ブスカップルほどいちゃつく心理〜あるある10選

電車や公園にて、ブスカップルほど見ている側が恥ずかしい思いをするようないちゃつきを披露し、中には気持ち悪いと思われて当然の行動をとるカップルも存在します。

そんな人前でいちゃつくカップルの心理を暴露していき、なぜブスカップルほどいちゃつく確率が高いのか?という答えを導き出していきましょう。

スポンサードリンク

いちゃつくカップルの心理とは?

いちゃつくカップルの心理にて、まず考えられるのは人としての意識であり、友達の前ではいちゃつかないカップルが街中や電車でいちゃつく理由は、風景の一部として捉えていることにあります。

親の前や親友の前では決して見せれない光景も、風景の前では誰もが羞恥心を感じることなくいちゃつくことができ、自分たちの愛を深めることを選択しますよね。

このように、人前でいちゃつくブスカップルにとっても、人が風景化していることによるいちゃつきが原因であると考えられ、多くのカップルが両親が現れるとともに、いちゃつきをやめることでしょう。

人としての認識が強まれば、羞恥心を感じることで、自分たちが恥ずかしい行為をしていたという事実に気づくのです。

 

盲目状態が原因であることも…

恋は盲目と言いますが、これは恋をすると周りが見えなくなってしまい、相手のことを完璧に思ったりとか、悪い部分も正当化してしまう状態のことを言います。

原因としてはドーパミンが関係しており、恋をすればドーパミンが大量に放出されることで、快楽をもたらす他、エネルギッシュになれるということが分かっています。

エネルギッシュになる行動の具体例を挙げると、普段しないようなことが平気でできたり、恥ずかしいとも思える行動を平気でできるようになるなど、とにかくエネルギーが溢れた状態になるのです。

こうしてエネルギッシュになった結果、人前でいちゃつくことができたり、普段ではしないような判断をして、いちゃついてしまったのかもしれません。

 

では、ブスカップルほどいちゃつく理由は?

昔からの注目度の違い

あなたの周りを見たいても、イケメンや美人ほど周りが見えていたり、痛いと思われる行動を避ける傾向にあると思いませんか?

また、オタクほど見た目をそれほど気にせず痛車と呼ばれるものに乗ったり、周りをドン引きさせてしまうような行動をとってしまいがちです。

これは、周囲からの注目度が違うことが原因として考えられ、常に注目の的となるイケメンや美人は周りからの評価に敏感になりがちです。

一方でブサイクな人は、昔から注目されることも少なく、特に自分に自信がない人は目立つことを避ける傾向にあるため、周囲からの視線に鈍感になってしまいやすいのです。

だからこそ、周囲からの視線に鈍感なブサイク同士がくっつくことで、人前でも平気でいちゃつくことができてしまうというわけです。

 

劣等感の裏返しである

劣等感には3つの種類があるとアドラーは説明しており、その中の1つが自慢による劣等感です。

分かりやすい例が、劣等感が強い人ほど自慢話をたくさんしたがることであり、自慢をすることで褒められて自己重要感を満たし、劣等感を隠そうとしています。

ブスカップルの場合、恋人が欲しくてもなかなかできないとか、同級生よりも容姿が劣っている、自分の顔が嫌いだなどの劣等感があるかもしれないので、人前でいちゃつく自慢をすることで、劣等感を隠そうとしているのです。

こうした心理を知ることで、「うわぁ〜劣等感が強いカップルなんだなぁ」などと、優越感に浸ることもできるので、こちらは覚えておいてひっそりと得する情報なのではないでしょうか。

 

優越感に浸る痛いカップルかも

こちらは特に男性に当てはまりやすく、友達に自慢の彼女を紹介する行為や、少しでも綺麗な女性と付き合おうとするのは、全て男がプライドが高く、優越感に浸ることが好きな性質が関係しています。

簡単に説明すれば、ブスカップルが男性の方からいちゃつきを誘導しているのであれば、周りに自慢の彼女を見せるけることで優越感に浸り、自分が優位な位置に立ったかのような気持ちに浸っているのです。

もしもこちらに当てはまる場合は、まさに痛い人であると表現することが適切となり、逆にバカにされ見下される原因を作っていることに気づいていない、鈍感野郎であるとの表現も正しくなるでしょう。

 

衝撃度が違うことも原因である

最後に、ブスカップルとイケメン美人カップルでは、いちゃついていることに対する衝撃度が大きく違います。

例えば、綺麗な景色でキスをするイケメン美人であれば、風景に溶け込むような綺麗な景色であるため、それほど脳には残りません。

一方でブスカップルである場合、普段はテレビなどでも見慣れていない衝撃の映像が眼に映ることで、その時の衝撃が強く印象に残ってしまうのです。

その結果、ブスカップルほどいちゃつく割合が高いと思い込んでしまうことに繋がっているのでしょう。

 

他にもある!ブスカップルあるある10選

互いに清潔感がない

ネットで公開されたブスカップルのいちゃつき画像を見てみると、どちらも清潔感にかけており、魅力的に見えないという共通点が見られます。

歯がなかったり、極度に太っていたり、安っぽい服を着ているなど、とにかくブスカップルほど清潔感に欠けていることが多いです。

逆を言えば、清潔感に欠けるために、より一層ブサイクに見えてしまうという現実があるとも言えます。

 

悪=かっこいいと思っている

陰キャラと呼ばれた男ほど、大人になっても悪をかっこいいと思っていたり、女性の前でカッコ良いところを見せようと、前方の車を煽ったりもします。

他にも、タバコを吸う自撮りを女性に送ったり、髪の毛を染めて悪い自分を演出したり、サングラスをかけて怖い自分を演出するなど、ブサイクに限って図々しい態度を取っている姿は、街中でも良く見る光景です。

 

どちらかデブかチビの確率が高い

デブかチビであることは魅力に欠ける原因の1つであり、特にチビデブであったり、チビで足が短い人は、あまりスタイルが良いとは言えません。

デブに関しては、何をしても醜いと評価する人もいるほどなので、痩せないことにはブサイクを卒業することは難しいでしょう。

 

ファッションセンスがない

ブスカップルほどファッションセンスがなく、ヨレヨレの服を着ていたり、デブなのにミニスカートを履いていたり、汚い靴を履いていたりもします。

少しでも見た目の評価が高い人との交際を望む人の場合、まずは自らを変えることを優先するため、ブスカップルほどファッションセンスがないという特徴が見られやすくなるのです。

 

アイドルオタク、アニメオタクが多い

アイドルオタクにはブサイクが多いとか、アニメオタクにはブサイクが多いと言われがちですが、これはあながち嘘ではありません。

イベントに足を運ぶと一目瞭然であり、イケメンや美人を目にすることは本当に珍しいです。

類は友を呼ぶとも言いますので、ブスカップルが多くなる理論も納得です。

 

過去のあだ名が面白い

見た目からつけられたあだ名が笑えるものであったり、中には本人は傷つくであろうあだ名をつけられた人もいることでしょう。

あだ名のおかげで人気者になれたというブサイクもいれば、惨めな思いをしたというブサイクもいるはずです。

 

互いに自撮りが嫌いである

自分の容姿にコンプレックスを持っていたり、自信がない人ほど自撮りを嫌がり、写真が嫌いであったり苦手である確率が高くなります。

写真に自分のブサイクな姿が写ることによって、嫌いな自分を見ることに繋がりかねないためです。

 

イケメンや美人を避ける

ブサイクな女性はイケメンと目をあわせれなかったり、ブサイクな男性は美人に話しかけれないなど、ブサイクな人ほど容姿の評価が高い人に対して妙な緊張感を持ち、冷静さを保てません。

中には、自分みたいな人間の相手をしてくれなくても…と思ってしまうことで、どこか申し訳なさを感じてしまう人もいるほどです。

 

同級生や知り合いに存在を隠す

同級生や知り合いに存在を隠すことは珍しいことではなく、人にはプライドや周りの評価を気にする習性があるため、ブサイクな恋人を連れている瞬間を見られたくないと、存在を隠そうとしやすいです。

特に男性はプライドが高いため、周りよりも劣っている部分を隠し通したいと、ブサイクな彼女の場合は友人への紹介を拒んだり、彼女自体がいない設定にすることも珍しくありません。

 

歯茎が出ているor顎がない

歯茎が出ていたり、歯並びが悪い、または顎がない人はブサイクであると判断される要因となりやすいので、ブスカップルほどこうした特徴が見られやすいと考えられます。

いくら美人であっても、歯並びが残念であればがっかりされるように、こうした部分は人の評価を大きく左右する力を持っているのです。

 

あなたも気をつけるべし!

いかがだったでしょうか。

あなたがブサイクでなかろうが、そうであろうが、人前でいちゃつくことは引かれる原因を作りかねません。

手をつなぐ程度ならもちろんOKですが、キスをしたり肩を寄せ合うなどのいちゃつきは、場違いな場所で行うことは、日本では良い評価に繋がりにくいです。

特に人は、見た目が良い場合は許せるという心理になりやすいので、ブサイクほどいちゃつく行為は許されないという悲しい現実があるのですから、時と場合をしっかりと考えなければなりません。

次のページでは、「不愉快な人の特徴や共通点20選」について、不愉快に思われる瞬間をまとめていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP