愛想がない女の特徴17選〜デメリットが凄まじい

「女は愛嬌」と言われたり、「愛想があればある程度モテる」と昔から言われ続け、愛嬌と愛想を気にするだけで相手の評価が大きく変わることは間違いありません。

しかし、愛想良く媚びたくないという強い気持ちを抱く女性や、愛想に疲れてしまったという本音を抱く女性は多く、愛想がない素の自分をそのまま出すことで、自分らしく生きることを選択したい気持ちになることは、私も痛いほどわかります。

非常にデメリットが多いようにも感じる愛想がない女の特徴を知ることで、「ある程度愛想良くすることが必要である」理由がわかる人も多い記事になるかと思います。

怒ってると思われやすい

愛想がない女は普通にしていても「怒ってる?」とか「なんか機嫌悪い?」と相手に気を使われがちで、中には知らないうちに自分の子供に気を使わせていたケースもあるほどです。

本人からすれば無意識中の仕草であるため、改善することが非常に難しく、悩みのタネとなりやすいデメリットの1つであると言えるでしょう。

また、怒っていると思われやすい人の特徴には、近づきがたい、真顔でいる時間が多いなどの共通点も見られるので、第一印象で損をしやすい傾向にあると考えることもできます。

 

笑顔が少なく無表情である

怒っていると思われやすい原因の1つが、笑顔が少なく無表情になってしまいがちなことです。

笑顔が少ない人は自然と口角が下がっているため、どこか不満そうで楽しくなさそうな雰囲気を醸し出し、機嫌が悪い人の仕草と被ってしまうことで、他人に気を使わせてしまうことになります。

女性にとって口角が下がることはふけ顔を意味し、シワやたるみの原因ともなってしまうことからも、口角を上げるトレーニングを取り入れるだけでも、相手に与える印象がグッと変わることは間違いありません。

 

無理に笑うと余計に怖い顔になりがち

愛想がない女のほとんどは、「笑顔が少ない」という事実に気づいていて、どうにか印象を変えようと無理に笑顔を見せようとしがちです。

しかし、愛想笑いが下手であることに加えて、無理に笑うと不自然で余計に怖い顔となってしまうことから、「どうすればいいのやら…」と、悩んでしまう時期を経験するのは、愛想がない女あるあると言えます。

また、不自然で余計に怖い顔となってしまうことに気づいた本人は、諦めてしまうことを選択しがちです。

 

世渡り下手である

愛想がない女の中には媚びることが嫌いという人もいて、こうしたタイプは上司に媚びない、権力者に媚びないというスタイルを貫くため、世渡り下手となってしまうことがしばしあります。

世の中を上手に渡るためには、上司や権力者に気に入ってもらうことは有効な方法であるにもかかわらず、そこを避けた選択をすることで、特別扱いされにくいなどのデメリットが考えられます。

女は愛嬌とか、愛想が重要と言われる理由は、こうした部分が大きく影響しているのです。

 

テンションが低い

基本的にテンションが低かったり、声が低い、ノリが悪いと思われやすい愛想がない女は、時として空気が読めない、協調性がないと思われることになります。

さらにテンションが低い人の特徴として、消極的でノロノロしている傾向が見られることからも、「一緒にいて楽しくないのかも…」という不安を相手に抱かせやすいのです。

自分の個性を大切にすることは間違っていませんが、時と場合ではその場のテンションやノリに合わせる必要があるとも言えるでしょう。

 

サービス精神が苦手

サービス精神が苦手な人の特徴としては、相手を喜ばせようとする気持ちが薄い、自己犠牲が苦手であるなどの特徴が見られ、こうした共通点は人から好かれにくいと断言しておきます。

もちろん愛想がない女の中には、「好かれる必要もない」と思っている人もいるでしょうし、実際にそんな必要がない場面もたくさんあります。

故に、八方美人でもなく愛想がない女でもない、真ん中くらいの対応が自然とできる女性が、最も生きやすさを感じているのかもしれませんね。

 

心を開かず、弱さを見せない

人は誰でも弱さを見せることを嫌い、信頼できない相手には絶対に弱さを見せたくないという気持ちが働きますが、愛想がない女は心を開くタイミングも遅く、家族や恋人にも弱さを見せれないことが多いです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP