愛想がない女の特徴17選〜デメリットが凄まじい

「女は愛嬌」と言われたり、「愛想があればある程度モテる」と昔から言われ続け、愛嬌と愛想を気にするだけで相手の評価が大きく変わることは間違いありません。

しかし、愛想良く媚びたくないという強い気持ちを抱く女性や、愛想に疲れてしまったという本音を抱く女性は多く、愛想がない素の自分をそのまま出すことで、自分らしく生きることを選択したい気持ちになることは、私も痛いほどわかります。

非常にデメリットが多いようにも感じる愛想がない女の特徴を知ることで、「ある程度愛想良くすることが必要である」理由がわかる人も多い記事になるかと思います。

スポンサードリンク

怒ってると思われやすい

愛想がない女は普通にしていても「怒ってる?」とか「なんか機嫌悪い?」と相手に気を使われがちで、中には知らないうちに自分の子供に気を使わせていたケースもあるほどです。

本人からすれば無意識中の仕草であるため、改善することが非常に難しく、悩みのタネとなりやすいデメリットの1つであると言えるでしょう。

また、怒っていると思われやすい人の特徴には、近づきがたい、真顔でいる時間が多いなどの共通点も見られるので、第一印象で損をしやすい傾向にあると考えることもできます。

 

笑顔が少なく無表情である

怒っていると思われやすい原因の1つが、笑顔が少なく無表情になってしまいがちなことです。

笑顔が少ない人は自然と口角が下がっているため、どこか不満そうで楽しくなさそうな雰囲気を醸し出し、機嫌が悪い人の仕草と被ってしまうことで、他人に気を使わせてしまうことになります。

女性にとって口角が下がることはふけ顔を意味し、シワやたるみの原因ともなってしまうことからも、口角を上げるトレーニングを取り入れるだけでも、相手に与える印象がグッと変わることは間違いありません。

 

無理に笑うと余計に怖い顔になりがち

愛想がない女のほとんどは、「笑顔が少ない」という事実に気づいていて、どうにか印象を変えようと無理に笑顔を見せようとしがちです。

しかし、愛想笑いが下手であることに加えて、無理に笑うと不自然で余計に怖い顔となってしまうことから、「どうすればいいのやら…」と、悩んでしまう時期を経験するのは、愛想がない女あるあると言えます。

また、不自然で余計に怖い顔となってしまうことに気づいた本人は、諦めてしまうことを選択しがちです。

 

世渡り下手である

愛想がない女の中には媚びることが嫌いという人もいて、こうしたタイプは上司に媚びない、権力者に媚びないというスタイルを貫くため、世渡り下手となってしまうことがしばしあります。

世の中を上手に渡るためには、上司や権力者に気に入ってもらうことは有効な方法であるにもかかわらず、そこを避けた選択をすることで、特別扱いされにくいなどのデメリットが考えられます。

女は愛嬌とか、愛想が重要と言われる理由は、こうした部分が大きく影響しているのです。

 

テンションが低い

基本的にテンションが低かったり、声が低い、ノリが悪いと思われやすい愛想がない女は、時として空気が読めない、協調性がないと思われることになります。

さらにテンションが低い人の特徴として、消極的でノロノロしている傾向が見られることからも、「一緒にいて楽しくないのかも…」という不安を相手に抱かせやすいのです。

自分の個性を大切にすることは間違っていませんが、時と場合ではその場のテンションやノリに合わせる必要があるとも言えるでしょう。

 

サービス精神が苦手

サービス精神が苦手な人の特徴としては、相手を喜ばせようとする気持ちが薄い、自己犠牲が苦手であるなどの特徴が見られ、こうした共通点は人から好かれにくいと断言しておきます。

もちろん愛想がない女の中には、「好かれる必要もない」と思っている人もいるでしょうし、実際にそんな必要がない場面もたくさんあります。

故に、八方美人でもなく愛想がない女でもない、真ん中くらいの対応が自然とできる女性が、最も生きやすさを感じているのかもしれませんね。

 

心を開かず、弱さを見せない

人は誰でも弱さを見せることを嫌い、信頼できない相手には絶対に弱さを見せたくないという気持ちが働きますが、愛想がない女は心を開くタイミングも遅く、家族や恋人にも弱さを見せれないことが多いです。

逆に愛想がある女の場合、弱さを見せることで男心をくすぐったり、心を開くことで相手の信頼を勝ち取ることが得意であるため、世渡り上手だと評価されやすくなります。

友達ができにくいとか、近づいてくる人が少ないなどの悩みがある人は、ぜひ積極的な自己開示を試みてください。

 

会話中に目を見ない

視線を合わせないのは心を開いていない証拠であったり、関わりたくないというサインでもあります。

さらに会話中に目を合わせないことは、相手に不信感や無愛想であると思わせる仕草でもあるため、結果的に愛想が悪い女であるとの評価に結びついてしまうのです。

逆に愛想が良い女は、あえて視線を合わせることで男を勘違いさせたり、ポジティブな未来を想像させることができるため、ちやほやされたりモテやすくなります。

 

否定的で文句が多い

愛想がない女は勘違いされることや、自分という人間を分かってもらいにくいタイプであるため、「分かってもらえなくて結構」という態度をとったり、否定的な発言をすることで、相手を近づけようとさせません。

さらに否定的であったり文句が多いことは、愛想が悪いとのイメージにも繋がりやすいことから、愛想がない女ほど否定的で文句が多いという特徴を挙げることができるのです。

 

挨拶が下手である

挨拶はその人の印象を決める大きな要因であり、挨拶ができない人は非常識であるとか、根暗であるなどの評価をされやすくなります。

これは接客業を例に挙げると分かりやすく、愛想が良い店員はニコッと元気に挨拶する店員であるのに対し、愛想がないとか悪い店員は笑顔も見せずに対応もよくありません。

接客業のように接する必要はありませんが、挨拶を意識してみるだけでも愛想がないとの評価から遠ざけることができるので、そこを意識してみるのもありです。

 

楽しい感情が伝わらない

自分の中では楽しんでいるにもかかわらず、その感情が伝わらないことで相手に気を使わせたり、そもそも楽しい感情を伝える方法が分からないというのも、愛想がない女が抱きやすい悩みの1つです。

楽しむべき場面で楽しむことができるのであれば、あなたは冷めてる女ではないはずですが、楽しい感情が伝わらないことが原因で、「冷めてる性格だな〜」なんて評価に結びついてしまう可能性があるため、楽しい時には笑顔を少し見せると効果的です。

 

隙がないので面白みがない

愛想がない女は近づきにくいとお伝えしましたが、無表情であることやテンションが低いことは、相手に隙を見せることができませんし、心を開かない限りは相手も興味を持ってくれません。

故にデートに誘ったり連絡交換をする隙が見られず、一緒にいてもどこか面白みがない性格だと思われてしまいやすいです。

これはデートだけに限らず、食事や遊びなどに誘う条件も同じであるため、好意的に思われていても近づきにくく、相手に余裕を与えることができません。

 

無理をしてストレスを溜めがち

愛想がない自分を変えたいとか、愛想笑いにチャレンジしてみた結果、やはり自分には合わないことを自覚することや、無理をしてストレスを感じやすくなったり、疲れてしまうことで、なかなか愛想が良くならないと悩むことは珍しいことではありません。

実際に、長く生きていれば愛想が良い方が得することも多いですし、特別扱いされたり良い人扱いされることも多いと感じている人も多いのではないでしょうか。

無理をしてストレスを溜めてしまう人は、どうか自分にあった対処法を見つけ、少しの工夫で印象をグッと変えれる自分なりの方法を見つけることが重要となります。(最後に簡単に探す方法をお伝えしています。)

 

人と接するのが苦手

愛想がない女の特徴として、人と接すると緊張して顔が引きずってしまう、人見知りでおどおどしてしまうなどの特徴が見られ、本当は自分の意見や言いたいことがあるにもかかわらず、本心を言えずに後悔してしまうことがたくさんあります。

基本的に人と接するのが苦手な人は、相手の反応を見て「嫌な思いをしているのかも…」などの不安を抱えがちですが、一つのことに精一杯で笑顔や視線を合わせるなどといった考えをすることができません。

つまり自分に精一杯であり、小さなことにいつまでも捉われてしまうのです。

 

物静かで口数が少ない

物静かで口数が少ない女ほど愛想がない理由としては、積極的に相手と接しようとする気持ちが薄いことにあり、自ら仲良くなりたいと接する回数が少ないため、常に受け身で急な対応が必要となります。

受け身となることは好意的な相手でない可能性も上がりますし、急な対応では笑顔を見せるなどの対応ができないことも多くなるのです。

さらに物静かで口数が少ない人ほど人と接することが苦手で、内向的な性格であることも多いことから、特徴に当てはまると考えることができるのです。

 

聞き下手である

人と接することが苦手な人は自分に精一杯とお伝えしましたが、聞き下手である人は「相手の会話中に自分の答えを考えてしまう」という悪い癖があるため、相手にとっては真剣に聞いていると受け止めにくく、勘違いされる原因を作ってしまいかねません。

愛想よく受け答えができる人は、視線を合わせて笑顔で相手の話を聞くことができる一方で、愛想がない人は聞くよりも答えに夢中になってしまうのです。

こうした悪い癖がついてしまっている人は、「とにかく落ち着くこと」で会話に余裕ができます。

 

自らコミュニケーションを取れない

自らコミュニケーションを取ったり、積極的に仲良くなろうとするためには、笑顔やサービス精神が必要となりますが、それができない人は愛想がない女となりやすく、孤立を招いてしまうことになりかねません。

愛想がある女性の場合、相手の質問に答えるだけでなく、自分はこんな人間であるという自己開示を積極的におこないますが、愛想がない女はそれが簡単にできません。

つまり愛想がない女ほど、自己開示を積極的におこなう必要があるのです。

 

その場しのぎのコツを覚えると良い!

いかがだったでしょうか。

愛想がないと自覚してる人の多くが、社会に出ると最低限の愛想は必要だという事実に気づかされていることでしょう。

もし愛想がないことに頭を悩ませているのであれば、無理をしてもストレスや疲れの原因となってしまうだけなので、その場しのぎのコツを覚えておくと良いでしょう。

例えば、挨拶時にはニコッと笑顔を一度だけ見せるとか、視線を合わせる回数を増やしてみる、会話は短めでもテンションを上げてみるなど、自分が疲れないその場しのぎを見つけることで、愛想がないとの評価からおさらばすることができるはずです。

自分なりで良いので、楽に印象が変わる方法を見つけてみましょう。

次のページでは、「孤独な人の特徴20選〜人生寂しい人は集まれ!」について、孤立を深めてしまう要因を20にまとめていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP