快にさせたことを謝りもせず、自分を正当化するケースが目立ちます。

 

自己愛が強い勘違い野郎

自己愛が強すぎる人は自分を特別な存在だと思い込んでいるため、自己中心的であったり、特別扱いされたい気持ちが強いなどの特徴が見られます。

このタイプは周りよりも自分が目立たないことに怒ったり、特別扱いされないことで不機嫌になる、SNSで賞賛を求める投稿をするなど、とにかく扱いが面倒な性格であります。

長く付き合いを続けると不愉快だと感じ、やがて人が離れていく典型的性格がこちらになります。

 

横柄な態度を取る人

横柄な態度を取る人は、自分が優位な立場ともなれば攻撃的に出ることに加え、思い通りにならないことに腹を立てたりするため、非常に厄介な客として認識されやすいです。

さらにこのタイプの厄介な部分は、ストレス解消や優越感に浸りたいという心理からクレームをつけ、謝罪させることが目的である可能性があることです。

接客業などでは、絶対に対応したくないタイプであると言えるでしょう。

 

タメ口で偉そうな人

美容師などの接客業でタメ口で急に質問されたり、偉そうな態度を取る人がいますが、客側としては決して気持ちの良い対応ではありません。

特に美容師やマッサージなどは、気分転換や癒しを求めてくる人も多いことから、こうした職種の人から常識外れな対応をされることで、嫌な気持ちは膨れ上がってしまうのです。

 

割り込みを平気でする人

平気で割り込みをする人に対して、イラっとしたり、注意したくなるのは当然であり、中には自分は悪くないかのような態度を取り、攻撃的に反論してくる人もいます。

割り込みされが側からすれば、正しいことを主張しているだけなのですから、怒りや許せない気持ちが膨れ上がるのは当然のことです。

 

噂話が好きで、コソコソ話が多い人

噂話が好きな人は他人の不幸話に幸せを感じたり、詮索することで情報を握り、自分が優位な位置に立とうとする心理が見られます。

つまりこのタイプは、自分が常に優位な位置に立つために、相手の弱みを握っておきたい性格の持ち主であると言え、様々な情報を知っておくことによって、自分が上の存在であるとの安心感を得たいのです。

また、コソコソ話は気になるものですし、自分のことを言われているかもしれないという不安から、不愉快な思いをしやすいです。

 

他人を利用する都合の良い人

普段は愛想すら振りまかない人が、自分の都合の良い時だけ笑顔ですり寄ってきた結果、何かお願い事をしてきたり、友達ぶる態度を取ることに不愉快な思いを抱くことがあります。

こうした都合の良い人は、結局のところ自分ばかりを大事にして、周りには雑な扱いばかりをしてしまう傾向にあるため、嫌われ者である確率が高いと言えます。

 

距離感が近すぎる人

人は誰でも不愉快に感じる距離感が存在し、そこから一歩でも足が入ってしまうと、不愉快に感じてしまうパーソナルスペースがあります。

稀に、距離感が近すぎる人や、ボディタッチを平気でしてくる人がいますが、こうした人はパーソナルスペースが狭く、自分だけは不愉快に感じていないので、距離が近くなってしまうわけです。

特に警戒心が強い人からすれば、こうした距離感が近い人は不愉快に感じやすく、苦手なタイプであると考えることができます。

 

とにかく音を出す人

食べる時にくちゃくちゃと音を立てたり、ガムをくちゃくちゃ噛むなど、何かと音を立てる人は不愉快であり、マナー違反でもあります。

例えば、満員電車などで後ろからガムを噛む音がするとすれば、想像だけでもゾッとしてしまう映像がそこには浮かびます。

 

ケチで打算的な人

ケチで打算的な人は、会計ともなればトイレに立てこもったり、都合の良い時にだけ財布を車に忘れてくるなど、とにかく計算高く、損得を考えて行動を起こします。

人は誰でも打算的な一面があるものですが、ケチな人は自分にはお金をたくさん使うものの、他人には低コストで高利益を求めてしまうが故に、相手を不愉快な気持ちにさせた挙句、嫌われてしまうのです。

 

意見を押し付けてくる人

相談をすることで味方になって欲しい気持ちや、とにかく話を聞いて欲しい気持ちを理解できず、自分が正しいと思う意見を押し付けてくる人がいますが、こうした人は他人に厳しすぎるが故に不愉快な気持ちにさせ、反論させない態度を取ることが特徴的です。

あなたのためが良い例であり、他にも「お前はどうせ◯◯だから」など、とにかく自分の意見を押し付けてその場を解決しようとする人は、威圧的で人の話をしっかりと聞かないタイプに多いです。

 

いじめたり、仲間外れにする人

いじめられる側からすれば、いじめっ子が不愉快な存在であることは当然のこと、いじめ行為は見ている側も不愉快な気持ちにさせられます。

いじめ行為や仲間外れにする行為は、道徳に反する行為でありますし、何より人が苦しむ姿を見ていて楽しいわけがありません。

楽しいのは、いじめに加担しているメンバーだけなのです。

 

すぐに被害者面する人

すぐに被害者面する人は、たとえ自分に非があろうとも被害者面することで、自分は悪いくないんだということを主張しようとします。

また、被害者面することによって、本当の被害者がまるで悪いことをしたかのように思われることからも、不愉快な思いをすることに繋がりやすいです。

 

批判的で自分の話ばかりする人

批判的な人は自分の価値観のみが正しいと感じており、自分の意見を他人に知ってもらおうと説明することから、自分の話ばかりをしてしまう結果に終わってしまいがちです。

不愉快にさせるポイントとしては、自分の価値観を否定されることに加え、一方的に話を聞く部分にあります。

一方的に自己開示されることは、自分自身が自己開示できない状況になるため、人は誰でもある程度の不満を抱いてしまうことが分かっています。

 

匂いが強烈な人

香水、口臭、体臭など、匂いにも様々な原因がありますが、全てにおいて共通することは匂いが強烈であることです。

口臭が臭い人、体臭がきつい人、香水がきつい人、全て他人を不愉快にさせる原因であり、特に女性は匂いに敏感であることから、避けられやすい傾向にあると言えるでしょう。

 

裏切り者

パートナーを平気で裏切る人や、親友を平気で裏切る人が世の中にはいますが、こうした人物は本人からすれば不愉快であり、顔も見たくないほど恨みを抱く人もいることでしょう。

誰でもこうした裏切りをうければ苦手意識が強まり、やがては不愉快な人として厄介者扱いすることが一般的です。

 

愚痴ばかりな人

口を開けば愚痴ばかりな人は残念な人であり、愚痴を口にすることで同情を求め、他者をけなすことで自分を正当化しようとします。

愚痴も少しであれば許せるものの、毎回のように愚痴ばかり聞かされるとやがてこちらまで暗い気持ちとなり、決して爽快で晴れやかな気持ちにはなれません。

このタイプは生きる世界が狭すぎるため、小さなことが異常に気になったり、自分を大事に扱ってほしいという気持ちが強い傾向にあります。

 

気分屋な人

気分屋はその日の気分で良いこと悪いことが逆転するため、相手に不愉快な思いをさせやすく、自分勝手であるとの評価にも繋がりやすいです。

さらに空気が読めなかったり、ノリで大事な約束を決めてしまうことも多々見られることから、無計画で能天気な人だと思われることもしばしば。

 

不愉快な時はその場を離れる

いかがだったでしょうか。

不愉快な思いを抱いた時には、できるだけ早くその場から立ち去るのか、または一旦トイレに行くなどの対処を取りましょう。

最も良い対処法は、真剣に相手にしないことでありますが、時と場合によっては無視できないこともあるでしょう。

そんな時には不愉快な気持ちを愚痴り、誰かに聞いてもらうことで、簡単にモヤモヤした気持ちがスッキリするはずです。

次のページでは、「薄情者、薄情な人に共通する20の特徴」にて、冷酷とも呼ばれる心底冷たい人の特徴を述べていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP