ぞんざいに扱う人の特徴や扱われる原因20選

ぞんざいに扱われることが嫌なのであれば、しっかりと自分という人間を相手に伝え、最近あった出来事などを伝えることができれば、相手も自然と自己開示をすることで、距離感が縮まるという法則が見られるようになります。

人気者であったりモテる人ほど、自分という人間を相手に伝えることが上手であるのは、こうした心理学を使ったテクニックを使えているからこそ、信頼できて近づきやすい人として認識されやすいのです。

 

断ることができない

お願いされると断ることができない性格は、利用する側の格好のカモでありますし、やり逃げや都合の良い人で終わってしまう典型的特徴となります。

NOを突きつけることは、嫌われたり見捨てられる原因となるとの思い込みは嘘であり、自分の意見をはっきりと伝えることができる人は、信頼されたり頼りになる人であるため、嫌なことは嫌とはっきり伝えれば良いのです。

もちろんそれができないことが悩みとなるわけですが、ぞんざいに扱われる原因がそこにあると気づいたのであれば、一歩踏み出して話を遮る、遠回りに嫌だと伝えることから始めてみると、徐々に断ることに慣れる他、断ることが悪いことではないという事実に気づくはずです。

 

扱う側も、扱われる側にも原因がある

いかがだったでしょうか。

ぞんざいに扱う人は基本的に避けることを意識し、扱われる原因をはっきりとさせることで、自分が見下される原因を無くすことに繋がります。

もしもあなたがぞんざいに扱われたのであれば、自分を責めるのではなく、原因を解決するいくつかの方法を見つけることで、ぞんざいに扱われない人に変わることができ、生きる辛さから逃れることができるでしょう。

その方法については、「【死んでほしい人がいる】あなたへ贈る9の対処法」にて、細かくお伝えしているので、そちらで一度確認してみてください。

見下されるばかりではなく、自らそうならない方法を知ることが大事です。

ページ:
1 2 3

4

コメント

    • 内緒のビーナッス
    • 2017年 11月 29日

    はじめまして?になるのかな?

    ひどいー。いじめられる人の共通点のところでも読んだけど。
    他人と同じレベルにまで上げろとか言われてるけど、それ、極度にどうにも出来ない人には死ねといっているようなものですよー。
    どちらにしても、人間以外の生物にもありがちなことですが、自然界の生物は弱いものは早いうちから排除されて当たり前なので、私みたいなのが今まで、無理やり生きて残ってきたこと自体が罪なんですけどね。ほんとに生きててごめんなさいって感じ。

    まぁ努力すれば何とかぎりぎり生き残れはするということは誰よりもわかっています。しかしその努力をするにしても他人の100倍以上かかる人間からすれば、その努力の先で死ねといわれているようなものではないですか?では私がこの先、まともに働けるようになるためにはあと30年近くかかりますね。

    はい、私は何をするにも極端にドンくさくて万年いじめられっこでした。いまでもいじめられてますとも。そんで持って今は運だけで生き残って、寄生虫という立場を何とか勝ち取ってかろうじて生きている人間のお荷物が私です。(卑屈すぎる言い方で申し訳ないです。)限られた時間の中で努力すれば何とか普通のレベルに追いつける人がうらやましくて仕方ありません。もし次どうしても生まれ変わるらなきゃいけないのなら、普通なことが出来るようなまともな人間に生まれ変わりたいです。一番の望みは人生がここまでつらいなら、二度と生まれ変わりたくないというのが希望です。ちなみに一応いっておきますが、特殊学級に行かないといけないという問題は親曰く全くなかったらしいです。それでいて普通のこと同じようについていけということは周りのレベルに合わせていくのはとてもじゃないけど難しいことなんです。それにね、一度クラス全員から、総叩きにされたからにはそこから抜け出すことなんてたやすいものではありません。そうなるとまずその状況から抜け出すことが一番大切で、努力をする以前にその問題を解決しないことにはいくら努力しようとしたって、邪魔はされるものなんですよ。(あ、あと転校するのは無理でした。親の考えを変えることは難しかったし、そこまで簡単に転校が許される時代ではなかったので。)

    のろまな子に「早く!」とせかすことは本人にとって地獄でしかないということは私にはよくわかります。そういわれたところで人よりも体の動きが器用ではないので体がうまく動かないのですから、すぐに動けるはずがないのです。「早く」といわれ、あせってやれば失敗する確率だって多くなるので、どんくさい子にとって見れば適当にこなせば何とかできることなんて夢のまた夢なんです。他の人よりはるかにレベルが低いということは同世代の子供社会で生きていくには本当につらいものありましたよ。高校生になってやっと自分よりはるかにレベルの低い学校に入って追いついていけれるようになったぐらいです。

    最後に。ここのコラムにはいいこともたくさん書いてあって大変感動しながら読んでいましたが、どうしてもそこだけは引っかかりました。おそらく私の気持ちなんて、あなた自身が私と全く同じ人生を3歳までさかのぼってやり直してもらわないと気持ちは判っていただけないとは思いますので、これ以上言ってもどうにもならないということもわかってます。ただ、ここを読んでみていろいろ参考になったことも多かったので、これからも素敵なコラムをたくさん書いてほしいなとは思います。いろいろお話聞かせてくれてありがとう。そしてここまで読んでいただいてありがとう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP