【死んでほしい人がいる】あなたへ贈る9の対処法

「心の底から死んで欲しいと願う人がいます」なんて本音を暴露すれば、多くの人から反対意見が出ることになるかもしれませんが、実際にそうした環境で育った人や、それに値するほどの裏切りを受けた人はたくさんいます。

しかし、こうした本音を行動に移せば、あなたが損するばかりで得することは一つも見当たらず、刑務所にて多くの時間と若さを失うことになります。

この1ページでは、逮捕は避けたいあなたへ贈る、悪感情への対処法や心がスカッとする方法などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

不満の正体を明確にしよう

死んで欲しい人がいるあなたは、どこか漠然とした不満があったり、不安や不満が溜まっている現状にあると言えます。

そんなあなたの心をスカッとさせたり、ストレスや鬱憤を最小限に抑えるためにも、まずは不安の正体を明確にすることを優先しましょう。

そこで質問になりますが、「あなたが思う死んで欲しい人は、どんなことが原因で死んで欲しいと願うことになったのでしょうか?」

この原因がはっきりと分かれば、後は頭の中を整理して、不安や不満に対する効果的な対処法を実行することで、悪感情やモヤモヤした心と離れることができます。

実は不安や不満をもたらす対象はたったの3つとされており、「外部対象」「内部対象」「特定の行動やプロセス」の、3つどれに必ず当てはまるはずなので、自分がどれに当てはまるのかを冷静に分析し、対処法を実行していきましょう。

「外部対象」は、自分以外に不安や不満の原因があり、姑が怖くて嫌いだ、母親が怖くて苦手だなどが良い例です。

「内部対象」、自分の心の中にあるものが原因で不安や不満を引き起き起こします。「ホストに裏切られが過去があるので、ホストを見るたびに死んで欲しい気持ちが蘇る」などが良い例です。

「特定の行動やプロセス」は、特定の行動が原因で不安や不満を引き起こします。「過去に田舎道で痴漢にあったので、人が通りかかると同じ被害にあうかもしれないという気持ちになる」などが良い例です。

上記の3つを読み、あなたが不安や不満になる原因が分かったのであれば、後はそれに対する効果的な対処法を知っておくだけです。

例えば外部対象が原因で、それが暴力的な父親であった場合は、父親が目の前に現れても焦らずにリラックスする方法を見つけるとか、自分一人が抱え込まずに常に誰かに相談する、またはセラピストなどに相談するなど、最も効果的であると思う対処法を身に付けることが重要となります。

3つの原因全てに有効となる対処法としては、現実逃避をおこない、不安や不満を避けてしまうのも立派な対処法となります。

 

許す必要は一切なしと思えば良い

死んで欲しいと思う人がいても、「こんな事考える自分は…」などと、時に自分を責めてしまうことがありますが、そんな思い込みは一切不要ですし、許せないのであれば無理に許す必要もありません。

ただし必要となることは、「死んで欲しい人を許せない自分を認めること」です。

もっと簡単に言えば、「許せない自分を許してあげること」であり、これができるかできないかでは、非常に大きな心理面での違いが見られます。

許せない自分を許すことができれば、相手を許してはいけないという自分のルールに縛り付けられることもなく、さらに「もう一生許さないのだから、相手のことをそれほど意識する必要もないんだ」という解放された気持ちになれることから、縛り付けられたルールから離れることができるのです。

相手を許す必要はなくとも、許せない自分を許すことは忘れないでください。

 

優位な位置に立ってしまおう

世の中には「詮索好きである」と評価される人がいますが、詮索の意味は「細かな部分まで情報を探ること」であり、ターゲットの噂話やプライベートな情報を調べたり、友人から聞き出そうとする行為がこれにあたります。

これをすることの最も有効な点は、相手の情報をたくさん知っておく=自分が優位な立場に立つことができることであり、情報を握ることは弱みを握れたり、相手を支配することに繋がります。

例えば、姑に対して死んで欲しいくらいの憎い気持ちがある人は、姑に関する情報を片っ端から集めてしまうことで、嫌味を言われて腹が立ったとしても、「どうせお前にはこんな過去があるクズだし…」などと、優越感に浸ることができます。

他にも、いじめっ子などに対しても、情報を集めることで噂話を流す嫌がらせができたり、直接本人に「◯◯ならしいね」と皮肉を込めて言い返すこともできるので、死んで欲しい人に精神的ダメージを与えることができるのです。

嫌いなのに無理に好きになる必要もないのですから、自分が最も優位になれる条件を考えたり、相手の弱点を知ることができれば、心に余裕ができるきっかけともなるでしょう。

 

因果応報と決めつけてしまおう

因果応報とは、「良い行いをすれば自分に返ってくる」ことであり、悪い事をしても自分に返ってくることが、因果応報です。

死んで欲しい人の情報を集めると上記で述べましたが、死んで欲しい人の不幸な情報を聞き出すことも有効であり、不幸な出来事がふりかかった事実を知ることができれば、「ザマァみやがれ!」と思い込むことで、スカッとした気持ちに浸ることができます。

つまり、死んで欲しい人の良い情報は聞き流してしまい、不幸な情報のみをしっかりと覚えておくことで、「これぞ因果応報だ!」と決めつけてしまうことで、自業自得という結果に結びつけることができるのです。

簡単に言えば、「自分に酷い事をした報いだ!」と思い込む事で、自己満足で終わらせる仕返しや復習となります。

 

防護策や撃退法を知るべし

「死んで欲しい人を避けることができれば、悩みを簡単に解決できるのに…」という悩みを抱く人に最もおすすめな対処法となります。

嫌いな相手と口論や喧嘩になることもなく、相手を不愉快にさせてしまう簡単な方法はズバリ、「ディスペーシング」を取り入れることです。

「ディスペーシング」とは、反同調行動をすることであり、分かりやすい例を以下にまとめておきましょう。

笑顔で接してくる人に対して→無表情で接する

早口な人に対して→ゆっくりと話す

嫌味な人に対して→たくさん言葉を述べる

怒っている人に対して→冷静に対処する

これらは全てディスペーシングであり、相手の思った通りに事を運ばせないことで、遠回しに否定的な態度をとったり、相手を不愉快にさせてしまう魔法の対処法となります。

怒っている人に対して頭を下げてペコペコすると、相手の思う壺となるわけですが、冷静に対処することで相手のペースにもちこまさず、相手に大きなストレスや不快な気持ちを抱かせることができるに加え、相手を黙らせてしまうという効果が期待できます。

 

小さな幸せを見つけること

恋人を見つけるなどの大きな幸せでなくとも、大好きなフルーツを食べる、チョコレートを食べるなどで良いので、とにかくあなたが思う幸せなことをたくさん見つける工夫をしましょう。

幸せをたくさん見つけることのメリットは、「自分が今幸せだ」と思える回数が増えることは、あなたの周りに幸せな人を引きつける要因となる他、あなた自身が不満や不幸を引き起こさない要因を作り出すことができます。

これは引き寄せの法則で説明可能であり、例えば、あなたが死んで欲しい人を引き寄せてしまった日に、見た目が同じような人物がテレビに映っていたとしましょう。

するとあなたは、嫌な気持ちでその人物を目にすることになるため、より不安や不満な気持ちを感じやすくなります。

一方で幸せな気持ちでいれる時には、見た目が同じような人物がテレビに映っていたとしても、それほど不安や不満な気持ちを感じることはありません。

なぜなら、「引き寄せの法則とは結局、その人物が抱く意識と同じ現象が起こりやすい」という法則であるため、不幸な日々を送っている人ほど、類似点を見つけることで、嫌な気持ちに浸りやすくなるのです。

少しでも明るい一日で終えたいと願うのであれば、ぜひ幸せになれることをたくさん見つけていきましょう。

 

怒りエネルギーを上手に使おう

怒りにはすざましいエネルギーが隠れていることは、あなたの人生経験を思い出してみても、なんとなく納得できる言葉ではないでしょうか。

実際に、コンプレックスを力に変えることができる人は、会社を大きく成功へ導いたり、デブである自分を細身に変えることができるなどの、計り知れないほどのパワーを引き起こせる一方で、このパワーを引き出すことは容易ではありません。

抑えきれない怒りをエネルギーに変える方法としては、まずは怒りの対象を相手に向けるのではなく、目標に向けることが重要です。

父親に虐待を受けた子供であれば、父親の監視下から抜け出す目標を立てることで、自然とそれに必要となることも見えてきます。

16歳から一人暮らしできそうな家を探す、一人暮らしに必要な資金を調べておく、ネットカフェ難民や水商売に陥らないための知識をつけておくなど、目標達成に向けて今できることが、自然と見えてくることでしょう。

今が辛い日々であっても、数年後に明るい未来が見えたとすれば、あなたが生きる意味を見つけることに繋がります。

 

マイナス思考と願望のデメリット

マイナス思考に願望はつきものであるという事実をご存知でしょうか?

多くの人は、死んで欲しい人とばったり出会ったとすれば、「あ〜嫌な気持ちになった」とか「今日はツイてないなぁ」などのマイナス思考に陥り、「どうか死んで欲しい」とか「不幸になって欲しい」などの願望を持つことになります。

実は、この願望こそがあなたに幸せを与えない原因となってしまう、悪となってしまっているのです。

お金が欲しい、ちやほやされたい、美人になりたいなどの願望ばかりを追い求めている人は、結局のところ悩みが多かったり、自分に強いコンプレックスを抱いている人であります。

だからこそ、死んで欲しい人がいるとの悩みからいち早く解放されるには、マイナス思考からプラス思考へと変わる必要があるのです。

よーく考えてみると、死んで欲しい人が目の前にいないにもかかわらず、あなたの心が苦しんだり、怒りの感情が込み上げてくるのは、物事をマイナスに捉えていることが原因ではないでしょうか?

怒りエネルギーでもお伝えしたように、「目標達成に近づけるのは死んで欲しい人がいるからだ」とか、「もう少しで目標達成で、悪夢から解放される」という希望を見出せれば、マイナス思考と願望の負の連鎖を断ち切ることができます。

 

意識呼吸で存在を消そう

死んで欲しいほど嫌いな人物をふと思い出した時には、意識呼吸で自律神経をコントロールし、副交感神経を活性化させることでリラックス効果を狙いましょう。

これは科学的にも証明されている効果的な方法であり、意識呼吸をすることで脳に「リラックスして良い状態である」という信号を送り、リラックス効果や死んで欲しい人を消す効果が得られます。

あなたの頭から死んで欲しい人を消すためには、滞在意識を変える必要があるため、滞在意識を大きく変える意識呼吸ができれば、嫌な気持ちとも簡単に離れることができるのです。

そんな意識呼吸の最も効果的なやり方は、以下の手順となります。

嫌いな人が頭に浮かぶと、全身の力を抜きましょう。

次にゆっくりと呼吸をして、リラックスしようと自分に言い聞かせてください。

次に2秒程度で構わないので、肺に大きく空気を溜めた後に、一気に吹き出しましょう。

これを2回〜3回繰り返せばOKです。

こうして意識的に深呼吸をするだけでも、快の状態へといち早く移動できる効果が見られるため、死んで欲しい人の存在をかき消すことができるそうです。

 

辛い時に無理は禁物です

いかがだったでしょうか。

死んで欲しい人がいるとの悩みを抱き、この1ページにたどり着いた人は、辛い経験をしてきた人なのでしょう。

そんな辛い思いをした時や無気力を感じた時には、無理は厳禁であるということを覚えておきましょう。

無理をしても現状が大きく変わるわけでもありませんし、体をゆっくりと休めて、嫌なことからは逃げてしまえば良いのです。

中には”自分に言い訳せずに努力しろ”なんて言う人もいますが、世の中強い人間ばかりではありません。

逃げたくても逃げれない苦しい環境に育った人もいれば、親の愛情をたくさん受けて育つ人もいるのですから、辛い時くらいは自分に甘く、逃げ出す自分を受け入れてあげましょう。

次のページでは、「不愉快な人の特徴や共通点20選」にて、人に嫌な思いをさせる”ストレス人間の特徴”を述べていきます。

スポンサードリンク

コメント

    • hirasawa kousuke
    • 2017年 11月 09日

    役立ちました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP